スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

年齢は転職に影響する?年代ごとに考えたいことと転職のコツ

年齢は転職に影響する?年代ごとに考えたいことと転職のコツ

転職するにあたり、年齢はどれくらいハードルになるのでしょうか。また年代によって考えるべきことや、転職のコツや秘訣はあるのでしょうか。20代、30代、40代、50代ごとの転職について整理して解説します。

『年齢』は転職するときに有利に働いたり、ハードルになったりすることがあるのでしょうか。キャリアチェンジや転職は、どんなタイミングであれ、ある程度慎重になってしまうことがありますよね。

この記事では転職に際して年代によって考えるべきことや、転職のコツや秘訣について20代、30代、40代、50代ごとの転職に整理して解説します。

転職に年齢が関係あるって本当?

転職するとき、ひとつの懸念になるのは『年齢』です。年齢制限をすることは法律上禁止されているものの、一般的に「40代、50代と年齢が上がると転職しにくくなる」と思われることが多いかもしれませんが、最近では年齢に関係なく転職する人が多い傾向にあります。

年齢に縛られることなく、あらゆる可能性を考慮して転職を進めていくことをおすすめしますが、年代ごとに転職に際して考えるポイントは変わってきます。

20代の転職で考えたいこと

年齢は転職に影響する?年代ごとに考えたいことと転職のコツ

まず、20代から順番に転職のポイントや成功させる方法について解説します。「まだ、自分には転職できるほどスキルも経験もない」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、20代という年齢を活かした転職方法があります。

まだほかの年代に比べて低めの年収でも雇いやすいということもあり、企業側も今後の『伸びしろ』に期待して採用に結び付けるパターンも多い年代です。

20代は『キャリアビジョンを決める年齢』

20代はこの先のキャリアビジョンを決める年齢といえます。しかし『この先何十年も働き続けるビジョンやイメージ』が、すぐにはつかないかもしれません。まずは自分の志望動機に近くてご縁のある職場で働いてみて、どんな仕事が適しているのかを身をもって実感することをおすすめします。

実際に働いてみて「自分にはどんな得意分野があるのか、周りに評価される特性があるのか」をビジネスの場で考えることができます。

職種や業種が「向いていない」「続けるのが難しい」と感じても、転職によるキャリアチェンジがしやすいのが20代です。

20代の転職を成功させるには

働き始めてまだ1,2年も経っていない社会人経験の少ない方は、第二新卒扱いで企業に転職することもできます。いきなり今よりも高い年収を狙うことは難しいかもしれませんが、転職によって経験値を増やせることは大きなメリットです。

また社会人経験が3~5年ある方は、ある程度の経験を活かして即戦力として働けるのも、20代という年齢のアピールポイントでもあります。

実はこのように、即戦力もあり企業側の意向にも染まりやすい『伸びしろ』のある20代後半は、最も転職しやすい年齢ともいえます。

自分のキャリアを見つめなおし、3年、5年、10年先にどんな仕事でどのようにキャリアアップしていきたいのか、具体的に考えてみてください。

転職エージェントを複数活用して、自分の可能性を探索してみることが20代の転職を成功させるコツです。

20代での転職に向いている人物像や、転職を成功させる方法についてもっと知りたいという方はこちらの記事を読んでみてください。

20代の転職は『キャリア構築』が最重要。天職を見つけるためにすべきこと

https://entrenet.jp/magazine/28838/

30代の転職で考えたいこと

年齢は転職に影響する?年代ごとに考えたいことと転職のコツ

30代もまだまだ即戦力として、即戦力でも未経験分野でも転職しやすい年齢、年代であるといえます。

30代は『キャリアアップの年齢』

30代はズバリ、キャリアアップできる年代であるといえます。今の自分のキャリアを見つめなおし、より高い年収や待遇を目標に転職することもできますし、今の業務にプラスして新しい領域のスキルを身に付けるチャレンジもしやすい年齢です。

今は現場に近く実践型の業務をしていても、転職を機にマネジメントに携わることができるかもしれません。転職時には明確な業務内容やポジションが提示されていることが多く、現職で異動や昇進を待つよりもキャリアイメージを付けやすいことも、転職の大きなメリットといえます。

30代の転職を成功させるには

30代の転職を成功させる秘訣として「なぜ転職したいのか」という転職理由をしっかりと深く掘ることが大切です。30代というと『結婚、育児、親の介護』などプライベートでも大きな変化が起こる年齢かも知れません。自分がどのような人生を進めていきたいのかを、パートナーや家族とも相談しながら客観的に整理していくことをおすすめします。

未経験でも挑戦してみたい分野があれば、いきなり転職するのではなく本業を続けながら『副業』というかたちで、少しずつ自分自身の職務経験を増やしていくこともおすすめです。30代という、体力も『伸びしろ』もまだ期待できる年齢を活かすことができます。

副業の分野を伸ばして本業とは違う分野で将来的に転職してみることもできますし、独立を視野に事業主としての経営感覚を養っていくこともできます。

どんな人が30代での転職に向いているのか、転職を成功させるにはどうしたらいいのか、より詳しく知りたい方にはこちらの記事も参考になります。

30代の転職で異業種・キャリアアップに挑戦!やりたいことで生きていこう

https://entrenet.jp/magazine/28584/

40代の転職で考えたいこと

年齢は転職に影響する?年代ごとに考えたいことと転職のコツ

40代の転職ではこれまでの20代、30代の経験を活かしてキャリアを確立させたり、独立を視野に動き出したりするのに適した年齢・年代といえます。

40代は『キャリアを確立させる年齢』

40代は過去の経験を活かし、定年までのキャリアを逆算して確立していく年代ともいえます。

経験や年齢を活かして、管理職として企業の組織作りに貢献するゼネラリスト型の転職がイメージしやすいかもしれません。ほかには人脈や実績を活かして成果報酬による高収入を狙うハイリスクハイリターン型、専門スキルを活かしたスペシャリスト型など、職種のタイプもさまざまです。

40代は転職だけでなく独立も視野に

また40代は転職して企業に雇われて働くだけでなく、独立も視野に動き出すにもおすすめです。これまで培った豊富な経験や人脈を活かし、自分の裁量で自由にビジネスを展開していくことができ、生涯現役で働き続ける道がぐっと近づきます。

40代だからと年齢や家庭環境などを理由にあきらめることなく、自信をもってあらゆる可能性を検討してみてください。
40代の転職にはどんな選択肢があるのか、なぜ独立も視野に入れるべきなのか、気になる方にはこちらの記事もおすすめです。

40代の転職を成功させる3つのコツとは?キャリア設計の方法も解説

https://entrenet.jp/magazine/28705/

50代の転職で考えたいこと

年齢は転職に影響する?年代ごとに考えたいことと転職のコツ

50代であっても、少子高齢化の現代の日本において転職のチャンスはまだまだあります。大切なことは、年齢や雇用形態、待遇や業務内容に縛られずに、あらゆる選択肢を視野に入れて動き出すことです。

50代は『キャリアを維持する年齢』

50代はキャリアをこの先も維持していけるかどうかが、影響してくる年齢・年代といえます。「何となく今の仕事を辞めて、何となく見つけた仕事に転職する」ということではなく、この先の人生のキャリアプランに沿っているか見極めて判断することをおすすめします。

50代以降も活躍したいなら『独立』を選択肢に入れてみては

50代では雇われているとどうしても懸念となる『定年』の概念を覆す『独立』という選択肢も大きな可能性のひとつです。転職したとしても、あと数年で定年を迎えてしまう年齢に不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

『独立』というと、まとまった資金や明確な経営ビジョンがないと難しいと感じるかもしれません。しかし明確なオリジナルの商品やサービスがなくても、フランチャイズならば確立されたノウハウを教わりながらビジネスをスタートさせやすいです。

店舗や事務所を借りた場合の費用が心配な方も、例えばクリーニングなどの無店舗型のフランチャイズであれば、店舗や事務所を用意する必要はありません。従業員を雇わなくてもまずは一人から、自己資本の余裕がなくても始めることもできます。
50代にはなぜ独立がおすすめなのか、50代の転職や独立にはどんな方法があるのかは、こちらの記事で詳しくお伝えしています。

50代の転職を妨げる『3つのこだわり』とは?生涯現役を貫く方法

https://entrenet.jp/magazine/28817/

転職に年齢は関係ないが、年齢ごとに考えるべきことは違う

日本でかつて大多数であった『終身雇用』のシステムも大きく転換期を迎え、どんな年代でも転職する人の数は増えている傾向にあります。

「○○代だから転職は難しい」などと年齢に縛られすぎる必要はありませんが、転職を前にして考えるべきことは、年齢によって違うといえます。

ご自身のキャリアプランを見つめなおし、一度きりの人生をどのように働いていきたいのか、雇用されるだけではなく独立する選択肢はないのかも含めて、前向きに考えてみてくださいね。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

PROFILE

北川 美智子

化学品メーカーやIT企業でコンテンツマーケティングを担当したのち、WEBライターとして独立。得意分野は金融、転職、健康ネタなど。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。