カテゴリー

独立ノウハウ・お役立ち
159件のまとめ

一時的に会社の資金が不足することが分かっている場合に、経営者が自分の貯金で資金を補うことは可能なのでしょうか。基本的に、経営活動と個人のお金は分けて考えるべきです。しかし、少しの間を乗り切れば、その後は資金に困ることもなくスムーズに動くことが分かっているとき、経営者はどうするのがベストなのでしょうか。
起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。
起業する際には融資などで資金を集めるのが一般的ですが、返済不要の資金として補助金・助成金があります。事業拡大の際など、経営者にとって資金繰りが必要となる場面は多くありますが、中小企業や個人事業主では株式発行などの手立てを講じられないこともあります。必要な資金調達を行うためのノウハウを知っておけば、スムーズな開業が可能となりますので、今回は補助金・助成金についてご紹介していきます。
脱サラして農業をすれば、バラ色の生活が待っていると考えている方、十分な知識と準備は出来ていますか? 特に、農業経験が0の方や農業環境をこれから整える方は、かなり準備と経験が必要です。 農業のサイクルは1年単位が基本、種蒔きから収穫・出荷・販売まで、最低1年の経験が必要です。 ここでは、私(起業コンサルタント 丸本 敏久)が実際に体験した実体験の農業についてお話したいと思います。

趣味の農業と脱サラ後に生計を立てるための農業は別物

私自身 農業を始めた最初は、簡単に出来ると思っていました。
日本人の平均寿命が延びて、人生90年時代がすでに始まっています。 しかし、サラリーマンとして就労できるのは、60歳~65歳までという会社が多くなっています。 さらに、50歳を過ぎると、職場転換などの影響で、年収が低下してしまう傾向があります。 そこで、最近注目されていることが本業以外の収入(副業)です。 例えば、日産自動車では、2009年より副業を容認しています。
年末調整の仕組みを知っていても、確定申告での医療費控除については詳しく分からないという方はいらっしゃいませんか。制度は知っているけれど面倒そうだとか、それほど得するようでもないと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、医療費控除の確定申告をしない方も、少しだけ制度を知っておくと役に立つことがあるかもしれません。
念願だったカフェの開店!! ・・・しかし、飲食業で成功するのは本当に難しいのも事実です。 今回はカフェを開店し「潰さないため」の方法について、一般的な部分を確認していきましょう。

なぜ飲食店(カフェ)はよく開店してよく閉店するのか?

皆さんの周囲にも「しょっちゅう店が入れ替わる場所」があるのではないかと思います。
夢であった独立開業!!だったはずなのにこんなリスクがあるとは・・・。 サラリーマンと経営者では、全く立場が異なります。 今回は脱サラのリスクについて確認していきましょう。

脱サラ後に知る、実は守られていたサラリーマン

よく「サラリーマンは虐げられている!!」といった報道がされています。
現在、国は政策的に女性の活躍を促進していますが、企業における女性管理職の増加だけでなく、実は起業(脱サラ)する女性もここ2~3年多くなっています。 しかし、個人事業や自営業を始めるにあたっては、やはり男性が多く女性は少数派です。 そこで、起業するにあたって、少数派の女性を少しでも支援するために、数は多くありませんが、返さなくてもいいお金である助成金や補助金をご紹介します。

助成金・補助金・融資の違い

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。
一口に独立開業と言っても、お仕事には色々な種類があります。 今回は「どんな仕事が成果を出しやすいのか?」について考えていきたいと思います。

どんな仕事でも結果を出すのは難しい!

まず大前提として、「持っていれば何とかなる」なんて資格は、本当に少なくなりました。
日常会話のなかでもフレームワークという言葉を聞くことがあるでしょう。フレームワークとは、ビジネスにおける経営分析と経営戦略をロジカルに考えるための手順のようなものです。フレームワークのテクニックを身につけることで、自分たちの経営に足りないものや今後の課題などを見つけ、解決の糸口を探すことができるようになるでしょう。今やビジネスは“勘”や“経営者の主観”、“がむしゃらなヤル気”だけでは成功へとつなげることは難しくなっています。フレームワークの考えを理解して、経営分析を進めていくことが必要です。
いざ独立開業!!その前に・・・家族にはきちんとお話をしましたか? 脱サラは自分自身だけでなく、家族の人生にも大きな影響を及ぼします。 実際に行動を起こす前に、きちんと話し合いをしておきましょう。

現状把握は出来ているか?

私生活について語る場合、一番難しいのは「現状を把握している人が本当に少ない」ということです。
「日経平均株価が本日も上昇しました!」「〇〇会社の株価が最高値を付けました!」というニュースを聞く、と株トレーダーで生活が出来るのでは?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、株トレーダーのみで今後長期に渡る生活資金を稼ぎ、所得税、住民税、社会保険等の様々な税金等を支払い続けるのは簡単ではありません。
サラリーマンの時は、健康保険の手続きは全て会社がやってくれて、保険料は給与からの天引きで、保険証も更新時に会社が渡してくれました。 ところが脱サラをした場合は、全て自分で手続きをして、保険料も毎月自分で支払わなければなりません。 保険料の未納が続くと、短期保険証という期間の短い保険証となってしまいます。 そこで、脱サラをする前には、健康保険について知っておくことが必要です。

サラリーマンの健康保険

サラリーマンの時に加入していた健康保険は、大きく2つに分かれます。
独立・起業をするにあたり、必要なことは「いかに人に好かれるのか」という視点です。 人に好かれる、すなわちモテる人は、いい縁に恵まれていい仕事が舞い込んできますが、反対にモテない人は、人が寄り付いてこないのでいい仕事が巡ってきにくくなる。 では、どのようにしたらモテるようになるのか。
次の20件を表示 
1 2 8

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ