スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
転職

キャリアコンサルタントに必要な国家資格とは?難易度や勉強方法を紹介

キャリアコンサルタントに必要な国家資格とは?難易度や勉強方法を紹介

キャリアコンサルタントになるには、国家資格が必要です。しかし、資格が必要なイメージがある方は少ないのではないでしょうか。キャリアコンサルタントに興味がある方に、どのような資格が必要なのか、また難易度はどれほどなのかを紹介します。さらに、効率よく勉強するための方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

国家資格『キャリアコンサルタント試験』とは

キャリアコンサルタントとして働くためには『キャリアコンサルタント試験』という国家資格の取得をしなくてはいけません。

キャリアコンサルタント試験とは、キャリアコンサルタント協議会と日本キャリア開発協会の2つの機関が、職業能力開発促進法に基づき厚生労働大臣の登録を受けて実施する国家試験です。試験内容は学科試験と実技試験(論述と面接)が行われます。どちらも個別での受験が可能です。キャリアコンサルタント試験の学科と実技の両方の試験に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することで、『キャリアコンサルタント』と名乗れるようになります。

5年おきに更新が必要になるので、一度試験に合格して満足してしまわないよう注意しましょう。

キャリアコンサルタントの仕事内容

企業の人事部、大学のキャリアセンター、人材紹介・派遣企業など、さまざまな場所で活躍をするキャリアコンサルタントの仕事は、適正、能力、関心などを引き出し、個人に合った仕事の提案の支援を専門的に行います。その中でも、主な業務内容は『カウンセリング』『アドバイス』『情報提供』の3つです。

【カウンセリング】
キャリアコンサルタントがまず行うのが、カウンセリングです。相談者がどのような悩みや課題を抱えているのかを把握しなくてはいけません。そのためにもキャリアコンサルタントは、相談者のことを知るために『今までの経験や関心のあること』などについてヒアリングをします。

相談者によっても価値観はさまざまです。それぞれの相談者に寄り添いながら、何を考えているのか、感じているのかを整理していきます。カウンセリングを通し、キャリアコンサルタント自身が相談者への理解を深めるのはもちろん、相談者自身も自分について理解を深められるようになります。

【アドバイス】
キャリアコンサルタントが『こうするべき』と一方的に結論を出すことはありません。カウンセリングを経て相談者自身で結論が出せるように支援するのがキャリアコンサルタントの仕事です。相談者への理解を深めつつ、どのようなアドバイスができるかを考えておきましょう。

【情報提供】
キャリアコンサルタントは、相談者が結論を出せるように支援するための助言だけでなく、インターン、求人、職場体験・見学などの情報提供もします。相談者が興味を持ってくれそうな情報をピックアップして伝えられるのが望ましいです。

国家資格が必要な理由

キャリアコンサルタントを名乗るためには、国家資格の取得が必須です。キャリアコンサルタントとしての活動範囲は広く、人材関連企業、ハローワーク、一般企業、教育機関、就職・転職エージェントなどが挙げられます。

国家資格を所有するキャリアコンサルタントが必要とされるのは、なぜなのでしょうか。

そもそもキャリアコンサルタントが生まれた時代背景には2つの要因があります。

『終身雇用が当たり前でなくなった点』と『ライフワークバランスを叶えるためのキャリアの形成が必要になった点』の2つです。

転職、多様な働き方、ダブルワークなど、個人が自身のキャリアを築かなくてはいけなくなった昨今、それをサポートするためのキャリアコンサルタントが生まれました。

キャリアコンサルタント試験を実施する2つの機関

キャリアコンサルタントに必要な国家資格とは?難易度や勉強方法を紹介

キャリアコンサルタントになるための国家資格を『キャリアコンサルタント試験』といいます。この資格を受けられる登録試験機関は2つあります。『キャリアコンサルティング協議会』と『日本キャリア開発協会』の2つです。どちらの登録機関で資格を受験するかは受験者が決められます。

『キャリアコンサルティング協議会』と『日本キャリア開発協会』の2つの機関で実施しているキャリアコンサルタント試験の合格率を見ていきましょう。

キャリアコンサルティング協議会(CCC)

キャリアコンサルティング協議会の求める合格基準は『態度』・『展開』・『自己評価』です。自身の強みや受講している講座がキャリアコンサルティング協議会と日本キャリア開発協会のどちらの合格基準に強いのかを見極めて、資格を受験する機関を決めましょう。

参考:CC協議会 キャリアコンサルタント試験(国家資格)『受験概要

日本キャリア開発協会(JCDA)

キャリアコンサルティング協議会の求める合格基準が『態度』・『展開』・『自己評価』なのに対し、日本キャリア開発協会が面接で求める合格基準は『主訴・問題の把握』・『具体的展開』・『傾聴』の3つです。

参考:国家資格 キャリアコンサルタント試験『試験要項 - 受験案内

キャリアコンサルタント試験の難易度

キャリアコンサルタント試験は、キャリアコンサルタントになるためには必要不可欠な資格です。この資格を取得するためにはどのような要件を満たしている必要があるのか、どれほど難しいのかをお伝えしていきます。

受験資格

キャリアコンサルタント試験を受験するためには3つの条件を満たしていなくてはいけません。キャリアコンサルタント試験の3つの受験資格とはどのようなものなのでしょうか。

1.厚生労働省が認定する講習を終了している
参照:JCDA『厚生労働大臣が認定する講習

2.労働者の職業設計または能力開発の相談経験が3年以上ある

3.技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験もしくは実技試験に合格している

以上の3つです。受講しなくてはいけない講習については『厚生労働省が認定する講習』をチェックしてみてください。

機関ごとの合格率

キャリアコンサルティング協議会(CCC)における過去のキャリアコンサルタント試験の合格率は以下です。

<第18回>
学科:82.6%
実技:68.0%

参考:キャリアコンサルティング協議会『第18回 キャリアコンサルタント試験 試験結果

日本キャリア開発協会(JCDA)の過去の合格率は以下です。

<第18回>
学科:79.0%
実技:57.0%

参考:日本キャリア開発協会『第18回キャリアコンサルタント試験 試験結果

試験の費用

キャリアコンサルタント試験の費用は学科試験と実技試験で料金が異なります。それぞれの費用は以下です。

学科試験:8,900円
実技試験:29,900円

一度の費用でどちらも受験できるわけではありません。資格を取るために4万円ほどかかる認識でいるのが良いかもしれません。

必要な勉強時間

キャリアコンサルタントに必要な国家資格とは?難易度や勉強方法を紹介

キャリアコンサルタントになるための資格を取得するには、多くの勉強時間が必要になります。学科試験と実技試験、各試験ごとに勉強時間を設けなくてはいけません。

【勉強時間(目安)】
実技試験:約150時間
・3ヶ月(キャリアコンサルタント養成講座の通信講座)
・10日(スクーリング)

学科試験:約100〜200時間
・自己学習

一通り勉強ができたら、過去問を5回ほど繰り返し解いて自分の苦手・得意分野や傾向を探りましょう。より合格に近づけるかもしれません。

合格後は5年ごとの更新が必要

キャリアコンサルタント試験は一度合格したら、生涯資格を保持できるわけではありません。資格を所有し続けるためには、5年ごとに更新が必要です。更新を怠ってしまうと、また一から資格をとり直さなくてはいけなくなるので注意しましょう。

キャリアコンサルタントの資格の活用法

キャリアコンサルタントの資格を取得したら、どのように活用ですべきなのでしょうか。3つの活用方法を紹介します。

履歴書や職務経歴書に書く

1つ目の活用方法は『履歴書や職務経歴書に書く方法』です。特に人事など、人の採用やキャリアに司る部署への就職・転職を希望している場合、キャリアコンサルタントの資格を持っているのはプラスになります。

面接でのアピール材料にする

2つ目の方法は『面接でのアピール材料にする方法』です。キャリアコンサルタントは国家資格が必要なため、資格を持っている人がそもそも少ないです。そのため、面接で話せば印象付けられること間違いなしです。なぜ取得しようとしたのか意図や経緯も話すと、人となりも伝えられて良いでしょう。

独立や営業活動に役立てる

3つ目の活用方法は『独立や営業活動に役立てる方法』です。需要があるにもかかわらず、取得のハードルが高いキャリアコンサルタントは独立に向いている職種です。企業に属していなくては業務にならない職種ではないので、思い切って開業してしまうのもひとつの方法です。

キャリアコンサルタントの資格は、転職にも独立にも役立つ

キャリアコンサルタントに必要な国家資格とは?難易度や勉強方法を紹介

キャリアコンサルタントの資格は需要があるものの、取得のハードルが高いです。そのため、持っているだけで一目置かれる存在になること間違いなしです。

どんな企業でも役に立つといえる職種なので、転職の際に資格を持っていることをアピールすればプラスに働くでしょう。独立の役にも立つので、『いつか自分で事業を起こしたい!』と考えている方は、早めに勉強の時間を作ってみるのも良いかもしれません。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE


赤塚元基

フリーライターとして独立した契機は、実は転職失敗。自身の(苦くもあった)経験を活かし、皆さまの心に寄り添いながら、お役立ち情報をお届けします!

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。