カテゴリー

税理士ドットコム

起業家・先輩から学ぶ
465件のまとめ

PLOFILE
豊田 淳さん(29歳)
東京都杉並区
大学卒業後、大手広告会社に就職。トップクラスの営業成績を叩き出し、新人賞を獲得。東京に転勤後、ピエロの養成学校に通うべく脱サラ。現在はフリーランスのピエロとして、結婚式などのイベントでのパフォーマンスや、飲食店に飛び込んでの「流し」も行う。

2020年3月31日

皆さんは、夢を叶えるためにどんな目標設定をしていますか? 誰しも「有名になりたい」「幸せになりたい」、あるいは「お金持ちになりたい」など、それぞれ思い描く理想像はあるでしょう。 しかし、成し遂げたい目標を明確にしなければ、いずれ進むべき道を見失い立ち止まってしまうと、今回お話を伺ったプロゲーマーのふ〜どさんは話します。

2020年3月30日

独立・起業に必要なものとは、何でしょうか。 高い営業力、そして高い技術力。 特に一芸に秀でてその道で活躍するために、独立・起業を選択される方。その方々にとって「誰にも負けない自分の腕・技術力」はずっと追求するべき課題なのかもしれません。 今回お話を伺ったのは、エステティシャンの三谷麗奈さん。

2020年3月24日

前回お届けした「仕組みを知っていると所得税がお得になる? 知らないと損する税金の秘密を税理士が解説」。 「申告納税制度」「超過累進課税」という所得税の基本的な仕組みのもと、納税者自身の選択により納税額をコントロールできる可能性をお伝えしました。 コロナウイルスの影響により、私も税理士として顧問先から「売り上げが先月から急減している」「資金繰りが悪化してどうにもならない」というような深刻な相談を受けております。 そこで今回は、非常時にこそ知っておくべき税金の秘密を解説していきます。

2020年3月18日

夫婦で開業。 旦那さん、あるいは奥さんがこれまでの仕事による経験を生かし、夫婦で独立・開業を目指すケースは少なくありません。 とはいえ、家族という守るべき人が存在する分、「安定した収入を得られるのかな…」という不安を、より強く感じてしまいますよね。

2020年3月16日

PLOFILE
中原美智子さん(47歳)
(株)ふたごじてんしゃ/兵庫県尼崎市
39歳で双子を出産。前後に乗せるタイプの自転車に2人のこどもを乗せようとして転倒。以来、家にこもりがちに。一念発起して、三輪タイプの双子用自転車の企画・開発に乗り出す。2018年5月、製品化にこぎつけた。現在はメーカーと協力して量産化に向け準備中。

2020年3月13日

PLOFILE
山中大介さん(33歳)
ヤマガタデザイン(株)/山形県鶴岡市
慶應義塾大学SFCを卒業後、三井不動産に入社。ららぽーと物件など大規模商業施設の開発・運営を担当した。2014年に庄内地方に移住し、創業。わずか2年で23億円を調達。株主は全員地元住人。完全地域主導型による地域づくりを行っている。

2020年3月9日

独自の世界観を構築し、世界有数のエンターテインメントへと昇華されたアメコミの世界。アイアンマンやキャプテン・アメリカ、マイティ・ソーなど主要キャラの知名度は言わずもがな。ヒーローとヴィラン(悪役)を合わせれば、マーベルコミックだけでキャラクター数は数千を超え、複雑で多様な世界観を形成している。

2020年3月6日

世の中、知られていないことはたくさんあります。

インターネットが発達し、 誰でも手もとのスマホで検索すれば、世界中のいろんな情報が手に入る時代です。 それでも世の中に知られていない情報はまだまだたくさんあり、 多くのマッチングビジネスがそれらを見つけ、つないで届けています。

今回お話を伺ったのは、山口拓也さん。

現在、山口さんは千葉県の金谷を拠点に WEBメディア制作、コワーキングスペースやコミュニティ、合宿の運営を通して、 世界と日本、学生と企業、田舎と移住者をつなぐビジネスを展開しています。

その原点は、大学時代に世界一周の旅で感じた 「架け橋をつくる」という山口さんの思いにありました。

<プロフィール>

山口 拓也さん 株式会社Ponnuf 代表取締役

1989年、埼玉県さいたま市生まれ。 大学在学中に世界一周の一人旅に行き、 帰国後に国際フェス「世界市」を手掛ける。 人材ビジネスで長期インターンを経験したのち、 大学卒業後の2012年10月にフリーランスとして独立。 2014年1月に株式会社Ponnufを設立。 「架け橋をつくる」という理念のもと、 千葉の金谷を拠点にWEBメディアの運営、運営受託から、 コワーキングスペースやコミュニティ、合宿の運営を手掛けている。

世界一周の旅で見えてきた「架け橋をつくる」という理念

―現在に至るまでの経緯を教えてください。最初に独立起業を考えられたのはいつ頃ですか?
山口さん

小学校の頃です。最初は独立起業というより「社長になりたい」と思っていました。当時流行っていたあるスゴロク系ゲームがきっかけです。日本中を回って、物件を買って資産を増やしながら競い合うゲームですが、社長になって日本にある資源や建物を買って独占していけば、誰かの指示に従うのではなく自分の思い通りにできるということを、ゲームを通して知りました。

実は、小学校の授業ではまわりのレベルに合わせなければならないことに少なからず窮屈さを感じていて、小学校3年の時に学習塾に通い始めてから、自分のペースで進められることが楽しくて、小学校時代に高校レベルの数学まで学んでいました。

この頃なんとなく感じていたのは「他からの指示を受けず、自分で考えて自分でやっていく方が、成果を出せて活躍できるのではないか」ということ。当時は明確に言語化できませんでしたが、心の中ではそう思っていました。

その後、中学、高校に進むうちに、「社長」は役割でしかないことに気づき、一時期は「自分で考えて自分でやっていく」小説家や映画監督などのクリエイターを意識していましたが、結果的に「ビジネスのクリエイター=社長が面白そうだ」と考えるようになっていました。

ただ、まだその頃は単に「社長になりたい」と考えているだけで、具体的に「これがしたい」という起業のアイデアがあったわけではありませんでした。

―小学生の頃から「社長」を目指していたのですね。大学進学後はどうされたのですか?
山口さん

大学3年の時に経験した世界一周の一人旅で、世界中のたくさんの人と出会い、「世界の面白さを、日本で発信しよう」と考えるようになりました。 「架け橋をつくる」という理念の原点は、この頃に芽生えたものです。

具体的には世界一周から帰国後、「海外の面白さを、雑貨を通して伝えよう」と思い、海外雑貨専門のフリーマーケットを始めました。どうせやるならよりよい企画にしよう、と思い「フリマに人を呼ぶにはステージ企画があった方がいいかな」「飲食店もあった方がいいよね」といろいろ工夫しているうちに、フリマではなくフェスという形になり、最終的には国際フェス「世界市」を開催しました。

―すでに大学時代に「世界と日本の架け橋をつくる」取り組みをされていたのですね。その後はどうされたのですか?
山口さん

「世界市」では、企画運営をたくさんの学生メンバーに協力してもらったのですが、彼らはみんな個性的で、とても優秀な仲間でした。しかし就職活動になると、みんな普通に見えてしまいます。

私はこの状況を見て「優秀な学生と企業をより良い形でマッチングさせる架け橋をつくりたい」と考え、人材関連の事業を始めました。

その取り組みの中で生まれた縁で、人材系ベンチャー企業の長期インターンを経験。そのまま就職することも考えたのですが、まずは稼げる力を身につけようと考え、大学卒業後の2012年10月にフリーランスとして独立しました。

独立後はWebサイト制作をしていました。学生時代の人脈も活用して仕事を集め、独立1年後には収入が月100万円を超えるようになりました。もともと月の売上が100万円になったら法人化しようと決めていた私は、2014年1月に株式会社Ponnufを設立しました。

会社設立。理念とニーズの両面から事業を展開

―会社設立後、どのような取り組みをされてきましたか?
山口さん

株式会社Ponnufは、「架け橋をつくる」を理念として、Webサイト制作・運営を行うWEBメディア事業に加え、コワーキングスペース事業、コミュニティ事業、合宿運営事業と手掛ける事業を拡げてきています。

コワーキングスペース事業は、2014年末に「KANAYA BASE」という金谷のコミュニティスペースが閉鎖になると聞いたのがきっかけです。シェアハウスだった建物を引き継ぎ、コワーキングコミュニティ「まるも」として2016年にオープンしました。

そして「まるも」に集まってきた人たちに向けて「田舎フリーランス養成講座」を始めたことが、その後のコミュニティ事業に成長しました。

また「まるも」を合宿場所として貸し出したところ、東京の企業から予約がたくさん入り盛況でした。そこで近隣に土地を購入して研修施設を新設し、2018年春に「voido」としてオープンし、合宿運営事業を始めています。

事業展開については、「架け橋をつくる」という理念から構想し始めたものもあれば、「まるも」のように柔軟にニーズを捉えて、それに取り組むことが将来的に理念の実現につながると考え取り組んだ事業もあります。理念から始める事業とニーズから始める事業、その両方のバランスをとって事業展開しています。

―現在の状況はいかがですか?
山口さん

コワーキングスペース事業は「まるも」に加え、千葉県いすみ市に「hinode」、山梨県都留市に「teraco」をオープンし、現在3拠点で展開しています。金谷地区では「voido」の横にカフェ&レストラン「cooks」を2019年にオープンし、またその近隣にシェアアパート「comfa」もオープン。移住を希望される方の住まい等も用意し、田舎と移住者の「架け橋をつくる」取り組みを行っています。

またコミュニティ事業で、昨年「ワークキャリア」という新たなブランドを立ち上げました

コミュニティ事業ではこれまで「田舎フリーランス養成講座」など、田舎でフリーランスとして挑戦したい人が個人で稼ぐ力を身につけるための養成講座を提供してきました。しかし最近では「フリーランスに興味はないが純粋にスキルアップしたい人」や「今後の自分自身のキャリアに悩む人」など、参加希望者のニーズが広がってきています。そこで新たに「ワークキャリア」というブランドを立ち上げ、田舎でフリーランスになりたい人向けの講座に加え、自分のキャリアを考えたい人向けの講座も提供していこうと考えています。

現在はまだ準備段階ですが、近いうちに新たな事業として立ち上げる予定です。

―Webサイト制作から田舎への移住者支援まで幅広く手掛けられていますが、いろいろ苦労も多かったのではないですか?
山口さん

小さなことであれば、たしかにこれまでもいろいろな苦労はありましたし、今でも日々起こります。たとえば設立当初は、事業はうまくいっているが支払いのキャッシュフローが厳しくて資金残高が数万円、ということが続いたこともありました。その時は精神的に辛かったのですが、いろいろ打ち手をとることで、幸い資金が足りなくなることはなかったですね。

またデータ移行がうまくいかず、数百件のデータを手動で移行しなければいけない、ということもありました。この時も精神的に辛い状況になり苦労はしましたが、時間をかけることで何とか解決できています。

どの場面でも、精神的に苦労はしますが、まったく解決策が見えなかったことは、これまでありません。

ビジネスとは、ある意味では物事がうまく進むようにあれこれと試行錯誤して調整することなので、その意味では日々苦労するものですが、解決できないことはないと思っています。

今後も金谷を拠点に、より多くの「架け橋づくり」をしていきたい

―今後はどのような活動をしていく予定ですか?
山口さん

今後も、金谷を拠点に活動していこうと決めています。はじめはフリーランスの頃に知人が「KANAYA BASE」を運営していたのがきっかけで金谷に通い始めたのですが、当初は3か月くらいで都内に帰ろうと考えていました。今では金谷に移住し活動の幅を広げており、地元の方々とも仲良くさせてもらっています。

そして自社の理念である「架け橋づくり」を通して、まだまだ知られていない個人や企業の魅力を発信し、広く伝えていきたいと考えています。

そのほか、たとえば国語や数学といった学校で学ぶ教科以外の「学び」を提供する教育事業も手掛けてみたいと思いますし、また最近では知事や市長になって社会のルールそのものを作ることにも興味を持ち始めています。思いはいろいろあるのですが、まずは現在の仕事にさらに注力して、完璧だと思えるところを目指したいと考えています。

―最後に、読者へのメッセージをいただけますか?
山口さん

みなさんは独立や起業について「いろいろリスクがあって、それを乗り越えて成功するのはたいへんなこと」というイメージがあるかもしれません。しかし私は、たとえばスタートする時に小さい規模で始めればリスクも小さくすることができるので、成功もしやすくなると思っています。

なんとなく難しそう、と思って独立や起業に挑戦せずにいることは、勿体ないと私は思います。「自分自身でやってみたい」という気持ちがあるのなら、ぜひ挑戦してみてください。たとえ結果がうまくいかなくても、起業した人にしか得られない貴重な経験ができますし、その経験が必ず次のビジネスで活きてくると思います。

2020年3月4日

「あなたの大切にしていることはなんですか?」 就職活動、転職活動をされたことのある方なら、面接でほぼ確実に聞かれたことがあるのではないでしょうか。 お金、家族、趣味、健康…。人によって様々な答えがあるのでしょう。 今回お話を伺ったのは、原田篤さん。

2020年2月28日

独立・起業における成功の定義とは、なんでしょう。 常に安定した売り上げを立てること。誰かの役に立つ仕事をすること。独立・起業をする際に決めた目的を初志貫徹すること。 その答えは、人の数だけ定義が存在するのではないでしょうか。 今回お話を伺ったのは、梅北要さん。梅北さんはプロバスケットボールの試合を始めとするMC業をされている傍ら、ドッグカフェ「Munch's」を経営しています。

2020年2月20日

独立・起業をする上で必要な、ビジネスプラン。 どういった仕事内容で、どういった客層にどういったサービスを提供するのか。需要と供給のバランスを考え、勝算があるかを検討することは、成功するためにとても必要なことです。 しかし、時に人生はデータ通りに上手くいかないことも多々あるでしょう。 今回お話を伺ったのは、ゲームデベロッパーのikuhiko satoさん。

2020年2月14日

人を集める。 飲食業や接客業などを中心に、これから独立・開業を考える方にとって大きな課題の1つではないでしょうか。 人を集めるためには、オンライン・オフラインともに様々な方法が存在しますが、その中でも特に重要なのは「企画」の面白さ。 今回お話を伺ったのは、江古田にあるバー「moja」を経営する、店主のたけいさん。

2020年2月10日

「いい街に住みたい」 移り住む場所を探している人は、皆そう考えます。

自分の趣味が活かせる、山や海に近いところに住みたい。 盆踊りや餅つきなど、街の行事が盛んなところがいい。 「いい街」にこめる思いは、人それぞれです。

今回お話を伺ったのは、福田和則さん。

2020年1月31日

PLOFILE
原 正幸さん(40歳)
(株)プロキッズ/東京都台東区
NECに入社後、システムエンジニアとして勤務。ビッグローブへの異動を経て、2015年に独立。当初は大手企業向けの新人研修を行う。こどもが生まれたことを機に、小中学生向けのプログラミング教室を開校。港区、つくば市、オンラインにて開校中。

2020年1月31日

次の20件を表示 
1 2 24
税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ