スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

転職に成功する人はどこが違う?理想のキャリアを実現する方法を徹底解説!

転職に成功する人はどこが違う?理想のキャリアを実現する方法を徹底解説!

『転職の成功』とは、何でしょうか。今までの会社よりも給与が上がることでしょうか?それとも、理想の環境で思い切り仕事をすることでしょうか?答えは人によりさまざまですが、「転職に成功した!」と感じている人には、共通した行動パターンがあります。本記事では、転職を成功に導くために必要なことを解説します。できそうなことから、すぐに取り入れてみてください。

「やりたい仕事があって転職に踏み切りたいけど、成功イメージが描けない…」
「内定はもらえるけど、この会社を選ぶことが『成功』かどうかわからない…」

転職は、何をもって成功といえるのでしょうか。答えは人によりさまざまですが、理想のキャリアの実現につながる転職は、紛れもなく成功といえるでしょう。

本記事では、転職に成功する人と失敗する人の違いや、転職に成功する人の行動パターンを紹介します。転職を成功させるための行動方針もお伝えします。

転職活動に迷いのある方、やりがいのある仕事に就いて、思い切り働きたい方は必読です。

転職に成功する人と失敗する人は、ココが違う!

転職に成功する人はどこが違う?理想のキャリアを実現する方法を徹底解説!

まずは、転職に成功する人と失敗する人は、どこが違うのかを見ていきましょう。転職に成功する人の特徴を探ることで、失敗しないための方法が見えてきます。

成功する人は妥協を心得ている

『成功者は妥協を許さないもの』と思っている人は多いでしょう。しかし、妥協も心得ることこそが、転職を成功に導きます。

一切の妥協を許さず、とことん条件にこだわり抜いて、転職先を探したらどうなるでしょう。応募できる企業は、かなり限られるはずです。しかも、妥協を許さず選んだ企業は、競争率も高いでしょう。

本当に譲れない部分と、最低限のラインを定めて、広い視野で転職先を探しましょう。

成功する人は『1社』に執着しない

1社に執着しすぎては、転職活動はまともに進みません。成功者は1社に執着せず、何社も面接を受け、内定の中から自分に合った転職先を探しています。

どうしても入りたい会社がある方もいるでしょう。しかし、不採用になってしまえばそれまでです。いつまでもクヨクヨしたり、1社1社に時間をかけすぎたりしていては、いつまで経っても転職先は決まりません。

それに、気楽な気持ちで面接を受けた方が、本来のパフォーマンスを発揮できることもあります。転職は巡り合わせです。執着を捨て、気になる企業にどんどん応募していきましょう。

成功する人は『転職の目的が明確』

転職に成功する人は『転職の目的』を明確にしています。目的が明確だからこそ「自分が今何をすべきか、どんな企業を受けるべきか」がわかっているのです。

転職先が決まったからといって、必ずしも転職に成功したとはいえません。リサーチ不足や極端な理想化で、自分に合わない会社に転職してしまう人もいます。

「何のために転職するのか」をよく考え、目的に合った転職先を選んでください。

転職を成功させるために描くべき3つのこと

転職に成功する人はどこが違う?理想のキャリアを実現する方法を徹底解説!

転職を成功させるためには、描くべき3つのことがあります。

・キャリアアンカー
・キャリアプラン
・自己イメージ

それぞれ、何のために描くのか、どうやって描けばいいのか、順番に見ていきましょう。

1.キャリアアンカーを描くべし

キャリアアンカーとは、組織心理学者のエドガー・H.シャイン教授が提唱した『キャリア形成の概念』です。自らのキャリア形成に最も大切だと考え、妥協できない価値観や欲求、または、まわりが変化しても、自分自身は変わらないとすることをアンカー(錨=不動点)として、「自分は仕事をするうえでどんなことを重視しているか」を表します。キャリアだけでなく、人生全体を設計するために重要なもので、次の8要素から形づくられます。

1.専門性:専門家としてのスキルや経験を高めたい
2.管理:マネージャーとしての能力を活かしたい
3.自立:自分のやり方で仕事をしたい
4.保障:給与や社会保障などの安定を求める
5.独創性:自らのアイデアを活かしたい
6.奉仕:社会や組織に貢献したい
7.挑戦:困難な課題を楽しむ
8.ライフスタイル:仕事と私生活の調和をとりたい

どの要素をどのくらい重視しているのか、それぞれに点数をつけたり、優先順位をつけたりしてみましょう。自分にとって、どんな転職が成功なのかが見えてきます。

2.キャリアプランを描くべし

キャリアプランを描くことは、転職の成功に欠かせません。はっきりしたプランがなければ、転職は行き当たりばったりになるからです。

終身雇用の崩壊しつつある現代社会では、複数回にわたって転職をすることは、そう珍しくはないでしょう。階段を1段ずつ上るかのように、転職(キャリアアップ)を繰り返していく方もいるかもしれません。

目先の転職のことだけでなく、将来のキャリア全体を見渡して、プランを描いてください。

3.明確な自己イメージを描くべし

『明確な自己イメージ』なくして、転職の成功はありません。自己イメージが明確でなければ、自分にはどんな会社・職種が合っているのかも、どんなアピールポイントがあるのかもわからないからです。

転職活動を始める前に、じっくりと自己分析をしてみてください。自分が何を求めているのか、どんな強みがあるのかを明確にしてから、行動を起こしましょう。

転職に成功する人の行動パターン

成功するための最も簡単な方法は、成功者の真似をすることです。次からは、転職に成功する人の行動パターンを5つ紹介します。どんな風に行動すれば転職が成功するのか、具体的な方法を学びましょう。

1.働きながら転職活動をする

転職に成功する人は、働きながら転職活動をします。

転職活動を会社を辞めた後に始めることで、『生活費がなくなること』や『職歴の空白期間が長くなること』に対して焦りを感じ、『本来志望していた会社』ではないところへの入社を決めてしまうことがあります。しかし、新しく入社した会社で『転職で叶えたかった理想や目標』を達成できなければ、再び転職活動をすることになるでしょう。

今の会社で仕事を続けながら転職活動を行うことで、焦って入社を決断したり、妥協して転職先を決める必要がなくなるため「本当にこの転職先で自分の希望がかなえられるのか」としっかり考えて行動することができるのです。

2.複数の転職手段を併用する

転職に成功する人は、複数の転職手段を併用します。

自分の力だけで、転職活動を成功させようとしていないでしょうか。転職サイトや転職エージェント、ハローワークなど、複数の手段を使って転職活動をしてください。「転職エージェントはサポートが充実している」「ハローワークは地元の求人に強い」など、それぞれの特徴を理解することも大切です。

3.書類は都度用意する

転職に成功する人は、書類の使い回しをしません。

応募先が違えば、求められる能力も違います。志望動機だけでなく、自己PRの書き方や、記載する資格の選び方も変わってくるでしょう。履歴書や職務経歴書は、応募先に合わせて、都度作成してください。

4.人格者であろうとする

転職に成功する人は、人格者であろうとします。どんなときでも、人に見られているという意識を忘れません。

例えば、面接に行く前に道端に落ちていた空き缶を拾い、ゴミ箱に捨てたとしましょう。たまたますれ違った面接官がその場面を見ていたら、印象は間違いなく良くなります。

もちろん、採用で大切なのは適性やスキルであり、ゴミを拾う人かどうかではありません。しかし「人格者であろうとする」ことが、無意識に振る舞いを変えるのです。

5.転職以外の選択肢を持っている

転職に成功する人は、転職以外の選択肢も持っています。「転職に失敗しても大丈夫」という余裕があるのです。

余裕があれば、面接でも本来のパフォーマンスを発揮できます。余裕がなければ、本来のパフォーマンスを発揮できないばかりか、焦りから転職先の選択を間違えてしまうかもしれません。

あらかじめ、次のような選択肢について、考えておきましょう。

・「転職しない」という選択肢も残せるよう、今の会社で働けるようにしておく
・「転職に失敗した」と感じたときのために、再雇用制度などの『転職後に今の会社に復帰できる手立て』を探しておく
・やりたかった仕事で独立してみる

【年代別】転職を成功させるポイント

転職に成功する人はどこが違う?理想のキャリアを実現する方法を徹底解説!

最後に、年代別に見る転職を成功させるポイントを解説します。それぞれの年代での転職について、より詳しく解説した記事も紹介します。年齢に合った記事があれば、ぜひお役立てください。

20代で転職を成功させるポイント

20代は、キャリア探しの時期です。自分がどんなキャリアを描きたいかを知るためにも、しっかりと自分と向き合うことが大切です。

また、キャリアチェンジがしやすいのもこの年代の特徴です。
この場合、即戦力としての採用というよりは、人格や社風がマッチしているかという部分を重要視されることが多いです。
転職活動の際には、素直さや意欲的な部分を紹介しながら自分のよさを理解しアピールすることが重要です。

20代で転職を考えている方は、こちらの記事もぜひお読みください。

20代の転職は『キャリア構築』が最重要。天職を見つけるためにすべきこと

https://entrenet.jp/magazine/28838/

30代で転職を成功させるポイント

30代は、キャリアアップの時期です。明確なキャリアプランを描き、ステップアップできるような転職をしましょう。

目先の給与アップや昇進にとらわれてはいけません。今までしたことのない業務やプロジェクトに挑戦したり、ベンチャー企業のような小規模チームで経験を積んだりすることも、キャリアアップに役立ちます。最終的に理想のキャリアを実現するために、「どんな経験が積めるのか」に焦点を当てましょう。

30代で転職を考えている方は、こちらの記事もぜひお読みください。

30代の転職で異業種・キャリアアップに挑戦!やりたいことで生きていこう

https://entrenet.jp/magazine/28584/

40代で転職を成功させるポイント

40代は、キャリアを確立する時期です。これまで積み重ねてきたキャリアとノウハウを武器に、より良い環境への転職を目指しましょう。

ただ、やむなく転職するような場合は、今まで積み重ねてきたものが転職の邪魔になることもあります。例えば長年の実務で培った技術力を期待されているのに、管理職としての経験ばかりアピールしても、面接官の心に響かないでしょう。

40代で転職を考えている方は、こちらの記事もぜひお読みください。

40代という年齢が強みになる業界や、40代だからこその転職について解説しています。

40代の転職を成功させる3つのコツとは?キャリア設計の方法も解説

https://entrenet.jp/magazine/28705/

50代で転職を成功させるポイント

50代は、キャリアを維持する時期です。ヘッドハンティングなどで現在のキャリアを活かせる転職がおすすめといえます。

また、50代であれば転職とあわせて『独立』について考えてみてはいかがでしょうか。50代で転職してもしなくても、定年は近いうちにやってきます。しかし、今は人生100年時代といわれる世の中…。今後も長く続く人生のことを考えたら、なるべく長く働ける仕事に就きたいと、多くの人が思うでしょう。

だからこその独立です。独立して事業主になれば、定年はありません。今まで積み重ねたノウハウを活かし、第2の人生を歩み始めることに、憧れを持つ人も多いでしょう。

現代社会では、『独立』は夢物語ではなく、長い人生を生き抜くための『現実的な選択肢』です。

50代で転職を考えている方は、こちらの記事もぜひお読みください。50代で転職を成功させるコツや、独立をすすめる理由とその方法について、詳しくお伝えしています。

50代の転職を妨げる『3つのこだわり』とは?生涯現役を貫く方法

https://entrenet.jp/magazine/28817/

転職に失敗しても、キャリアアップが成功すればOK

転職に成功する人はどこが違う?理想のキャリアを実現する方法を徹底解説!

多くの人にとって、転職の目的は『キャリアアップ』や『キャリアチェンジ』でしょう。『現状の生活を変えること』が目的の人も、多いかもしれません。

大切なのは、転職に成功することではなく、転職の目的を果たすことです。目的達成ができれば、手段は何でも良いのです。

転職活動を始める前に、何のために転職したいのか、よく考えてみてください。転職活動中でも同じです。もしかしたら、目的達成に向けたベストな選択は、転職ではないかもしれません。

転職以外の選択肢を考えるときは、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。全国規模のフランチャイズや代理店、開業支援データベースの中から、さまざまな業種や業界、地域ごとに、どんなビジネスがあるのかを調べることができます。

転職するにしても、独立するにしても、どんなビジネスがあるのかを知ることは役に立ちます。自分に合ったビジネスを探し、選択の幅を広げましょう。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

PROFILE

赤塚元基

フリーライターとして独立した契機は、実は転職失敗。自身の(苦くもあった)経験を活かし、皆さまの心に寄り添いながら、お役立ち情報をお届けします!

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。