カテゴリー

Line

聞いている相手を惹きつける「話し上手」になる方法とは?

「人と話すのが苦手」「聞いている相手を惹きつける力を身に着けたい」そう思われている方、いませんか?

聞いているこちらが思わず引き込まれてしまうような「話し上手な人」が、あなたのまわりにもいると思います。ここでは、話し上手な人とあまり得意でない人との違いと、話し上手になるためのポイントをお伝えしたいと思います。

話し上手と話し下手、その差は「視点」にある

話が上手な人と話があまり得意ではない人とを比べてみると、内容の面白さや話し方など違いはいくつかありますが、最も大きな差は「誰のために話しているか」という「視点」にあります。

話があまり得意でない人は、話をする際に意識が「自分」に向く傾向があります。「うまく話そう」「失敗したくない」など、「自分がどうあるべきか」に意識が集中してしまうので、その結果、相手との会話がギクシャクしたり、空回りしてしまいます。

一方、話が上手な人は、意識が「相手」に向いています。自分がしている話が「相手にとって役立つのか」「相手にとって面白い話題なのか」を常に気にしながら話をします。「あなたにとって役立つ話題を届けたい」という「視点」に立って話をしているのです。

話し上手になるための、5つのポイント

話し上手な人は、視点を相手に向けたうえで、以下の5つのポイントに注意して話をしています。以下、順番に説明していきます。

① よい「聞き手」になる

話し上手な人は、まず自分自身が聞き手となり、相手の話を引き出そうとします。相手が好きなことや知りたいことなど、興味関心を示す「ツボ」を聞き出した上で、その「ツボ」を押さえた話をします。

相手としては、興味がないことを一方的に長々と話されても退屈ですが、自分が好きなことや知りたいことを話されたら興味を持って聞き入りますよね。

よく「話し上手は聞き上手」と言いますが、まず相手の話を聞き出した上で話をするため、聞き手にとって面白い、説得力のある話をすることができるのです。

② 話すときは笑顔で、表情豊かに

メラビアンの法則(※)にもあるように、人は話している内容よりも見た目や声のトーンなどに影響を受けるといいます。話の内容よりも、まずは見た目が重要です。

話し上手な人は、相手に「笑顔で話しかける」ことで、話に集中しやすい環境を提供します。時には身振り手振りなどを取り入れながら生き生きと表情豊かに話を進め、聞き手に「楽しそう」だと感じさせ、話に聞き入らせるのです。

(※)メラビアンの法則とは、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念。話し手が聞き手に与える影響を、研究と実験に基づいて「言語情報:7%」「聴覚情報:38%」「視覚情報:55%」と数値化しています。

③ 前向きな表現を選ぶ

話し上手な人は、どちらかというとネガティブな内容の話であっても、前向きな表現を選んで使うことで、話が聞き手にとって嫌な印象で終わらないよう配慮します。

たとえば「嫌い」という場合は「得意ではない」、「やりたくない」という場合は「〇〇(別のもの)が得意です」などと言い換えるのです。

④ 起承転結の流れを意識して話す

話し上手な人は、話の流れ、起承転結を意識して話を進めます。

起承転結を意識すると、ストーリー仕立てでテンポよく話を進められるため、相手に何を伝えたいのかが明確になります。

⑤ 話す「間」と「スピード」をコントロールする

話し上手な人は、発言後に相手の反応を確認し、理解しているかどうかを確かめながら話をしています。

そして 会話の切れ間にひと呼吸「間」を置き、聞き手が情報を整理できているかどうか確認します。

また話すスピードを相手に合わせてコントロールします。相手は自分のペースに合わせて話をしてくれるので聞いていて心地よく感じ、また理解しやすいため、親近感も湧いてさらに「もっと話を聞きたい」と思うようになります。

「あなたに役立つ話題を届けたい」という姿勢で話しかけてみよう

話の上手い下手の差は「誰のために話しているか」という「視点」にあると、先ほどお伝えしました。意識を相手に向け、「あなたに役立つ話題を届けたい」という姿勢で話しかければ、たとえあなたの話し方が拙くても、相手は好感を持ってくれます。

大切なのは会話のテクニックや話題の多さではありません。ぜひ実践してみてください。あなたの姿勢が相手に伝われば、相手もあなたを応援してくれるようになりますよ。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

会社分割とは、会社が事業に関して有している権利義務(資産、負債、契約関係など)の全部または一部をほかの会社に継承させる行為のことで、M&Aで使われる手法です。
会社分割には、2通りの手法があります。1つ目は“吸収分割”といい、事業や権利義務の一部が既存の会社に吸収されるものです。そして2つ目が“新設分割”です。いずれも手続きの方法などについては組織再編行為として会社法で定められています。
(さらに…)

2019年11月15日

青色申告。

フリーランスの方なら、一度は聞いたことがあるかと思います。

青色申告とは確定申告の方法の1つで、白色申告と比べて様々なメリットがあります。その目玉となるのが「65万円控除」。

青色申告で申告した場合、最大で65万円の特別控除を受けられるのですが、実はこの65万円が2020年分から最大55万円に減額されてしまうことを知っていますか?

(さらに…)

2019年11月15日

「将来、社長になりたい」
子どもの頃、そう夢見ていた人は少なくないと思います。

ただ、どんなビジネスでトップになるかは、人それぞれです。

はじめから「この仕事で」と明確に決めている人もいれば、社会に出てから紆余曲折の末に出合う人もいます。

今回お話を伺ったのは、丸井雄介さん。
(さらに…)

2019年11月14日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ