スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

「転職したいけど不安…」小さな準備の積み重ねで乗り越えよう

「転職したいけど不安…」小さな準備の積み重ねで乗り越えよう

転職には不安が付き物です。転職活動に失敗すれば、最悪の場合、職を失います。転職後の環境や仕事が自分に合わず、ただ『転職回数』が増えただけという結果になるかもしれません。本記事では、転職に伴う不安にはどんなものがあるのか、どんな対処をすればいいのかを解説します。不安を乗り越え、理想のキャリアを実現するための『考え方』もお伝えします。

「転職はしたいけど、失敗したら生活に困る…」
「転職活動は順調だけど、なぜか不安を感じる…」

私たちは、働くことでお金を得て、そしてお金を使って衣食住を確保しています。転職活動に失敗すれば、最悪、職を失ってしまうこともあります。転職することに不安を感じるのは当然のことです。

しかし、不安だからといって行動を起こさないのはおすすめできません。「転職したい」と感じるのには、それなりの理由があるはずです。転職することにリスクがあるのと同様、転職しないことにもリスクがあります。

本記事では、転職に伴う不安にはどんなものがあるのかを深掘りしていきます。不安の正体を知ることで、適切な対処法がわかるようになるでしょう。

記事の後半では、不安を乗り越え、理想のキャリアを実現するために必要な『考え方』もお伝えします。より良い人生を歩むための手がかりを探してみてください。

転職には2つの不安が付き物

程度の違いこそあれど、どんな人でも転職するときには不安を感じます。不安に負けて、転職そのものを諦めてしまう人もいるでしょう。

しかし、転職すべきとわかっているのに行動を起こさないのは、もったいないです。まずは、転職に対する『不安の正体』を知り、行動を起こすための手がかりを見出しましょう。

1.転職活動に対する不安

転職活動には、不安が付き物です。どんなに準備をしても、自分のキャリアやスキルに自信があっても、計画通りに転職活動を進められるとは限りません。

「どこも決まらず、転職できなかったらどうしよう」
「会社には辞めると言ってしまったのに、次が決まらない」
「やっぱり仕事を続けさせてくださいと言ったら、上司はどんな顔をするだろう」

そんな風に感じるのは、当然のことです。また『人から評価されること』に不安を感じてしまうものです。他者評価の連続である転職活動に不安を感じるのは、人として避けられないことなのです。

2.転職そのものに対する不安

転職活動だけでなく、転職そのものに対する不安も、拭いがたいものでしょう。要は「次のところで上手くやっていけるだろうか」という不安です。

どんなにスキルのある人でも、会社で働く以上、組織のルールに従わなければなりません。転職先のルールややり方が、自分に合っているとは限りません。人間関係もイチから築き直すことになります。

しかし、転職そのものに対する不安は、そう悪いものではありません。人は不安を感じるからこそ、慎重になれるものです。転職後しばらくは不安を抑えつつ『様子見』に徹して、転職先のやり方を覚えましょう。

転職活動の不安に打ち克つ3つの方法

「転職したいけど不安…」小さな準備の積み重ねで乗り越えよう

転職活動に失敗すれば、最悪、職を失うことになります。転職活動に対する不安を感じるのは、リスクを避けるためにも必要なことなのです。

しかし、不安に負けて行動を起こさないことも、理想のキャリア実現を阻むリスクといえます。次からは、転職失敗のリスクを下げ、不安に打ち克つために、どんなことができるのかをお伝えします。

1.信頼できる上司に転職の相談をする

転職活動を始める前に、信頼できる上司に転職の相談をしてみましょう。

「なぜ転職したいのか」を話せば、異動や働き方の調整で、転職せずに不満を解消できるかもしれません。転職することになったとしても、上司や会社に理解があれば、面接のスケジュールを組みやすくなります。

とはいえ、転職先が決まっていない段階で、無理に意思を伝える必要はありません。「転職活動の邪魔をされたり、現職で続けようと思い直した場合に邪険に扱われるのでは」と不安に感じるようであれば、伝えないまま転職活動を行っても支障はないでしょう。

社内規則に『退職の何ヶ月前に必ず申告すること』などの規約がある場合は、事前に確認をして伝えるタイミングを逃さないようにしましょう。

2.とりあえず書類だけ作り始めてみる

不安を軽くするには、手を動かすのが一番です。とりあえず書類だけ作り始めてみて『転職に向けた第一歩』を踏み出してみましょう。

頭の中だけで考え続けていると、不安はどんどん大きくなっていきます。小さな行動を積み重ねることで、心の中で暴れ回っていた不安は、制御可能な大きさへと縮んでいくでしょう。

3.目指す業界や企業をよく調べる

私たち人間は、よくわからないものに対して不安を感じます。目指す業界や企業のことを調べ、理解すれば、不安も次第に小さくなっていきます。

業界や企業のことを調べていくうちに、書類や面接でどんなことをアピールすればいいのかもわかってくるでしょう。「こうすればいいんだな」と思えるようになることは、不安を解消するうえで欠かせないプロセスです。

転職そのものに対する不安を軽減する3つの方法

転職活動は順調でも、転職することそのものに対する不安が沸き上がってくるかもしれません。転職するということは『慣れ親しんだ現状を壊し、未知の環境に飛び込むということ』であり、不安を感じて当たり前なのです。

次からは、転職そのものに対する不安を軽くするためにできることを、3つ紹介します。

1.転職理由を掘り下げる

「自分はなぜ転職したいのか?」と理由を掘り下げることで、転職後の不安を小さくすることができます。

転職そのものに対する不安の中には、「本当にこの選択をしていいのだろうか」というものがあります。転職先の会社が自分に合っていなくて、今の会社の方が良かったと感じるのではないか、という不安です。

自分の心と向き合い、自分は何がしたいのか、よく見てあげてください。やりたいことが明確になれば「どんな選択をすべきか」も自ずとはっきりしてきます。

2.キャリアプランを明確にする

自分のやりたいこと、目指すものがわかったら、実現に向けたキャリアプランを描きましょう。まずは、最終的にどんな風に働きたいのかを、はっきりさせるのです。

会社役員になって組織を動かすワクワク感を楽しみたいのか…
ワーク・ライフ・バランスの取れた働き方をして、仕事も家族も大切にしたいのか…
独立して、思うまま自分の力とアイデアを試してみたいのか…

『ゴール』から逆算して、目標達成までの道のりを描きましょう。

3.副業で試しにやってみる

未経験の業界・業種への転職を目指す人や、最終的には独立を目指す人には、副業で試しにやってみることをおすすめします。

人間はよくわからないものに対して不安を感じるのは、お伝えしたとおりです。「よくわからない」という状態を解消する一番の方法は「実際にやってみる」ことです。

未経験の仕事に転職する前に、副業で実際にやってみましょう。実務経験も得られるので、転職活動にも有利にはたらく可能性があります。「今は会社員として働いているけど、いずれは独立してみたい」と考えているのであれば、会社員としての仕事を続けながら副業として『プチ独立』してみることは、安定した収入を確保しながら、事業主として働く『勝手』も学べるのでおすすめです。 

忙しい会社員でも実践できる副業についてもっと知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。

サラリーマンにおすすめな月2万円稼げる副業18選  忙しい会社員でも副業できる実例を紹介

https://entrenet.jp/magazine/25168/

『転職しない』選択肢に不安を感じることも

「転職したいけど不安…」小さな準備の積み重ねで乗り越えよう

転職することに不安を感じるのと同じように『転職しない』ということに対しても、不安を感じることがあります。転職すべき、現状を変えるべきとわかっているときに行動を起こさないことには、大きなリスクが伴います。

最後に、転職しないことに対する不安の『正体』を探ってみましょう。自分に当てはまるものがないか探しながら読み進め、ベストな選択肢は何か、考えてみてください。

1.漠然としたキャリアプランに対する不安

転職することにも、しないことにも不安を感じるなら、その不安は転職に対する不安ではないかもしれません。漠然としたキャリアプランに対して、不安を感じているのでしょう。

キャリアプランが漠然としているということは、現代の競争社会を、何の道しるべもなしに進んでいくということと同義です。トラブルが起きるたびに慌てふためき、決断を迫られたときは、何を基準に物事を決めればいいのかわかりません。

今は『個の時代』という言葉がもてはやされ、終身雇用制度も崩壊に近い時代です。まずは明確なキャリアプランを描き、プラン実現のためにスキルとノウハウを積み重ねていきましょう。個人としてのスキルを高め続けておけば「会社員として引く手あまた、いざとなっても独立してやっていける」という安心感を得られるでしょう。

2.「自分は会社員に向いていないのでは?」という不安

何度転職しても居心地の悪さや働きづらさを感じるなら、そもそも会社員に向いていないのかもしれません。

世の中には、会社員に向いている人と、向いていない人がいます。しかし『会社員に向いていない人』=『働くことに向いていない人』では、決してありません。会社員には向いていない人でも、業界や働き方によって向いている場合もあります。

個性を活かして競合との差別化に成功し、行例の絶えない超人気店を経営したり、フリーランスになってみたら大活躍したりといったことは、本当によくあります。

今は、無理をして社会に自分を合わせなくても、生きていける時代です。「自分は会社員に向いてないかも…」と思っている方は、こちらの記事もぜひ読んでみてください。自分にとっての『楽に呼吸ができる生き方』を見つけましょう。

会社員に向いていない=働くのに向いてない?自分らしい働き方の見つけ方

https://entrenet.jp/magazine/26903/

3.本当はやりたいことがあるのに行動を起こさない不安

「本当はやりたいことがあるのに、リスクがあるから行動を起こさない」ということは、時間とチャンスを、じわじわとすり減らしていく行為です。「今こそ動くべきときだ」「そろそろ行動を起こさないと、どんどん不利になっていく」そう感じているのに、不安に負けて何もしない…。そんなことを繰り返していては、いつまで経っても不安は消えません。

自分が本当にやりたいことは何か、もう一度よく考えてみてください。

転職の不安はキャリアへの不安!自分に合った選択を

「転職したいけど不安…」小さな準備の積み重ねで乗り越えよう

転職の不安は、キャリアへの不安です。「今の会社で働き続けていても、理想のキャリアを実現できない」と感じるからこそ、私たちは転職を目指します。

しかし、転職したからといって、理想のキャリアを実現できるとは限りません。何度転職を繰り返しても不安が消えない人、消化不良な思いに苛まれている人にとっての正解は、転職ではないのかもしれません。

自分は本当にしたいことは何か、どんな風に働きたいのか、もう一度よく考えてみてください。転職よりも独立が合っている人は、確かに存在します。

もちろん『雇用されないリスク』というものも生じます。

・税金など自分で支払わなければならない
・労働基準法の適用外になるため、自分で労働環境を整えなければならない
・開業資金が必要になる

など、会社員であれば必要のないタスクや、お金が必要になります。こうしたリスクも踏まえて、自分が進みたいキャリアについて、今一度よく考えてみましょう。

もしも、自分には独立の道が合っていると思えるなら、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。全国規模のフランチャイズや代理店、開業支援データベースの中から、さまざまな業種や業界、地域ごとに、どんなビジネスがあるのかを調べることができます。

低リスク、低コストで独立する方法はたくさんあります。人生は一度きり、「試しに独立してみる」という選択肢も、悪くないでしょう。

この記事を読んだ方におすすめ転職サイトはこちら

転職先の探し方が分からない方はこちら!

一口に転職サービスといっても、サービスごとに得意分野があります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った転職サービスを利用できれば、もっと円滑に転職活動が進められますよね。
こちらの記事ではおすすめな『転職サービス』について紹介しています。「どんな人に合っているか、どのように使ったらよいか」サービスごとに解説していますので、あわせて読んでみてください。

【性別・年代別】転職サイトのおすすめ10選と選び方
https://entrenet.jp/magazine/28961/

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

PROFILE

赤塚元基

フリーライターとして独立した契機は、実は転職失敗。自身の(苦くもあった)経験を活かし、皆さまの心に寄り添いながら、お役立ち情報をお届けします!

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。