カテゴリー

Line

経営者に必要な「着眼点」の鍛え方 第25回・自動車のデザインがいらないもの

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。

いきなりですが、クイズです!

先日、トヨタの「レクサス」の新型モデルが発表されましたが、そのデザインが話題となっています。自動車の進行方向面、顔に当たる部分のデザインがこれまでのものとは大きく変わり、「口」にあたる部分のスペースが広くなりました。一部では「大口レクサス」などと呼ばれているようですが、なぜ今このタイミングで、そのようなデザインになったのでしょうか?

ヒントは、なぜデザインの変更が可能になったのか、逆にいえば、これまでできなかった理由が何なのか、そのあたりを考えてみてください。

クイズの答えの中に、着眼点を鍛えるポイントがある

いろいろな分野で技術革新が進んでいます。中でも話題に事欠かないのが「自動車」でしょう。

自動運転の技術が進んでいる話は頻繁にニュースになりますし、「自動運転車が登場した時に自動車はどう変わるのか」といった議論は盛んに行われています。この連載でも何度か取り上げましたし、興味のある方も多いのではないでしょうか。

今回注目したのは、自動車の進行方向面、顔に当たる部分のデザインの話です。網の模様になっていることから「フロントグリル」などと言うようですが、新しく発売される自動車は自動車前面のデザインが非常に凝ったものが多くなっています。

特にトヨタ車は顕著で、レクサスだけでなく、クラウンやアルファードなども、斬新なデザインが話題となっているようです。

それでは解説します!

デザインが変わったのには、明確な理由があります。これまでは、今のようなデザインの車を作りたくてもできませんでした。

まず、デザインがどう変わったのかを考えてみることにします。すると、何かがなくなっているためにデザイン的な制約もなくなっていることに気付けるかもしれません。そう、実は「バンパー」がないのです。正確に言うと、バンパーが退化して小さくなっていて、バンパーよりも前にゴージャスなフロントグリルが設置されているのです。

勘のいい人はこのあたりで気付いたかもしれませんね。バンパーがなくて大丈夫なのか? 答えは「Yes」です。つまり、バンパーがあってもなくても大丈夫な状況になったんです。

なぜなら、自動ブレーキが搭載された車はぶつからなくなるので、衝撃や震動から車体を守るバンパーはいらなくなったということ。とはいえ、一応法律上は必要なので、小さいバンパーが車体の下の方についてはいるのですが。

技術革新は、デザインの世界をも変えてしまいました。

「いらなくなるもの」は、実はいっぱいある!?

人は、当たり前にあるものはずっと当たり前にあるだろうと考えてしまいがちです。特に、自動車のエンジニアなど日々自動車のことを考えているような人でない限り、バンパーがいるかいらないかを考える人はそういないのではないでしょうか。

でも、よく考えてみたら確かにいらなくなるものの1つですよね。そして実際に、これからの自動車からは昔の車のような追突防止のための車体の前に突き出したバンパーはどんどんなくなっていくでしょう。

このように、「○○って実はいらないじゃん」と想像を膨らませることは、頭の体操にもなり、大きな学びにもつながります。

さっそく、未来の自動車においていらなくなりそうなものを考えてみましょう。

たとえば、人が運転しなくなるわけですから、前が見えなくても問題はなくなるかもしれません。となると、ワイパーがなくなる可能性は高そうです。サイドミラーも、バックミラーもいらなくなるかもしれませんし、移動するためのものと割り切ってしまえば、窓そのものもいらなくなるかもしれないですよね。

あとは、暗がりで周りから車体が見えるようにするためのスモールライトは必要ですが、運転手が視界を見やすくするためのヘッドライトはいらなくなるでしょう。

ちょっと考えただけでも、こんなに浮かびました。こうやっていろいろと考えてみるのは面白いので、ぜひやってみてください。

「未来の自動車」の車内が公開された!

先日、アメリカの自動車メーカーのGM社が、将来的に量産する予定の「未来の自動運転車」の車内イメージを公開しました。その写真を見ると、当然運転席がなくなっていて、今で言う助手席と同じような席が2つ並んでいるだけです。

多分そうなるんだろうなと思っていたら、本当にそうなるようで、思わず納得してしまいました。技術革新により、変わるものはいろいろあります。ぜひ頭の体操のつもりで、身の回りのものから想像してみて下さいね。

最後に、もうお分かりだと思いますが、冒頭のクイズの答えは「自動ブレーキが搭載されたのでバンパーが退化したから」でした。バンパーがいらなくなったといっても、「ほかの車にぶつけられたらどうするんだ」という議論がネット上などではされているようです。確かにそうですが、もらい事故なら保険で直してもらえるでしょうから、やっぱり特に問題なさそうですね(笑)


PLOFILE
プロフィール写真

経営戦略コンサルタント
百年コンサルティング株式会社
代表取締役
鈴木貴博

東京大学工学部卒業後、ボストン・コンサルティング・グループに入社し、数々の大企業の戦略立案プロジェクトに従事。1999年にはネットイヤーグループの創業に取締役として参加。2003年に独立し、百年コンサルティングを創業する。大手企業の経営コンサルティング経験を元に2013年に出版した『戦略思考トレーニングシリーズ』(日本経済新聞出版社)が累計20万部を超えるベストセラーに。現在はビジネスをエンタメクイズ化する経済エンタテナーとしても活動中。『パネルクイズアタック25』(優勝)、『カルトQ』などのクイズ番組出演経験も豊富。近著に『仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること』 (講談社+α新書)。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年6月19日

人事・労務管理のエキスパートである社会保険労務士(以下、社労士)。れっきとした国家資格取得者です。一方で、社労士と混同されやすい士業に労務管理士があります。今回は、この2つの資格の違いを詳しく見ていきましょう。 (さらに…)

2018年6月18日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ