スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
転職

「転職したいけど勇気が出ない…」小さな行動から始めることが鍵

「転職したいけど勇気が出ない…」小さな行動から始めることが鍵

「転職したいけど、失敗が怖くて、最初の一歩が踏み出せない」
「転職したい気持ちと、今の会社に居続けた方がいいんじゃないかという気持ちの板ばさみになっている」

転職を迷う気持ちがあるのは、当たり前のことです。転職が成功するか失敗するか、転職先で理想のキャリアを実現できるかなどは、転職前には誰にもわからないからです。

転職した結果「前の会社の方が良かった」と感じて出戻り転職をする人や、漠然とした不満を払拭できずに転職を繰り返す人も多いでしょう。

本記事では、転職すべきかどうかを見極める方法、転職するための勇気を出す方法をお伝えします。転職に限らず、小さな行動を積み重ねることで、勇気は湧いてきます。記事を読んだら、できそうなことから、さっそく取り組んでみましょう。

勇気を出して転職すべき3つの状況

転職を目指したことがある人なら「転職したいのに、勇気が出ない…」という気持ちを、よく理解できるでしょう。しかし、心のどこかで「転職すべきではない」とわかっているからこそ、理由をつけて転職を避けているということもあり得ます。

まずは、勇気を出して転職すべき3つの状況を見ていきます。自分は本当に転職すべきなのか、踏みとどまるべきなのか、考えながら読み進めてみましょう。

1.将来の展望が見えない

今の会社で働き続けていても、将来の展望が見えないなら、思い切って転職すべきです。

転職に踏み切るのは、勇気のいることでしょう。しかし、今の仕事を続けることも、怖いと感じているのではないでしょうか。転職が怖いからといって展望の見えない仕事を続けていても、状況は悪くなるばかりです。

2.転職に失敗するのが怖い

転職に失敗するのが怖いからといって、行動を起こさないのは良くありません。「やらないで後悔するより、やって後悔しろ」という言葉もあります。今の仕事を続けて、将来後悔しそうなら、勇気を出して行動しましょう。

勇気を出して一歩踏み出せば、勢いがつきます。勢いをつけて行動していくうちに、転職に対する恐怖は、少しずつなくなっていくでしょう。

3.どうしてもやりたい仕事がある

どうしてもやりたい仕事があるなら、勇気を出して行動してください。やりたい仕事があるのに「未経験だから」「転職失敗が怖いから」と行動を起こさずにいると、どうなるのでしょうか。

人にもよりますが、その仕事が『本当にやりたい仕事』なら、時を重ねるごとに後悔は大きくなっていくでしょう。煮え切らない気持ちが募り、今の仕事や生活に集中できなくなりかねません。

転職に踏み切る前に考えるべきこと

「転職したいけど勇気が出ない…」小さな行動から始めることが鍵

転職に成功したからといって、すべてがうまくいくわけではありません。場合によっては、「転職しなければよかった…」と後悔することもあるでしょう。

次からは、転職に踏み切る前に考えるべきことをお伝えします。転職してから後悔しないよう、行動を起こす前によく考えましょう。

1.今のキャリアを捨ててもいいのか?

転職に踏み切る前に、今のキャリアを捨ててもいいのか、もう一度考えてください。

今の仕事でもらえる給与や待遇、今後積み重ねられたであろう実績など、転職によって失うものもあります。キャリアプラン全体の中で、今のキャリアにはどんな意味があるのでしょうか。今のキャリアを次につなげられるよう、やれることをやってから転職しましょう。

2.今の会社でできることはないのか?

転職に踏み切る前に、今の会社でできることはないのか、見つめ直してください。やれることをやり切ってから、転職しましょう。

今の会社でできることといっても、さまざまです。どんな経験を積み、スキルを身に付けられるのか。異動や出向など、転職せずにやりたい仕事ができる可能性はないのか。自分でもよく考え、上司や会社とも相談してください。

「転職したい」と思うのには、それなりの理由があるはずです。転職せずに「満たしたい要望」を満たせるなら、それに越したことはありません。

勇気を出すために見直すべき『3つのロードマップ』

「転職したいけど勇気が出ない…」小さな行動から始めることが鍵

「自分は転職すべきだ」と心から思えたら、後は勇気を出して行動を起こすだけです。とはいえ、その「行動を起こす」ということが、一番難しいでしょう。

転職する勇気が出ないときは、転職によって自分の生活やキャリアがどう変化するのか、見つめ直してみてください。

1.転職前後のロードマップ

転職する勇気を出すために、転職前後のキャリアについて、ロードマップを描きましょう。

例えば、転職したい理由は何でしょうか。今の仕事に対する不満を解決したいからなのか、やりたい仕事や働きたい会社があるからなのかによって、選択肢は変わります。不満があるなら、会社やチームに働きかけて、解消できるかもしれません。自分のやりたい仕事ができる部署やグループ会社はないのか、調べてみるのもいいでしょう。

転職後のキャリアについて、具体的にイメージしてみるのもおすすめです。イメージがワクワクするものであれば、転職する勇気が出てくるはずです。ワクワクしないものなら、そもそも転職する必要はないのかもしれません。ワクワクは直感的ですが、重要です。

2.キャリアのロードマップ

転職する勇気を出すために、キャリア全体のロードマップを見つめ直してみましょう。

「転職するか、しないか」ばかりに目を向けるあまり、視野を狭めてしまっているかもしれません。転職は、理想のキャリアプランを実現するための『1つのステップ』であるはずです。「視野が狭まっているな」と感じたら、一度冷静になって、キャリアプラン全体を俯瞰してみてください。

キャリアプランを見つめ直し、本当に転職する必要があるのか、今の会社を辞めてしまっていいのかを見極めましょう。「この転職は、理想を実現するために必要なものだ」とわかれば、勇気は自然と湧いてきます。

3.人生のロードマップ

転職する勇気を出すために、キャリアだけでなく、人生のロードマップを見つめ直してみましょう。

仕事とプライベートは、密接に関わり合っています。極端な例えですが、夜勤の仕事をしているなら、プライベートは昼夜逆転生活になるはずです。接客業のようなシフト制の仕事なら、平日に休みを取って、空いている街で休日を過ごせます。

仕事をする時間帯や拘束時間の長さ、業務内容が自分の性格に合っているかなど、仕事に対する満足度を追及してください。「仕事への満足感がプライベートをも充実させ、更に仕事にもいい影響を及ぼす」というように、好循環がうまれる仕事を探しましょう。

転職する勇気が出ないときにすべきこと

「転職したいけど勇気が出ない…」小さな行動から始めることが鍵

転職する勇気がどうしても出ないときは、小さな行動から起こしてみましょう。

怖いからといって何もしなければ、怖いという気持ちはどんどん大きくなっていきます。反対に、一度でも行動を起こしてしまえば、勢いがつきます。起こしやすい小さな行動を積み重ねるうちに、転職に向けた勇気が、少しずつ湧いてくることでしょう。

最後に、転職する勇気が出ないときにすべき3つの行動を紹介します。

1.自分の専門スキルを磨く

転職する勇気が出ないなら、まずは自分の専門スキルを磨いてみましょう。磨くべきは『転職に結びつくスキル』です。

キャリアアップのための転職を目指すなら、今の仕事により意欲的に取り組むだけでもいいでしょう。キャリアチェンジを目指すなら、休憩中や業務時間外に、新しいキャリアに役立ちそうな勉強をしてみてください。転職に向けた小さな行動を積み重ねることで、次第と恐怖が薄れ、勇気が湧いてくるでしょう。

面接で「スキルを磨くために、具体的に何をしているのか」をいえるだけで、転職の成功率も高くなります。

2.副業を始めてみる

勇気が出なくて、どうしても転職に踏み切れないなら、まずは副業から始めてみるのもいいでしょう。もちろん、転職後に就きたい仕事を、副業として始めるのです。

副業には、先述した『スキル磨き』以上の効果があります。副業に取り組むことで、学んだことを実践し、より効率的に自らの血肉にできるでしょう。勉強ではなく仕事として取り組むことで、実務経験も積めるうえ、報酬までもらえます。

実務経験があれば、もう『未経験』ではありません。転職活動に向けて、副業の報酬を貯めておくのもいいでしょう。副業で安定的に収入を得られる状態になれば、今の仕事を辞めて、副業の仕事を続けながら転職活動をすることもできます。

3.独立について考えてみる

転職する勇気が出ないなら、独立について考えてみるのもいいでしょう。「転職する」ということに対して、漠然とした違和感や不安感を抱くときも、独立について考えるのは有効です。

「転職しても、どうせうまくやれない」という気持ちが強い人や「何度転職しても、転職したいという気持ちがなくならなかった」という過去のある人は、そもそも会社員に向いていないのかもしれません。独立して働く自分をイメージしてみて、しっくりくるなら、一度挑戦してみるのもいいでしょう。

『雇用されないリスク』というものも存在するので、あわせて考えておきましょう。

・開業届や税金の支払いなど自分で行わなければならない事務作業がある
・労働基準法の適用外になるため、自分で労働環境を整えなければならない
・開業資金が必要になる

など、会社員であれば必要のないタスクや、お金が必要になります。
こうしたリスクも踏まえて、自分が進みたいキャリアについて、今一度よく考えてみましょう。

もちろん『独立』は転職以上に勇気のいることです。独立に興味のある方、興味はあるけど勇気が湧かないという方は、アントレスタイルマガジンの『起業家・先輩インタビュー』も、ぜひお読みください。独立する勇気や、具体的なイメージが沸いてくることでしょう。

アントレHP『起業家・先輩から学ぶ』

https://entrenet.jp/magazine/category/learn_from_entrepreneur/

小さな一歩の積み重ねが、勇気へとつながる

「転職したいけど勇気が出ない…」小さな行動から始めることが鍵

転職するには、それなりの勇気が要ります。転職すれば、これまで積み上げてきた職場の人間関係や待遇はリセットされ、仕事内容も変わります。転職にはリスクも伴うため、怖いと感じるのは当たり前のことです。

しかし、怖いからといって転職を諦めるのは、賢明とはいえません。理想のキャリアを実現するために転職が必要なら、勇気を出して行動すべきです。どうしても勇気が湧かないのなら、転職に向けて勉強をしたり、副業を始めたりするのもいいでしょう。

副業から始めてみたい方、転職について考えるうちに、独立に興味が出てきた方は、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。全国規模のフランチャイズや代理店、開業支援データベースの中から、さまざまな業種や業界、地域ごとに、どんなビジネスがあるのかを調べることができます。

副業として始められるものや、未経験でも独立できるもの、さまざまな案件を紹介しています。まずは、どんな案件があるのかだけでも、覗いてみてください。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

PROFILE

赤塚元基

フリーライターとして独立した契機は、実は転職失敗。自身の(苦くもあった)経験を活かし、皆さまの心に寄り添いながら、お役立ち情報をお届けします!

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。