スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

独立に失敗する人はどんな人?失敗しない事前準備について解説!

独立に失敗する人はどんな人?失敗しない事前準備について解説!

会社勤めをしていると、働く場所が決められていたり、時間に縛りがあったり、何かと制限のある人生になっているのではないでしょうか。

自分の好きな時間に、好きな場所で働けて、自分のやりたい仕事に集中でき、充実したライフスタイルを送れると思われる「独立」。

独立して成功するには、何をしたらいいのでしょうか。独立して成功する人と失敗する人の違いは何でしょうか。

この記事では、独立に失敗する人の特徴と、失敗しないための準備について解説していきます。「独立したいけど失敗したくない」人は必ず読んでください。

独立に失敗する人の特徴とは

独立を成功させるためには?失敗しないために事前に準備しておきたいことを解説!

会社勤めに不自由さを感じて独立したとしても、誰しもが成功するとは限りません。意を決して独立して失敗に終わってしまわないよう、最低限押さえておきたいポイントとはどのようなことなのでしょうか。独立に失敗してしまう人の特徴を3つ挙げていきます。

準備不足

独立を成功に導くためには、とにかく準備が必要不可欠。勢いだけでなんの準備もしていない状態で独立をしてしまうと、失敗に終わる可能性が高まってしまいます。下準備には、どのような内容で独立をするのかを考えておくことはもちろん、自分の適正や強みはどのようなものかを知っておいたり、しばらく収入がなくても生活していけるだけの貯金をしておいたりすることも含まれます。事前に独立する際に必要になりうることを洗い出し、準備しておくようにしましょう。

計画不足

準備不足と通じますが、計画不足も独立に失敗してしまう人の特徴のひとつです。独立をする際、必ず先人の意見や体験談を耳にするはずです。このとき、成功体験を聞いて「いいな、独立したいな」と感じる方がほとんどでしょう。もちろん、成功体験を聞くことや物事をプラスに考えて行動することは大切です。しかし、成功体験ばかりで失敗体験を聞いていなかったり、マイナスのことを考えていなかったりすると、独立してもうまく事業が回らないことも。「もし◯◯になったらどうしよう、◯◯が起きたらどうしよう」とリスクを念頭に入れておきましょう。

ニーズの調査不足

熱意を持って独立することは重要です。しかし何も考えずに始めてしまうと、市場のニーズにマッチしていない事業を進めていることが後から発覚するなんてことも。さらには競合の企業がないと思っていたら、全く市場にニーズのない事業だったなんてことも起き得ます。後から軌道修正をすることも重要ではあるものの、最初から誰かに求められている仕事をしたいですよね。そのためにも、ニーズの調査は徹底して行っておくべきでしょう。

独立して成功するためには

独立に失敗する人の特徴として、準備不足だったり、計画不足だったり、ニーズの調査不足だったりする共通点が挙げられました。それでは、対して独立を成功させている人にはどのような特徴があるのでしょうか。探っていきましょう。

独立したい理由を慎重に考える

独立をするためには、熱意や勢いも必要です。しかし、なぜ独立したいのか、その理由をはっきりさせておくことはもっと重要です。なぜ独立したいのか、独立した先でどのような人間になりたいのかを明確にしましょう。収入のイメージや、家族構成の変化など、プライベートな人生計画も盛り込んでおくことをおすすめします。人生のフェーズの中で、どのタイミングで公私ともにどうありたいのかを計画し、多方面から独立することに対して慎重な検討をしましょう。

資金集めをする

独立をすることは会社勤めをしているよりも収入を得られるイメージを持っている方も少なくはありません。しかし、独立していきなり売り上げを立てるのは難しいです。そのため、一時的に売り上げが立たず収入がなくなることを想定しなくてはいけません。事業をするためにも、生活をしていくのにもお金がかかります。いざというときに首が回らなくなってしまわないよう、独立をする前に資金をある程度確保しておくようにしましょう。

マイナスの面を想定する

独立を成功させるためにはプラスのことばかりではなく、マイナス面やリスクについて想定しておくことが重要です。仮に収入の得られる事業を立ち上げたとしても、かかる費用が大きいと経営が傾いた際に持ちこたえるのが難しくなってしまいます。最悪を想定できているとリスクヘッジができるようになります。必ず良い面と悪い面の両方から事業の計画をしておくようにしましょう。

独立を成功させるための準備とは

独立を成功させるためには?失敗しないために事前に準備しておきたいことを解説!

独立を成功させるためのポイントを抑えた上で、準備しておくべきことはどのようなことなのでしょうか。独立する前に必ず準備しておきたい5つのポイントを紹介していきます。

独立することを理解する

独立と聞くと、会社勤めをしているよりも自由度の高い人生を送れそうと漠然とイメージしている方も多いのではないでしょうか。独立して自分で生きていくことは、縛りが少なくなるため自由度が高いです。しかし、自由には責任が伴います。どこにいれば良いのか、何をすれば良いのか決めてくれる人がいないため、すべて自分で決定し、管理し、進めていく必要があります。保険や年金の支払いなどもすべて自身で一から行わなくてはならず、手続きが面倒なこともあります。今まで気にしたこともなかったことを自身で行わなければいけない事実を把握しておく必要があります。

社会人としてのマナーを身につける

独立をすると、社会人としてのマナーを教えてくれる先輩社員がいません。加えて会社としての信頼もないため、自分のことをどれだけ信用してもらえるかが重要になります。より高い信頼を得るためにも、社会人としてのマナーは必要不可欠。独立をしたいのであれば、その前に必ず社会人としてのマナーを最低限身につけておくようにしましょう。また、お客様になりうる人は会社であることがほとんどです。独立する前に一旦会社勤めを経験しておくこともおすすめです。

独立前に副業から始めてみる

キャリアをどれだけ積んだとしても、それが独立した後に活きるとは限りません。また、独立して事業を立ち上げたとしても最初はそれほど時間を要さないこともあります。そこで、まずはいきなり独立してしまうのではなく、副業として始めてみることをおすすめします。副業として事業を行う分には、収入も安定しているため失敗してしまっても私生活まで破綻させてしまう可能性が少ないです。副業で生活できるだけの額を稼げるようになってから、独立へと転換する手段もあります。

1年間分の生活資金を確保しておく

どんなに事業が良い波に乗っていたとしても、いつ経営が傾くかはわかりません。そこで、いつ何が起きたとしても生活していけるよう、1年間収入がなくても生きていけるだけの貯金をしておくことをおすすめします。生活が確保されていれば、事業が傾いたり失敗しそうになったりしても、余裕が生まれ回復へと気持ちを進めやすくなります。

独立にフランチャイズを活用してみる

フランチャイズと言うと飲食店やコンビニをイメージする方も多いのではないでしょうか。フランチャイズを活用することで、業界やビジネスでのノウハウを得ることができます。いきなりゼロから始めてしまうと、わからないことだらけで失敗の可能性が高まってしまいます。フランチャイズを活用して独立することで知識が身に付き、事業成功につながりやすくなります。

独立成功の鍵は、正しい意識を貫き通すこと

独立を成功させるためには?失敗しないために事前に準備しておきたいことを解説!

どんなに熱意があったり、知識があったりしても、独立をすることは簡単なことではありません。思ったように事業が成長してくれなかったり、理解してもらえなかったりすることも多いでしょう。独立して成功するためには、正しい判断を常に下し、自分の意識を貫くことが重要です。なぜこの事業で独立したいのかを今一度振り返り、徹底した調査と慎重な決断の元、独立への一歩を踏み出しましょう。

PROFILE

ちはる

WEBライターとして、不動産、化粧品、エンタメなど幅広いジャンルで記事を執筆中。

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。