カテゴリー

税理士ドットコム

仕事術

独立開業して事業を成功させるためには、取り組むひとつ一つの仕事で成果をあげることが求められます。

ここでは、どんな仕事にも使える、普遍的な「仕事で成果を出すための方法」について、以下ご紹介していきましょう。

仕事で成果を出すために必要なのは「習慣的能力」

ピーター・ドラッカーは、著書「経営者の条件」の中で、「成果をあげる人に共通するものは、つまるところ成果をあげる能力だけである」「言い換えるならば、成果をあげることは一つの習慣である」と言っています。

つまり、成果をあげるために必要なのは、頭の良さでもなく、勤勉さでもなく、クリエイティビティでも知識でもなく、「習慣的能力」である、というのです。

習慣とは「ある事が繰り返し行われた結果、その事がしきたりになること」ですから、習慣的能力とは「ある事を繰り返し行いやりきる力」と言えると思います。

「習慣的能力」を身につけるために必要な、3つのこと

この「習慣的能力=ある事を繰り返し行い続けてやりきる力」を身につけるためには何が必要でしょうか。ここでは3つの重要なポイントをご紹介します。

① 「成果を出すこと」を重視すること

よく仕事をする中で、いつしかただ黙々と作業をするようになり、その仕事を行うこと、こなすことに注力してしまう人がいます。仕事をする目的はタスクを完了することではなく「成果をあげること」ですので、それでは意味がありません。

仕事をする上では、必ず「成果をあげる」ことにこだわることが重要です。

そのためには、まずその仕事で求められる「成果」を明確にすることです。その仕事のタスクを完了したらどんなことができているとよいのか、「獲得したい成果」を明確にします。

そしてタスクリストには、その仕事のタスクに加え「獲得したい成果」も合わせて書くとよいと思います。たとえば「床を雑巾がけする」という行動、タスクだけを書くのではなく、「床をきれいにする」という「獲得したい成果」も併せて書くと、常に成果を意識して仕事できると思います。

② 「やるべきこと」から始めること

仕事を進める中では、よく「やりやすい仕事」から始める人がいます。しかし状況によって取り組む仕事の順番を変えてしまうと、そのうち自分の都合で仕事の優先順位を替えてしまい、「繰り返し行い続けてやりきる力」が身につきません。必ず重要度の高いものから行うようにし、勝手に仕事の優先度を変えないようにします。

そのためには、時間管理を工夫するのも一つの方法です。重要度の高い仕事はまずスケジュールに入れて、その仕事をいつまでにやるかリミットを設定します。こうすることで重要度の高い仕事をいつやるかが明確になり、またリミットを設け、そこまでにやりきる習慣をつけることで、受けた仕事のレベルが上がり、仕事のスピードアップにもつながります。

③ まず、必ず自分でやってみること

「仕事で成果をあげる」上では、「こうしたら成果を出せる」とその成果の出し方が分かっているだけでは意味がありません。望む成果を確実に出せたという結果が必要です。知っていても、実践できなければ意味がないのです。

「習慣的能力」を身につけるためには、必ず自分でやってみることが重要です。たとえあなたがリーダーやマネジャーの立場だったとしても、自分が実践した経験を得るためには、時にはプライドをかなぐり捨ててでも、まずは自分自身でやってみるしかありません。

自分でやってみた結果、やはり苦手なことについてはまわりの人にお願いすることもありますが、まずは自分自身でやってみることが重要です。

必ず自分自身で取り組んで、自分なりの「成果の出し方」を見つけ出そう

ここまで成果をあげるために必要なことについてご紹介してきましたが、「成果をあげる方法」とは、尊敬すべき上司や成功している人の方法をただ真似すればよいものではありません。また、いろいろな本やWEB上に載っているプログラムに従えばよいということでもありません。

仕事で成果をあげるためには、本やWEBなどでいろんな方法を参考にしながらも、必ず自分で取り組んでみて、試行錯誤しながら、自分なりの「成果の出し方」を見つけることが重要です。どのような成果をあげることが目的かを明確にしたうえで、より重要度の高いものから取り組むよう習慣化し、必ずまず自分自身で取り組んでみて、望む成果をあげるようにしましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。
ビジネス書著者で商品開発コンサルタントの美崎栄一郎です。仕事術に関する著作をたくさん書いていますが、アントレnet Magazineでは、「経営者のための仕事術」について、実践できるノウハウや考え方をお伝えしたいと思っております。 人脈があるのとないのとでは、仕事のスピードが変わってきます。 そこで今回は人脈をテーマに、経営者がやらねばならない人脈の広げ方のコツについて考えてみたいと思います。 (さらに…)
ビジネス書著者で商品開発コンサルタントの美崎栄一郎です。仕事術に関する著作をたくさん書いていますが、アントレnet Magazineでは、「経営者のための仕事術」について、実践できるノウハウや考え方をお伝えしたいと思っております。 今回は、名刺作成がテーマです。名刺は会社を始めると必ず必要になるツールですが、意外と間違って作ってしまいやすいツールでもあります。新しい事業を作りたいとか、自分らしい働き方をしたいと思って起業される人でも、名刺は従来通りのありふれたモノを作ってしまいがちなのです。 良い名刺を作るための名刺作成のデザインのヒントを経営者目線で考えてみましょう。 (さらに…)
仕事が片づかずにあれもこれも溜まってしまう…。 独立・起業を考えている方だけでなく、多くのビジネスパーソンが抱えている悩みだと思います。 今回、心理学者の内藤先生に伺ったのは、仕事を「すぐやる」ようにするためのメソッドです。 人はなぜ「すぐやる」ことができないのか。そしてどうしたら「すぐやる」ようにできるのか。心理学の知見から解説いただきます。

アナタが「すぐやらない」理由は、怖いから? 「リスク認知」を乗り越えろ!

人が行動できない理由は「その行動に対して、リスクを感じている」から、だと言われています。 この現象を心理学では「リスク認知」と言います。この「リスク」という言葉を言い換えると、怖い、恐怖、不安といった感情のことになります。 ある行動に対して、そういった感情が根底にあると、人間はなかなか行動しづらいのです。 例えば「男性が女性に対して声をかける」という行動についてお話しましょう。 女性と話すことが苦手な人は「何か変なことを言ってしまわないか」「嫌われたらどうしよう」といろいろ考えてしまい、結果的に「女性に対して声をかける」という行動のハードルが高くなってしまいます。 一方で、そもそも女性と話すことが苦手ではなく、得意な人はそんなリスクは考えず(もしくは苦手な人と比べてリスクを感じづらく)、難なく「女性に対して声をかける」という行動を取ります。 今回のテーマである「すぐやる」人、つまり仕事を意欲的にこなそうとする人というのは、仕事に対する「リスク認知」が低い人であるということが、言えるのです。 自分が仕事に対してどれだけ「リスク」を感じているかで、自分がすぐにやれる人かどうかが分かるでしょう。

魅力的なリーダーは、「リスク認知」を感じていない

ここで1つ、データをお話しましょう。 カリフォルニア州立大学のケビン・グローブスは、64の企業の108人のリーダー(もしくはマネジャー)と、そのリーダーの直属の部下325人を対象に、2つの調査を行いました。 1つは、直属の部下たちに、自分のリーダーは「カリスマ的であるか」「仕事に対して意欲的に挑戦しているか」といった質問の回答を得点化し、数値化しました。 一方、リーダーたちに対しては、仕事における「リスク認知」をどれだけ感じているか、新規のプロジェクトや案件に対して、どれくらいの「リスク認知」をするのかといった質問の回答を得点化し、数値化しました。 この2つの調査で出た得点には相関が見られ、すなわち「リスク認知を感じていないリーダーほど、部下から魅力度が高いリーダーであった」という結果になりました。 本来「リーダーシップ」とは、チームを率いるという意味だけでなく、「率先して行動できる人」という意味もあります。 そういう意味でも、「リスク認知」が低く率先して行動できる人が魅力的なリーダーであると言う結論は、納得できます。

新しいことに挑戦して、「リスク認知」を低下させる!

ここまでお話してきたように、「すぐやる人」になるためには、仕事に対する「リスク認知」を低くする、必要があります。 ではどうしたら「リスク認知」を減らせるのでしょうか? 人間は、自分にとって経験のない、初めての出来事に対して特に「リスク認知」を感じやすいと言われています。 だからこそ仕事以外で、自分が挑戦したことのないことを見つけて、1つずつ挑戦してみる、というやり方をおすすめします。 仕事と直接関係のない、遊びや習い事でも「新しいことに挑戦する」という経験こそが、大切なのです。 これまでバンジージャンプを飛んだことがないなら、バンジージャンプでもいいですし、新しい外国語の勉強でも、何でも構いません。 その経験が多ければ多いほど、自分の中で新しい出来事に対する「リスク認知」が下がっていきます。 ここで留意していただきたいのは、肝心なのは「挑戦する」ことであって「上手くやる」必要はない、ということです。 上手くやろうとすると、多かれ少なかれ理想と現実の間のギャップに苦しむことになり、結果的にせっかく挑戦しても、途中で辞めてしまったり、モチベーションが下がることになりかねません。 「新しいことに挑戦する」。そしてその挑戦を楽しむ、という習慣が仕事における「リスク認知」の低下につながるのではないかと、私は思います。 新学期、新年度がスタートする、この4月。「すぐやる」を身につけるためにも、新しいことに挑戦しては、いかがですか?
【独立に役立つ心理学シリーズ:バックナンバーはコチラから!】 麻雀で経営を学んだ? 有名経営者から学ぶ勝負の仕方【独立に役立つ心理学・第8弾】 https://entrenet.jp/magazine/12957/
プロフィール:内藤誼人(ないとう よしひと) 心理学者。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。 大学院在学中より専門の心理学を活かした執筆活動を開始し、卒業後に有限会社アンギルドを設立。 ビジネス心理学を実践的に応用するアドバイスには定評がある。 新刊に、「心の闇」をパワーに変える心理術(すばる舎) 「人前で緊張しない人はウラで「ズルいこと」やっていた」(大和書房)など。 講演会・セミナーの依頼は、システムブレーンまで。 システムブレーン(講演・セミナー情報問い合わせ先) http://www.sbrain.co.jp/
税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ