カテゴリー

Line

音楽だけで食べていく。フリーランス作曲家「もっぴーさうんど」さんの、失敗しない稼ぎ方

2017年12月19日

職業、作曲家。

そう聞くと、音楽を創作し、アーティストに自分の楽曲を提供してお金を稼いでいる人、と想像する人が多いのではないでしょうか。

作曲家の多くは、仕事を依頼され、受注して納品する、いわゆるフロー型(単発でその都度仕事を請け負うスタイル)ビジネスモデルを採用しています。

仕事を請け負えばすぐに収益が見込まれるメリットがある分、継続的にお金を得ることは難しい仕組みです。

今回お話を伺ったBGM作曲家の「もっぴーさうんど」さんは、このフロー型のビジネスではなく、ストック型(自分の資産を使って継続的に収益が見込める)ビジネスを展開しています。

BGMや音源素材(パソコン上で音楽が制作される際に使われる音のサンプル)を売ることで、定期的な収益を上げている「もっぴーさうんど」さん。

「音楽だけで食べていくのは難しい」と言われている中、どのように「もっぴーさうんど」さんが収益を立てているのかをお聞きしました。

<プロフィール>
もっぴーさうんど / MoppySound
フリーランスのサウンドクリエイター。

インターネット上を活動の拠点として​600点以上のBGM・効果音をロイヤリティフリー販売する他、
映画、動画広告、アプリ等へのBGM提供、作曲者向け音楽素材の企画制作など活動は多岐にわたる。

19歳のとき趣味で作曲を始める。ゲーム音楽、アニメのサウンドトラックに興味を持ち、独学で勉強する。
音楽とは関係ない学問を専攻していた大学生活から、音楽系会社の学生インターンを経て、有名企業が主催するコンクールで自身の作品が入賞。

その後、就職ではなくフリーランスの道を歩むことを決意。

2012年からアプリなどへBGM提供するも、受注制作だけで生活することは難しいと感じ、制作したBGMを素材として販売するストック型ビジネスへ移行。2年で収益基盤を確立する。

2015年から「世界のすみっこでうさぎは空を眺める。」名義で作曲者向け素材のKONTAKT音源を開発し始める。2016年には音源制作のノウハウを活かし、映像・ゲーム制作向けのボイス素材集を企画・開発する。

大学中退後、フリーランスに! BGM専門の作曲家『もっぴーさうんど』ができるまで

―BGM作曲家に至るまでの流れを教えてください。

もっぴーさうんどさん
こどもの頃から音楽が好きで、家にあった電子ピアノで当時流行っていたジブリの映画やアニメ・ゲームのBGMを弾いていました。

大学時代は音楽とは関係ない学問を専攻していた傍ら、本格的に作曲活動を始めて、著作権フリーのBGMや効果音を販売できる「オーディオストック」(https://audiostock.jp/)というサイトで、自分で作った曲を売っていました。

その後音楽系のベンチャー企業でのインターンにて、音楽業界の仕組みを学びました。

―そして徐々に頭角を現していったんですね。

もっぴーさうんどさん
曲を作り始めて2年ほど経ってから、有名企業のコンクールで私の作った曲が入賞するようになりました。

そこからはもう企業に就職することは考えずに、大学を中退して、音楽1本で食べていこうと決意しました。

―そんなに若いうちから独立されていたんですね。周りの人はどういった反応でしたか?

もっぴーさうんどさん
両親からは反対されましたね(笑)。やっぱり、普通に就職して会社員をやってほしかったみたいです。

でもどうしても音楽で食べて行きたかったので「25歳までに必ず、音楽で食べていけるようにする」と約束をして、仕事に打ち込みました。

なんとかタイムリミットに間に合って、今こうして作曲家として生活していけるようになりました。

―「もっぴーさうんど」さんはBGM専門の作曲家でいらっしゃいますが、他のミュージシャンや作曲家とは、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

もっぴーさうんどさん
よくミュージシャンや作曲家というと、自分でライブをやったり曲を作ってCDを売ったり、アーティストへの楽曲を提供することで生計を立てている方が多くいらっしゃいますが、私の場合は少し毛色が異なります。

私は自分が作曲した曲を、「オーディオストック」や海外の素材販売サイトで売っています。

それを企業さまを中心としたお客さまにサイトを通じてご購入いただいております。

ですので基本的には、他の人からご依頼を受けて楽曲を制作するのではなく、自ら楽曲を発信して、お客さまが必要な時にその都度買っていただいている、という形になります。

―なるほど。それでは「1曲あたりにいくら」という考え方ではなくて、楽曲がユーザーにダウンロードされればされるだけ「もっぴーさうんど」さんが稼げる、という仕組みなんですね。

もっぴーさうんどさん
そうですね。ストック型のビジネスなので、そういう意味ではブロガーの稼ぎ方に近いかもしれません。ダウンロードにおける利用料と、自分のサイトの広告収入などで稼いでいるので。

「オーディオストック」には効果音を含めると、すでに600以上の曲を販売しています。昔作った曲でも、人気のある曲は頻繁にダウンロードされているので、比較的安定して収益を生み出せるようになっています。

他人と同じことをしてもしょうがない。「まだ誰もやっていないこと」を見つける力

―BGM専門の作曲家としてのご活躍に加え、最近では、音源素材(パソコン上で音楽が制作される際に使われる、音のサンプル)もご自身で作って、ビジネスを展開しているとお聞きしました。なぜ音源素材を作ろうと思われたのでしょうか?

もっぴーさうんどさん
私が参加している音楽サークルの中で「自分たちが楽曲制作をする時に使えるような、ちょっと変わった音源素材が欲しいね」という話が出たことがきっかけです。

そこで、試しに音源素材を作ってみようと、候補に挙がったのがこの「下手っぴリコーダー」でした。

https://soundcloud.com/sekai_usagi/demo1?in=sekai_usagi/sets/poor-recorderdemo

他にもヤマハのピアニカや、ハンドベルをサンプリングした音源素材も制作してみました。

https://soundcloud.com/sekai_usagi/we-yamahapianica-demo4?in=sekai_usagi/sets/wr-yamahapinicademo

https://soundcloud.com/sekai_usagi/wr-toy-handbell-demo1

これが仲間内で結構評判になったので、試しに音源素材として販売したところ、同業の作曲家さんの中で話題になって、意外と売れたんです。

―音源素材といえば、大手メーカーさんが高級な楽器(ピアノやバイオリン、ドラムなど)の音をサンプリングして販売する、というイメージが強いですが、もっぴーさうんどさんが作った音源素材は、ある意味その逆ですよね。

もっぴーさうんどさん
そうですね。

音源素材自体は、ちょっと知識があれば誰にでも作れてしまうものですが、どうしても「大手のメーカーが“いい楽器”から“いい音”をサンプリングして販売するもの」という固定観念があるんですよね。

ですが初めは「表現の幅を増やしたい」という想いから作ったものだったんですが、案外私たちの作った、お世辞にもハイクオリティとは言えない音源にも、一定の需要があったんです。

音源素材は、本来ミュージシャンや作曲家の人たちが使うもので、正直一般の人が使う機会の少ないニッチな領域です。

ですがこんなニッチな領域にも「誰もやっていないものに挑戦する」ことで、需要って生まれるんだなと気づきました。

―たしかに、目の付け所が鋭いですね。

もっぴーさうんどさん
それに、大手メーカーと同じことをしてもしょうがないじゃないですか。

高級なピアノの音をサンプリングして、素晴らしいクオリティで音源素材にするなら、大手メーカーの持つ資金力や研究力には到底勝てません。

でも大手メーカーが目をつけないようなところに、あえて目を向けることで、新しいビジネスを生み出すことができる。

この「下手っぴリコーダー」の音源はまさに、コロンブスの卵なんです。

―「まさかこんなことがビジネスになるんだ」と、感じることができたのは、大きな経験ですよね。

もっぴーさうんどさん
はい。

私たちが作った音源素材が人気を博したことがきっかけで、今メーカーさんと協力して新たな開発に着手しています。

「声優さんにオタクの人のコール(合いの手)をしてもらって、それをサンプリングした音源素材」というものを作っているんです(笑)。

本当にビジネスの種というのはどこに転がっているか分からないからこそ、あらゆることにアンテナを張っておくことが大事だと気付かされました。

ストック型のビジネスは、未来への投資。安定した収益を得るために埋めた、たくさんの“タイムカプセル”

―BGMの作曲、音源素材の制作など、ストック型ビジネスを展開されています。これも作曲家・ミュージシャンとしては珍しいビジネスモデルだと思います。

もっぴーさうんどさん
安定して稼いでいくためには、やはりこのやり方が1番なのではないかと思います。

BGMにせよ音源素材にせよ、自分の成果物が評価され続ければ安定的に収益を見込めます。ただしビジネスの性質上、いきなりすぐに結果が出るわけではないので、最初は大変だと思います。

―たしかに作曲だけでなく例えばブログでも、ストック型ビジネスモデルはいきなり結果が出るわけではありませんよね。だからすぐに辞めてしまう人も多いはずです。「もっぴーさうんど」さんにも、結果が出ない時期はありましたか?

もっぴーさうんどさん
ありましたね。実はブログもやっているのですが、開設して2年ほどは鳴かず飛ばずでした。

でもそんな時期を乗り越えられたのは「たとえ今は評価されていなくても、好きなことに熱中できることの楽しさ」が自分の中で強かったからだと思います。

幸い私は、学生の頃からこの仕事をしていましたから、ある程度の稼ぎを得られるまでは実家や周りの人の支えを受けることができました。

そのおかげで音楽に熱中して、未来への投資を着々と進めることができたんだと思います。

―その投資が今、花開いたというわけですね。

もっぴーさうんどさん
はい。私はストック型ビジネスとは、タイムカプセルだと解釈しています。

とにかくたくさんのタイムカプセルを埋めて、それが未来の自分を支えてくれる。どのカプセルがいつ開くかまではわかりませんが、数多くのカプセルを埋めればそれだけ開く数も増えていきます。

もしこれから、私のようなストック型ビジネスで独立・起業を考えている方がいるとしたら、今からたくさんのカプセルを埋めて欲しいなと思います。

今からでもやれることはたくさんありますから。

そしてそのカプセルが開いて、地盤を盤石にしてから独立する、という選択肢もありだと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

9月14日(金)・15日(土)の2日間にわたり、東京ドームシティ内のプリズムホールにて「アントレフェア2018」が開催されました。

「アントレフェア」とは多くのフランチャイズ本部や代理店本部がブースを出展し、加盟についての詳細を直接会話することができる年に1度のイベント。さまざまな業界のブースがあるので、1度に多くの情報を集めることができます。

さらに、資金調達や会社設立、起業の税務相談など、各分野に特化した専門家ブースもあるので、その場で相談することも可能。自分で探してあちこち足を運ぶことなく、業界市場や最新トレンド、経営に必要な知識についても効率よく収集できるイベントなのです。

今回は、そんな2日間の「アントレフェア」を体験取材! 本気で独立・起業を考える人で大盛況だったイベントの様子をお届けします。

「知らなかった」「残念ながら参加することができなかった」という方は、次回の予習も兼ねてご一読ください。

アントレ編集長が会場のまわり方を教えてくれる!? 企業ブースを訪問する「比較ツアー」に密着

受付では、講演のタイムスケジュールや会場マップが入ったバックを受け取ります。

講演は何時から? どんな企業がブースを出しているの? と迷っていると、会場の回り方やコツを説明してくれる入口スタッフが来場者を誘導してくれました。

どのようにフェアを回るかは個人の自由ですが、このような説明があるだけで、会場内で行われている各種イベントをある程度把握することができます。

会場に入って最初に目に留まったのは、「比較ツアータイムスケジュール」の看板。

「比較ツアー」とは、「副業」や「自宅で開業」など、参加者の希望のテーマに沿った企業をツアー形式で周り、比較しながら検討できるというもの。
複数人のグループを作って出展ブース(3〜5社)を回る、予約制のイベントです。

1時間ほどで効率的に情報収集することができるので「どの企業に話を聞けばいいのか分からない」「広い会場内を探し回るのは大変」という方にはおすすめのツアーです。

今回は、ツアーテーマの1つにある「編集長と行く!アントレフェア」に参加してみることにしました!

こちらがアントレ編集長・菊池保人さん。

菊地編集長が各企業ブースに直接案内してくれるので、初めての参加で右も左も分からない方にとっては心強いですよね。また、3人程度のグループでまわるので、「1人で話を聞くのは不安」という方にとっても安心です。

それでは菊地編集長、よろしくお願いします!

ブースに着くと、各フランチャイズ本部の担当者から開業資金や業界、市場について、分かりやすく丁寧に教えていただけます。

説明を聞いている途中で少しでも疑問に思ったことがあれば、「これ、どういうことですか?」と気軽に質問・相談することも可能。何か不明な点があればその場で確かめ、疑問を解消することができました。

もちろん、「自分のペースでゆっくりと話を聞きたい」「お目当ての企業の話のみを聞きたい」という方は個別で企業ブースを訪問できるので、積極的に会場内を回ることをオススメします。

素敵な笑顔で丁寧に案内してくださった菊地編集長、ありがとうございました!

魅力たっぷりの企業ブースを紹介!

ここではツアーで回った企業ブースをご紹介します!

まずは、今年で80周年を迎える工具の高級ブランド「マックツールズ」の日本国内事業を展開するマックメカニクスツールズ株式会社。

企業ブースに着いた時は、大きな車が乗り入れてあってビックリしました(笑)。

株式会社サンライズのフランチャイズ加盟店である、完全テイクアウト型メロンパン専門店「Melon de melon(メロン・デ・メロン)」のブースでは、メロンパンの陳列もありました。

車からメロンパンまで、様々な企業がブース出展しているのも「アントレフェア」の魅力のひとつです。

また企業ブースの中には、こうして商品を購入して試食・試飲できたり、その企業ならではのさまざまサービスを体験することができるので、全てのブースを回ってみたくなりますね!

開業資金の融資ノウハウを、専門家に無料で相談できる!【独立開業無料相談コーナー】

会場の奥には、「独立開業無料相談コーナー」があります。

ここでは日本政策金融公庫など、融資や会社設立の専門家から直接アドバイスを受けることができます。
名前の通り、いくら話を聞いても無料なので、資金調達、会社設立、税務相談について少しでも疑問に思っていること、悩みがあれば気軽にどんどん聞いてみましょう!

【企業・ゲスト講演】日替わりで杉村太蔵氏や、藤原和博氏ら豪華ゲストが登壇! 開業時に取り組むべき重要課題を学ぶ

講演スペースでは、2日間で合計10社の企業公演と、8名の方々による豪華なゲスト講演のコーナーも設けられています。

その中でも特に大盛況だったのが、9月14日(金)に行われた、元衆議院議員で、現在はタレントとしてもご活躍されている杉村太蔵氏によるスペシャル講演です。

「バカは活きる」をテーマに、プライドを捨てた男の人生から学ぶ自分らしさが活きるキャリア論を熱弁。杉村氏の実体験を元にした貴重なお話を語ってくださいました。

企業講演では、会場にブースを出展している各企業担当者が、各々掲げる経営理念やビジネス戦略、開業資金などを、画像や映像を使ってわかりやすく説明してくれました。

また、9月15日(土)には、藤原和博氏のスペシャル講演が大盛況!『戦略的「モードチェンジ」のすすめ』をテーマに、ホワイトボードを使って「100万人に1人の人材」になるためのキャリアアップ論を解説。ご自身の経験もふまえ、迷える世代に向けてアドバイスを送ってくれました。

こうした講演は、普段ならなかなか聞く機会のない著名人の実体験に基づく話を聞ける貴重なチャンスでもあります。

加えて、独立開業の専門家からお金の借り方、副業のはじめ方、フランチャイズの開業資金といった起業ノウハウを一気に聞くことができるので、独立・開業を考える方にはぜひ参加していただきたいイベントですね!

シールを集めて豪華プレゼントをゲット!

この「アントレフェア」は、講演を聞いたり、企業ブースを回るだけではありません。参加者なら誰でもチャレンジできる「シールラリー」というものが常時開催されているのです。

こちらは、来場時にもらえる上記画像のカードに、企業を1社訪問する、もしくは企業講演に参加するごとにシールが1つもらえます。

最終的にこのカードに3つ以上のシールを集めることができれば、会場出口にある特典ブースで豪華なプレゼントをもらうことができます。

シール3〜4枚で「独立関連書籍」、シール5枚で「クオカード500円+独立関連書籍」がゲットできちゃいます!

こちらがシールを3枚以上集めると貰える独立関連書籍一覧です。

講演した方の書籍も用意しているので、ぜひいろいろな企業を訪問したり講演を視聴してシール集めにもチャレンジしてみてください。このような本を読むだけでも、これからの独立準備に向けて大いに前進することができそうですね。

独立・開業を考える人は必見! 起業家マインドとノウハウを得て、新たな1歩を踏み出そう!

各企業ブースや相談コーナーでは「開業に必要なノウハウ」、起業家や著名な方々の講演では「起業家マインド」を学んだ2日間。これから独立・開業といった新たなビジネスの世界に挑戦するにあたって、欠かせない要素が全て集まったイベントでした。

「独立・開業について考え始めたばかり」「起業するにはどんな知識が必要で、どんなスキルを磨くべきなのか分からない」という方でも基礎からしっかりと教えてくれるので、今回参加できなかった人は、次回の「アントレフェア」へぜひお越しください!

アントレ公式キャラクターの「アントラ」くんも待ってますよ!

また、メルマガ会員になれば常に有益な情報がもらえるので、登録しておくと便利です。LINE公式アカウントもあるので、そちらもチェックしてみてくださいね!

※また「アントレフェア」の小規模バージョンの「アントレアカデミー」も随時開催しています。

10/23(土)@大阪
10/27(土)@東京
11/10(土)@愛知

お電話での受付はコチラから
0120-854-080

2018年10月19日

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。