カテゴリー

Line

「事業承継」って何? 個人事業主に必要な手続きについて

最近、事業承継という言葉を目にする機会が増えてきました。

どんなときに必要な話で、個人事業主の場合にはどんな手続や対策が考えられるのか、大まかなステップも踏まえて確認していきましょう。

事業承継とは「仕事を引き継ぐこと」

事業承継とは、読んで字のごとく事業(仕事)を承継(引き継ぐ)ことです。

誰かの仕事を、ほかの誰かが引き継ぐことを指します。

実はこの引き継ぎ、実際にやろうと思うと、さまざまなことを考えなければなりません。

その具体的な引継ぎ方法に関しては、後で1つずつ確認をします。

法人成りをしている場合には、その法人の自社株式が評価の対象となり、これこそが事業承継における最大の課題となっています。

ただ、個人事業の場合にはあくまでも”仕事に関係するさまざまな資産や負債”を個別に評価し、その価額に応じてさまざまな対策を練ることになります。

誰が引き継ぐのか?

事業承継を考えるに当たり、誰が後継者になるのか? が大きな問題となります。

以前であれば、親の仕事を子どもが引き継ぐ、というのが一般的な慣習でした。

しかし、最近では子どもが仕事を引き継がず、従業員や第三者を後継者に指名することも増えてきました。

事業承継は、単に手続きをすれば良いわけではありません。

後継者の正当性が関係者から認められなければ、手続きは上手くできたとしても、事業の継続は大変厳しくなります。

・その人が後継者であることについて、周囲は納得しているのか?

・前任者(廃業する人)が周囲にきちんと「後継者をよろしく」といった引継ぎをしたか?

書類作成や税務の手続きばかりに気が行ってしまい、これらの点を放置した結果、事業承継が頓挫する例は数多くあります。

ですので、後継者の選定については念には念を入れて検討をする必要があります。

事業承継をするまでの流れ

後継者が確定した場合、実際にその後継者に仕事に関係する資産や負債を引き渡す手続きが必要となります。

この際、まず考えるべきは前任者の生存中にやるのか? 死亡後にやるのか?という点です。

どの時点で引き渡しをするのかにより、適用される税法が大きく異なります。

1.生前に事業を引き渡す場合

前任者が生存中に事業を引き渡す場合、譲渡と贈与の方法が考えられます。

(a)譲渡する場合

前任者から後継者に対して、仕事に関係する資産と負債を譲渡する方法です。

資産には事業上の債権(売掛金や貸付金など)、固定資産(設備や車など)、各種権利関係(不動産の礼金や保証金など)が、負債には事業上の債務(買掛金や未払金など)、借入金などが存在します。

それぞれに適正な評価を行い、後継者から前任者にその対価を支払って譲り受け、後継者はあらためて事業を始めることとなります。

実際の評価では、資産や負債の種類(金銭債権や債務、自動車や機械装置、不動産など)に応じて引き渡す方法を検討しますが、大ざっぱにまとめてしまうと

評価額 < 実際の譲渡価格 ⇒ 前任者は事業の譲渡で儲けたので所得税が課税

というような考え方をします。

繰り返しになりますが、実際には資産と負債の内容に応じて前任者、後継者ともに有利な税制も適用できるように検討をすることが必要です。

特に事業用不動産の移転については、かなり慎重に検討をすることが求められます。

(b)贈与する場合

前任者から後継者に対して、仕事に関する資産を贈与により移転させます(負債もある場合には負担付贈与)。

後継者は贈与により資産を取得するわけですから、贈与税を負担しなければなりません。

贈与税の大まかな特徴としては、税率が高いことがあげられます。

一気にすべての資産を贈与で移転させてしまうと、後継者は相当な贈与税を負担しなければなりません。

通常の贈与税では1年当たり110万円の基礎控除額がありますので、何年かにわけて贈与をすれば、それだけ贈与税の負担を低く押さえることができます。

ただし、もし贈与をしている途中で前任者と後継者にトラブルが起こったりすると、大問題に発展します。

そのため、贈与による事業の引き渡しでは”人間関係の円滑さ”が問われることとなるでしょう。

また、親族間であれば前任者の財産状況によっては相続時精算課税制度の適用も検討すべきです。

2.死後に事業を引き渡す場合

前任者の死亡後に事業を後継者に引き渡すとすると、それは相続の手続きになります。

相続の場合、段階を2つに分けて考える必要があります。

(a)遺産を誰にどのように渡すのか?

遺産分割協議や遺言書などに従って、各人の遺産の取り分を決めます。

後継者候補が仕事に関わる財産をしっかりと後継できるように話を進めてきましょう。

さらに注意が必要なのは、親族以外の従業員や第三者による承継です。

遺産分割協議には、親族しか参加することができません。

親族以外の人間を後継者にする場合には、前任者は死亡前に遺言書などを用意して「◯◯さんに事業上の財産を遺します」という遺志表明をしなければ、想定されていた後継者が事業を引き継ぐことができません。

(b)相続税の計算

”誰がどのように遺産をもらうのか”が確定したら相続税の計算をします。

相続税の特徴としては”遺産総額が大きければ大きいほど、税額が高くなる”ということがあります。

事業上の財産だけでなく、生活用資産や投資用不動産など、その人の財産全体の状況に応じて税負担額が大きく異なります。

また、課税のもととなるのは相続発生時点での時価になりますので、値上がり傾向にある不動産などがある場合には、それだけ相続税の課税額も大きくなる可能性があります。

特に、親族以外の承継では税金が高くなる傾向もあるので注意しましょう。

相続による事業承継では、あらかじめ相続税の試算をしておくことが必要不可欠です。

実際に事業承継を行う際の注意点

本来であれば、事業に関わる財産すべてを後継者に引き渡せるほうが好ましいでしょう。

しかし、親族間、あるいは親族以外も含めた人間関係やその税負担まで考慮して、例えば事業用の権利や動産は後継者に、不動産は後継者以外が引き継ぎ、後継者は賃借料を支払って利用していく、というような事例もあります。

また生前の親族間贈与では、動産等のみ贈与し、不動産は前任者が保有したまま使用貸借という形で後継者が利用するなど、さまざまな対策が考えられます。

上で紹介した譲渡、贈与、相続の方法をバランスよく活用し、円滑な事業承継をすることが必要です。

(a)必要な手続き

前任者、後継者ともに、さまざまな手続きが必要です。

・前任者
税務上の届け出:個人事業の廃業届、青色申告の取り止め、給与支払事務所などの廃止届、消費税の事業廃止届など。

また、死亡による引き継ぎの場合には、その年の1月1日から死亡日までの所得についての準確定申告(死亡日から4カ月以内に申告)も必要です。

前任者の事業形態や引き継ぎのタイミングによっても出すべき書類が異なるので、注意しましょう。

また、従業員の数や勤務時間に応じて、社会保険や労働保険の手続きも必要です。

業種によっては、許認可に関わる手続きを要することもあります。

・後継者
税務上の届け出:個人事業の開業届、青色申告の承認申請、給与支払事務所等の開設届、減価償却資産の償却方法の届け出など。

開業届と青色申告の承認申請は、開業後速やかに行う必要があります。

また、従業員の雇用があるなら給与支払事務所などの開設届も必要です。

減価償却資産の償却方法については、所得や固定資産の状況に応じて提出の有無を検討します。

さらに、事業の状況によっては消費税に関する届け出も検討が必要です。

仮に大規模な設備投資の必要が迫っているような場合には、あえて消費税の納税義務者を選ぶ「課税事業者選択届出書」の提出も有効となる可能性があります。

前任者の廃業時に、社会保険や労働保険、各許認可に関わる手続きを確認しておきましょう。

まとめ

事業承継とは”仕事を引き継ぐこと”です。

まず”誰が引き継ぐのか?”を入念に検討する必要があります。

事業の引き渡しには生前(譲渡と贈与)と死後(相続)の種類があり、それぞれの方法の利点や税負担を考慮して、最適な移転方法を選択することが求められます。

実際に承継をする際には、前任者、後継者ともに税務をはじめとしたさまざまな手続きが必要となります。

PROFILE

税理士 高橋昌也

2006年税理士試験に合格し、翌年3月高橋昌也税理士事務所を開業。
その後、ファイナンシャルプランナー資格取得し、商工会議所認定ビジネス法務エキスパートの称号取得などを経て、現在に至る。
[保有資格等]
AFP、税理士、商工会議所認定ビジネス法務エキスパート

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

マンガ。

おそらくこどもの頃から、皆さんのとても近くにあった娯楽ではないでしょうか。

素敵なお話に笑い、泣き、感動し、いつしか「将来はマンガ家になりたい」と夢を抱いた人も少なくないでしょう。

今回お話を伺ったのは、マンガ家の横山了一さん。
(さらに…)

2019年9月20日

せっかくの人生です。自分のやりたい仕事をしてみませんか。
会社員は安泰という時代だったのは過去のこと。独立開業をして失敗するかもしれないリスクと、勤めている会社がどうなるかわからないリスク、どちらもリスクがあるなら“自分で決める”方が、どのような結果となっても、納得はできるかもしれないですね。 (さらに…)

2019年9月18日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ