カテゴリー

Line

「うまいだけ」では勝てない。1日10時間ゲームづけのプロゲーマー・板橋ザンギエフの覚悟

近年、競技の一種として発展しつつある「eスポーツ」。

eスポーツとは、世界中にいるゲームのプレイヤーが腕前を競うという、れっきとしたプロスポーツです。

4年に1度開催される世界的なスポーツの祭典オリンピック。そのアジア版「アジアオリンピック」にeスポーツがメダル種目として認定されるほど、大きな盛り上がりを見せています。

そして今回お話を伺ったのは、プロゲーマーの板橋ザンギエフさん。

板橋さんはプロeスポーツ「DetonatioN Gaming(デトネーション ゲーミング)」に所属するプロゲーマーであり、人気ゲーム「ストリートファイターV」において、数々の大会で優勝を経験する実力者です。

そんな百戦錬磨の板橋さんは、「うまいだけでは勝てない」と語ります。

今回は、板橋さんがプロゲーマーになるまでの道のりとともに、eスポーツの厳しさと楽しさ、そして好きを仕事にする覚悟について、伺いました。

<プロフィール>
板橋ザンギエフさん
1981年生まれ。通称、板ザン。

2D,3D格闘ゲームを中心に、国内外の大会で数々の優勝経験を誇る。
2016年6月、プロeスポーツ「DetonatioN Gaming」加入を発表。

プロゲーマー・板橋ザンギエフが、「eスポーツ」の世界に足を踏み入れるまで

ー板橋さんがプロゲーマーとして活動されるまでの経緯を教えてください。

板橋さん
もともと小さい頃からゲームで遊ぶことが好きだったので、10代の頃からプログラム関係の仕事に就きたいと漠然と思っていました。

なので大学卒業後にはシステムエンジニアとして仕事をしながら、趣味としてゲームを続けていたんです。

ーどのようなゲームをされていたんですか?

板橋さん
格闘ゲームです。

僕は今36歳なので、家庭用テレビゲーム機が普及してきた世代です。

こどもの頃はゲームセンターが文化として根付いていたので、対戦格闘ゲームの『バーチャファイター』をゲーセンに入り浸ってプレーしていました(笑)。

ちなみにバーチャファイターでは、「地名+キャラクター名」をプレイヤー名にすることが多いので、出身地である板橋区と「ザンギエフ」というキャラクター名を合わせて「板橋ザンギエフ」と名乗ることにしたんです。

ー板橋区の看板を背負っているわけですね(笑)。その後、プロになるまでに何があったのでしょう?

板橋さん
仕事とゲーマーを両立していくうちに、徐々に格闘ゲーム界で僕の名前が知られるようになっていきました。

すると、2012年にゲーム周辺機器メーカー「Razer」から声をかけていただいたんです。「スポンサーシップ契約を交わしてほしい」と。

ーそこからプロゲーマーとしてのキャリアがスタートしたわけですね。

板橋さん
はい。「Razer」のサポートのもと、eスポーツのさまざまなトーナメントやイベントに参加できるようになりました。

ただ、当時のeスポーツ界はまだ、プロゲーマーという職だけで、十分な生活ができるほどの収入はありませんでした。

なので、フリーでシステムエンジニアの仕事を続けながら、プロゲーマーと2足のわらじを履くという形で生計を立てていました。

ーしばらくはエンジニアとプロゲーマーを両立する生活が続いたのでしょうか?

板橋さん
そうですね。

そして2015年頃からe-sports界が徐々に盛り上がりを見せ始めていきました。

同年から、格闘ゲームの世界大会『カプコンカップ』が開催され、賞金総額は5,000万円。そのうち優勝賞金は2,800万円と、かなりの金額がもらえるようになりました。

ーとても大きな額の賞金ですね。

板橋さん
カプコンカップが始まったことがきっかけで、その他の大会も金額を張り合うようになり、それに応じてプレイヤー数はどんどん増加。

その頃になると、国内でも多くのプロチーム団体が結成されていくようになっていきました。

eスポーツがまさにプロスポーツとして成立する時代がやってきたんだなと、実感しましたね。

そのタイミングで、日本最強と言われているプロeスポーツ「DetonatioN Gaming」のCEO・梅崎伸幸さんを、知り合いのゲーマーが紹介してくれたんです。

ちょうどプロゲーマー1本で生活していこうと思っていたところでしたし、同チームが『ストリートファイターV』の選手の募集をしていたことも重なり、2016年に移籍することを決断しました。

うまいだけでは、勝てない。eスポーツのプロに学ぶ、勝負の世界で勝つための方法

ー実際に「日本最強」と言われているチームに入ってみて、いかがですか?

板橋さん
加入してはじめに思ったことが、「チームが1つの組織としてうまく回っているな」ということですね。

というのも、CEOの梅崎さんはチームのトップであると同時に「日本プロeスポーツ連盟」共同代表理事であり、さらに日本初の給与制プロゲーマーチームとその体制を発足させた、業界のパイオニアでもあるんです。

そんなeスポーツ界の中心人物といっても過言ではないような人がチームの代表を務めているので、僕たちプレイヤーはとても活動しやすい環境が整っているんですよ。

ー具体的にどのような環境が整っているのですか?

板橋さん
スポンサー契約を交わしてくれる企業との窓口、ゲームの練習に打ち込むのための環境、数多く開催される大会のフォローなど多岐にわたりますね。

なので僕らは何の心配もせず、自分のやるべきことに集中できるので、本当にありがたいです。

ーそれほど好きなゲームに専念できるというのは、板橋さんにとって、これ以上はないというほど理想的な環境ですね。では、板橋さん自身の活動を具体的に教えていただけますか?

板橋さん
はい。まずはなんといっても、eスポーツの大会ですね。

eスポーツの大会ってめちゃくちゃあるんですよ。

僕の場合、今年は海外に15大会ほど参加して、国内の大会にも数回出るので、1年間で約20回は大会に出場する予定ですね。

ー毎月1〜2回は大会をこなしている計算になりますが…?

板橋さん
そうなんですよ。

大会が多いことには理由があります。

先程お話しした年末に行われるカプコンカップに出場するためには、各大会で結果を出してポイントを稼ぐ必要があるんですよ。

1年間で獲得したポイントランキングの上位プレイヤーだけが、年間の総合勝者を決めるカプコンカップに出場する権利を得られるんです。

ーなるほど。テニスのように、各大会での獲得ポイントによって世界ランキングを決める、という仕組みと同じような感じですか?

板橋さん
まさにそんな感じです。

それくらい頻繁に大会が行われるので、少しでも空いている時間があれば、毎日みなさんがデスクワークでPCのキーボードを打っている感じでずっとゲームをしていますね。

練習時間としては平均10時間、大会前ならそれ以上の時間を費やします。

アスリートと同じように本気モードのスイッチが入ると、気が付いたら夜中まで練習していることも多々ありますね。

ゲームに直接触っていなくても、他のプレイヤーの動画を見て研究したり、大会に向けて戦略を考えたりと、常にゲームで強くなるために意識して取り組んでいます。

逆にそういう生活をしていかないと、次の大会までに間に合わないですから。

ーまさにアスリートですね。ただ、ゲームは楽しいものではあるとは思いますが、「何でそこまでストイックになれるんだろう」って疑問に感じる人もいると思うんです。板橋さんをそこまで没頭させてしまうゲームの魅力って、どういうところにあるのでしょう?

板橋さん
おっしゃる通り、ゲームって楽しむためのものなので「いくらやっていても楽しいから」という単純な理由ではあるんですが(笑)。

ただ、eスポーツの世界に入って、ゲームを遊びではなく「競技」として見たとき、今まで感じることがなかったゲームの違う魅力に気づいたんです。

ーなんでしょう?

板橋さん
ある程度そのゲームを極めたら、あとはプレーする人間の観察力や駆け引きが勝負を左右する、というところです。

例えば、あるゲームを初めてプレーするくらいのフェーズでは、やればやっただけ上手くなります。ただ、それは最初だけです。

これはどの業界にも言えることで、ある一定の領域までは誰でもやり込めば到達できます。

ビジネス業界で言うと、新卒の方は入社した会社で新入社員研修を受ければ、全員がほぼ同じレベルのビジネススキルを習得できますよね?

でもそれ以上成長するためには、精神力を鍛えたり、人としてさまざまな知識や経験、技術を身につけなくてはいけません。

ゲームも一緒で、ある一定のラインより上のレベルに達するには、人としての経験だったり、精神力が必要になってくるのです。

ー板橋さんが専門とされている格闘ゲームには、まさにその精神力が極めて重要になってくるのですね?

板橋さん
はい。

極端な話をすると、強いプレイヤー同士で対戦したら、最後は「人間vs人間」の勝負になることが多いのです。

その人のプレースタイルのクセや人間性を見抜き、いかに自分のペースに引き込むための駆け引きを展開できるのか。そういった経験や戦略・戦術としての差が生まれ、勝負が決するんです。

「うまいだけでは勝てない」。

そこがeスポーツの最大の特徴であり、ゲームの魅力だと、僕は思います。

好きなことで成功したいなら、突き抜ける覚悟が必要

ー今後の展望を聞かせてください。

板橋さん
プロゲーマーとしてやるべきことは単純で、さらにスキルを高めてステップアップすることですね。

自分で言うのもなんですが、ゲーマーとしての能力は現在進行形で確実に向上していると感じるので、今後もプレイヤーとしてバリバリやっていきたいですね。

それに加えて、eスポーツ界をもっと盛り上げていけたらいいなと思っています。

嬉しいことに現在、ゲーム制作に関わったり、メディアに出演させていただく機会も増えてきています。

プレイヤーとしてだけではなく、クリエイター、そしてタレントなど活動できる領域が広がっているので、いろんな側面からeスポーツ界を盛り上げていきたいなと思っています。

また、そうした活動を通じて、競技人口を増やすことにもつなげられればと考えています。

ーありがとうございます。では最後に、板橋さんのように好きなことで生きていきたいと考えている方に向けて、メッセージをいただけますか?

板橋さん
やはり好きなことで生きていくには、1つの領域にどれだけ貪欲に取り組めるかが重要だと思います。

スポーツ選手、ミュージシャン、ビジネスパーソン、全ての人に言えますけど、成功している人って何かしら突出した武器を持っているから、その業界で活躍できているんですよね。

その人たちは、自分の好きなことに対してストイックな姿勢を貫いた。だからこそ、その業界の中で輝けていると思うんです。

まずは自分が何が好きなのか、もしくは何が得意なのかを探すことがファーストステップなんじゃないかなと思います。

ー次のステップはどうなるのでしょう?

板橋さん
そして十分にその領域で経験や実践を積んで、手応えを感じたら一気にその領域に力を注ぐ、というやり方が良いのではないのかと思います。

手元に100枚チップがあったとして、自分の好きなもの10個に10枚ずつ賭けるような賭け方では「突出」とまではいかないと思います。

ファーストステップはある程度散らしても良いかもしれませんが、経験を積んだら1箇所に手持ち金全てを賭けてしまう。

自分の好きなことならなおさら、それくらいの勢いで突き抜ける覚悟も必要だと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

社会人になってまず勉強する名刺交換のマナー。名刺を渡す順番からタイミング、緊張していたあの頃。入社して数年、ただの田中から、主任の田中になり、課長、部長…と順調にいけば、肩書きは変わっていきます。

そこで出てくるのが肩書きの疑問。代表取締役、CEO、代表社員、執行役員…と一体誰が偉いのか、何が違うのか。肩書きが付いている方が偉いということしかわからないという方にご説明していきます。 (さらに…)

2018年9月25日

先代の後を継ぐ。

実家が自営業の方は、いずれ継ぐか否かの大きな決断をすることになるでしょう。

一方で実家の家業ではなく、自分が本当にやりたいと思っている仕事に就きたい場合は、その板挟みになることも。

今回は、大阪は港区弁天町「寿司茶屋すし活」で、2代目を務める川口元気さんのインタビュー後編です。

前編では、寿司屋の2代目として働く傍ら、高校で英語教員としての顔を持つ川口さんの、教育への思いを伺いました。

後編では、そもそもなぜ寿司職人の道1本ではなく、教員とのパラレルキャリアを選んだのか、そして自らが「家業を継ぐ」ことについてお聞きします。

偉大な先代である父の後を継ぐ、2代目の覚悟と役割とは、一体何でしょうか?

<プロフィール>
川口元気(かわぐち・げんき)38歳

寿司茶屋すし活 2代目/高校英語教員

実家は国内外問わず人気を博す「寿司茶屋すし活(以下、すし活)」。

初代である父と共に、「すし活」の人気を支えている。

大学卒業後から家業を継ぎながらも、ツアーコンダクターや家庭教師派遣業務にも携わり、常にパラレルキャリアを実践する。

現在は寿司職人と同時に、大阪の私立高校で英語教員としても働いている。(現在は育児休暇中)

世界1周旅行やツアーコンダクターの経験から得た幅広い知見で、独自の英語教育を展開する。

※以前アントレnet Magazineでは「寿司茶屋すし活」の大将で、世界的に有名な寿司職人である、川口正弘さんにお話を伺いました。

「寿司茶屋すし活」大将、川口正弘さんの記事はコチラから!
世界一なんて、他人が決めた物差しでしかない。世界一の寿司職人が目指す、更なる“高み”

自分の「やりたい」を尊重する。寿司職人が、パラレルキャリアを選び続ける理由

ー前編では、まず元気さんの寿司職人と教員の二足のわらじについて伺いました。そもそもなぜ、寿司職人と教員のパラレルキャリアを歩もうと考えたのでしょうか?

元気さん
自分の興味の幅が広いからですかね(笑)。

幼い頃から父の背中を見ていて、寿司には興味はありましたし、一方で前編でお話したように、外国語にも興味がありました。

だから寿司職人だけでなく、自分が好きな外国語の勉強を生かせる英語教員や、バーの経営者、ツアーコンダクター、塾の講師など、その時に自分が興味を持った仕事に就きました。

せっかくやりたいことがあるのに、1つの仕事だけに囚われて、他のやりたいこと(仕事)を諦めてしまうのはもったいないなと思ったんです。

ー複数の仕事をこなそうとすると、時間の制約や業務量など、大変なことが多いと思います。元気さんはどのようにして複数の仕事をこなしているのでしょうか?

元気さん
今は育児休暇中なので少し異なりますが、僕の場合はシンプルに、仕事を曜日で分けていました。

月火水は英語教員、木金土は寿司屋で働く、といった具合に。

ちなみに二足のわらじ生活そのものは、今に始まったことではありません。

大学卒業後から、バーの経営をやっていた時もツアーコンダクターをやっていた時も、曜日で分けて複数の仕事をしてきました。

ー常にご自身がやりたいことを実践し続けるために、様々な工夫をされているのですね。

元気さん
そうですね。

僕は自分の仕事を、

①やらなければならないこと
②やりたいこと
③できること

の3種類に分けています。

僕の場合は、①が家業である寿司屋、②は教員(その都度変わる)、③がツアーコンダクター、寿司屋といったところでしょうか。

ポイントは、②の「やりたいこと」を大切にするということです。

<元気さんが教室長を務める、知窓学舎大阪サテライト教室>

ーそれはどういうことでしょうか?

元気さん
③の「できること」というのは、すなわちその仕事で、しっかりお金を稼ぐことができる、という意味です。

生計を立てられる仕事の種類が増えれば、どれかの仕事を急にできなくなってしまったり、あるいは仕事がなくなってしまっても、致命的なダメージを受ける可能性は低くなります。

他の仕事である程度収入のカバーができますからね。

先程もお話した通りポイントは、②の「やりたいこと」を尊重すること。

なぜなら②の「やりたいこと」をやった結果、いずれ③の「できること」、すなわちお金を稼ぐ仕事へ変わっていくからです。

「好きこそものの上手なれ」ということわざにあるように、自分が「やりたい」と思っていることになら熱心に打ち込むことができますし、好きではない仕事をするより、上達が早くなります。

自分が「できること」(お金を稼げる仕事)を増やすためにも、自分にとってやりたいことを常に尊重するのは大切なことだと思っています。

先代と自分を比べる必要はない。「資本主義より“幸せ主義”」を支える、2代目の役割

ー①の「やらなければならないこと」についてですが、やはり寿司屋は「家業だからやらなければならない」ということでしょうか?

元気さん
一応便宜上、①を家業である寿司屋の仕事について書きましたが、正直「やらなければならない」というほど、肩肘を張っているわけではないですけどね(笑)。

あくまで自分のやりたいことの1つでもあるので、そういった意味では②と③にも当てはまるんですが、やはり寿司屋に関しては、自分の生い立ちや境遇も関係してくるものですから。

ーこどもの頃から寿司屋を継ぐことを考えていたのですか?

元気さん
そうですね。こどもの頃は「自分もいずれ寿司職人になるのかなあ」くらいに、漠然としていましたけど(笑)。

一方で「絶対に店を継がなければいけない」という意識はなかったです。先代である父からも、継ぐことを強制されたわけではありませんし。

ーしかし、大学を卒業してすぐ寿司職人の道を進むことになるんですよね。

元気さん
はい。ターニングポイントになったのは、自分が外国に行った時でした。

就職を考える時期になって、いよいよ寿司職人になることが現実味を帯びてきた時、急に逃げ出したくなったことがあるんです。

ーやはり、先代の背中の大きさでしょうか?

元気さん
そうですね(笑)。

「寿司職人になること」が現実味を帯び始めた途端、寿司に関して世界一と言われる程、圧倒的なスキルを持つ父の後を継ぐことに、かなりのプレッシャーを感じるようになったんです。

「2代目になって味が落ちた」と言われるのは、やっぱり怖いなあと。

そこで一度家を出て、外国へ逃亡してみました(笑)。

逆説的ですが、実はそこで寿司職人になる決心が固まったんです。

ーなぜでしょう?

元気さん
外国に行くと、日本の文化についてめちゃめちゃ聞かれるんですよ。ましてや日本が好きな方と会話する時はなおさらです。

周知の通り、日本の「寿司」という食文化は外国でも圧倒的な人気を誇ります。それこそ「すし活」にも、日本だけでなく海外からも多くのお客さまがいらっしゃいますし、海外メディアからの取材も多く受けてきました。

外国の人は僕の実家が寿司屋だと知ると、目をキラキラさせていろんなことを聞いてきてくれました。

そこで思ったんです。

そんな世界が注目する寿司文化というステージで仕事ができるなんて、冷静に考えたらなかなか経験できることじゃないですし、寿司を通して日本の文化をもっと世界へ発信していきたいなと。

ー日本を離れてみて改めて、自分のルーツを知ったんですね。

元気さん
はい。

こうして寿司屋で働くことを決めたのですが、ただ漠然と寿司屋で仕事をするのではなく、もっと僕にしかできない役割を考えながら仕事をしようと思ったんです。

ー元気さんにしかできない役割とは、具体的にはどのようなことですか?

元気さん
例えば、食材の仕入れやその仕込みといった下準備、父と一緒にお客さまの接客、海外からのお客さまへの対応、お金周りを始めとする、店に関するその他の業務などですね。

もちろん僕自身も寿司を握ることはありますが、やはり「父の握る寿司のレベル」には及びません。

しかし父が握るその寿司は、僕が仕入れたもので、父が握れるように仕込んだものなんです。

父のような寿司が握れずとも、その父を支えることはできます。

父が店作りで大切にしている「資本主義より“幸せ主義”」という理想を叶えるには、きちんと現実をしっかりと見た上でサポートする人間が必要ですから。

※資本主義より“幸せ主義”とは、利益重視ではなく、少数のお客さまの満足度を最大限に高める経営スタイルのこと。
https://entrenet.jp/magazine/10895/

ー寿司屋にとって「寿司を握る」という役割と同じかそれ以上に、寿司を「握る前」と「握った後」は大切ですからね。

元気さん
そうなんです。

無理に先代と自分を比べる必要なんてないんですよ。僕は僕のやり方で「すし活」を盛り上げていければいい。

「すし活」に来てくださるお客さまは、そのお客さまにとって特別な日に来てくださることが多いです。

そんな特別な時間を、最高のおもてなしでお出迎えしたい。僕も父も、そこにかける想いは同じです。

見ている方向が同じなら、後は役割分担をするだけ。父は父の、僕は僕の得意なことをやっていければと思います。

「自分の代で、家業を畳む覚悟があるか?」― “家業を継ぐ者”としての責任

ー現在は先代と共にお店を営まれていますが、いずれは先代も引退される日が訪れると思います。その時、元気さんは「すし活」をどうしていこうとお考えですか?

元気さん
具体的には考えていませんが、その時の自分の中の「最善のやり方」でお店を継ごうと思っています。

例えばスポーツのチームでも、同じですよね。ある選手が引退したら、その時に在籍している選手で最善の布陣を組んで試合に臨む。

うちの店にも限らず、どんな会社でもそうですが、先代と同じことをやる必要はないんですよ。

経営者なら、その「最善」考えていくことが大切だと思います。

ーでは最後に、家業を継ぐかどうか迷っている人へアドバイスをいただけますか?

元気さん
人によって様々な事情があるとは思いますが、僕はやっぱり、自分がその家業を楽しめないのなら、無理に継ぐ必要はないと思います。

家業を継ぐことは、正直そんな簡単なことではないからです。

ー家業を続けるにはそれ相応の覚悟が必要、ということでしょうか?

元気さん
そうですね。

どんな家業にも歴史があるわけですが、僕は自分の店を、自分で終わらせてもいいくらいの気持ちで日々働いています。

自分が楽しいと思えない、つまり本気になれない仕事をダラダラと続けるくらいなら、いっそ店を畳んでしまった方がいい。

それはここまで家業として続けてきてくれた、先代たちへの敬意だと思いますし、仕事をする上での最低限の礼儀だと思っています。

逆に、自分が継がせる立場になった時、こどもが僕と同じかそれ以上にこの仕事を楽しめないなら、無理に継がせようとは思っていません。

そうなった時に自らの手で店を畳む覚悟を持っているからこそ、毎日の仕事に悔いが残らないように楽しんで続けていきたいですね。

2018年9月21日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ