カテゴリー

税理士ドットコム

個人事業主なら、生活費は事業主貸で仕訳を行おう

個人事業主なら、生活費は事業主貸で仕訳を行おう

個人事業主が事業とは関係のない生活費を、事業用の資金から事業主に貸す勘定項目を「事業主貸(じぎょうぬしかし)」といいます。

個人事業主に給与はありません。法人であれば、社長に対して支払う給与も経費にすることができますが、個人事業主の場合、事業主に対して給与を支払うことはできません。

その理由は、個人事業主の場合、売り上げから経費や税金を支払った残りを、すべて事業主の利益にすることができるからです。

しかし、利益の金額は決算まで確定しません。事業年度中に生活費などが必要となった場合や、自由にお金を使いたい場合、どうしたらよいのでしょうか。

この記事では、ファイナンシャルプランナーである筆者が事業主貸(じぎょうぬしかし)の概要や、事業主貸の仕分け、家族按分の考え方についてご紹介いたします。

事業主貸における個人事業主の生活費の考え方

個人事業主が、生活費など支払いが必要となったとき、事業用資金から引き出して使うことができます。

個人事業主に給与は支払われませんが、事業用の資金を生活費として使っても問題ありません。

ただし、従業員へ支払う給与や事業で使用する文房具代などとは異なり、経費として処理することは不可能です。

給与がない個人事業主にとっては、生活費などプライベートでの支払いも経費にしたいところですが、事業のために使ったお金とプライベートで使ったお金は明確に分けなければいけません。

個人事業主が事業用の資金を生活費などプライベートで使うとき、「事業主貸(じぎょうぬしかし)」という勘定科目で処理します。

事業主貸とは

事業主貸とは、個人事業主のみが使用する勘定科目です。

※この事業主貸とは逆にプライベートの資金を事業用の資金にすることを、「事業主借」といいます。

事業主貸は事業用の資金を事業主に貸し付けているという意味を持つため、資産勘定となります。

生活費などプライベートの支出以外にも、所得税、住民税、国民健康保険料、国民年金保険料、延滞税や加算税などを支払うときにも使用します。

これらの費用は事業を行うために必要な費用ではないため、事業資金から支払っても経費にすることはできず、事業主貸で仕訳します。

なお、個人事業税は租税公課として経費にすることができます。

国税庁のHPには「事業所得者用の帳簿の記帳のしかた」として、事業主貸の記載方法も事例が紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kojin_jigyo/kichou03.pdf

個人事業主が事業主貸で仕分ける注意点

個人事業主の場合、生活費などプライベートで使ったお金(事業主貸の対象)と事業用で使ったお金を完全に区分することが難しい場合があります。

家族旅行など、明らかに事業とは関係ない支出は、事業主貸として明確に区分することができます。

しかし、事業主の自宅でビジネスを行う場合の家賃や電気代、水道代、電話代や、また仕事でもプライベートでも使う自動車のガソリン代や駐車場代など、明確に分けることは困難です。

そのような場合、家事按分を行います。

家事按分とは、支出において個人での使用と事業での使用が混在する場合、一定の比率を決めて費用を按分することです。

按分比率の決め方について、明確な決まりはありません。

しかし、合理的な理由付けが必要になります。

例えば、75㎡の賃貸マンションに住んでいて、そのうち15㎡部分を事業用に使う場合、15㎡÷75㎡=0.2となり事業用の按分比率は20%となります。

家賃を個人用と事業用で按分する場合には、個人用が80%、事業用が20%となり、家賃の80%部分は事業主貸、20%部分は経費として処理します。

電気代や水道代、電話代、ガソリン代など、使用料に応じて金額が変わる場合、それぞれの使用料や使用時間に応じて、個人用と事業用を按分すると良いでしょう。

まとめ:事業主貸の科目でうまく整理しよう

今回は、個人事業主の生活費はどこから出すか、また、事業主貸の仕訳についてご紹介しました。

冒頭でも紹介したように、個人事業主に給与はありません。しかし、生活費などの支払いが必要になります。

事業用資金を生活費として使いたいとき、事業主貸の科目で整理することで、プライベートで使うことができます。

事業でも個人でも使うものの支出については、家事按分という方法で振り分けることができます。

個人事業主の場合、事業用の出費と個人の出費がわかりにくい点が多いため、自分自身で一定のルールを決め整理するとよいでしょう。

PROFILE

ファイナンシャルプランナー 富田浩司

ゴールドマン・サックス証券などの勤務を経て2007年に富田FP事務所を設立。主に、子育て世帯のマネープランをテーマに、講演、執筆活動などを行い、金融リテラシー向上に努める一方、FP相談では本音で話し、本気でサポートするFPとして、多数の顧客から支持を得ている。
<コンサルティングの得意分野>
ライフプラン(マネープラン)、子育て・教育資金、長期分散投資、保険新規見直し、不動産購入・不動産投資、節約経費削減、法人税金対策

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

株式会社ECOP/代表取締役社長

大原 実

事業内容
当社は窓ガラスコーティングのパイオニアとして17年間業界を牽引してきました。
又、全国に無数にある窓ガラスにフィルムを貼ることで様々なお悩みを解決しています。
・日焼防止の為の紫外線カット
・断熱/遮熱によるコストカット
・低階層の方には目隠しや防犯フィルム
・台風や地震対策としての飛散防止
・近年はウイルスに対する抗ウイルス抗菌フィルム
全国で困っている方の助けになればと考え事業展開しています。

我が子を紫外線ダメージから守りたい。子どもが集う施設に紫外線対策も含めた安全対策をしたいと考えたのが起業のきっかけです。

(さらに…)

2020年10月30日

退職所得の受給は退職後の不安を軽減するためにも重要な所得です。その退職所得に税金控除が適用されることを、ご存知でしょうか?

退職所得の受給に関する申告書は、退職金などの退職所得を申請する際に会社に提出する書類です。提出すると退職所得控除を受けられ、退職報酬にかかる税率が軽減するメリットがあります。退職所得の受給に関する申告書を知らなかったため提出していないという人は、確定申告書の手続きでも申請可能です。

また退職報酬の控除や退職後の税金を正しく計算し還付金を受け取るためにも、確定申告書の提出が必要になるケースも存在します。
初めて退職の場合、具体的に、いつどのような書類提出の手続きが必要か、どれくらいのメリットがあるのかわからない人も多いでしょう。

今回は、退職所得の受給に関する申告書の書き方・提出方法のほか、提出を忘れてしまった場合などの確定申告書の提出が必要なケースについても解説します。ぜひ参考にしてみてください。 (さらに…)

2020年10月29日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。
(さらに…)

2020年10月28日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ