スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
転職

転職で給料アップを目指す!おすすめの業界と成功させるためのポイント

転職で給料アップを目指す!おすすめの業界と成功させるためのポイント

転職をする際「やりがいのある業務内容であるか、やりたい仕事であるか」はもちろんですが、給料などの条件面も大切にしたいですよね。では、転職で給料アップを目指すには、どのような業界を狙うのがいいのでしょうか。また、成功させるポイントはあるのでしょうか。本記事では、転職で給料アップを目指す方に向けて、おすすめの業界と成功のコツをお伝えします。

まずは知ることから!自分の年代の平均年収はどれくらい?

そもそも、自分の年代の平均年収がどれくらいであるかご存知でしょうか。自分が平均と比べてどの位置にいるのか、まずは把握することが大切です。

国税庁が発表した『令和元年分民間給与実態統計調査』によると、全体の平均給料は436万円です。また、厚生労働省が発表している『令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況』より年代別に見ると、このような結果になっています。

転職で給料アップを目指す!おすすめの業界と成功させるためのポイント

自分の年収は、平均年収と比べてどの位置にいるか理解できましたでしょうか。もし平均年収よりも現在の給料が安い場合は、転職によって給料アップが叶う可能性があるといえるでしょう。

転職で給料アップを目指す!おすすめの業界と成功させるためのポイント

参考:国税庁『令和元年分民間給与実態統計調査結果について
厚生労働省『令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況
※リンク先はPDFファイルです。ダウンロードに大量の通信料金がかかる可能性があります。

転職で給料がアップする場合の特徴

続いて、転職で給料アップを見込める場合の特徴をまとめてご紹介します。特徴に当てはまっているのであれば、給与アップを積極的に目指していきましょう。

転職先の平均年収が現職よりも高い

転職で給料アップを目指すには、自分の年代の平均年収を知るだけではなく、目指す転職先の平均年収もチェックすることをおすすめします。

転職先の平均年収が現職よりも高いということは、つまりその業界や企業が平均して高い給料を従業員に支払っているということです。そのため、自分のスキルを上手にアピールして転職を成功させれば、自ずと給料アップも叶うというわけです。

スキルの希少性が高い

持っているスキルの希少性が高い場合も、転職で給料がアップする可能性が高いといえます。

スキルの希少性が高いと、多くの企業から求められるので内定を獲得しやすくなり、本命の転職先企業に対して「A社からはこの条件でオファーをもらいました」と交渉する具体的な切り札を手に入れられるのです。

給料アップの交渉は『企業が納得する具体的な理由や事実』があるとうまく進みやすいです。そのため、スキルの希少性が高いことがプラスに働きやすいといえます。

スキルへの評価が現職よりも高い

持っているスキルが同じでも、職種によって評価される程度が異なります。そのため、スキルに対する評価が高い企業へ転職するだけで給料がアップすることもあるのです。

スキルを活かしやすい企業や業種を探して転職を行うと、自然と給料アップが叶うでしょう。

転職先で活用できる資格を持っている

転職先選びは、自分のやりたいことかどうかはもちろん「活用できる資格を自分が持っているか」という視点で考えることも大切です。

既に取得している資格を活かせる方向で転職活動を進めると、資格を保有していることが評価され、給料アップにつながります。

同業種・同業界での就業経験がある

同業種や同業界での経験があり、スキルアップやキャリアアップのための転職を考えている場合、高い確率で給料アップが見込めます。

というのも企業は「経験がある=即戦力として活躍してもらえる」と考えていることが多いからです。業界や業種が異なるとルールや常識がガラリと変わってしまうため「未経験者の採用は新卒採用とほとんど同じ」と考えられています。活躍してもらうためには時間が必要です。

自社ならではのルールを少し教えるだけですぐに業務をこなせる人と、一から教えなくてはいけない人であれば、前者に給料を払って転職してきてもらいたいと思いますよね。

こういった理由から、同業種・同業界での経験がある人は、給料アップの可能性を秘めているのです。

転職で給料を上げたい場合に意識したいポイント

転職で給料アップを目指す!おすすめの業界と成功させるためのポイント

続いては、転職で給料を上げたい場合に意識したいポイントをご紹介します。ポイントを押さえて転職活動を進めることで、希望を叶えやすくなるでしょう。

1.スキルや経験は積極的にアピールする

1つ目は『スキルや経験は積極的にアピールすること』です。

日本人は特に「この程度のスキルや経験は伝えてもあまり意味がないから」と小さな成果をアピールしない傾向にあるといわれています。しかし、そのような『ちょっとしたスキルや経験』もその人のキャリアを形成しており、転職活動においてアピールすべき事柄なのです。

「少しの成果だから」と職務経歴書に書かない選択をするのではなく、積極的にアピールすることをおすすめします。

2.給料を上げる根拠を提示する

2つ目は『給料を上げる根拠を提示すること』です。

転職で給料アップを目指すなら、給料を上げるべき根拠を提示することが重要です。なぜなら「この人は弊社に必要だ」「給料の希望を受け入れてでもほしい人材だ」と思わせる必要があるからです。

納得するためにはそれ相応の理由が必要です。スキルや資格、経験など『給料をアップすべき根拠』をしっかりとそろえるようにしましょう。

給料アップが見込める転職先とは?

転職で給料アップを目指す!おすすめの業界と成功させるためのポイント

続いて、給料アップの確率が高まりやすい転職先をご紹介します。

業界や企業によって平均年収や給料に関する制度が大きく異なるので、転職で給料アップを目指すなら、上がりやすい転職先を選ぶのもひとつの方法です。

平均年収が高い業界

平均年収が高い業界は、転職に伴い給料がアップするケースが多くあります。

大手商社やコンサルティング、金融などの業界は年収が高いので、自分のやりたいことと合致しているのであれば、目指してみてもいいでしょう。

インセンティブを獲得できる職種

職種によっては、インセンティブを獲得する働き方ができるところもあります。特に不動産業界、保険業界などの営業職がこれに当たります。

努力次第で給料アップを目指せるので「結果が高収入へつながることにやりがいを感じる」という方にぴったりです。

規模が大きい企業

同じ業界内でも、規模やシェアが大きい企業は平均年収が高めに設定されていることが多いです。そのため、給料アップを目指すなら、業界内でもトップ規模の企業をまず目指してみるのがおすすめです。

高収益を生み出している企業

大きな企業ではなくても、専門性が高かったりシェアを獲得していたりと、高収益を生み出している企業はあります。そういった企業は平均年収も高い傾向にあるため、給料アップが叶う可能性が高まるといえるでしょう。

営業利益に着目して転職先選びをするのもおすすめの方法です。

転職で給料アップを目指すときに気をつけるべきこと

最後に、転職で給料アップを目指すときに気をつけるべきことをご紹介します。

せっかくスキルや経験を持っていても、注意点に気をつけていなければ、給料アップに失敗してしまうかもしれません。宝の持ち腐れにならないよう気をつけましょう。

給与交渉のタイミングを間違えない

給与交渉のタイミングを間違えると、企業側に対して良い印象を持たれなくなってしまいます。

給与交渉の適切なタイミングは『内定を受け取ってから承諾するまでの期間』です。内定を保留にし、条件面で相談したいと交渉の機会を設けてもらうのが基本です。

面接の際に、給料のことばかり気にしている相手を採用したいとは思わないですよね。給料アップを成功させるためにも、タイミングは重要です。

転職の際の給与交渉について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

転職時の給与交渉はNG?高待遇を獲得するためのコツ

https://entrenet.jp/magazine/29688/

転職先の情報を事前に調べる

転職先企業の情報は、事前にくまなく調べておきましょう。

というのも、転職希望先の平均年収や条件面などを調べずにいると、交渉の際に突拍子もない金額を提示してしまう可能性があるからです。平均年収と自分の実力を元に、適切かつ自身の希望を反映した給料を提案するようにしましょう。

希望の給与は工夫して伝える

給料アップの希望を伝える際の伝え方も重要です。伝え方ひとつで、企業の受け取り方も変わります。

「〇〇円以下であれば働けません」ではなく、「希望は〇〇円です。最低でも〇〇円いただけると嬉しいです」と伝えた方が印象は良いですよね。

工夫して伝えるだけで、希望が叶いやすくなるでしょう。

給与のアップを目指すなら『独立』という選択肢も

転職で給料アップを目指す!おすすめの業界と成功させるためのポイント

ここまで給料のアップを目指す転職のポイントをお伝えしましたが、給料を上げたいのであれば、転職ではなく『独立』という選択肢もあります。

スキルに自信がある方であれば特に、転職ではなく独立という形を取った方が、年収アップにつながるでしょう。

その分、自分で管理しなければならないことも増えるので、給料以上にやりがいを叶えたい場合などはおすすめといえるかもしれません。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

今回は『転職で給料をアップさせる方法』について紹介してきました。努力次第で、給料アップがしやすい会社転職することもできますが、給料アップだけが転職成功だとこだわりすぎずに、やりたいことが叶う転職に挑戦してみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

ameri

コスメメディアの編集部を経て独立し、美容からビジネスで幅広く執筆中。女性向けライフスタイル、エンタメ分野が得意。普段はインタビュー記事をメインに執筆。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。