カテゴリー

Line

個人事業主は医療費を経費で落とせるのか? 仕訳や勘定科目など

病気やケガをしたために医療費がかさむことがあります。

個人事業主の場合、出費が増えるだけでなく、治療に専念するために、事業を行うことができず、収入が減ってしまう場合もあるでしょう。

個人事業主が医療費を支払った場合、経費にすることはできるのでしょうか。

今回は、医療費を経費で落とせるのか、また、医療費控除を行う条件と医療費の仕訳についてご紹介します。

医療費は経費になる?

医療費は原則、法人、個人事業主ともに経費にすることはできません。

病院で支払った診療費や薬代は基本的に、個人で支払う費用です。健康診断費用やインフルエンザなどの予防接種代も基本的には経費にすることはできません。

しかし、従業員がいる個人事業主で、健康診断が義務付けられている場合、事業主が負担した従業員分の健康診断費用は、経費にすることができます。

同様に、従業員全員がインフルエンザの予防接種を受けるために事業主が費用を支払った場合も、経費にすることが可能です。

ただし、個人事業主が1人で行っている事業など、健康診断が義務付けられていない場合は、健康診断費用を経費にすることができません。

健康診断を義務付けられていても、事業主自身の健康診断費用は経費にすることができないのです。

事業主分の予防接種費用も経費にすることができないので注意しましょう。

どうしても、事業用資金から医療費を支払いたい場合は“事業主貸”で整理します。

条件に合えば医療費控除が行える

医療費は原則、経費にできませんが、条件を満たせば医療費控除とすることができます。

医療費控除とは、1年間に自己または家族のために支払った医療費の一部を当年の所得から控除することです。

これにより、所得税および住民税を軽減することができます。

控除の対象となる医療費は、治療や療養を目的とする最低限度の費用となり、健康診断や予防接種など、健康増進のための費用は対象となりません。

控除の対象となる主な医療費は次の通りです。

・医師に支払った診療または治療費

・治療または療養に必要な医薬品費

・病院、診療所、介護などにかかる施設費

・あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師などによる施術費(治療のみ)

・保健師や看護師などによる療養上の対価

・助産師による分べんの介助の対価

また、入院時の部屋代や食事代、通院費(公共の交通機関のみ)、義手・義足・松葉杖などの購入費や賃借料、寝たきりで治療を受けている場合のおむつ代なども医療費控除の対象となります。

医療費控除の対象となる金額や項目は、国税庁のホームページで確認できます。
(出典:国税庁「医療費控除尾対象となる医療費」)

医療費の仕訳・勘定科目について

従業員を雇い、健康診断が義務付けられている個人事業主で、従業員分の健康診断費を支払った場合の仕訳は次の通りです。

借り方:福利厚生費
貸し方:現金・預金 摘要:健康診断費従業員〇名分

個人事業主自身の治療費や健康診断費用を事業用資金から支払った場合は、“事業主貸”で処理します。

借り方:事業主貸
貸し方:現金・預金 摘要:治療費

医療費は経費とはなりません。

上記は、医療費を経費として計上するための仕訳ではなく、事業用資金が減少したことを記帳するためのものです。

医療費は領収書などを保管しておき、確定申告の際、所得控除項目として控除します。

まとめ

今回は、個人事業主は医療費を経費で落とせるのか、そして、医療費の仕訳方法について紹介しました。

医療費は経費で落とすことができません。医療費は事業主が自分自身で負担する費用です。

しかし、治療や療養のために必要な費用は医療費控除とすることができます。

医療費を事業用資金から支払う場合は、“事業主貸”で整理しましょう。

摘要欄に“医療費”などと記入しておくと、確定申告で医療費控除とする際に便利です。

控除の対象となる医療費には条件がありますので、国税庁のホームページを確認してください。

PROFILE

ファイナンシャルプランナー 富田浩司

ゴールドマン・サックス証券などの勤務を経て2007年に富田FP事務所を設立。主に、子育て世帯のマネープランをテーマに、講演、執筆活動などを行い、金融リテラシー向上に努める一方、FP相談では本音で話し、本気でサポートするFPとして、多数の顧客から支持を得ている。
<コンサルティングの得意分野>
ライフプラン(マネープラン)、子育て・教育資金、長期分散投資、保険新規見直し、不動産購入・不動産投資、節約経費削減、法人税金対策

 

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

アントレカウンター事務局からの<お知らせ>です

こんにちは! アントレカウンター事務局です。

「独立・副業が気になるのに、何から始めたらいいのかわからない・・・」そんな方も多いのではないでしょうか?

都内で開催中! アントレカウンターとは

アントレカウンターとは株式会社アントレが運営する【独立・副業】のお悩み相談窓口です。フランチャイズ本部の情報、業界予測やトレンドなどに関してその道に精通したプロと1対1で話せます。

「まず何をしたらいいの?」という相談にいらっしゃる方も非常に多いので、遠慮したり周囲を気にしたり、余計なことを心配する必要は一切ありません。

フラットな立場からアドバイス! 独立をおススメしない場合も

たくさんの独立開業希望者と面談してきた実績から、より独立開業希望者目線でのアドバイスができるのも特徴。
場合によっては、たくさんの相談に乗ってきたプロの経験より「独立はやめた方がいい」と止めることもあります。

副業を持つことで本業の収入を補うためにパラレルワークを考える方も!

いきなり独立開業をすることを「リスクの高いもの」と考えるも多く、最近では副業から始める方もいますし、副業として加盟できる・副業も可能なフランチャイズなども増えてきています。
本業の収入を補うために副業を検討している方も、ぜひアントレカウンターをご利用ください。

たくさんの相談に乗ってきたプロのいるアントレカウンター

「いきなり企業を訪問するのはハードルが高い・・・」と感じる方。
「周りに相談する方がいない」と1人で悩み、不安を抱えている方。
「まずはパラレルワークで収入を増やしたい」と考えている方。

ぜひ、たくさんの相談に乗ってきたプロのいるアントレカウンターで独立開業への第一歩を踏み出してみてくださいね!

※資金調達・融資、税務面・M&Aの詳細などのご相談には応じかねますので、あらかじめご了承ください。

━━━ ☆ 会場詳細 ☆ ━━━

赤坂パークビル 11F
〒107-6111 東京都港区赤坂5-2-20

アクセスMAP

東京メトロ千代田線    「赤坂駅」  より徒歩 5分
東京メトロ丸ノ内線、銀座線「赤坂見附駅」より徒歩10分
東京メトロ南北線、銀座線 「溜池山王駅」より徒歩13分

ご予約はこちらから
※お申込みにはアントレ(net)会員登録が必要です。

▼お電話でも受付中 →0120-120-474

受付時間:平日・土曜日 10:00~19:00
※上記以外の時間はアントレ(net)からお申込みください。

 
お申込みいただいた皆様には、事務局より詳細のご連絡を差し上げます。
皆様のお申込みを、心よりお待ちしております。

★アントレカウンター事務局★

2019年10月21日

最近は会社のM&Aや合併・提携など、会社間での再編のニュースが増え、事業撤退やほかの事業への拡大を目的に、M&Aの中でも“事業譲渡”を検討する会社が多くなっています。
事業譲渡を行えば、長年の事業運営のノウハウや従業員、取引先との関係も含めて相手企業へ譲り渡すことになります。
(さらに…)

2019年10月21日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ