スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

【フリーランスorフランチャイズ】経営初心者の独立・開業におすすめなのはどっち?

【フリーランスorフランチャイズ】経営初心者の独立・開業におすすめなのはどっち?

独立・開業するには、さまざまな方法・仕事があります。中でもビジネスを失敗するリスクが低く、始めやすいといわれているのが『フリーランス』と『フランチャイズ』です。

本記事では、独立・開業はどんな人におすすめで、どんなメリット・デメリットがあるのかを解説します。

フリーランスとフランチャイズ、それぞれにおすすめな仕事も合計7つ紹介します。

独立・開業は、どんな人におすすめ?

アントレSTYLE MAGAZINE読者の方には「自身が独立・開業したらどうなるのだろう」と考えたことがある方もいるでしょう。では、独立・開業が向いている人とは、具体的にどんな人なのでしょうか。独立・開業にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まずは、独立・開業で成功する人・失敗する人の特徴や、独立・開業のメリット・デメリットを確認しましょう。

独立・開業で成功する人と失敗する人

独立・開業に向いている人は『自分で考え、行動できる人』です。

独立・開業した後は、会社員の頃と異なり、上司がいません。指示がなくとも自分で考え、リスクを恐れずに動ける人でないと、ビジネスを成功させるのは難しいでしょう。

反対に、独立・開業に向いていないのは『他人任せな人』です。

他人任せな人とは『自分の考えで動くことを恐れ、指示がないと動かない、そして失敗があっても自分ではなく、他人に責任を求める人』のことを指します。ビジネスの成功・失敗には、外的な要素も含めさまざまな要因が絡んでくるものです。そのすべてを予見し、回避することはどんなに高名な経営者であっても難しいでしょう。そのため、たとえ失敗をしたとしても「すべて自分のせい」と思う必要はありません。しかし、自分にできることはなかったかを考え、失敗から学ぶ姿勢は必要なのです。

独立・開業のメリット

独立・開業の主なメリットは、次の3つです。

・自由にビジネスを進められる
・会社員ではできない経験ができる
・成功のリターンが大きい

独立・開業すれば、自分がトップになります。ビジネスの方向性や仕事のやり方もすべて自分で決められるため、自分に合った効率的な方法で、仕事を進められます。そんな経験は、会社員ではなかなかできないものです。経営者として視野が身につき、ビジネスマンとしての視座が高くなることも、開業・独立をおすすめする理由です。

また、会社の利益が自身の利益に直結するため、成功すればリターンも大きくなります。

独立・開業のデメリット

独立・開業の主なデメリットは、次の3つです。

・全責任を負わなければならない
・負債や借金のリスクがある
・会社員よりも納税額が大きい

独立・開業すればビジネスを自由に進められる反面、全責任を自分で負わなければなりません。赤字や損害もすべて自分にのしかかるため、膨大な負債や借金を抱えるかもしれないといったリスクも大きくなります。リスクを避けたい人にとっては、おすすめできません。

また、会社員の頃と違って、税金や年金の支払い手続きを自分で行わなければならず、その支払い金額に驚く事でしょう。ある程度まとまった金額を貯めてから、独立・開業することをおすすめします。

【低リスク】おすすめの独立・開業方法

独立・開業を目指すのであれば、それなりのリスクを覚悟しなければなりません。しかし、リスクを抑えて独立・開業する方法もあります。

次からは、低リスクで独立・開業を目指せる、2つの方法をお伝えします。

フリーランスになる

フリーランスは「自身の専門スキルを活かし、個人で仕事をする」働き方です。IT系の業種や、業務そのものにやりがいを見出せる人におすすめできる独立・開業方法です。

代表的なものとして、ライター・デザイナー・エンジニアなどの仕事があります。

フランチャイズに加盟する

フランチャイズに加盟すれば、未経験でも低リスクで独立・開業できます。実務よりも経営に興味がある人や、まずは独立・開業して、実地でスキルを身に付けたい人におすすめできます。

フランチャイズといえば、コンビニエンスストアや飲食店を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし最近では、IT系の商材を扱うフランチャイズや『無店舗型』と呼ばれる店舗を持たずに始められる業態のフランチャイズなど、さまざまなフランチャイズビジネスが登場しています。

フランチャイズについてもっと知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください。

フランチャイズ(FC)とは?意味や仕組みを分かりやすく初心者向けに解説

https://entrenet.jp/magazine/25755/

フランチャイズ情報をチェック

実際に案件を確認してみたい方はこちらのページもご覧ください。
独立開業を支援する『アントレ』では、全国規模のフランチャイズ案件を調べることができます。

独立・開業・フランチャイズ募集の【アントレ】

https://entrenet.jp/dokuritsu/Y1100/

【フリーランス】独立・開業におすすめの仕事

【フリーランスorフランチャイズ】経営初心者の独立・開業におすすめなのはどっち?

フリーランスは、副業から始めやすく、独学や実務でスキルをつけてからの独立におすすめできます。フリーランスの中でも、代表的な仕事を3つ紹介します。

・ライター
・デザイナー
・エンジニア

副業で行った場合のそれぞれの特徴についてはこちらの記事にまとめています。

1.ライター

ライターは、副業からスタートしたい人におすすめの仕事です。

書籍やインターネットの記事を書くのが、ライターの仕事です。中でも始めやすい『Webライター』は、インターネットや本を使って情報を調べて、記事を書きます。要約力のある人や、文章を書くことに楽しさを感じる人であれば、成長も早いでしょう。

取材記事の作成や、Webメディアのディレクター・編集者など、スキルアップの後の選択肢も幅広いことが特徴です。

【PR】実際にWEBライティングしてみるなら

2.デザイナー

デザイナーは、センスがある人だけの仕事ではありません。ある程度のセンスは必要なものの、センスは意識的に身につけられる点、センスだけでなく『データ』も重要である点から、これから始める人にもおすすめできます。

デザイナーの手がけるデザインの多くは、マーケティングを目的としたものです。「どんなデザインが人目を惹き、商品やサービスの販売につながるのか」というデータが必要であり、学習や実務経験で身につく要素も多くあります。

絵を描くのが好きな人、街中のディスプレイの些細な違いに気がつける人などが向いていて、「デザインが好き」という気持ちが大切です。

3.エンジニア

エンジニアは、最近人気の仕事です。副業からスタートしたい人、プログラミングやWeb言語などをこれから勉強したいと思っている人におすすめできます。

エンジニアでの独立・開業を最終目的としたセミナーや教室も多く、勉強する環境が整っています。YouTubeチャンネルやWebサイトなどを使いこなせば、無料・独学でエンジニアを目指すことも可能です。

IT業界の規模がどんどん拡大しているのも、エンジニアをおすすめする理由です。まずは汎用性の高いJavaやC#などの言語から始め、目指す業界に応じて使える言語を増やしていくことをおすすめします。近年注目されている『Go』言語も、ぜひ学んでおきましょう。

【PR】フリーエンジニアの求人・案件情報探しは

【フランチャイズ】独立・開業におすすめの仕事

【フリーランスorフランチャイズ】経営初心者の独立・開業におすすめなのはどっち?

フランチャイズ最大の魅力は、経営未経験でも、サポートを受けながらビジネスを進められることです。実務を通して経営者としてのノウハウを身につけられます。

最後に、フランチャイズの中でも経営未経験からの独立・開業におすすめな業種を4つ紹介します。

・飲食業
・高齢者向けサービス
・家事代行サービス
・コンビニエンスストア

1.飲食業

飲食業は、フランチャイズの代表格ともいうべきビジネスです。料理が好きな人、グルメ情報に敏感な人、接客が好きな人の独立・開業におすすめできます。

ラーメン屋やファストフード店のようなお店を構える業態だけでなく、宅配系の飲食サービスもおすすめです。例えばお弁当やミールキット(材料やレシピの入ったキットが届き、自炊できるサービス)の宅配サービスも、年々増えています。宅配サービスのような『無店舗型』の飲食業であれば、土地代や建物代も節約しやすいでしょう。

2.高齢者向けサービス

少子高齢化に伴って高齢者向けサービスの需要は、今後も高まり続けていきます。需要に対して供給も多いものの、ビジネスの形態を工夫すれば、まだまだチャンスのある業界です。

高齢者向けサービスといっても、介護施設や訪問介護事業の運営だけが仕事ではありません。高齢者向けの家事代行サービス、お弁当宅配サービスなど、さまざまなサービスが登場しています。最近では、お墓掃除代行サービスのような一風変わったものも注目されています。

3.家事代行サービス

家事代行サービスは、高齢者だけでなく、若い人や中年層からも注目されています。理由は、共働き世帯の増加にあります。

現代では、少子高齢化だけでなく、共働き世帯の増加も進みました。昔のように、どちらか一方が家を守り、もう一方だけがお金を稼ぐという家庭は減りつつあります。

共働きでは収入が増える反面、家事にあてられる時間と労力が少なくなります。限られた家族の時間を家事ではなく、コミュニケーションの時間として使いたい世帯は多いでしょう。

高齢者向けサービスと同様、今後もニーズが高まっていくと予想されるビジネスです。

4.コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは、いわずと知れた、フランチャイズビジネスの代名詞です。フランチャイズの仕組みを徹底的に活用し、マーケットを拡大し続けてきた業界です。

フランチャイズでコンビニエンスストアをおすすめする何よりの理由は、ノウハウが蓄積していることです。フランチャイズ展開を軸に発展してきた業界だからこそ、マニュアルも研修もしっかりしたものが存在します。

チェーン店が多く、最新データや有効なノウハウの共有などがあるのも魅力です。

独立・開業する前に、自分の適性を見極めよう

【フリーランスorフランチャイズ】経営初心者の独立・開業におすすめなのはどっち?

独立・開業する前に、自分の適性を見極めることは不可欠です。「自分にはどんなスキルがあり、どんな仕事・働き方が合っているのか」といった自己分析を重ね、適性に合った仕事を見つけることで、独立・開業した後も長く働けます。

フリーランスとフランチャイズを比べてみて「フランチャイズで独立・開業してみたい!」と思ったなら、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。全国規模のフランチャイズデータベースからさまざまな業種や業界、地域ごとにフランチャイズ案件を調べることができます。

開業するかしないかは別として、どんなビジネスがあるのか知ることは大切です。実際のフランチャイズビジネスを見てみて、業種を選んだり、フリーランスを再度検討したり、さまざまなことにお役立てください。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

PROFILE

赤塚 元基

新潟県新潟市在住のフリーライター。
SaaSなどのIT系、投資やベンチャー企業の動向、オウンドメディアなどビジネス系を主に執筆。

この記事を読んだ方におすすめの授業

こんなビジネスには気をつけろ!始める前に見極めるべきことはこれだ

これだけは知っとけ!独立開業の最新トレンドと「絶対にやってはいけないNG行動」10選

Road to 独立③ ~スムーズなスタートを切るために押さえること~

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。