スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

コンビニエンスストアのフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ!

コンビニエンスストアのフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ!

「フランチャイズ」と聞くとコンビニエンスストアを思い浮かべる方は多いでしょう。コンビニエンスストアは全国どこに行っても必ず見つけられるほど、現代の生活において必要不可欠な存在です。そのため、独立・開業を検討している方の中には、コンビニエンスストアのフランチャイズ加盟を検討したことがあるという方もいるかもしれません。コンビニエンスストアのフランチャイズに加盟するメリットやデメリットをまとめてお伝えします。

コンビニエンスストアのフランチャイズでの独立・開業とは

他のフランチャイズと異なる、コンビニエンスストアのフランチャイズならではの特徴が2点あります。

コンビニエンスストアならではのポイント

コンビニエンスストアの営業時間は、基本的には24時間です。閉店時間のないコンビニエンスストアは、どの時間帯でも稼働できるようにアルバイトやパートで人材を確保し、シフト制度を用いてお店の運営をしなくてはいけません。きちんとマネジメントができていれば、オーナーが店舗に立つ必要もないため、経営に専念できるフランチャイズと言えるでしょう。

ただし、近年では人材の確保が困難を極めており深刻化しています。アルバイトやパートだけでシフトが回せない場合、オーナー自身や家族にも手伝ってもらい店舗に立つ人を用意しないといけなくなってしまいます。そうならないためにも、人材の確保や教育・サポート体制は万全に整えておくのが賢明でしょう。

また、コンビニエンスストアでは様々な商品が手に入るメリットがある反面、特にお弁当、お惣菜、ファーストフードなどは廃棄が多くなる可能性があります。廃棄商品を減らして継続的に利益を出していくためにも、店内ポップを作ったり、お客様へ声かけをしたりして売れ残りが出ないように工夫をする必要があります。

他のフランチャイズとの違い

コンビニエンスストアで独立・開業する場合、ブランド力や知名度を生かせることが、ずば抜けて良い点です。特にコンビニエンスストアが少ないエリアでは、店舗をオープンしただけでお客さんが来店してくれたり、フランチャイズ本部が大々的に広告をうってくれたりするので、集客力があります。

また、未経験者でも簡単に開業できるよう、フランチャイズ本部のサポートが充実しています。商品の仕入れや地域のニーズに合わせた商品開発も随時、本部が判断・決断します。

「独立したいけれど自分ではどうしたら良いかわからない」という方にとっては持ってこいかもしれません。しかし、逆にいうと自由度は低くなります。マニュアルが細かく定められているので、フランチャイズ本部の方針・理念に共感できるかどうか、事前に確認しておくことをおすすめします。

コンビニエンスストアのフランチャイズに加盟するメリット

フランチャイズの中でも人気のコンビニエンスストアですが、フランチャイズで開業するメリットについて解説します。

メリット1:コンビニエンスストアの経営は流行に左右されない

独立を考えた際、「長期的に経営ができるか」というのは誰もが抱える不安の一つです。フランチャイズビジネスでも扱う商材・サービスによっては流行り廃りがあります。しかし、コンビニエンスストアの場合、開業当初は流行っていたものの、時間が経つと流行りも終わりお客さんが来ないということがないため安心です。

その理由は、コンビニエンスストアが扱う商品が「日用品」だからです。日用品は人々の生活で不要になることはないため、誰もコンビニエンスストアを利用しないということはないでしょう。人々の「今、欲しい」を叶えられるコンビニエンスストアの経営は比較的長いと言われています。

メリット2:どんどん便利になることで成長するコンビニエンスストアの市場規模

コンビニエンスストアの利用頻度が高いと、コンビニエンスストアの日々の成長や変化に気づかない方も多いでしょう。しかし、コンビニエンスストアは市場のニーズに応えるために日々、進化を遂げています。

例えば、「プライベートブランド」の登場です。プライベートブランドとは、そのコンビニエンスストアのオリジナルブランド商品であり、高品質・低価格が注目を集めています。さらに、近年では「高齢者向けの宅配事業」なども拡大しています。重たい荷物を自宅まで持って帰ることが難しい高齢者は少なくありません。宅配サービスがあれば、気兼ねなく商品を購入してもらえるので、売り上げの拡大が見込めます。

メリット3:コンビニエンスストア経営は地域の人との交流ができる

コンビニエンスストアは地域密着型のビジネスです。そのため、店員とお客さんが気軽に声を掛け合えるような状態を作ることが可能です。

中でも「宅配事業」は地域密着に欠かせないサービスのひとつです。スタッフが個別に宅配することで、高齢者の安否確認もできるというメリットがあります。宅配サービスによるリピーターの増加は売り上げだけでなくサービスを向上させるのにも欠かせません。地域に密着することで、更なる販路の確保が可能になるでしょう。

コンビニエンスストアのフランチャイズに加盟するデメリット

人気のコンビニエンスストアの経営ですが、メリットばかりではありません。コンビニエンスストアを経営するにあたり発生するデメリットについても解説します。

デメリット1:スタッフを採用できなくてもお店の運営は止められない

優秀なアルバイトやパートが見つかれば、コンビニエンスストアの経営は安定するでしょう。しかし、アルバイトやパートに、長期的に働いてもらうのは簡単ではありません。オペレーションがマニュアル化されているからこそ、日本とは風習が異なる海外留学生の採用なども増えていますが、留学期間が限定されるため長期の雇用が難しいのが現状です。

アルバイトやパートが見つからない場合、家族だけで店舗運営をしなくてはいけなくなったり、人材不足で販売施策が考えられなくなったりします。コンビニエンスストアは24時間365日の営業です。いつどんな事態が起きるかわからないので、オーナー家族もいつかのために事前準備をしておくのが良いでしょう。

デメリット2:ブランド力が衰える可能性がある

コンビニエンスストアのフランチャイズは大きなブランド力を持っています。他のフランチャイズとは比較できないほどのブランド力を持っているため、その分、事件や事故など何かで名前に傷がつくようなことが起きたら影響を受けるというデメリットがあります。大規模のフランチャイズだからこそ、激しい浮き沈みを覚悟しておきましょう。

デメリット3:長期契約で経営をしなくてはいけないケースが多い

他のフランチャイズと比較し、コンビニエンスストアのフランチャイズは契約期間が長い特徴があります。10年や15年の契約が一般的なので、「自分には合っていなかったから」とすぐに辞めるわけにはいきません。

商売が軌道に乗るのに、どんな商売でも2〜3年ほどはかかると言われています。開業してすぐに「自分には合わない」と判断してしまわないように、あらかじめ長期的な経営プランを立てることをおすすめします。

主要なコンビニエンスストアのフランチャイズチェーン3選

コンビニエンスストアのフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ!主要なチェーンとは?

次に、コンビニエンスストアのフランチャイズチェーンを3つ紹介していきます。

A社

A社の強みは圧倒的な商品力です。プライベートブランドの食品や生活用品が充実しており、競合他社との差別化を図っています。高級志向の商品などで客層を広げていっています。

B社

B社は、日本発のコンビニエンスストアです。提携店の多いポイントカードが利用できたり、独自のバーコード決済ができたりと、他社との差別化を図っています。

C社

通常の店舗のほか、ナチュラル志向の方向けの商品をそろえた店舗、100円の商品をそろえた店舗、薬局併設店舗など、顧客のニーズに合わせて様々なタイプの店舗を構えています。

これからのコンビニエンスストアのフランチャイズ

コンビニエンスストアは日用品が購入できるだけでなく、買った商品を家まで届けてくれたり、各種チケットの手配や支払いができるようになったりなど、様々な役割を担っています。これまで「若者が利用する」というイメージのあったコンビニエンスストアですが、高齢者向けのサービスなども展開し始め、今では幅広い年代に愛されるビジネスモデルを確立しました。マイナンバーカードを取得していれば、コンビニエンスストアで住民票の写し・印鑑登録証明書など証明書類が発行できる点も地域密着型といえるでしょう。そんなコンビニエンスストアは成長市場であるため、独立したいと思っている方はフランチャイズ加盟を検討しても良いかも知れません。

コンビニエンスストアの圧倒的なサポート体制を利用して独立

サポート体制が抜群で、何よりもブランド力が高いコンビニエンスストアのフランチャイズは、今後も成長し続けるビジネスモデルであると言われています。そのため、フランチャイズ加盟をして独立するには自分の思想に合うフランチャイズ本部を見つけるのが得策でしょう。

アントレではコンビニエンスストアで独立したい方向けに企業情報を掲載しています。加盟プランも複数あるので、コンビニエンスストアのフランチャイズが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

https://entrenet.jp/dokuritsu/C07/

PROFILE

ちはる

大手IT商社でプロダクトプロモーション担当を経て、 WEBコンテンツ制作会社に転職し、ライターとして所属。その後、独立し、現在はビジネス・不動産関連の記事を主に執筆。

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。