カテゴリー

Line

独立ノウハウ・お役立ち
424件のまとめ

ベンチャー企業にとって事業資金調達は大きな課題です。 10年ほど前は、事業資金調達といえば金融機関の融資でしたが、最近では、ベンチャー企業が資金を得るためにベンチャーキャピタルを利用したとの情報をよく目にします。 ベンチャーキャピタルとはどのような仕組みでしょうか? また、同じようにファンドやインキュベーターという言葉もよく聞きますが、ベンチャーキャピタルとどのような関係があるのでしょうか? 本記事では、ベンチャー企業に関連するベンチャーキャピタルの役割と仕組み、ファンドとの違い、インキュベーターとの違いとは何かを解説します。

ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルとは、将来的に大きく成長しそうなベンチャー企業などの未上場企業に対して資金提供(株式投資)を行う、投資組合や個人投資家を指します。 彼らは、ベンチャー企業の上場後に株式や会社を売却することで、出資額の回収と同時に、利益を得ることを目的としています。

ベンチャーキャピタルの仕組み

ベンチャーキャピタルはベンチャー企業に投資する資金が必要です。 資金調達と運営の仕方により、2種類のタイプに分かれます。 1.自己資金で運営 個人投資家が自身の財産や銀行から借りた資金を元に、「成長しそうだな」という判断や、「事業に社会的な意義があるから応援したいな」という意思によりベンチャー企業投資を行うことで運営されています。 投資によるリターン(利益)は追及していますので、自らベンチャー企業に経営支援を行うこともあります。 エンジェル投資家と似ていますが、エンジェル投資家は個人の判断のみで出資します。 ベンチャーキャピタルは、自己資金ですが法人なので審査があり、出資した会社の経営にも携わります。 出資する資金額にも違いがあります。 エンジェル投資家が千~数千万円であるのに対し、ベンチャーキャピタルは1億~数億円あるのが一般的です。 2.ファンドを組織して運営 多くの投資家(金融機関・機関投資家など)に出資を募って事業運営する、投資事業組合(ファンド)を設立してベンチャー企業への投資を行う仕組みです。 ベンチャー企業に対する投資は、成功企業(上場企業)が1社でも出れば大きなリターンを得られますが、その成功率は高くありません。 投資家に出資を募っている以上、確実に投資回収を行い、還元しなければならないため、投資するべき企業をしっかりと見極めることが必要です。 投資後は、企業価値向上のためにさまざまな経営支援を行う場合もあります。

ベンチャーキャピタルとインキュベーターの違い

インキュベーターとは、本来は「生まれたばかりの乳児を育てる保育器」を意味しますが、そこから転じて「起業家の卵を育てる」人たちのことを指します。 一般的にインキュベーターは、経営アドバイスや資金調達のためのアクセスの提供、企業を運営するために必要なビジネス・技術サービスへの橋渡しなどをおこなう団体、組織に所属しています。 独自の創造性に富んだ技術・経営ノウハウと高い起業家意欲を持つベンチャー企業に着目し、起業家に対し、オフィスの貸出や経営アドバイス、事務・経理・リクルーティングなど、多岐にわたって支援します。 インキュベーターは、単なるレンタルスペースの賃貸ではありません。 ハードよりもソフトの部分の仕組みが特徴的で、一般的には、入居企業をアドバイスするインキュベーション・マネジャーが配置され、専門的アドバイスだけでなく、ビジネスプラン達成に必要な各種専門家のコーディネートを行うなど、支援体制を揃えています。 ベンチャーキャピタルは資金を投資してベンチャー企業を支援しますが、起業して間もない卵のような企業にはベンチャーキャピタルによる投資は難しいため、インキュベーターにより育て、ある程度成長したあとにベンチャーキャピタルが出資するようになります。 このように、ベンチャー企業の成長過程に沿って出資者に違いがあります。

ベンチャーキャピタルとファンドの違い

ファンドは、投資家(個人・機関)からお金を集めて、集めたお金を価値がある物(不動産・新事業・株式・証券など)に投資して、得た収益を出資者に分配する仕組みです。 ベンチャーキャピタルは、株式上場前のベンチャー企業やスタートアップを対象に出資する組織ですので、ファンドの一部にベンチャーキャピタルが含まれることにはなりますが、投資対象をより狭めているのがベンチャーキャピタルともいえます。 しかし、出資する資金は自己資金によって用意するケースもありますので、広く投資家から集める形式のファンドとはその点で異なります。

まとめ

ベンチャー企業にとって、ベンチャーキャピタルは資金調達の手段としてはありがたい存在のように思えます。 しかし、投資という形態である以上、審査が厳しく、審査が通ったあとも、リターンに対する圧力はベンチャー経営者にとって試練になるかもしれませんので、もろ刃のつるぎともいえる存在です。
PROFILE

善木 誠

岡山県岡山市在住でビジネスコンサルタント(株式会社スコーレメディア代表)として小規模事業者向けの経営コンサルタントをしています。 [資格]働き方改革マスター、個人情報保護審査員、経営士

2019年6月24日

経営計画は、将来にわたって事業を継続させ、目標を達成するために作成するもので、企業の重要な土台部分と言えます。そのため、経営計画をしっかりと立てていないと事業が思わぬ方向へと進んでしまう原因になるので注意が必要です。

2019年6月24日

もっと相手と打ち解けることができれば、仕事が速く進むのに… 真面目な人ほど仕事中は固くなってしまい、コミュニケーションが表面的になりがちです。 その一方で、1流のビジネスパーソンは相手の懐に入るのがうまいもの。一見仕事と関係のない話題で心理的な距離を縮めつつ、仕事のやり取りも円滑にできるようにしているのです。

2019年6月21日

中小企業の事業承継や事業再生にあたり、複数の事業を行っている場合、事業の収益性や運営面の違いを考慮し、一部の事業を切り分けて別会社にしたほうが、効率よく経営できる場合があります。 事業を分ける方法はいくつかありますが、今回は会社分割について説明します。

2019年6月19日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。

2019年6月19日

定年退職後はゆっくりと過ごしたい。 第二の人生を楽しみにしている方も少なくないと思います。しかし、人生100年時代です。定年退職後の人生は決して短くありません。仕事をしていれば、定年退職後のお金の心配も減るでしょう。何より、働いて誰かの役に立てることは嬉しいことですよね。 定年退職のないフランチャイズで独立して、長く楽しく働いてみませんか?

2019年6月18日

長年にわたり世界をリードしてきた日本の製造業ですが、急速なグローバリズムの浸透やニーズの多様化、競争の激化により大きな変革の必要性に迫られています。また少子高齢化にともなう人材不足や他産業への人材流出などから、将来の担い手が少なくなりつつあります。

2019年6月10日

「メラビアンの法則」という有名な心理学用語を知っていますか? 人は出会って数秒で相手の第一印象を判断します。そのうち視覚に依存する割合はなんと55%と言われています。 初めて出会ったときの見た目の印象次第で、もはや仕事の成否が決まるといっても過言ではありません。

2019年6月4日

生産や販売、マーケティング、人事や労務までを適切に管理してコントロールすることは、企業が掲げている目標を達成するために必要不可欠なことです。 今回は、経営管理の課題と対策について解説します。

2019年6月3日

総務省「就業構造基本調査」によると、個人事業主の平均年齢は、1979年には49.2歳であったのに対し、2002年には56.2歳となっています。 このことから、個人事業主や自営業主の高齢化が進んでいることが確認でき、日本の中小企業は後継者への事業継承が緊急の課題となっています。 また、個人事業主のほうが法人よりも、取引先や顧客との信頼関係で経営が成り立っていたり、土地、建物などの資産が事業主の個人所有になっていたりするなどの問題点が複雑にからみ合っているケースが多々あります。 今回は、事業継承を進める際の注意ポイントをまとめました。

個人事業主の事業承継方法

個人事業主のおこなう事業承継は、主に家族・親族に引き継ぐ贈与か相続、または他人に譲渡(売買)するM&Aに分けられます。 1.贈与 個人事業主が家族や親族などに生前贈与として事業譲渡をおこなうことが多いです。 贈与による事業継承には、子ども・兄弟などの家族・親族への「親族内事業承継」と従業員・知人など他人への「親族外事業承継」があります。 2.相続 経営者が亡くなり、相続で預貯金や不動産、機械設備、売掛金、商品といった相続財産を後継者が引き継ぐことです。 相続による事業承継で遺言がない場合、相続人の中から遺産分割協議によって事業継承者を決めます。 3.M&A 個人事業主が事業譲渡する対価として、金銭を受け取る方法で親族以外の他人に事業承継します。 M&Aは事業承継センターや取引銀行への相談、M&Aマッチングサイトなどで事業譲渡先を見つけることもあります。

個人事業主の事業承継の流れ

事業承継の流れを説明します。 ただし、事業譲渡手法や事業の引き継ぎ方の違いによって手順が異なりますので、基本的な流れとして理解してください。 1.後継者選び 事業承継をする際に、後継者を選ぶことは大変ですが、最も重要なことです。 一般的に、個人事業主の場合は、事業承継は家族・親族への譲渡が多いのですが、従業員など、他人への事業譲渡ももちろん可能です。 2.後継者との引き継ぎ 個人事業主は経営者の信頼や人間関係で事業が成り立っている場合が多いので、後継者と一緒に取引先へのあいさつなどもおこない、事業を順調に引き継げるようにサポートをすることが大事です。 また、顧客情報の引き渡しや店舗などの土地・建物も後継者に引き継ぐ場合は各種届出などの書類・手続きに漏れがないように注意しましょう。 3.個人事業主廃業・後継者開業 税務署に現事業主の廃業届出を提出します。現事業主は、これで個人事業主ではなくなります。 後継者は、個人事業主の開業届を出します。 現在の屋号を使いたい場合は、引き継ぎたい屋号を記載してください。 現在の屋号を引き続き使用することができます。 4.各種届出の整理 3.以外にも事業承継には数種類の届出が必要です。 A:所得税の青色申告の取りやめ届出書 青色申告をしていれば必要になります。 B:青色事業専従者給与に関する届出書 後継者の妻が事業を手伝う場合に給与などの対価をこの届出書で経費処理できる。

個人事業主の事業承継における注意点

個人事業主の事業承継手続きは法人より比較的に簡単におこなうことができますが、注意しないといけない点があります。 1.後継者の決定 個人事業主の事業継承は、高齢になり、体力的な問題を考え出す方が多いです。 しかし、取引先・顧客への後継者認知には時間が掛かることが多いので、自身の体調と相談しながら後継者の決定を早めに準備をするほうが良いでしょう。 2.事業承継に対する税金 A:贈与 贈与による事業承継には贈与税が発生します。 贈与税は、資産から債務を引いた額から、さらに110万円を引いた額にかかります。 □資産・・・不動産などの固定資産、預貯金、商品、機械類など □債務・・・借入金、未払金、買掛金など 贈与税 = (資産 - 責務) ー 110万 × 課税率 B:相続 相続によって事業承継する場合、相続が発生した時点を基準に評価額を査定し、後継者に課税されます。 評価額には、固定資産や棚卸資産など不確定な要素も含まれますので、課税額が膨らむこともあり注意が必要です。 C:M&A 売買・M&Aによる事業承継は「譲渡所得」に当たり、所得税がかかります。

まとめ

個人経営の事業では事業主が債務を個人保証している場合が多いので、この債務保証が事業継承の大きな妨げになっています。 銀行などとの交渉をおこない、負の部分は引き継ぐ前に整理するのが理想ですが、資産・負債を明確にし後継者に説明して理解を得ることが事業承継の第一歩と言えるでしょう。 事業承継の手続きは個人でも可能ですが、事業の状況によって提出書類が異なったり、税制面の知識が必要だったりと専門知識が必要です。 しっかりと手続きするためにも、税理士や弁護士といった専門家に相談し、計画的に事業承継の準備をしましょう。
PROFILE

善木 誠

岡山県岡山市在住でビジネスコンサルタント(株式会社スコーレメディア代表)として小規模事業者向けの経営コンサルタントをしています。 [資格]働き方改革マスター、個人情報保護審査員、経営士

2019年5月29日

日本の労働環境を大きく変える「働き方改革」が急速に進行しています。働き方の多様化、業務効率化、生産性向上などを目的とした「働き方改革」ですが、企業の取り組み事例も実にさまざまです。 今回は、「働き方改革」の目的や背景について解説し、すでに改革を進めている企業のユニークな事例を紹介します。

2019年5月29日

企業と聞くと、CMやマスコミなどで話題になっている大企業の名前が思い浮かぶと思いますが、実際に日本経済を支えているのは多くの中小企業であり、全体の9割以上を占めています。 しかし、中小企業数は減少傾向にあり、存続に関して屋台骨が揺らいでいる企業が多くあります。

2019年5月27日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。

2019年5月24日

ITシステムの発展とともに企業の経済活動もIT化が進んできており、企業にとって情報システムは欠かせないものとなっています。その中でも、企業の全体最適化や業務効率の向上を目指す上で特に注目を集めているのがERP(Enterprise Resources Planning)です。 今回は、ERPが生まれた背景、導入するメリットを注意点とともに解説します。

2019年5月23日

SNSを中心に活動するマンガ家、千田純生さんによる連載企画です。 今回も前回同様、現在発売中のアントレ2019年春号を千田さんに読んでいただき、マンガを描いていただきました。 成功者の体験を読んで、思ったこととは…? アントレ2019年春号はこちらから!

2019年5月22日

超高齢社会に突入した日本ですが、老後の貧困を取り扱ったニュースは後を絶えません。 老後、年金だけでは生活できない。働きたいけれども体を壊してしまった。病気にかかったけれど医療費が払えない。住宅ローンが負担となり家を手放すことに。などなど。 老後の不安を軽減するためには、少しでも早く・多く老後に備えておくことです。そのためにも、定年退職のない独立開業を検討してみませんか。

2019年5月21日

次の20件を表示 
1 2 22
Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ