カテゴリー

税理士ドットコム

株式譲渡

会社が順調に大きくなったら、将来の相続対策のために子に株式を渡しておきたいと考えることがあるでしょう。 しかし、子が未成年であったらどのように株式を渡したら良いのでしょうか。 今回は、未成年の子に株式を贈与(譲渡)する方法についてそのフローと注意点について解説していきます。 (さらに…)
株式譲渡とは、売り手会社のオーナーがその保有株式を買い手(会社または個人)に売却して会社の経営権を譲り渡す、数あるM&A(企業の合併や買収を行うこと)手法の一つです。 その手続き方法はほかの手法に比べて簡易(ただし上場企業は除く)です。 1.双方が合意した内容の株式譲渡契約書を締結する 2.株式の対価の支払いを行う 3.支払い終了後、株主名簿の書き換えを行う ことで終了となります。そのため中小企業が行うM&Aでは最も多く行われています。 (さらに…)
株式譲渡は中小企業のM&Aにおける一般的な手法です。 通常、会社対会社の取引になりますが、最近の中小企業のM&Aでは後継者不足などの理由から、事業継承や福利厚生を目的として自社の社員(従業員)に株式を譲渡するケースが増えています。 今回は社員に株式を譲渡する際の注意点と、第三者に株式譲渡した場合の社員の扱いについて解説します。 (さらに…)
所有と経営の分離が行われていない企業においては、経営者(オーナー経営者)主導のもと、状況に応じた経営体制の再構築が行われています。 そして、そのときの経営権(経営に対する影響力)のバランスを変える手段として、株式譲渡が行われることがあります。 今回は、株式譲渡を行う側・受ける側のメリットとデメリットについて解説します。 (さらに…)
株式投資をされている方にとって、投資対象である上場企業株式は市場において自由に取引が行われているため、株式譲渡制限と言われてもピンと来ないかもしれません。 最近では上場企業でも“望まれない株主”が相当数の株式を取得し、当該企業にさまざまな要求をしてくる事例をよく見かけるようになりました。 一方で、非(未)上場企業では、自社にとって望ましくない第三者が株式を取得することを回避するため、株式の譲渡を制限していることが一般的なのです。 (さらに…)
税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ