カテゴリー

税理士ドットコム

どうせやるなら、誰よりも先に:VOL.246

どうせやるなら、誰よりも先に:VOL.246

PROFILE

山地 瞭さん(27歳)

(株)スタジオル/横浜市泉区
幼少期からピアノに親しむ。大学時代はピアノサークルの会長を務めた。卒業後は楽天でマーケティングリサーチ事業に従事。2017年4月に独立。音楽スタジオウェブ予約プラットフォーム「スタジオル」をリリース。会員数は4000名を突破している。

VOL.246
ありそうでなかったスタジオのウェブ予約システム

ピアノサークルに所属していた頃、気づいたことがあって。それまでピアノというと「小さい頃から親しんでいる、選ばれし者だけが弾ける」イメージでした。でもサークルに入ってくる初心者はどんどん上手になる。なぜかって、場所、道具、人がそろっていたからなんです。部室には4台のピアノがあって弾き放題、教えてくれる先輩もいました。

楽器をいつでも誰でも楽しめるものにする、楽器演奏の民主化を目指すビジネスを探し始めたのはそれからです。調べてみると日本には楽器演奏をしたい人は人口の70%もいるのに実際の楽器演奏人口は6%しかいない。このギャップを埋められたら。「スタジオル」はその入り口、音楽スタジオのウェブ予約プラットフォームです。社会人になってドラムを始めたんですが、なかなかスタジオを予約できませんでした。この時代に予約サイトがないんです。音楽スタジオは全国3000店舗だけ、しかもそれぞれ独特のルールがあるから、大手のベンダーが参入を避けていたんですね。でも課題は明確、ソリューションも明快、僕は音楽が好き。だったらやれる、戦える。

営業をかけるのはドラムの個人練習のついで。会計の時に「実は」と声をかけるんです。登録していただけるスタジオが増えるにつれ、めちゃくちゃドラムがうまくなってますね(笑)。

「好き」を仕事にする時のポイントは?

消費者として「好き」なのか、事業者としてなのか。僕も音楽以外に好きなものがたくさんありますが、事業者として興味を持てそうなのは今のところ音楽だけです。

 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2019.夏号
「猫、縄跳び、ハバネロ…それぞれの稼ぎ方 『好き』はカネなり」より

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

強者生存ではなく、適者生存。

最後に生き残るのは、移りゆく環境に適応できるものである。ビジネスの世界では、そうよく言われます。

独立・起業を検討する上でも、環境に適応し柔軟に自分を変えることは、とても重要であると言えるでしょう。

前回に引き続き、今回お話を伺ったのはプロeスポーツ実況者のアール/野田龍太郎さん。
(さらに…)

2020年8月7日

中小企業の社長が突然亡くなってしまうケースが多くみられます。

残された遺族としては会社をどうするかも決めなければなりませんが、会社の借金にも注意が必要です。

会社は銀行から借り入れをしていることがあります。

この場合、社長はその借り入れの連帯保証をしている場合が多いです。

この連帯保証とは何か、どうすればよいかを考えていきます。

(さらに…)

2020年8月5日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ