スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

転職か?独立か?3つの判断基準と、キャリア設計の方法を解説!

転職か?独立か?3つの判断基準と、キャリア設計の方法を解説!

やりたい仕事があって転職を目指す人、自分らしく働きたくて独立を目指す人。理想のキャリアを実現するために考え、行動するのは素晴らしいことです。しかし、転職や独立のような大切なことを、安易な考えで決めてはいけません。本記事では「転職や独立は何を基準に判断すべきか」について解説します。理想のキャリア実現に向けた、効率的な準備方法も紹介します。

どうしてもやりたい仕事があり、転職を目指している人は多いでしょう。中には、やりたい仕事のために、独立まで考える人もいます。

しかし、安易な考えで転職や独立をするのは、決しておすすめできません。転職に失敗すれば職を失い、独立に失敗すれば開業費用が無駄になるかもしれません。

本記事では、転職や独立をすべきか否か考えるための『3つの判断基準』を紹介します。転職に向いている人、独立に向いている人それぞれの特徴や、効率よく独立するための準備方法もお伝えします。

転職を目指す方も、独立を目指す方も「夢を叶えるために何ができるか」考えながらお読みください。

【転職or独立】3つの判断基準

転職か?独立か?3つの判断基準と、キャリア設計の方法を解説!

いざ転職や独立を思い立っても、すぐに行動できる人は多くありません。リスクを避けるためにも「本当にそれで良いのか?」と、自問自答を繰り返すことになります。

しかし、堂々巡りで同じことばかり考えていても、埒が明きません。

まずは、転職や独立をすべきか否かを考えるための、3つの判断基準をお伝えします。

1.収入経路と貯金の多さ

転職するか独立するかの判断基準に、収入経路と貯金の多さがあります。

収入経路とは『今勤めている会社の給与以外に確保できている収入源』のことを指します。例えば本業がエンジニアの人が、オフの時間にフリーエンジニアとして働いていたら、収入経路は2つということになります。さらに、プログラミングを教える動画を作り、広告収入を得ていたら3つになります。

当然、収入経路や貯金が多いほど、転職も独立も目指しやすくなります。特に、独立当初からビジネスがうまくいくのは稀です。軌道に乗るまでの事業資金、生活資金を確保し、ビジネスに集中できる環境を整えてください。

具体的には、次のリストの下に進むほど、転職や独立を目指しやすくなります。

1.収入は本業のみで、貯金もない
2.収入は本業一本だが、貯金はある
3.貯金はないが収入経路は複数ある
4.複数の収入経路と十分な貯金がある

2.家族の協力が得られるかどうか

転職するとしても、独立するとしても、家族の協力が得られるかどうかは重要です。

例えば、家族に黙って仕事を辞めたら、どうなるでしょうか。

相談がなかったことによる不信感、今後の生活への不安感で、家庭の空気は最悪になります。夫婦の場合、そのまま離婚問題に発展してもおかしくありません。

反対に、転職や独立を目指していることを理解してもらい、家族の協力を得られたらどうでしょうか。

転職活動やビジネスがうまくいかないとき、精神的にも金銭的にも、支えてもらえるかもしれません。一番身近にいる家族が、一番の味方になってくれると心強いものです。家族一丸となって準備をすれば、余裕を持って『次』に臨めるでしょう。

仕事はお金に直結するものであり、お金がなければ家族の生活はままなりません。相談して家族の理解が得られないのなら、理解してもらえるまで、何度でも根気強く相談してください。

3.自分にはどちらが向いていそうか

転職するか独立するか、最終的な判断基準は『向き不向き』です。

そもそも自分に向いていない仕事をしても、成長も長続きもしないでしょう。転職して出世するにも、独立してビジネスを大きくするにも、ある程度の資質と適正は欠かせません。

では、自分には転職と独立のどちらが向いているのか、どう判断したらいいのでしょうか。次からは、転職に向いている人と独立に向いている人、それぞれの特徴を説明していきます。

転職に向いている人

転職か?独立か?3つの判断基準と、キャリア設計の方法を解説!

世の中には、転職に向いている人と、独立に向いている人がいます。転職に向いている人とは、つまり、会社員に向いている人です。

転職(会社員)に向いている人の特徴を3つ紹介します。

1.安定志向な人

終身雇用制度が終焉を迎えるなか『会社員は安泰』の時代は終わったと耳にすることが増えました。しかし、会社員には『固定給』があり、安定した経済基盤を維持しながら仕事ができます。

一方、独立した人に固定給はありません。特に、独立当初は仕事量や集客が安定せず、お金に関する不安は尽きないでしょう。

2.チームプレイが好きな人

チームプレイが好きな人は、転職に向いています。

転職するということは『会社で働くということ』です。会社で働くということは、組織で働くということです。

組織で働くことには「メンバー一人ひとりが互いの弱みを補い合い、強みを組み合わせ、一人では決してできない力を発揮する」「一人ひとりの役割や責任の所在が明確で、周囲の協力を得ながらステップアップしていける」などといった、たくさんの魅力があります。チームプレイが好きな人、組織でこそ力を発揮できる人は、転職で相性のいい組織を見つけましょう。

3.ジェネラリストな人

ジェネラリスト(万能型)な人は、転職に向いているといえます。

会社で働くには、幅広いスキルが必要です。仕事そのものに関わるスキル以外にも、社内コミュニケーションや簡単な事務作業など、さまざまなことができなければなりません。出世すれば、人を育てる力も必要になるでしょう。

『ジェネラリストこそ正義』というわけではありませんが、会社員は組織のなかでうまくコミュニケーションをとる必要があるので、柔軟に動けるジェネラリストが向いています。

独立に向いている人

転職か?独立か?3つの判断基準と、キャリア設計の方法を解説!

独立に向いている人と、転職(会社員)に向いている人は、正反対の特徴を持っています。

稀に、会社で働いても独立しても、飛びぬけてうまくいく人がいます。しかし多くの場合、独立に向いている人は会社員に向いていません。

次からは、独立に向いている人の特徴を3つ紹介します。会社ではうまく発揮できなかった自分の性質が、独立した途端、頼もしい武器に変わるかもしれません。

1.楽観的な人

楽観的な人は、独立に向いています。というより、いくらか楽観的でなければ、独立のプレッシャーには耐えられないでしょう。

独立してしまえば、固定給も有給休暇もありません。今までは営業担当者が獲ってきてくれた仕事も、自分で獲りにいくことになります。

「なるようになるさ」と力を抜けなければ、圧しつぶされてしまうかもしれません。

2.スタンドプレイが目立つ人

スタンドプレイが目立つ人は、独立に向いています。会社にいながら、個人の力で十分な成果を出せるのなら、独立後も同じように立ち回れるでしょう。

歯に衣着せぬ言い方をすれば、会社で浮いているような人も、独立に向いています。社内の人間関係や雑務など、さまざまなことを気にしなければいけない会社のなかでは、能力を発揮できない人たちがいます。独特すぎるやり方を会社に認めてもらえず、力を押さえつけられてしまう人もいるでしょう。

「組織では思うように力を発揮できなかった人が、独立した途端に大活躍する」というのは、よくある話です。

3.ひとつのことしかできない人

ひとつのことしかできない人、つまり『ひとつのことを突き詰めた人』は独立に向いています。

ジェネラリストが会社員に向いているように、ひとつのことを突き詰めたスペシャリストは、職人やフリーランスに向いています。デザイナーやカメラマンなど、いわゆるフリーランスの需要が高まっていることからも、スペシャリストは独立向きとわかるでしょう。

「会社の幅広い業務はジェネラリストの社員たちがこなし、専門性の高い業務は社外のスペシャリストに外注する」このような形で業務効率化を図る企業は、都心だけでなく、地方にも増えてきています。

「独立を目指すために転職する」という選択肢

「自分は独立に向いていそうだ」と思えるからといって、すぐに独立すればいいわけでもありません。独立を成功させ、自分のビジネスを長く続けるには、入念な準備が必要です。

準備方法のひとつに「独立を目指すために転職する」という選択肢があります。転職を重ね、キャリアアップし続けた先に、独立という到達点があるという考え方です。

最後に、会社で働きながら独立を目指すための、準備方法を紹介します。できそうなものからすぐに取り組み、ある日突然現れるチャンスを、逃さないようにしましょう。

1.転職で人脈とキャリアの幅を広げる

独立する前に、転職で人脈とキャリアの幅を広げるのもいいでしょう。

『転職で人脈作り』というと、社内の人脈に目が向きがちです。しかし、組織の力を余すことなく利用できる会社は、社外の人脈作りにこそ適しています。普通に暮らしていては到底会えないような相手にも、会社の看板があれば会えるかもしれません。例えば法人営業職なら、自分は平社員でも、相手にするのは経営層か社長でしょう。

実務経験を積んだり、スキルを身につけたりするのにも、会社は最適です。『仕事』というからには必ず相応の責任を伴いますが、先輩や上司の力を借りて、自分のレベル以上の仕事に挑戦できるということは、自分自身のスキルアップに大きく役立つでしょう。

2.副業で信頼とノウハウを積み重ねる

会社員として携わっている仕事で独立するとしても、自分のビジネスを、まずは副業からはじめておくと良いでしょう。

副業をするのは、自分の名前を売るためです。会社員としてどんなに良い仕事をしても、売れるのは会社の名前でしょう。取引先は自分個人ではなく、会社の一員としての自分を見ています。

たとえ副業でも、自分のビジネスとして仕事をすれば、自分個人の名前が売れます。本当に独立する前に、副業で『プチ独立』しておけば、ビジネスオーナーとしての感覚もつかめるでしょう。

副業についてもっと知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。忙しいサラリーマンでも実施できる副業を数々紹介しています。

サラリーマンにおすすめな月2万円稼げる副業18選  忙しい会社員でも副業できる実例を紹介

https://entrenet.jp/magazine/25168/

3.早めに独立できる方法を探す

会社員として働く傍らで、独立に向けた準備を進めましょう。

「転職で人脈やキャリアを広げる」のも「副業を始めてみる」のも、すべて独立に向けた準備です。

しかし、いくら準備を整えても、実行に移せない人は多くいます。目の前にチャンスを確実につかみ取るために、準備しながら、早めに独立できる方法を探してください。

例えばフランチャイズであれば、加盟する企業によりサポート内容は異なりますが、資金やノウハウのサポートを受けることで短期間での独立が叶います。自信のある人は代理店ビジネスに挑戦してもいいでしょうし、最近では、ノウハウと商材を低コストで提供する『開業支援ビジネス』も増えてきました。

アンテナを広く張り、自分に合った独立方法がないか、探し続けましょう。

フランチャイズについてよくわからない方は、こちらの記事も読んでみてください。

フランチャイズ(FC)とは?意味や仕組みを分かりやすく初心者向けに解説

https://entrenet.jp/magazine/25755/

転職できない人が独立した途端に成功するのはよくある話

転職か?独立か?3つの判断基準と、キャリア設計の方法を解説!

昔から、独立を夢見る人はたくさんいました。そして、フリーランスという働き方が台頭し、さまざまなフランチャイズや代理店ビジネスが登場した現代ほど、独立しやすい時代はありません。

今は、誰でも独立を目指せる時代なのです。独立を目指すなら、本記事で紹介した3つの準備に、すぐにでも取りかかりましょう。

最後にお伝えした『独立の方法探し』には、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。アントレは、全国規模のフランチャイズや代理店、開業支援のデータベースです。さまざまな業種や業界、地域ごとに、どんなビジネスがあるのかを調べることができます。

独立はもちろん、副業から始められるビジネスもたくさんあります。情報は日々更新されていくので、定期的にチェックしてみましょう。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

赤塚元基

フリーライターとして独立した契機は、実は転職失敗。自身の(苦くもあった)経験を活かし、皆さまの心に寄り添いながら、お役立ち情報をお届けします!

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。