カテゴリー

税理士ドットコム

黒字を出せ、バンドマン! ブログとバンドの二刀流で作る「音楽を一生続けられる世界」

黒字を出せ、バンドマン! ブログとバンドの二刀流で作る「音楽を一生続けられる世界」

「誰に、どんな価値を提供したいのか」

独立・起業を考える上で、おそらく誰もが考える根源的な問いです。

今回お話を伺った星川崇さんは「バンドマンが音楽を一生続けられる世界」を作るために、独立を果たしました。

ドラマーとしてバンド活動をする傍ら、月間20万PVを誇るブログメディア「バン活!〜バンドマンのための音楽活動サイト」(http://www.shellbys.com/)を運営している星川さん。

ブログとバンドの活動で、どのようにそんな世界を作っているのでしょうか。

<プロフィール>
星川崇さん

1986年生まれ。山形県出身。

大学入学時から現在まで10年以上ドラマーとして活躍。

2017年からは自身が運営するブログ「バン活!バンドマンのための音楽活動サイト」(http://www.shellbys.com/)の収益を軸とするブロガーとして独立。

バンドマンだからこそできる、唯一無二のブログ制作

ーバンドマンとブロガーを両立されている星川さん。現在に至るまでの経緯を教えてください。

星川さん
僕は18歳で山形から上京し、大学進学と同時にバンドを組みました。ドラムも、その時に始めたんです。

とはいえ、音楽との出合い自体はもっと前でした。

僕が中高生の時によく放送していた「ハモネプリーグ」(アカペラのコーラスを扱った番組企画)が流行っていたこともあって、ボイスパーカッションをやっていたんです。

音楽の重要な要素である「リズム」が身体に染み込んでいたので、音楽にはすんなり入っていけましたね。

そこから本格的にバンド活動をしていき、CDを自主制作・販売も経験したのですが、結成して間もないレベルのバンドで、CDを売るのには限界がありました。

そこで売り上げを伸ばすために「もっと宣伝をしよう!」と、メンバーそれぞれのSNS等でPR活動を始めました。その中で特に効果があったのが、ブログでの発信だったんです。

ーそこからバンドマンとブロガーの両立が始まったんですね。

星川さん
はい。広告収入やアフィリエイトなど、ブログを始めてから少しずつ収益が発生していくようになったので、音楽にも集中できるようになり「これは両立しやすいな」と手応えを感じました。

初めはCDの宣伝をするためだけにブログを書いていたのですが、続けていくうちにブログを書くこと自体に夢中になっていました(笑)。

そしてブログと音楽活動を並行して行ってきたのですが、昨年、在籍していたバンドが活動を休止しました。

ーバンド活動を休止してからは、星川さんはどのような活動を?

星川さん
ブログだけは続けていました。その他にも生活していくためにアルバイトもしていましたが、今年の1月にブログ1本で生活できる目処が立ったので、ブロガーとして独立しました。

その後も再びバンドを組んだのですが、様々な事情で活動を休止。今現在はブログ中心の生活をしています。

ー現在はブロガーとしてご活躍されているんですね。

星川さん
今のところはそうですね。

ですが、バンド活動も再開しようと思っています。

僕はもともとブロガーである前に、バンド活動で生計を立てるバンドマンですから。

それにブログでは、僕のような状況のバンドマンを読者と想定していますし…。

今はブログのみの活動になってしまっていますが、いずれはまたバンドと両立をして、ブログとバンドの2つで生計を立てられるライフスタイルを実現したいなと、思っています。

世のバンドマンを、もっと幸せにしたい。ブログとバンドの二刀流にこだわるワケ


出典:http://www.shellbys.com/

ー星川さんのブログを拝見する限り、個人のブログというよりも1つの「メディア」のような充実した内容の記事が多いですよね。ブログにはどれくらいの時間を当てているのでしょう?

星川さん
ブログには週に5〜6日、1日に6時間ほど費やしています。

たまに音楽業界をよく知る大手レコード会社の人などにインタビューをする記事も制作しています。そのための取材等にも時間を要しているので、かかる時はもっとかかりますね。

ーただそれほどブログに時間を費やすとなると、バンドと両立するに当たって大変な部分も出てくるのではないでしょうか?

星川さん
ブログに関しては先ほど触れましたが、好きでやっていることなので、「キツイなぁ」と感じたことはないですね。

大変だと感じる以上に、「ブログを読者にとって有益なものにしたい」という気持ちの方が強いので、自然と記事執筆に多くの時間をかけるようになっているんです。

またブログをやっていたからこそ、僕と同じくドラマーで、起業家として活躍されている、海保けんたろーさん(https://entrenet.jp/magazine/7115/)や作曲・編曲家のこおろぎさん(https://entrenet.jp/magazine/10123/)をはじめ、様々な人との出会いも増えましたから。

こういった多くのつながりが生まれるので、出会いの場や活動の幅を広げられるという意味でも、ブログの存在は大きいと思います。

ー先程星川さんは「ブログはバンドがあってこそ」とおっしゃいました。星川さんにとって、ブログ本来の役割はバンドの広報だったそうですが、他に理由はありますか?

星川さん
ブログで発信を続けている内に、長年のバンド生活・ブログ生活で培ってきた自分の経験をもっと発信して「世の中のバンドマンがもっと経済的に豊かになって、よりよい音楽を発信できるような情報を提供したい」と思うようになったんです。

バンドで稼ぐことって、精神的にも肉体的にも、めちゃくちゃ大変なんですよ。

グループとして目指す目標は同じでも、それぞれ個人の意見がありますし、時にはその個人同士がぶつかり合うこともあります。

お金のことに関しても、スタジオ練習やライブ費用、楽器などの消耗品にも多くの金額を経費として差し引かれてしまいます。

だからバンドだけで稼ごうと思うと、なかなか厳しいのが現状です。

音楽的な方向性、かさむ活動費用…。バンドマンにとって悩みのタネは尽きません。

なので僕のブログでは、バンドマンが音楽活動をする上で困ること、そしてそれを解決する方法を中心に情報を発信しているんです。

ーだからこそ、自分が1バンドマンとして最前線で活動していかなきゃいけない、というわけですね。

星川さん
その通りです。

僕もかれこれ10年以上バンドをしているので、今はその経験の貯蓄から書いています。

ですが完全に現役から離れ、バンドをやらない時間が増えれば増えるほど、僕の経験はゆるやかに衰えていきます。

そうなると「今バンドをやっているバンドマンが欲しい情報」からどんどん遠くなってきてしまうんですよね。

まず僕自身がバンドで生計を立てる。そしてそこで得た見識をブログとして発信する。

その2つが上手くいくような関係を作ることが、バンドとブログの二刀流の流儀です。

どんなビジネスでも、続かなかったら意味がない。音楽を一生続けられる環境を作るために必要なこと

ー星川さんが仕事をする上で、大切にしていることはなんですか?

星川さん
これは、あらゆるビジネスの基本だと思うのですが「誰にどんな価値を提供したいのか」を明確にすることって、本当に大切だと思います。

僕の場合は、自分の音楽を聞いてくれるリスナーに、音楽を届け続けること。

そして、世のバンドマンに対して、価値のある情報を発信し続けて、彼らが経済的にも音楽的にも成功するためのヒントを送り続けること。

ー「誰にどんな価値を提供したいのか」。バンドやブログだけでなく、とても重要な視点だと思います。その他に重要なことはなんでしょう?

星川さん
やはり「継続すること」だと思います。

バンドもブログも、続けることに意味があるし、続けるからこそ価値を提供できるし、稼ぐこともできる。

逆に言えば、どんなビジネスでも「続かなかったら意味がないし、稼げない」ということです。

ではどうしたら継続できるのか。

様々な答えが思い浮かびますが、僕は「自分の好きなことをすること」だと思います。

僕の場合はバンドとブログでした。バンドもブログも大好きだったからこそ夢中になれたし、ここまで情熱を持って続けることができた。

特にこれから独立・起業を考えている人にとっては、なおさら大切にしていただきたい考え方です。

要注意なのは自分が好きなことではなく、流行やトレンドになんとなく流されて、独立・起業をされてしまうことだと思います。

たしかに流行に乗ればそれなりに稼ぐこともできるかもしれませんが、絶対に長続きしません。

苦しい時、逃げ出したい時にどう乗り越えるか。そのモチベーションの源泉は、自分の仕事がどれくらい好きかという点にかかっていると思います。

ー継続しないビジネスは意味がない。星川さんならではのメッセージだと思います。バンドマンやブロガーに限らず、重要なことですね。最後に、星川さんの今後の目標を教えてください。

星川さん
音楽をやりたい人が「音楽を一生続ける」ことが当たり前になる世界観を、僕なりのアプローチで作っていきたいですね。

音楽活動を一生続けていくためにはどうすればいいのか。

そのためには1人でも多くの「黒字を出せるバンドマン」が増えればいいのではないかと思います。

ライブで、出演するグループが全員黒字を出すくらい人気があるとしましょう。

そういった「稼げるバンドマン」は、ライブ会場側から出演依頼を受けるようになりますし、活動の幅が広がって長く音楽を続けることができます。

多くのバンドマンが活躍できるよう、音楽業界の底上げを図り、食えないバンドマンを減らしていく。

僕のバンドマンとブロガーの両立生活が、そのサポートを担えたら思っています。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

独立・起業における成功の定義とは、なんでしょう。

常に安定した売り上げを立てること。誰かの役に立つ仕事をすること。独立・起業をする際に決めた目的を初志貫徹すること。

その答えは、人の数だけ定義が存在するのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは、梅北要さん。梅北さんはプロバスケットボールの試合を始めとするMC業をされている傍ら、ドッグカフェ「Munch's」を経営しています。
(さらに…)

2020年2月20日

独立開業して事業が順調に拡大していくにつれて、関わるメンバーが増えていきます。ただ多種多様な人材が集まると、メンバーそれぞれに生産性の違いが見られるようになります。

そのため、チームの生産性を最大限に発揮するための「チームマネジメント」が欠かせません。

チームリーダーが理解しておきたい、チームマネジメントの手法と求められる能力について、以下ご紹介していきましょう。

業務効率化を実現する「チームマネジメント」

チームマネジメントとは、チームメンバーが持つ知識や能力を最大限に発揮させるためのマネジメント手法で、チームを率いるリーダーにとって重要な職務の一つです。

企業は、業務効率化を行いながら今まで以上に売上を拡大することで、事業を成長させようとします。しかし、以前のような「良いものを大量に作れば売れる」という時代はすでに終わり、カスタマーのニーズが多様化する中、新しいサービスの開発やイノベーションの創出が求められています。

一方、企業は人口高齢化による生産年齢人口の減少により働き手となる人材の確保が難しくなってきています。また昨今では長時間労働の規制も厳しくなっているため、今までよりも少人数かつ短期間で、今までよりも同様かそれ以上の成果を挙げることも求められています。

このように新たな価値の創出だけでなく、業務の効率化やスピード化も求められる中、「チームマネジメント」が有効であると注目を集めています。

特に大切なのは「目標設定」と「場の雰囲気づくり」

チームマネジメントの目的である「チーム生産性を最大限の向上」を実現するために、ネット上をはじめ世の中にはいろいろな手法が紹介されていますが、今回はその中でも特に大切な「適切な目標設定」と、「建設的な雰囲気をつくる」の2点についてご紹介します。

適切な目標を設定する

チームが一丸となって達成を目指すためには、まず適切な目標を設定する必要があります。目標が実現不可能なものであったり曖昧であったりすると、チームの存在意義が失われかねません。

設定する目標は、簡単に達成できてしまうレベルだとメンバーが頑張らなくなりますし、逆に高すぎるとメンバーが最初からあきらめてしまい、目標が形骸化してしまいます。個々のメンバーに「頑張ったら達成できる」くらいのレベルを見極めて、具体的な数値等で明確に目標を設定するようにします。

チームには多種多様の考えを持ったメンバーが在籍しています。そのため、リーダーは個々のメンバーの多様性を重視しつつ、メンバーひとり一人としっかりと情報共有を行い、メンバーが「その目標を達成したいと思えるか」「目標達成のイメージが描けるか」といったことを確認しながら設定していきます。

またゴールに向けて予定通りに進行しているかどうかを随時チェックすることも重要です。

建設的な雰囲気をつくる

メンバーを統率し、一つの目標に向かってチーム力を発揮するためには、チームの雰囲気作りが欠かせません。

時にはチーム内に批判や衝突が起きることもあると思います。それを皆で受け入れ、建設的な議論になるよう、メンバー間の信頼関係を構築することが重要です。

個々のメンバーの多様性を認め、ひとり一人が必ず発言できる機会を与え、コミュニケーションを活性化させます。誰もが自分の考えを発言し、意見を言い合える「場の空気」をつくりましょう。

成功するチームは、メンバーが批判や争いを恐れず、互いの脆弱性を認め「全員がチームに対する責任と権利」を持っています。その状態が実現できれば、メンバーがそれぞれのリーダーシップを発揮して、互いの弱みをカバーし、強みを活かすことを自然に求めるようになるでしょう。メンバーがモチベーションを維持し、目的と自主性を持って仕事に向かうからこそ生産性は高まるのです。

チームマネジメントに求められる4能力

チームマネジメントを行うリーダーに求められる能力は、大きく以下の①~④になります。

① 目標設定能力

リーダーに求められる能力の一つが、目標設定能力です。チームマネジメントにおける目標設定は、チームメンバー全員が納得できるものでなければなりません。ひとりでも目標に納得できないメンバーがいた場合、その時点で目標達成が困難なものとなります。

そのため、リーダーは設定した目標について、その目的や理由、理念も含めてメンバーに共有し、メンバーの目標に対する納得感を醸成することが求められます。

また達成難易度をギリギリ達成できるレベルに設定することで、チームメンバーのモチベーションや士気を高めます。

さらに中間目標を設定することで、チームやメンバーの進捗管理をしやすくなり、達成確率も高まります。

② コーチング能力

コーチング能力とは、メンバーの強みや長所というポジティブな面を見つけ出し、部下の成長を促し、達成感を与える能力です。

チームで目標を達成するには、各メンバーが自己の能力を最大限に向上させ、発揮することでチームに貢献してもらうことが重要です。そのため、チームリーダーにはメンバーの長所や強みを見つけ出し、それを活かすためのコーチングが求められるのです。

③ コミュニケーション能力

チームリーダーは、チームの目標や業務の目的を設定する段階で、メンバー全員が納得できる説明を行なわなければいけません。また、チームとして目標を達成するために、メンバーに的確な指示やアドバイスを伝える必要があります。

そのためには、リーダーにはメンバー間のコミュニケーションを密に行い距離感を近づけていくコミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力を発揮できると、メンバーに言われなくても察知できるほどにメンバーのことをよく知っておくことや、自分の判断が間違っていないと自信をもって言える「信頼関係の構築」も可能になります。

④ 業務遂行能力(スケジュール管理・課題解決能力)

チーム目標を達成するためには、適切にスケジュールを管理し、チームメンバーが予定通り業務遂行できるように補佐し、メンバーそれぞれに的確な指示やアドバイスを行なう必要があります。

チームが直面する課題や問題の中には、チームメンバーはもちろん、リーダーひとりだけでは解決できないものもあります。そのため、チームマネジメントで求められる課題解決能力は、チームメンバーを巻き込んで、適切に解決を促すファシリテーター(組織において、中立的な立場からチーム活動を支援する役割を持つ人材)能力に似たものとなります。

個々の能力をうまく引き出し、生産性向上を実現しよう

今後さらなる事業成長やイノベーション創出が求められる中、チームマネジメントはますますその必要性を増していきます。

しかし、チームマネジメントは合理的にメンバーや業務を管理していくだけでは生産性を向上させることは難しく、ひとり一人と納得した目標設定を行い、彼らの強みや長所を伸ばし、メンバーが一丸となって取り組むような雰囲気を醸成して目標達成していくことが求められます。リーダーはチームマネジメントに必要な能力や習得方法を適切に理解して最適なチームマネジメントを行うことで、チームの生産性向上を実現していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年2月18日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ