カテゴリー

税理士ドットコム

この身体でも、できることがある。元プロゲーマー・NOBUOさんが世界に挑戦した理由

2020年11月25日

この身体でも、できることがある。元プロゲーマー・NOBUOさんが世界に挑戦した理由

身体は資本、という言葉があります。

仕事をする上でもっとも大切なのは、自分の身体とその健康の維持。どれだけ大きな資本を持っていても、それを動かす身体が健康でなかったらどうしようもありません。

頭で分かってはいても、つい健康を疎かに、後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは元プロゲーマーのNOBUOさん。NOBUOさんは任天堂の人気ゲーム『マリオカート』のプロゲーマーで、その腕前は世界一を経験するほど。

しかしNOBUOさんは18歳の時に難病である線維筋痛症を発症。以来10年以上に渡り、今もなお闘病生活を続けています。

生き馬の目を抜くような熾烈な戦いを繰り広げるeスポーツの世界に、なぜ難病を患うNOBUOさんが挑戦したのか。

今回はそんなNOBUOさんの10年以上に渡る闘病生活とその挑戦、そしてプロゲーマー時代の半生について伺いました。

<プロフィール>
NOBUOさん
ストリーマー/元プロゲーマー
『マリオカート』世界大会6回優勝

幼い頃からゲームをプレーし、中でも任天堂の人気ゲーム『マリオカート』では中学生の時に全国大会で優勝を経験。

18歳の時に難病である線維筋痛症を発症。一時は寝たきりの生活も経験し現在もなお闘病中。闘病しながら挑んだ『マリオカート』シリーズ任天堂公式世界大会では、通算6度の優勝経験を持つ。

2020年夏にプロとしての活動に区切りをつけ、現在はストリーマーとしての活動を中心に、ゲームの魅力を伝える新規事業を計画中。

18歳で線維筋痛症の発症。寝たきりのベッドで、唯一できたことがゲームだった

――現在に至るまでの経緯から教えてください。NOBUOさんがゲームを始められたのはいつ頃からだったのでしょうか?

NOBUOさん
物心つく前からですね。幼稚園の時には家にあったゲームで遊んでいましたし、姉や姉の友達ともゲームをしていました。

僕と姉は7つ違いました。こどもの頃の7歳の差ってかなり大きいなと思うんですけど、そんなお姉さん・お兄さんたち相手に、僕は勝ったり負けたりといい勝負をしていて(笑)。

そんな感じでゲームに熱中していたら自然と鍛えられていきました。

だから同世代の子とゲームをしても負けたことがなかったですね(笑)。

そして中学生の時に初めて、日本国内の『マリオカート』の全国大会で優勝したんです。

――幼い頃からの英才教育に全国大会優勝……。今の世の中ならプロゲーマーの道、まっしぐらな気もしますが?

NOBUOさん
当時は「ゲームをしてお金を稼ぐ」という概念がまだなかったんですよね。その後も“趣味の延長”としてちょこちょこゲームをしていました。

そんな中、身体に異変が起こったのは高校を卒業して1年目の夏。18歳の時でした。

最初は身体のだるさを感じていて。「熱はないのにおかしいな……」と思っていたら今度は痛みを感じるようになっていったんです。

そして2週間後には思うように身体を動かせなくなり、そこから半年はほぼ寝たきりで過ごしました。

高校卒業後は就職をしたんですが、そんな状態なので会社にも行けなくなりやめざるを得なくなってしまって。

――それが線維筋痛症(※)の始まりだったと。

NOBUOさん
とはいえ当時はまだ病名すら分からず、原因不明でした。検査しても異常が見られないので治療へ向けたアプローチも難しく、医者も僕の身に何が起こっているのか分からないような状況で。

「あぁ、僕の人生はこのまま終わるのかな……」。そんなことを考えながら、自宅で寝たきりの毎日を過ごすようになってしまったんです。

そんな状況の中でも、唯一できたこと。それがゲームだったんです。

※身体の広い範囲に痛みやこわばり、疲労感、不眠、頭痛やうつ気分といった様々な症状を伴う病気。原因はいまだに解明されていない。

この身体になっても、まだできることがあるんじゃないか――。『マリオカート』世界大会優勝のバックステージ

――ゲームならベッドの上からでもなんとかできそうですね。

NOBUOさん
はい。病気で苦しい中、昔からゲームが好きで得意だったことを思い出したんです。それで久しぶりにゲームをちゃんとやり始めました。

そしてチャレンジしたのは、2008年に行われた『マリオカートWii』の第1回世界大会でした。

大会はオンラインで世界同時に行われ、決められた期間内にタイムアタックで競います。その大会で、僕は優勝することができました。

――世界を相手に1位を取るのは普通にやってもなかなか難しいと思います。しかしNOBUOさんは病気を抱えながら優勝されました。なぜ結果が出すことができたのでしょう?

NOBUOさん
ベッドの上でゲームをやっているうちに「この身体になっても、まだできることがあるんじゃないか」と思うようになっていったんです。

このまま身体が動かない人生になるなら、自分の命を削って、何か1つでも名前を残して死んでいきたいなと。

そう思ってからは、もうひたすらにゲームをやりこみました。

ちなみに、実は大会前からファンコミュニティなどの非公式の大会で、何度か優勝を経験していたんです。

おそらく日本で1番速いのは知っていたけれど、公式の大会には普段『マリオカート』シリーズをプレーしない層のプレーヤー(他のレーシングゲームの猛者たち)もエントリーをしてくる。

流石に世界の中で勝てるのかなという不安はあったのですが……。結果は、2位に1秒以上の差をつけて(※)の優勝でした。

以降の大会にも出場し、合計6回も優勝することができたんです。

※レーシングゲームの世界では、0コンマ数秒単位で順位が競われる。1秒以上の差をつけるのはかなり実力差がないと難しい。

「強さ」だけがプロゲーマーじゃない。難病をカミングアウトして変わった価値観

――優勝してからはプロゲーマーとしてお仕事をされていたのですか?

NOBUOさん
いえ。お金をもらうプロとして活動するようになったのはもっとだいぶ経ってからですね。

ただゲーム関連の仕事をするようになったのは、2011年の『マリオカート7』が発売した頃のことでした。

この頃には発症した時に比べて体調もだいぶ安定するようになり、ゲームも変わらず大好きだったので、何かゲームに関わる仕事がしたいなと思うようになっていたんです。

そんな時に『マリオカート7』の発売時にたまたま出演させていただいたTV番組に、あるゲーム関連雑誌の編集長の方がいらしてて。そのご縁から攻略本を書く仕事やコラムを書かせていただく仕事などを任せていただけるようになりました。

アルバイトなどもしていましたが、ライター業やゲーマーとして大会に出場したりと活動の幅も加速度的に増えていって。2016年にはプロゲーマーチームに参加させていただいたんです。

――YouTuber、ストリーマーとしての活動もその頃に?

NOBUOさん
はい。YouTubeは2017年から始めました。最近は体調の関係であまり更新できていないのですが、主に『マリオカート』をはじめとしたゲーム関連の配信をスタートしています。

NOBUOさん
この頃にはゲームが動画などを通じて、かなり「見られる」コンテンツになっていきましたね。

――プロゲーマーとして大切にしていることがあれば、教えてください。

NOBUOさん
今と昔で少し違うのですが、当時はとにかく「最強であること」を大切にしていました。

やっぱりゲームを見てくださる方にとって「強さ」は大切な指標だと思うんです。変な話、あまり上手じゃないプレイヤーの動画って見てもあまり得がないというか。

僕の場合は特に、昔から大会での優勝経験もありましたから「強い」ことを期待されていることも多かったんです。

でもある時、自分の中で少し価値観が変わってきて。

――と言いますと?

NOBUOさん
自分という存在が、誰かの何かに響いて欲しいな、と思うようになったんです。

例えばどれだけすごいプレーをしても、その時は盛り上がるかもしれませんが、その感動ってすぐに消えてしまうじゃないですか。

腕があるのはもちろん大切ですけど、それ以上にストリーマー(動画配信者)自身が魅力で惹きつけるチャンネルがあってもいいなと。

そう思うきっかけになったのが2018年。長年苦しんできた僕の病気が、線維筋痛症だと診断された時のことでした。

――原因不明だったご自身の病気に、ようやく病名がついたんですね。

NOBUOさん
はい。僕はSNSや動画を通して、この病気のことをカミングアウトしたんです。

そうしたら視聴者の方から「僕も病気を患ってます」といったカミングアウトをしていただいたり「病気の治療がしんどいんですけど、NOBUOさんの動画をいつも楽しませてもらってます」といったうれしい言葉をかけていただいたり。

NOBUOさん
中には事故で片手が使えなくなってしまった方と一緒に、オンラインでプレーしたこともありました。(ちなみにその方は、もう片方の手と足を使って練習されていました)

「強さ」ももちろん大事だけれど、ゲームを通じて僕と誰かがつながっていくような、そういう温かさやエンターテインメント性も大切なんじゃないかなって思うようになったんです。

そして今年の7月、僕はプロゲーマーを引退しました。これから始めようと思っている事業も、この「ゲームを使ってみんなと楽しむ」がテーマになっているんです。

――ありがとうございました。後編では、プロゲーマーを引退したNOBUOさんが、ゲームを使って実現したいことについて伺います!

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

「街やネットで見かけるあの商売、始めるのに何にいくらかかるんだろう?」そう思ったことはないだろうか?

そこで、15種類の商売をしているそれぞれの先輩に、ズバリ!開業費用の明細を聞いた。

節約点や工夫点、意外だったこともチェック。大いに参考にしてほしい。
(さらに…)

2021年1月22日

おそらく世界中の全ての人にとって“怒涛”だった2020年も終わり、2021年が始まりました。

年が明けるとすぐにやってくるのは、確定申告。

2020年は新型コロナウイルスの影響で、給付金・補助金を受け取った方もいらっしゃるかと思います。

国や自治体からのサポートも多かった2020年。その総決算とも言える確定申告では、サポートがあっただけ、いつもの確定申告と違う点がいくつがあります。

今回はフリーランスの方が知っておくべき、令和2年度の確定申告最新情報をお届けします。
(さらに…)

2021年1月21日

会社員に向いてないからといって、働くのに向いてないわけではありません。

会社員に向いてない人には、いくつかの特徴があります。その"特徴"を活かし、会社員の頃には想像もできなかったほどに活躍する人もいます。

本記事では、会社員に向いてない人の特徴と、"特徴"を活かした働き方を紹介します。自分に合った生き方・働き方を、探してみてください。 (さらに…)

2021年1月20日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

【今年度】人気ランキング

総合ランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ