スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
転職

【看護師が履歴書を書く際に】志望動機の書き方とは?ポイントも解説

【看護師が履歴書を書く際に】志望動機の書き方とは?ポイントも解説

人材不足が進んでいる看護業界では『履歴書における志望動機こそが肝』といわれています。しかし「看護師が履歴書を書く際における志望動機の書き方が分からない」「そもそもそんなに大切なの?」という方も多くいるのではないでしょうか。当記事では看護師が履歴書を書く際に抱きがちな悩みを解決し、中でも志望動機にフォーカスして、ポイントをお伝えしていきます。履歴書の志望動機における順序立てが明確になるはずです。

看護師が履歴書を書く際における志望動機はなぜ大切?

志望動機は大切だと考えられていますが「詳細までは読まれていない」と考える方も多くいるのではないでしょうか。志望動機の重要性をより深く理解することで、今まで以上に真剣に志望動機を書こうと思えてくるでしょう。

志望動機の重要性について、次の2つに分けて解説していきます。

1.病院とマッチしているか確認するため

企業・病院側が「志望者と企業・病院がマッチしているか」をチェックするためです。

看護師の場合、出産や育児、結婚を理由に退職するケースは少なくありません。雇う企業・病院側も看護師を求めている一方で、「長く働いてくれるか」など本人の意向も含めた適正を、慎重に見極めていきたいと考えています。同じ病院がさまざま存在する中で「なぜこの企業・病院を選んだのか、自分とどれだけマッチしているか」をしっかり伝えられると良いでしょう。

2.面接をスムーズに進めるため

看護師としての履歴書で、最もその人の人格を深掘りできるのが『志望動機』です。今までの経験や病院に対する想いなど『自身の経験を交えた濃い内容』であるほど、面接官は興味深く質問を投げかけるでしょう。

また志望動機の内容によっては「応募者がどの部署であれば適切なのか」と考えることができ、病院側の判断材料にもなります。

看護師が履歴書を書く際に注意したい、志望動機の書き方

看護師が履歴書を書く際、書くべき事項を書いたら終わりではありません。

履歴書は正しい書き方や手順が存在します。たとえ中身のある志望動機を書いていても、書き方がめちゃくちゃでは、採用担当の心象が悪くなる可能性があります。

看護師の志望動機において、大切な書き方は次の3点です。参考にしてみてください。

ネガティブな表現を避ける

【看護師が履歴書を書く際に】志望動機の書き方とは?ポイントも解説

看護師が履歴書を書く際において、マイナスイメージを与えないことは重要です。企業・病院側が抱く印象が大きく変わるためです。『〇〇できない』ではなく『△△できる』などポジティブな言い換えを使い、プラスの印象を与えるように心がけましょう。

また心身ともに疲れやすい仕事でもあるので、否定的な人間であることをアピールしないためにもおすすめです。

全体の構成を意識する

志望動機を書くうえで、全体の構成を工夫しましょう。構成さえしっかりしていれば、説得力のある、想いの伝わる文章になります。

まずは結論から書き始めましょう。採用担当者が、知りたいことを理解しやすいからです。その次に理由です。結論が短く書かれていることが多い分、理由を詳しく述べると良いです。最後にも結論を記載しましょう。会社を選んだ理由と自分のやりたいこと、やってきたことを上手く絡めて、熱意を伝えるようにしましょう。

コンパクトに分かりやすく書くことがポイントです。

できるだけ具体的に記載する

看護師が履歴書を書く際には、なるべく抽象的な表現を避けましょう。得られる情報が少なくなり、自分のアピールしたいポイントが伝わりにくくなるためです。

「病院の理念が魅力的で」「貴社はこれだけ影響力もあり」などといった具体性に欠ける表現や『こそあど(指示語)言葉』ばかりでは、意味を理解してもらえないものと肝に銘じておきましょう。

看護師が履歴書を書く際における志望動機のポイント5つ

看護師が履歴書を書く際における志望動機のポイントは5つあります。

いくら企業・病院に対する想いの強さを書いたとしても、企業・病院側が求めていない人材であれば意味がありません。

次の4つのポイントを抑えて、志望動機を書いてみてください。

1.今までの経験と自身の想いを織り交ぜる

看護師が履歴書を書く際には、今までの経験と想いを織り交ぜましょう。

「看護業界で今までどういった経験をしてきて、どんな知見があるのか」「それに対して、自分は病院側にどう貢献できるのか」を記述することが大切です。

2.オリジナルの内容で書く

志望動機を埋めていくうえで、独自の履歴書を作りましょう。

インターネットで検索すれば出てくるような紋切り型の文章だらけの履歴書では、企業・病院に採用されたいという想いが伝わりづらくなります。

『看護師の志望動機』をリサーチし、参考にするのはよいでしょう。しかし完全にコピー&ペーストするのではなく、自分の中での志望動機をきちんとまとめて、オリジナルの文章で想いを綴るようにしましょう。

3.志望先の企業・病院の魅力を書く

履歴書の志望動機を書くうえで、企業・病院のリサーチは大切です。

応募の際はホームページをよく確認しましょう。『病院の理念や方針』『看護体制や力を入れている領域』など事前にしっかり調べておくことで、自身とのアンマッチも防ぐことができます。

企業・病院の魅力と自身の志望動機を矛盾なく説明できていれば、問題ありません。

4.待遇や条件についての言及はなるべく控える

【看護師が履歴書を書く際に】志望動機の書き方とは?ポイントも解説

看護師が志望動機を書くうえで、待遇についての言及はなるべく控えましょう。条件の良い病院やクリニックはいくらでも存在するので、「ここで働きたいという意識が低い」「ここよりも良い条件のクリニックを見つけたら、すぐに転職してしまいそう」などと考えられてしまうことがあります。

【実例】看護師が履歴書を書く際における志望動機

ここまで『履歴書における志望動機の書き方やポイント』について解説してきましたが、内容を理解できても「実際にどのように書いたら良いか分からない」という方も多くいるのではないでしょうか。

実は、新卒で入社するか中途で入社するかによっても、採用側から求められるものは変わります。

実際の看護師の志望動機を、サンプルを交えつつ大きく2つに分けて、ご紹介していきます。

新卒の志望動機の場合

新卒の志望動機は、経験がないため『ポテンシャル』で判断されるケースが多いです。

企業・病院側は、新卒を未来への投資だと捉えています。具体的には『看護観』と『その病院を選ぶ理由』の2つを盛り込むと良いでしょう。

『看護観』とは「看護師として、患者にどのような看護をするか」についての考え方です。立場や状況によって変化しますが、入社前に考えていることを記述しましょう。

それに加え『病院を選定する理由』です。施設の理念と自身の看護観がどれほどフィットしているのか書くとよいでしょう。

看護師を採用する側は、これからの成長や吸収力、成長意欲があるかなどを見極めます。

中途の志望動機の場合

中途の履歴書は「どういった経験をしてきたか」が肝心です。

企業・病院としても、中途採用の看護師には『即戦力としての働き』を求めていることが多いからです。「いかに早く現場に馴染めるか」が肝になってきます。応募先の企業・病院のことをよくリサーチし、自身が即戦力であることと具体的な役職や活かせるスキルをアピールしましょう。

病院側の『気になる』を引き出すことが、看護師としての合格につながります。

看護師の志望動機は肝心!自分だけの履歴書を作成しよう!

【看護師が履歴書を書く際に】志望動機の書き方とは?ポイントも解説

看護師が履歴書を書く際における志望動機は大切です。

看護業界は需要に対しても供給が間に合っておらず、深刻な人員不足を抱えています。だから「どこでも採用してもらえる」と考えるのは大間違いです。誰でも採用してしまってはかえってコストがかかってしまいます。

看護業界が人材を求めているからといって、甘くみてはいけません。履歴書にはより力を入れ、自分にしか書けない志望動機で就職を勝ち取りましょう。

転職エージェントと転職を進めたい看護師の方はこちら

転職先の探し方が分からない看護師の方はこちら!

こちらの記事では『看護師の転職」に特化したサイトについて紹介しています。病院とコネクションがあったり、丁寧なサポートがあったりと、サイトごとに特徴があります。
あわせて読んでみて、自分似合いそうな転職サイトに複数登録してみましょう。

【厳選TOP5】看護師転職サイトおすすめを特徴別に紹介!
https://entrenet.jp/magazine/32297/

PROFILE

島津勇太郎

北海道在住のライター。元営業マン。
セールスライティングを主とし、ビジネスからライフスタイルまで幅広いジャンルの記事を執筆中。

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。