カテゴリー

Line

バリアフリーの着物で日本の着物文化を守る:VOL.210 

2018年10月22日

PLOFILE

鈴木富佐江さん(81歳)

(株)さくら着物工房/東京都調布市
1936年生まれ。幼少から着物に親しんでいたが、定年退職後の2001年、脳梗塞を患い、帯が結べなくなる。
折り紙をヒントに、わずか2分で結べる帯「さくら造り」を考案し、特許出願。
さくら着物工房を開設して講師養成講座をスタート。
今では、さくら造りを含めて4つの特許を保有している。

VOL.210
バリアフリーの着物で日本の着物文化を守る

大きい夢さえ持っていたら
小さい夢はぜんぶ実っちゃうの

朝、歯を磨いていたら手が動かなくなって、脳梗塞。右半身が不自由になりました。小さい頃から着物に親しんで、それまでシャッシャと帯も結んでいたのに、手が後ろに回らない。あの時は絶望、虚脱感です。でも「さくら造り」帯なら、そんな私も2分で着付けができる。背中の結びと胴の部分を先に作っておき、あとは紐でとめるだけ。障害をお持ちの方も高齢の方も、これなら着られるとすごく喜んでくださいます。車椅子のご婦人がシャンと立ちあがるぐらいに。

今は着付けの講師を育てるお教室をしています。私の恩師は「何でも夢は大きく持ちなさい」といいました。そうすれば小さい夢は全部叶うからという理屈でね。それなら私はさくら造りを全国に広めようと思ったんです。講師たちがまた生徒を持ち、日本の着物文化を守ってくれることでしょう。20年の東京パラリンピックも大きな目標。外国の方にも着物の魅力を伝えられるよう頑張るつもりです。車椅子の方が座ったまま着付けができる、ファスナー付きの着物も考案したんですよ。

病気をするまで、着付けなんて「できて当たり前」でした。体が不自由な方がいっぱいいるということに、思いが至らなかったんですね。だけど神様がちょっと意地悪をしたおかげで、知恵を授かった。つくづく、人生には無駄がないなと思います。
 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、阪巻正志
アントレ2018.春号 「平均年齢81歳、『働く』を楽しむ 稼ぐ! 老後天国」より

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

令和元年10月より、いよいよはじまる消費税増税。そして同時に実施される、軽減税率制度。

軽減税率制度とは、あらゆる商品・サービスの消費税が10%になる中で、主に飲食料品などを対象に消費税が8%のまま据え置きになるという制度のことです。

多くのニュースでは、飲食料品にスポットを当てた内容が多いため、消費者目線での理解にとどまっている方も多いのではないでしょうか。
(さらに…)

2019年7月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ