カテゴリー

Line

コンプライアンス研修とは? 企業におけるコンプライアンスの重要性、効果的に社員教育をする方法

昨今では、“コンプライアンス”という言葉があちこちで聞かれるようになりました。悪事千里を走るという諺がありますが、ネット社会の進展にともない、企業の不祥事が一気に広まって、経営に大きなダメージを与えるという事件が頻出しています。こうしたコンプライアンスへの危機意識の高まりから、「自社でもコンプライアンス研修を導入しなければ」と考えている方も多いのではないでしょうか。そこで、コンプライアンス研修が重要視されている理由や社員教育すべき内容について解説します。

コンプライアンス違反は経営に関わる大問題

コンプライアンスへの意識が高まっているのは、コンプライアンス違反のリスクが非常に甚大だからです。最近では、1人のアルバイトが軽はずみで行ったことが、インターネットを通じて拡散され、会社経営を揺るがす事態となることも珍しくありません。

1.コンプライアンスとは
コンプライアンスとは、もともとは“法令遵守”のことを指すとされていました。しかし今日では、法令だけではなく、企業の就業規則から社会規範に至るまで、さまざまなルールを守ることがコンプライアンスの意味だと考えられています。企業にとって、社会的な倫理に則りルールを守ることがリスク回避になり、企業の信頼を積み上げ、ひいては企業価値を高めることになるのです。

2.コンプライアンスが叫ばれるようになった背景
コンプライアンス意識が高まり始めたのは、高度経済成長期に公害問題が発生し、企業の社会的責任が問われるようになったことがきっかけです。2000年代に入ると、有価証券虚偽記載や粉飾決算など上場企業による不祥事が相次ぎました。これを受けて、公益通報者保護法や改正独占禁止法、会社法、金融商品取引法などの法整備でコンプライアンスの取り組みが急速に進みました。近年では、個人情報の漏洩や、著作権違反、店舗の従業員のSNS投稿が炎上して、閉店に追い込まれるケースなども続発していることから、あらためて「コンプライアンスとは何か」「企業の社会的責任とは何か」が問われるようになってきています。

3.コンプライアンス違反になるケース
コンプライアンス違反は以下のようなケースが該当します。社内での行動だけでなく、私生活上の行動も重要視されているところがポイントです。

2017年度のコンプライアンス違反関連倒産は195件

上記のような問題が明るみに出ると、SNSなどで拡散されるばかりか、マスコミにも取り上げられて大々的に報道されたりします。そうなってしまうと、これまで築き上げてきた企業に対する信用の失墜や、ブランドイメージの低下は避けられないでしょう。また、経営陣は管理責任を問われ、引責辞任せざるを得なくなることも考えられます。

最終的には、経営状態が悪化し、倒産のリスクにもさらされることになりかねません。実際に、2017年度には法令違反や脱税などのコンプライアンス違反が一因となった倒産が195件も発生しています。(商工リサーチ「2017年度『コンプライアンス違反』倒産」)

知らなかったでは済まされないコンプライアンス違反

ルールから逸脱した行為を未然に防ぎ、コンプライアンス意識を高めるために必要なのが、コンプライアンス研修です。研修はアルバイト、一般社員から経営層まで、全従業員に受けさせることが求められますが、階層別に研修を行うことでコンプライアンスの重要性をより自分事として捉えやすくなります。

1.新入社員・一般社員、従業員向け研修のポイント
新卒や中途で入ってきた社員や一般社員は、コンプライアンスの基礎知識や違反リスクについて知ることが求められます。コンプライアンスの意味やコンプライアンス違反が及ぼす社内外への影響などについて研修を行います。同時に、個人情報保護や情報セキュリティー、SNSの取り扱いについてもプログラムに組み込むと良いでしょう。アルバイトの場合はマニュアルや導入研修に必ず盛り込む必要があります。

都内のある大学で学生に調査を行ったところ、アルバイト経験も含めて社会との接点が少ない学生ほど、法令違反への罪悪感が低いという結果が出ました。若年層は自分の行動が社会的にどのような影響をもたらすかといった経験が少ないため、悪気なく行動してしまうという傾向があります。したがって、物事を知っている前提で接しないほうがリスクを回避することに繋がります。

2.主任・係長向け研修のポイント
主任や係長クラスとなった中堅社員は、コンプライアンスの基本とともにコンプライアンス違反の未然防止、リスクへの対処法について学ぶことが大切です。CSRへの取り組みやリスクマネジメント方法を学び、いざというときに上司と部下との調整役として立ち回ることが望まれます。

しかし、受動的に研修を受けても記憶に残らないため、法令や社会的倫理、規範を守ることが企業の価値向上につながるという関係性を十分理解させる必要があります。

3.部長向け研修のポイント
部長クラスでは、コンプライアンス研修内容を部門内に定着させる方法や、組織的な問題解決方法を知ることが大切です。自らが責任者を務める部門で、コンプライアンス研修の内容を部下に自分事として認識させ、コンプライアンス違反リスクをコントロールできるようになることを目指すよう、動機付けが必要です。

部長クラスになると、外部の意見を参考にするよりも、長年の経験から培ってきた判断を優先しがちです。経験が豊富なほど企業特有の価値観や、業界常識が身についており、それが守るべき規範だと思い込んでいることがあります。法令や世の中の常識と乖離している場合は修正する必要があります。

4.経営者・役員向け研修ポイント
経営者・役員クラスでは、社会に対する企業の責任や法令に関する知識を習得するとともに、社内コンプライアンスの構築方法について学び、社員のお手本として自ら実践できることが求められます。

パワハラやセクハラに至っては本人にその自覚がなくとも、従業員の受け止め方によって成立してしまうため注意が必要であることや、コンプライアンスの元になる社会的倫理を重視する企業文化の醸成も重要であることを理解する必要があります。

コンプライアンス研修のプログラム例

コンプライアンス研修では、どのようなプログラムを実施すれば良いのでしょうか。ここでは具体的なプログラム例をあげてみます。

1.コンプライアンスの基礎知識
•コンプライアンスとは何か・意識が高まってきた背景
•身近に起こりうるコンプライアンス違反の例
•同業他社で過去に起きた違反事例
•違反の結果どのようなリスクや波及的な被害が発生する可能性があるか
•コンプライアンス違反の予防策     など

2.法令知識
•個人情報保護法
•労働基準法など労働関連法
•独占禁止法・下請法
•金融商品取引法
•道路交通法
•上記以外の自社の業界における業法   など

3.違反事例のケーススタディー ~個別事例の研究
•コンプライアンス違反が起きた背景
•違反により起こった損失
•社会へもたらした影響
•再発防止策  など

4.社員として求められている振る舞い、行動
•国民、市民としての倫理規範
•地球環境、地域社会、株主、取引先、顧客、従業員などステークホルダーに対する振る舞い
•USBなどの記録媒体や社用PCの取り扱い方
•SNSへの投稿がもたらす企業への影響
•社員間のコミュニケーション方法
•ハラスメントや差別への対応方法  など

5.自社で行われているコンプライアンスの取り組み
•経営理念
•ミッション
•行動規範
•リスクマネジメント
•コンプライアンス意識の向上  など

6.内部通報制度と通報の仕方
•内部通報制度とは何か
•社内でコンプライアンス違反行為を見たときの通報方法
•通報窓口
•通報者の保護   など

7.仕組みづくり
•内部統制への盛り込み(上場企業)
•ワークフローの改善
•契約書の改変
•情報セキュリティーへの対応
参考:情報セキュリティー関連法令の要求事項集(経済産業省) 
•反社会的勢力への対応
参考:企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について(法務省)

8.相談窓口
•相談窓口の例
参考:相談窓口のページ(法務省HP)

コンプライアンス研修の方法

コンプライアンス研修を行う方法はいろいろありますが、ここでは代表的なものを3つ取り上げ、ご紹介します。

1.集合研修(セミナー形式)
集合研修は、一般的な方法です。受講対象となる社員を集め、外部から招いた講師あるいは社内の研修担当者が講義を行うものです。経営者や役員クラスは外部講師、それ以外は社内の従業員が研修をするケースが多く見られます。講師の体験談を通じて、リアリティーのある話を直接聞くことができる点がメリットです。また、直接質問することができることによって、その場で理解を深めることが可能です。

2.ケーススタディーとケースメソッド(ワークショップ形式)
ケーススタディーとは、実際にあった過去のコンプライアンス違反事例について解説を聴くもので、集合研修の中でも用いられますが、事例について深く学ぶ方法としてはケースメソッドという方法もあります。ケースメソッドとは、過去の違反事例について自ら研究し、同僚や上司とディスカッションなどを行います。ケーススタディーが講師の話を受動的に聴くにとどまるのに対し、ケースメソッドでは自ら主体的に考え、参加者同士でコミュニケーションしながら学びを深めることに違いがあります。

3.イーラーニング
社内のイントラネットなどにアップされている動画やコンテンツを見て、自主的に学ぶものです。イーラーニングでは個々の社員が自分のタイミングで研修を進められます。また、わからないところを繰り返し学習できるので理解を深めることができる点もメリットです。

しかし、実際には観ていなかったり、頭に入っていなかったりすることもあるため、テストなどで理解度をチェックする仕組みを用意する必要があります。

まとめ

現代では誰もが手軽にインターネットで情報発信ができる時代です。その分、軽はずみな気持ちでしたことが拡散され企業に甚大な影響をもたらすだけでなく、悪意ある誰かが企業を陥れるための確信犯的行為に及ぶことも考えられます。そこで、企業の社員には、仕事上だけでなく私生活での振る舞いにも十分な注意を払うことを求める必要があります。
そのため、コンプライアンス研修の意義は、今後ますます高まってくるでしょう。また、こういった事態がおこらないよう法令を守るといった観点からだけでなく、その元になる倫理感や良識を育てるリベラルアーツ教育などを並行して行うとコンプライアンス研修の効果はいっそう高まります。

5分でできる会社設立
https://www.freee.co.jp/launch

開業手続きが無料・簡単・最速
https://www.freee.co.jp/kaigyou

元記事はこちら
https://keiei.freee.co.jp/articles/c0301640

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

仕事を選ぶ時に「何をやるか」より「誰とやるか」を重視する人が増えているように思われる。商いは「人」で成り立つものだから、的外れな意見ではないはずだ。

今回インタビューする大坪がくさんは、バンド・テレフォンアポイント・建物管理業務・銭湯の店主と様々な職を転々とし、現在は銭湯経営のかたわら、八百屋の経営にも関わっている。

大坪さんが仕事を選ぶ時の選択基準はまさしく「人」。「人と人との繋がり」を大切にしていたら、このようなキャリアを歩むことになったという。
(さらに…)

2019年10月23日

アントレカウンター事務局からの<お知らせ>です

こんにちは! アントレカウンター事務局です。

「独立・副業が気になるのに、何から始めたらいいのかわからない・・・」そんな方も多いのではないでしょうか?

都内で開催中! アントレカウンターとは

アントレカウンターとは株式会社アントレが運営する【独立・副業】のお悩み相談窓口です。フランチャイズ本部の情報、業界予測やトレンドなどに関してその道に精通したプロと1対1で話せます。

「まず何をしたらいいの?」という相談にいらっしゃる方も非常に多いので、遠慮したり周囲を気にしたり、余計なことを心配する必要は一切ありません。

フラットな立場からアドバイス! 独立をおススメしない場合も

たくさんの独立開業希望者と面談してきた実績から、より独立開業希望者目線でのアドバイスができるのも特徴。
場合によっては、たくさんの相談に乗ってきたプロの経験より「独立はやめた方がいい」と止めることもあります。

副業を持つことで本業の収入を補うためにパラレルワークを考える方も!

いきなり独立開業をすることを「リスクの高いもの」と考えるも多く、最近では副業から始める方もいますし、副業として加盟できる・副業も可能なフランチャイズなども増えてきています。
本業の収入を補うために副業を検討している方も、ぜひアントレカウンターをご利用ください。

たくさんの相談に乗ってきたプロのいるアントレカウンター

「いきなり企業を訪問するのはハードルが高い・・・」と感じる方。
「周りに相談する方がいない」と1人で悩み、不安を抱えている方。
「まずはパラレルワークで収入を増やしたい」と考えている方。

ぜひ、たくさんの相談に乗ってきたプロのいるアントレカウンターで独立開業への第一歩を踏み出してみてくださいね!

※資金調達・融資、税務面・M&Aの詳細などのご相談には応じかねますので、あらかじめご了承ください。

━━━ ☆ 会場詳細 ☆ ━━━

赤坂パークビル 11F
〒107-6111 東京都港区赤坂5-2-20

アクセスMAP

東京メトロ千代田線    「赤坂駅」  より徒歩 5分
東京メトロ丸ノ内線、銀座線「赤坂見附駅」より徒歩10分
東京メトロ南北線、銀座線 「溜池山王駅」より徒歩13分

ご予約はこちらから
※お申込みにはアントレ(net)会員登録が必要です。

▼お電話でも受付中 →0120-120-474

受付時間:平日・土曜日 10:00~19:00
※上記以外の時間はアントレ(net)からお申込みください。

 
お申込みいただいた皆様には、事務局より詳細のご連絡を差し上げます。
皆様のお申込みを、心よりお待ちしております。

★アントレカウンター事務局★

2019年10月21日

最近は会社のM&Aや合併・提携など、会社間での再編のニュースが増え、事業撤退やほかの事業への拡大を目的に、M&Aの中でも“事業譲渡”を検討する会社が多くなっています。
事業譲渡を行えば、長年の事業運営のノウハウや従業員、取引先との関係も含めて相手企業へ譲り渡すことになります。
(さらに…)

2019年10月21日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ