カテゴリー

税理士ドットコム

「事業承継」って何? 個人事業主に必要な手続きについて

「事業承継」って何? 個人事業主に必要な手続きについて

最近、事業承継という言葉を目にする機会が増えてきました。

どんなときに必要な話で、個人事業主の場合にはどんな手続や対策が考えられるのか、大まかなステップも踏まえて確認していきましょう。

事業承継とは「仕事を引き継ぐこと」

事業承継とは、読んで字のごとく事業(仕事)を承継(引き継ぐ)ことです。

誰かの仕事を、ほかの誰かが引き継ぐことを指します。

実はこの引き継ぎ、実際にやろうと思うと、さまざまなことを考えなければなりません。

その具体的な引継ぎ方法に関しては、後で1つずつ確認をします。

法人成りをしている場合には、その法人の自社株式が評価の対象となり、これこそが事業承継における最大の課題となっています。

ただ、個人事業の場合にはあくまでも”仕事に関係するさまざまな資産や負債”を個別に評価し、その価額に応じてさまざまな対策を練ることになります。

誰が引き継ぐのか?

事業承継を考えるに当たり、誰が後継者になるのか? が大きな問題となります。

以前であれば、親の仕事を子どもが引き継ぐ、というのが一般的な慣習でした。

しかし、最近では子どもが仕事を引き継がず、従業員や第三者を後継者に指名することも増えてきました。

事業承継は、単に手続きをすれば良いわけではありません。

後継者の正当性が関係者から認められなければ、手続きは上手くできたとしても、事業の継続は大変厳しくなります。

・その人が後継者であることについて、周囲は納得しているのか?

・前任者(廃業する人)が周囲にきちんと「後継者をよろしく」といった引継ぎをしたか?

書類作成や税務の手続きばかりに気が行ってしまい、これらの点を放置した結果、事業承継が頓挫する例は数多くあります。

ですので、後継者の選定については念には念を入れて検討をする必要があります。

事業承継をするまでの流れ

後継者が確定した場合、実際にその後継者に仕事に関係する資産や負債を引き渡す手続きが必要となります。

この際、まず考えるべきは前任者の生存中にやるのか? 死亡後にやるのか?という点です。

どの時点で引き渡しをするのかにより、適用される税法が大きく異なります。

1.生前に事業を引き渡す場合

前任者が生存中に事業を引き渡す場合、譲渡と贈与の方法が考えられます。

(a)譲渡する場合

前任者から後継者に対して、仕事に関係する資産と負債を譲渡する方法です。

資産には事業上の債権(売掛金や貸付金など)、固定資産(設備や車など)、各種権利関係(不動産の礼金や保証金など)が、負債には事業上の債務(買掛金や未払金など)、借入金などが存在します。

それぞれに適正な評価を行い、後継者から前任者にその対価を支払って譲り受け、後継者はあらためて事業を始めることとなります。

実際の評価では、資産や負債の種類(金銭債権や債務、自動車や機械装置、不動産など)に応じて引き渡す方法を検討しますが、大ざっぱにまとめてしまうと

評価額 < 実際の譲渡価格 ⇒ 前任者は事業の譲渡で儲けたので所得税が課税

というような考え方をします。

繰り返しになりますが、実際には資産と負債の内容に応じて前任者、後継者ともに有利な税制も適用できるように検討をすることが必要です。

特に事業用不動産の移転については、かなり慎重に検討をすることが求められます。

(b)贈与する場合

前任者から後継者に対して、仕事に関する資産を贈与により移転させます(負債もある場合には負担付贈与)。

後継者は贈与により資産を取得するわけですから、贈与税を負担しなければなりません。

贈与税の大まかな特徴としては、税率が高いことがあげられます。

一気にすべての資産を贈与で移転させてしまうと、後継者は相当な贈与税を負担しなければなりません。

通常の贈与税では1年当たり110万円の基礎控除額がありますので、何年かにわけて贈与をすれば、それだけ贈与税の負担を低く押さえることができます。

ただし、もし贈与をしている途中で前任者と後継者にトラブルが起こったりすると、大問題に発展します。

そのため、贈与による事業の引き渡しでは”人間関係の円滑さ”が問われることとなるでしょう。

また、親族間であれば前任者の財産状況によっては相続時精算課税制度の適用も検討すべきです。

2.死後に事業を引き渡す場合

前任者の死亡後に事業を後継者に引き渡すとすると、それは相続の手続きになります。

相続の場合、段階を2つに分けて考える必要があります。

(a)遺産を誰にどのように渡すのか?

遺産分割協議や遺言書などに従って、各人の遺産の取り分を決めます。

後継者候補が仕事に関わる財産をしっかりと後継できるように話を進めてきましょう。

さらに注意が必要なのは、親族以外の従業員や第三者による承継です。

遺産分割協議には、親族しか参加することができません。

親族以外の人間を後継者にする場合には、前任者は死亡前に遺言書などを用意して「◯◯さんに事業上の財産を遺します」という遺志表明をしなければ、想定されていた後継者が事業を引き継ぐことができません。

(b)相続税の計算

”誰がどのように遺産をもらうのか”が確定したら相続税の計算をします。

相続税の特徴としては”遺産総額が大きければ大きいほど、税額が高くなる”ということがあります。

事業上の財産だけでなく、生活用資産や投資用不動産など、その人の財産全体の状況に応じて税負担額が大きく異なります。

また、課税のもととなるのは相続発生時点での時価になりますので、値上がり傾向にある不動産などがある場合には、それだけ相続税の課税額も大きくなる可能性があります。

特に、親族以外の承継では税金が高くなる傾向もあるので注意しましょう。

相続による事業承継では、あらかじめ相続税の試算をしておくことが必要不可欠です。

実際に事業承継を行う際の注意点

本来であれば、事業に関わる財産すべてを後継者に引き渡せるほうが好ましいでしょう。

しかし、親族間、あるいは親族以外も含めた人間関係やその税負担まで考慮して、例えば事業用の権利や動産は後継者に、不動産は後継者以外が引き継ぎ、後継者は賃借料を支払って利用していく、というような事例もあります。

また生前の親族間贈与では、動産等のみ贈与し、不動産は前任者が保有したまま使用貸借という形で後継者が利用するなど、さまざまな対策が考えられます。

上で紹介した譲渡、贈与、相続の方法をバランスよく活用し、円滑な事業承継をすることが必要です。

(a)必要な手続き

前任者、後継者ともに、さまざまな手続きが必要です。

・前任者
税務上の届け出:個人事業の廃業届、青色申告の取り止め、給与支払事務所などの廃止届、消費税の事業廃止届など。

また、死亡による引き継ぎの場合には、その年の1月1日から死亡日までの所得についての準確定申告(死亡日から4カ月以内に申告)も必要です。

前任者の事業形態や引き継ぎのタイミングによっても出すべき書類が異なるので、注意しましょう。

また、従業員の数や勤務時間に応じて、社会保険や労働保険の手続きも必要です。

業種によっては、許認可に関わる手続きを要することもあります。

・後継者
税務上の届け出:個人事業の開業届、青色申告の承認申請、給与支払事務所等の開設届、減価償却資産の償却方法の届け出など。

開業届と青色申告の承認申請は、開業後速やかに行う必要があります。

また、従業員の雇用があるなら給与支払事務所などの開設届も必要です。

減価償却資産の償却方法については、所得や固定資産の状況に応じて提出の有無を検討します。

さらに、事業の状況によっては消費税に関する届け出も検討が必要です。

仮に大規模な設備投資の必要が迫っているような場合には、あえて消費税の納税義務者を選ぶ「課税事業者選択届出書」の提出も有効となる可能性があります。

前任者の廃業時に、社会保険や労働保険、各許認可に関わる手続きを確認しておきましょう。

まとめ

事業承継とは”仕事を引き継ぐこと”です。

まず”誰が引き継ぐのか?”を入念に検討する必要があります。

事業の引き渡しには生前(譲渡と贈与)と死後(相続)の種類があり、それぞれの方法の利点や税負担を考慮して、最適な移転方法を選択することが求められます。

実際に承継をする際には、前任者、後継者ともに税務をはじめとしたさまざまな手続きが必要となります。

PROFILE

税理士 高橋昌也

2006年税理士試験に合格し、翌年3月高橋昌也税理士事務所を開業。
その後、ファイナンシャルプランナー資格取得し、商工会議所認定ビジネス法務エキスパートの称号取得などを経て、現在に至る。
[保有資格等]
AFP、税理士、商工会議所認定ビジネス法務エキスパート

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

独立開業して事業が順調に拡大していくにつれて、関わるメンバーが増えていきます。ただ多種多様な人材が集まると、メンバーそれぞれに生産性の違いが見られるようになります。

そのため、チームの生産性を最大限に発揮するための「チームマネジメント」が欠かせません。

チームリーダーが理解しておきたい、チームマネジメントの手法と求められる能力について、以下ご紹介していきましょう。

業務効率化を実現する「チームマネジメント」

チームマネジメントとは、チームメンバーが持つ知識や能力を最大限に発揮させるためのマネジメント手法で、チームを率いるリーダーにとって重要な職務の一つです。

企業は、業務効率化を行いながら今まで以上に売上を拡大することで、事業を成長させようとします。しかし、以前のような「良いものを大量に作れば売れる」という時代はすでに終わり、カスタマーのニーズが多様化する中、新しいサービスの開発やイノベーションの創出が求められています。

一方、企業は人口高齢化による生産年齢人口の減少により働き手となる人材の確保が難しくなってきています。また昨今では長時間労働の規制も厳しくなっているため、今までよりも少人数かつ短期間で、今までよりも同様かそれ以上の成果を挙げることも求められています。

このように新たな価値の創出だけでなく、業務の効率化やスピード化も求められる中、「チームマネジメント」が有効であると注目を集めています。

特に大切なのは「目標設定」と「場の雰囲気づくり」

チームマネジメントの目的である「チーム生産性を最大限の向上」を実現するために、ネット上をはじめ世の中にはいろいろな手法が紹介されていますが、今回はその中でも特に大切な「適切な目標設定」と、「建設的な雰囲気をつくる」の2点についてご紹介します。

適切な目標を設定する

チームが一丸となって達成を目指すためには、まず適切な目標を設定する必要があります。目標が実現不可能なものであったり曖昧であったりすると、チームの存在意義が失われかねません。

設定する目標は、簡単に達成できてしまうレベルだとメンバーが頑張らなくなりますし、逆に高すぎるとメンバーが最初からあきらめてしまい、目標が形骸化してしまいます。個々のメンバーに「頑張ったら達成できる」くらいのレベルを見極めて、具体的な数値等で明確に目標を設定するようにします。

チームには多種多様の考えを持ったメンバーが在籍しています。そのため、リーダーは個々のメンバーの多様性を重視しつつ、メンバーひとり一人としっかりと情報共有を行い、メンバーが「その目標を達成したいと思えるか」「目標達成のイメージが描けるか」といったことを確認しながら設定していきます。

またゴールに向けて予定通りに進行しているかどうかを随時チェックすることも重要です。

建設的な雰囲気をつくる

メンバーを統率し、一つの目標に向かってチーム力を発揮するためには、チームの雰囲気作りが欠かせません。

時にはチーム内に批判や衝突が起きることもあると思います。それを皆で受け入れ、建設的な議論になるよう、メンバー間の信頼関係を構築することが重要です。

個々のメンバーの多様性を認め、ひとり一人が必ず発言できる機会を与え、コミュニケーションを活性化させます。誰もが自分の考えを発言し、意見を言い合える「場の空気」をつくりましょう。

成功するチームは、メンバーが批判や争いを恐れず、互いの脆弱性を認め「全員がチームに対する責任と権利」を持っています。その状態が実現できれば、メンバーがそれぞれのリーダーシップを発揮して、互いの弱みをカバーし、強みを活かすことを自然に求めるようになるでしょう。メンバーがモチベーションを維持し、目的と自主性を持って仕事に向かうからこそ生産性は高まるのです。

チームマネジメントに求められる4能力

チームマネジメントを行うリーダーに求められる能力は、大きく以下の①~④になります。

① 目標設定能力

リーダーに求められる能力の一つが、目標設定能力です。チームマネジメントにおける目標設定は、チームメンバー全員が納得できるものでなければなりません。ひとりでも目標に納得できないメンバーがいた場合、その時点で目標達成が困難なものとなります。

そのため、リーダーは設定した目標について、その目的や理由、理念も含めてメンバーに共有し、メンバーの目標に対する納得感を醸成することが求められます。

また達成難易度をギリギリ達成できるレベルに設定することで、チームメンバーのモチベーションや士気を高めます。

さらに中間目標を設定することで、チームやメンバーの進捗管理をしやすくなり、達成確率も高まります。

② コーチング能力

コーチング能力とは、メンバーの強みや長所というポジティブな面を見つけ出し、部下の成長を促し、達成感を与える能力です。

チームで目標を達成するには、各メンバーが自己の能力を最大限に向上させ、発揮することでチームに貢献してもらうことが重要です。そのため、チームリーダーにはメンバーの長所や強みを見つけ出し、それを活かすためのコーチングが求められるのです。

③ コミュニケーション能力

チームリーダーは、チームの目標や業務の目的を設定する段階で、メンバー全員が納得できる説明を行なわなければいけません。また、チームとして目標を達成するために、メンバーに的確な指示やアドバイスを伝える必要があります。

そのためには、リーダーにはメンバー間のコミュニケーションを密に行い距離感を近づけていくコミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力を発揮できると、メンバーに言われなくても察知できるほどにメンバーのことをよく知っておくことや、自分の判断が間違っていないと自信をもって言える「信頼関係の構築」も可能になります。

④ 業務遂行能力(スケジュール管理・課題解決能力)

チーム目標を達成するためには、適切にスケジュールを管理し、チームメンバーが予定通り業務遂行できるように補佐し、メンバーそれぞれに的確な指示やアドバイスを行なう必要があります。

チームが直面する課題や問題の中には、チームメンバーはもちろん、リーダーひとりだけでは解決できないものもあります。そのため、チームマネジメントで求められる課題解決能力は、チームメンバーを巻き込んで、適切に解決を促すファシリテーター(組織において、中立的な立場からチーム活動を支援する役割を持つ人材)能力に似たものとなります。

個々の能力をうまく引き出し、生産性向上を実現しよう

今後さらなる事業成長やイノベーション創出が求められる中、チームマネジメントはますますその必要性を増していきます。

しかし、チームマネジメントは合理的にメンバーや業務を管理していくだけでは生産性を向上させることは難しく、ひとり一人と納得した目標設定を行い、彼らの強みや長所を伸ばし、メンバーが一丸となって取り組むような雰囲気を醸成して目標達成していくことが求められます。リーダーはチームマネジメントに必要な能力や習得方法を適切に理解して最適なチームマネジメントを行うことで、チームの生産性向上を実現していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年2月18日

確定申告のシーズンも終盤に差し掛かり一息ついている方も、最後の追い込みをかけている方もいることでしょう。

「税額の計算はだれがやっても同じでしょ?」
「税金の勉強はした方が良いのはわかっている。けれどもどこから手を付けたら良いのか…」
「そもそも税金の仕組みを知っていることのメリットが体感できない」
(さらに…)

2020年2月17日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ