カテゴリー

Line

会社のイメージにもなる“ロゴ”

名刺やホームページにロゴが入っていると印象が違いますよね。企業の理念を伝えるコンセプトを持った美しいロゴは、社名と同じように疎かにできません。なぜなら、プロモーション効果があり、企業戦略の大きな柱として重要なものだからです。ロゴに経営者の想いやストーリーを乗せて、会社とともに歩んでいけるデザインを考慮してみましょう。

1 企業戦略の1つとして

ロゴは経営理念や企業戦略、信念を伝えることができるプロモーションの1つです。名刺やホームページ作成の際に必要となることが多く、企業の顔となります。コーポレートアイデンティティーとして、大きな意味を持っています。一目で見て取れるロゴは、社内外を問わず経営者の想いを一瞬で伝えることができ、また、そのようなものであるべきです。有名企業のロゴにはさまざまな由来を持つものがあります。
例えば、永遠に平和への貢献を追求するというという思いをこめたものや、アスリートの成功への試練や目指すべきゴールをイメージしたものなど、ストーリーが消費者にも分かりやすい形で伝えられています。それぞれのロゴは、企業の経営理念をイメージの中に閉じ込めて、見ている人に対して自然にその印象を与え続けているのです。

2 ブランド戦略として

企業戦略としてのブランド戦略、ブランディングというのは、その企業のブランドやサービス、商品を好きになってもらったり、選択してもらったりするための行為です。ロゴでブランド戦略を行うためには、できるだけ印象に残るロゴを作って相手の心にイメージを残すことが大切です。

名刺やホームページなどで視覚から訴えることは、会社の持つイメージを分かりやすく伝えることができるため、大変重要です。商品やサービスだけでなく、求人などでもロゴの持つイメージから、求めているような人材を集めることが可能となり、企業の発展に結びついていきます。

長く会社を続けていくことでロゴが企業ブランドとしての価値を高めていきます。多くの人に認知されファンとして商品を愛用してもらい、その上で周囲の人々に勧めたり、口コミで評判をさらに高めたりしていくためにも効果的です。また、そうなることで、ロゴが一人歩きし、宣伝を行っているのと同じ働きを持ち、実質的な宣伝を行うためのプロモーションコストを抑えつつ、売り上げを安定へと導きます。周囲に広まれば広まるほどにブランドの価値も高くなり、消費者は信頼性や購買意欲を感じるようになっていきます。

3 製作は外注がおすすめ

ロゴは、そのデザインによって一瞬で消費者や取引先にイメージを伝えられることが必要です。視覚的イメージが最も強い色の選択など、ロゴを作るときに、おさえるべき点がいくつもあります。ロゴに使う色は、それぞれの色が持つイメージを理解し、それを生かすことが必要です。以下の色は多くの企業で使われており、それぞれの企業戦略に合わせた選択によって企業のブランドを印象づけています。

・赤
「革新」や「情熱」、「強さ」や「先進」などのイメージがあります。明るく元気なイメージとしてロゴに採用されやすいカラーです。

・青
「クール」、「清潔」、「知的」、「誠実」、「安心」や「信頼感」などのイメージを与えます。世界の有名企業でも青を選ぶケースが多く、日本でも人気の高い色です。

・黄色
活発で好奇心旺盛なイメージであり、気分を高揚させる効果があります。

企業にとって重要な意味を持つロゴは安易に決定できず、いきなり自分たちで作ることが困難なものです。実際にロゴを作る場合には、専門業者に外注することが望ましい選択となるでしょう。外注方法としては、アウトソーシングとクラウドソーシングがあります。アウトソーシングは、デザイン会社などに依頼するものです。クラウドソーシングというのは、依頼したいことをクラウドソーシングというシステムに登録して、受注者からの応募を待つ方法です。

アウトソーシングのメリットとしては、プロのデザイナーやデザイン会社との直接取引を行うため、クオリティーやコンタクトの円滑さなどを求められる点です。一方、クラウドソーシングの場合には、アマチュアの製作者が応募やコンタクト方法にシステムを通すなどの制約がある場合があります。

クラウドソーシングの良さは、こちらの希望する予算やロゴのイメージなどをあらかじめ示すことで、それに合う応募者を集めることができる点です。募集時に経験者のみに条件を絞ることでリスクを抑え、実績を見せてもらうなど依頼する企業がアドバンテージを取ることもできます。

まとめ

起業時は時間に追われることが多く、ロゴの作成などは後回しにされがちです。しかし、ロゴは企業の顔として今後の経営に大きなメリットとなりますし、ロゴを作ることで気持ちも高めることもできるので、起業の活力としても早めに作ることをおすすめします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

西本匡さんは、青森にあるキューピーの工場でマヨネーズなどを作る仕事をしていました。東日本大震災を経験したことで、このままで良いのだろうかと思い悩むようになり、「あのとき、やっておけば良かった」と後悔したくないという思いから、起業を考え始めます。
ですが、なかなか何をやれば良いのかが見つかりませんでした。何年も考え続けた結果、辿り着いたのが、好きな「釣り」を価値に変えることでした。

ビジネスプランコンテストの受賞などをきっかけに、青森で唯一のフィッシングガイドとして会社員時代より幸せな働き方を手に入れた西本さんは、数年間で「釣り」で稼げるガイドとして活躍しています。好きな「釣り」をどうやって仕事に変えたのか、お伺いしました。

(さらに…)

2018年7月20日

起業や開業のノウハウ記事はよく見かけますが、その逆の会社をたたむ際の倒産や譲渡、整理の情報はあまり多くありません。しかし、起業時に気になるのは、こういった実情ではないでしょうか。

「会社を潰すことになった場合、タイミングをどう見極めればいいのか?」
「再起不能にならず、再起をかけるために決してやってはいけないことは?」

ということについて、シリアルアントレプレナーのTさんにお話を伺いました。Tさんは40代(男性)で現在も会社経営者。新卒で入った会社を3カ月で辞め、これまで7社の会社を立ち上げたり閉じたりしてきた方です。
(さらに…)

2018年7月19日

PLOFILE

小津智一さん(45歳)

(株)OZ Company/福岡市中央区
アパレルなどを経て、2006年に創業。
高校卒業後、大手石油化学メーカーに就職。2006年に長女が誕生したのを機に脱サラ。
福岡県、長崎県に6カ所の企業内保育所を運営している。
保育士の働きやすさを向上させる施策を導入し、離職率はほぼゼロ。 (さらに…)

2018年7月18日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ