カテゴリー

税理士ドットコム

「これでいいのか」の答えは、最大の武器、“妻の料理”! 雇われない生き方:VOL.147

「これでいいのか」の答えは、最大の武器、“妻の料理”! 雇われない生き方:VOL.147

PROFILE

谷貝 英之さん(37歳)

つむぐカフェ/東京都文京区

広告代理店で企画営業に従事した後、アパレル関係の副資材を扱う商社に勤務。体調を崩して休職した後、洋食コックの経験を持つ妻・茜さんと独立を決意。退職後の8カ月、店舗物件探しを続けた。12年、散歩の名所・谷根千エリアに、パングラタンを名物料理にした親子でくつろげるカフェを開業。

VOL.147
「これでいいのか」の答えは、最大の武器、“妻の料理”!

子連れ客大歓迎のカフェ。
料理も自慢の憩いの空間

社で営業をする中、定年後は元コックの妻と一緒にカフェでもやろうと話していました。それが早まったのは、体調を崩して休職したことで、会社に自己退職をにおわされたから。転職するか会社に残るか。悩んでいたら、妻は「戻っても状況は厳しいし、転職しても同じかも。それなら独立してみない?」と言ってくれました。とはいえ、当時は子どもが生まれたばかり。また、震災後の外食産業の状況にも希望は持てなかった。安定を手放す根拠がほしくて、一つひとつ自分なりに結論を出すことにしました。

 まず、「定収入があれば子どもは育てられるけれど、自分と妻は不自由。独立は自由になれるけれど、必死で働かねば稼げない」と何度も条件を天秤にかけ、人生を豊かにできるのは独立だという結論に。また、自分の持つ資源の中では、洋食のコックだった妻の料理が最大の武器であり、それを生かすには飲食店しかないと。僕は広告代理店で販促企画に従事した経験があるので、力を合わせればやれると考えた。さらに、2人とも散策やインテリア、音楽が好きで、親子でもくつろげる店がつくりたかったことを考えると、すべて表現できるのはカフェでした。

 「本当にこれでいいのか」と不安になる時があっても、二人で結論を出してきたから、それでいいと思えましたね。経営が軌道に乗るまで1年半かかりましたが、あの時、決断しなかったら、ストレスでダウンしていたかも。それに、定年まで待っていたら今の店はつくれなかったと思うんです。


更新日:2016/8/3
取材・文/上野真理子 撮影/刑部友康、阪巻正志、四宮義博
アントレ2016.冬号 「いざ独立!私たちの第一歩」より

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。
(さらに…)

2020年11月30日

特定非営利活動法人 日本ハウスクリーニング協会/理事長

金子 晴雄

事業内容
1985年創業。”ハウスクリーニング”という⾔葉の生みの親。
「ハウスクリーニングの指導と育成」および「ハウスクリーニングの普及と啓発」を推進し、2001年にNPO法⼈(特定⾮営利活動法⼈)として認証。福祉活動として、橿原神宮、熱⽥神宮、太宰府天満宮等の歴史ある大社の奉仕清掃も実施。「人を育てる」ための事業として活動しているため、ロイヤリティは取らない信念で本部運営を行う。

利益を追い求めるのではなく、福祉の輪を広げたい。自身の挫折経験から「助け合いの精神」の重要性を再認識しました。

(さらに…)

2020年11月27日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

【今年度】人気ランキング

総合ランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ