スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
転職

転職するのに志望動機が思いつかない!志望動機の正しい見つけ方まとめ

転職するのに志望動機が思いつかない!志望動機の正しい見つけ方まとめ

転職時、履歴書や面接で必ず提示を求められる『志望動機』。採用の基準として一定の経験やスキルは求められるものの、その業界でのキャリアがまだあまりない方は志望動機で採否が決まることも少なくありません。「この会社だから入社したい」と強い志望動機が提示できると強みになるものの、具体的なものが思いつかないこともあるでしょう。志望動機の正しい考え方やNGとなる志望動機をまとめてお伝えします。

転職で志望動機を聞かれる理由

転職に限らず、就活をしていると必ず志望動機を聞かれるのには、どのような意味があるのでしょうか。志望動機を企業が求めているのには、3つの理由があります。「志望度をはかるため」「会社との方針の合致をチェックするため」「考え方を把握するため」の3点です。それぞれ解説します。

志望度をはかりたい

志望動機を聞くことで「企業のことをどれほど調べ、理解をしているのか」をはかろうとしています。どれほどその会社に入社したいのか上手く説明できれば、意欲も伝わるでしょう。

会社の方針と合うかチェックしたい

転職するにあたり、重要なのが『企業方針と候補者の方向性が合っていること』です。入社後に方針が合わない、方向性が違うなどといったことが発覚したところで誰も得をしません。

転職時、会社の方針と候補者の目指すべき方向性が合っているかを確認するためにも、面接で志望動機が聞かれます。

考え方を把握したい

志望動機を語る際「どんな将来を目指しているのか、どんなことがしたいのか」も一緒に語ることになるでしょう。その際、どのような考え方をしているのかを知るためにも、志望動機を聞かれるのです。

転職したいけど志望動機がないのはなぜ?

今の会社を辞めて転職したいという場合「退職の理由は思いついても、志望動機がなかなか思い浮かばない」と感じる人は少なくありません。

しかし、転職するに際して志望動機がないと、エントリーすら難しくなってしまいます。

志望動機を考える際には「現状の不満をどのように解消したいか」ではなく「自分が何をしたいのか」「将来どうなりたいのか」という点にフォーカスを当ててみてください。企業は、「入社後どのような貢献をしてくれるのか」はもちろん「どのような成長をしてくれるのか」も志望動機を元にチェックしています。

面接官は志望動機を聞くことで、モチベーションや仕事への原動力もチェックしています。だからこそ、きちんと自分と向き合って志望動機について考えてください。

自分のことを十分に理解できたら、次に企業調査をして自分と会社の「接点」を見つけ、志望動機を完成に近づけていきましょう。

転職で志望動機を見つける方法

転職するのに志望動機が思いつかない!志望動機の正しい見つけ方まとめ

志望動機は「自分が何をしたいか」「将来どうなりたいのか」を、対象の会社で実現したい旨を伝えることです。

志望動機が曖昧な状態での転職は厳しいです。転職活動を始めるのはもちろん大事ですが、まずはどんな企業へも共通して提示できる志望動機を見つけていきましょう。志望動機を見つけるためには、大きく分けて4つのステップに沿って手順を進めなくてはいけません。

『自己分析』『企業調査』『企業との接点探し』『入社後のイメージ』の4つです。それぞれどのように進めるべきかお伝えしていきます。

1.自分が大切にしていることを明確にする

転職に際して志望動機が思いつかないのは「自己分析が足りず、自分が何をしたくて、将来どうなりたいのかがイメージできていないから」かもしれません。志望動機が決められない理由が、自分のことを十分に理解できていないことなのであれば、まずは転職の第一歩として、自己理解を深めるために自己分析から始めましょう。

自己分析では今までの職務経歴の中で「どんなことにやりがいを感じたのか」「どんな仕事をしているときにモチベーションが上がったのか」などのポイントを洗い出します。社会人としての経験が浅い方は、学生時代のアルバイトでの経験もまとめて考えてみてもいいでしょう。

自分が「どのようなことにやりがいやモチベーションを感じるか」わかったら、次に考えるべきは『将来像』です。転職をして将来どんな仕事がしたいのか、社会にどう貢献したいのかをなるべく具体的に考えてみましょう。何もイメージができない方は、今まで出会った人の中で目標にしたいと思った人を思い描いてみてください。

2.企業研究をする

自己分析をして自分のやりがいやモチベーションになること、将来像を洗い出せたら、次は企業研究を始めます。企業研究と聞くと、企業サイトを読み込むだけだと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、志望企業についてより理解を深めるには、ニュースリリースやメディアで取り上げられた際のインタビュー記事なども役立ちます。

また、転職だとどうしても『中途採用』のページにのみ目を通しがちですが『新卒採用』のページも一通り目を通しておきましょう。新卒採用のページには事業内容や企業のビジョン、社員インタビューや働き方などが、学生でもわかりやすいようにまとめられています。

ほかにも、IRページで決算資料にも目を通しておきましょう。事業内容や今後の方針について詳しく記載されているからです。今後の企業としてのビジョンも記載されているケースが多く、転職時に方向性を語る際の手助けになってくれるでしょう。

3.企業と自分の接点を明確にする

企業研究をしていると、転職したい企業の大切にしていることやこだわりなどが理解できるようになってきます。それらのこだわりが、自分の大事にしたいものとどのように共通しているかを考えていくと、志望動機も自然とハッキリしてくるでしょう。

自分の大切にしていることの共通点を話す際「御社が◯◯を大切にしているから、自分もそれを大切にしたい」と話しても、説得力のある話はできません。「なぜ自分もそのポイントを大事にしているのか、こだわりを持つようになったのか」という具体的なエピソードを交えて伝えるのが望ましいです。

経験談を踏まえたうえで、企業の方針や理念に共感していることを語れると、面接官の納得を得やすいでしょう。

特にベンチャー企業では『理念や方針が合っているかを重視している企業』が多いです。自分と企業の間にどれだけ共通点を持たせられるかが重要になるので、妥協せずしっかり考えましょう。

4.企業でどのような活躍ができるかイメージする

転職するのに志望動機が思いつかない!志望動機の正しい見つけ方まとめ

企業と自分の共通点を探り、理念や方針に共感していることを伝えるのは重要です。しかし、それだけでは採用にはつながりません。

自分を採用することにメリットを感じてもらうためには、転職後どのようなスキルや経験を活かせるのか、どんな働き方をして貢献ができるのかを提示しなくてはいけません。活躍ぶりを具体的にイメージしてもらえるほど、企業からも期待感を持って採用してもらえるでしょう。

たとえ未経験の業種へ転職する場合でも、コミュニケーション力や思考力など、どんな仕事にも活かせる資質がないか探してみてください。

転職でNGな志望動機

転職でNGとなる志望動機もあります。自分にとってはどうしても譲れないポイントであっても、そのまま伝えると印象が悪くなるような志望動機です。最後に、志望動機として伝えるべきではない2つのNG事例を紹介します。

1.根拠がないもの

1つ目のNG例は『根拠のない志望動機』です。「人気企業だから」「憧れているから」などの漠然としたことを志望動機と伝えても、何のために転職したいのかが伝わりません。

面接で深掘りされたときに、志望動機の根拠として伝えられるよう、具体的なエピソードを用意しておきましょう。

2.給与や通勤時間について

『給与や通勤時間、福利厚生が整っていること』が志望動機であることは、おかしなことではありません。

しかし、給料が良いから、家から近いからという志望動機を前面に出してしまうのは良くありません。どうしても伝えたい場合には「自己投資をしてスキルを高めるためには、お金や自分の時間も必要だから」というように、間接的な伝え方ができるように準備しておきましょう。

転職で良い志望動機を提示するためにもたくさん経験することが重要

転職するのに志望動機が思いつかない!志望動機の正しい見つけ方まとめ

転職する際、必ず考えなくてはいけないのが『志望動機』です。

しかし、転職する理由が「今の会社を辞めたい」というものだと、面接で伝えられるような志望動機が思いつかないかもしれません。

印象の良い志望動機を考えるためには、自分にはどのようなこだわりがあり、将来どうなりたいのかを明確にする必要があります。面接で伝えるエピソードを集めたり、深みのある自己分析をしたりするためには、今までしたことのない経験をしてみるといいかもしれません。

転職エージェントと転職を進めたい人はこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE


ちはる

大手IT商社でプロダクトプロモーション担当を経て、 WEBコンテンツ制作会社に転職し、ライターとして所属。その後、独立し、現在はビジネス・不動産関連の記事を主に執筆。

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。