カテゴリー

Line

野球の楽しさを伝えたい。元横浜ベイスターズ・古木克明が“ 戦力外通告”の末に見つけた道

一見、華やかなプロ野球の世界。

活躍すれば、スター選手としての地位を確立することができ、膨大な報酬がもたらされます。

その反面、高年俸を稼ぐ選手はわずかひと握り。試合で結果を残せず、表舞台から身を引く選手の方が圧倒的に多いのです。

その中には、かつて「松坂世代No.1スラッガー」と呼ばれた、甲子園のスターの名前がありました。

その選手の名は、古木克明さん。

現在は「Baseball Surfer(ベースボールサーファー)」
https://baseballsurfer.com/)を立ち上げ、野球の楽しさを伝えるための事業を展開しています。

現役生活では楽しさよりも、苦しさを味わうことの方が多かったと語る古木さん。にも拘らず、なぜ野球の事業を立ち上げたのでしょうか。

その真意を、伺いました。

<プロフィール>
古木克明(ふるきかつあき)さん

1980年生まれ。三重県松阪市出身の元プロ野球選手。元総合格闘家。

豊田大谷高校時代には、高校通算52本塁打を記録した長打力でチームを牽引し、甲子園に2度出場。3年時にはベスト4に進出。

1998年のドラフト会議にて、横浜ベイスターズ(現、横浜DeNAベイスターズ)から1位指名を受けて入団。2003年には自己最高の22本塁打を記録。

2007年オフには交換トレードでオリックス・バファローズに移籍。2009年オフに現役を引退。

2009年12月に総合格闘家に転身し、2010年にDynamite!!、2011年にはDEEP 53 IMPACTに参戦。

2014年には事業構想大学院大学に入学。アスリートのセカンドキャリアについて研究し、事業構想修士(MDP)を取得。2016年に同大学院を修了した。

そして2017年に個人事業として、野球を指導するスクール事業やオリジナルのアパレルブランドを展開する「Baseball Surfer」を立ち上げる。

プロ野球選手から格闘家、大学院、そして独立。古木克明がセカンドキャリアを見つけるまで

ー現在に至るまでの経緯を教えてください。

古木さん
僕は1998年度のドラフト会議で横浜ベイスターズから1位指名を受け、翌年に同球団へ入団しました。

いわゆる“松坂世代”と呼ばれる1980年生まれのプロ野球選手の1人です。

球団からは将来の4番打者として期待していただき、プロ4年目にはレギュラーとして自己最高の22本塁打を放つことができました。

ーまさに期待された通りの打者への道を、歩んでいかれたんですね。

古木さん
それが、翌年からは思うような結果を出すことができなくなっていったんです。

僕の長所は、やはり「ホームランを打つこと」。しかし得意なホームランが打てなくなり、次第に自信がなくなっていきました。

その後オリックス・バファローズにもお世話になったのですが、結局、期待に添えるような活躍をすることができませんでした。

そしてついに、2009年のオフには球団から、戦力外通告を受けたんです。

ーそれが、プロの世界の厳しさなんですね。その後はどうされたのでしょう?

古木さん
総合格闘家へ転身しました。

戦力外通告を受けた時、ご縁があって当時立ち上がったばかりの格闘技団体「スマッシュ」に声をかけていただいたんです。

ー野球への未練はなかったのでしょうか?

古木さん
当時は正直、野球への未練よりも「もう野球をやらなくていいんだ」という安心感の方が強かったですね。

結果が出ない中、かなり苦しい思いをしてきましたから。

そこから格闘家として2年ほど活動してきたのですが、次第に野球への未練が湧いてくるようになりました。

ーなぜでしょう?

古木さん
僕の人生において、ここまで野球から距離をおいていた時間は、後にも先にもこの時だけでした。

再びプロ野球界への復帰を目指すことを決意し、プロ野球のシーズンオフに行われる12球団合同トライアウトを2度受けました。

しかし、結局どの球団からも声がかかることはありませんでした。残念ではありましたが、2年間必死に練習しての結果だったので、悔いはありません。

ーその後、事業を立ち上げるまでに何があったのでしょうか?

古木さん
僕は人生の大半の時間を、野球に費やしてきました。

次のステップに進もうにも、どこにいって何をしたらいいのか、正直分かりませんでした。

そんな時に「やりたいことを探したいなら、大学院に行って学んでみたら?」と、知り合いからアドバイスをいただいたんです。

そして2014年に事業構想大学院大学に入学し、アスリートのセカンドキャリアについて研究しました。

2年間の学びを経て事業構想修士(MPD)を取得し、自分が得た経験や生き方の中から「社会に役立つことは何なのか」「自分が本当にやりたいことは何なのか」を考えました。

そこで、改めて自分がいた野球の世界に目を向けると、昔と比べて競技人口も減り、プレーできる環境も少なくなっていることに気付いたんです。

「こどもたちが自由に、そして楽しく野球をできるような環境づくりをしたい」

そんな想いから、2017年に「Baseball Surfer」という事業を立ち上げました。

中学生以下はタダで野球教室に通える? 参加費無料でも収益の出る仕組みづくり

ー「Baseball Surfer」では、どのような事業を展開されているのでしょう。

古木さん
主に野球教室事業と、アパレル事業の2つをメインに行っています。

野球教室の方は、毎週月曜日〜水曜日と金曜日、夕方から夜にかけて開催しています。

神奈川県の茅ヶ崎市に拠点を置く、ハヤシスポーツクラブ(http://www.sportsclub.hayashi-sc.com/)と業務提携をし、スペースの一角を借りて運営しています。

さらに3月〜11月の間で月1回、土曜日の朝6時から野球をする“朝活”も行っています。

「家族で朝早く起きて野球をして、その後の休日の時間を有意義に使ってほしい。野球を通して、親がこどもと触れ合う機会を増やしてほしい」という想いから始めました。

スポーツって親子も含めて、人とのコミュニケーションを育む最高のツールだと思うので。

それに、朝活を全力で楽しんだ後の朝ごはんは何より美味しいですからね(笑)。

ーそれは間違いないですね(笑)。アパレル事業の方はどうですか?

古木さん
アパレルでは「Baseball Surfer」のロゴマークをモチーフにした、Tシャツやパーカー、スウェットジップパーカーなどをホームページ(以下、HP)で販売しています。

それぞれ、野球や他のスポーツの場面で使用していただけるようなアイテムです。

ただ、スポーツメーカーのような“ガチガチ”な、いわゆる機能性最重視の野球着ではなく、ファッションアイテムの1つとして普段着にも使ってもらいたい、という想いもあります。

野球のTシャツって「野球の試合を観に行く」という理由じゃないと、なかなかファッションに取り入れづらいと思うんです。

金額も安くないのに、せっかく買ってもあまり着る機会がないのはもったいないですよね。

そんな「野球関連の時しか着ない」イメージを少しずつ変えていくために、普段着にも取り入れやすい、シンプルだけど「かっこよさ」にこだわったデザインにしています。

ーなるほど。たしかにシンプルなので、老若男女問わず着こなせそうですよね。では、そのメインの2つの事業で収益を得ているのでしょうか?

古木さん
そうですね。

また、その野球教室とアパレル事業の2つを組み合わせて、HP以外でも「Tシャツを買っていただけるような仕組み」を作りました。

例えば、朝活でTシャツを購入していただければ、次回から朝活に半額で参加できる、という形にしています。

また、これは大人の方のみを対象としています。

ーどういうことでしょう?

古木さん
僕のポリシーとして、こどもからお金を取りたくないので、中学生以下の朝活はもともと無料で参加できるようにしているんです。

だから必然的に大人の方のみが対象になるんです。

また、「助っ人」という事業でも同じような仕組みを採用しています。

この事業は、私のHPを経由して依頼していただくことによって、全国各地に助っ人として一緒にプレーしに行ったり、練習を指導しに行くというものです。

ここでも、依頼料を無料にする代わりに、参加される方々に向けてTシャツを販売させてもらっているんですよ。

そうやって多くの人にTシャツを着てもらうことによって、「Baseball Surfer」を知っていただくことにもつながりますから。

おかげさまで、少しずつですがお仕事が増えてきました。もっとたくさんの人に知ってもらって、このロゴマークをきっかけに野球に興味を持ってほしい。なので、この仕組みは継続していこうと思っています。

遊びを通して、運動能力を伸ばす。古木克明が目指す、スポーツ事業の未来のカタチ

ー古木さんは先ほど、「野球ができる環境づくりをしたい」というお話をされていました。そういった活動をしていくために描いている、今後の展望をお聞かせください。

古木さん
はい。

やはりもっと野球の楽しさを多くの人に伝えていきたいですね。

野球をやったことがない人にも「野球って、実際にやってみると楽しいんだ!」と思ってもらえるように「Baseball Surfer」の活動を広めていきたいです。

さらに野球を“する”だけでなく、野球を“観戦する”ことの面白さも伝えていきたいと思っています。

以前、障害者施設で、スタジアムで試合を観戦することができないこどもやおじいちゃんと、テレビで試合を一緒に見たことがあるんです。

そこで、一緒にめちゃくちゃ盛り上がったんですよね。

練習を教えたり、プレーすることはもちろんですが、一緒に試合を見るといった、違うアプローチからも野球の楽しさを伝えていきたいと思っています。

ー古木さんに試合の解説をしていただけたら、一緒に見ている方はものすごく嬉しいでしょうね!

古木さん
そう思ってもらえたら幸いです。僕自身も楽しいですし、野球が好きな人同士で一緒に試合を見るのは楽しいですからね。

それと、今後の事業の構想として、運動能力の向上を目的としたフィットネスの要素も取り入れたいと思っています。

運動することそのものが苦手な子って、たくさんいると思うんです。

そういうこどもたちのために、遊ぶことの要素を取り入れて「走る」「跳ぶ」「投げる」など、楽しみながらパフォーマンスを伸ばしてもらいたい。

ゆくゆくは、野球以外の運動も楽しんでもらえる場を設けていきたいですね。

ビジネスを通して、スポーツの楽しさを伝える。いろいろな人にとって、僕の活動がスポーツをもっと身近に感じるきっかけになったらと思います。

ーありがとうございます。最後に、独立・起業を考えている方へ、アドバイスをいただけますか?

古木さん
自分の好きなことを活かせる道を選んでほしいですね。

僕の場合、野球にこだわっているわけではありませんが、野球が好きだから「Baseball Surfer」を立ち上げました。

それに自分には、長年積み上げてきた野球の知識や経験がある。

だから、それを活かせる道を選んだんです。

自分が好きなこと、能力を活かせる場所はどこなのか。それを見つけ出した先に、きっと答えがあるんじゃないかと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

ビジネス書著者で商品開発コンサルタントの美崎栄一郎です。仕事術に関する著作をたくさん書いていますが、アントレStyle Magazineでは、「経営者のための仕事術」について、実践できるノウハウや考え方をお伝えしたいと思っております。

今回は、新刊の『面倒くさがりやの超整理術』から年末年始にぴったりな経営者向けの内容、名刺、書類、PCのデスクトップ&ファイルの整理、の3つを詳しくお話ししたいと思います。

(さらに…)

2018年12月19日

引退やリストラ。

そんな人生において重大な選択に迫られた時、あなたはどのような決断をしますか?

転職や起業と積極的に新たな道に進む人もいれば、経験したことのない“未知の世界”に対して不安や恐怖を感じ、挑戦する前から「自分には無理だ」と決めつけてしまう人もいるのではないでしょうか。
(さらに…)

2018年12月18日

働く人の長時間労働が問題となっています。

2015年には、大手広告代理店の女性社員が長時間労働による過労が原因で自殺、労災認定された件が大きく取り上げられ社会問題となりました。

現在、労働基準監督署では企業に対し、長時間労働を是正するための監督指導を強化しており、指導に従わない場合は労働基準法違反となって罰則が科せられます。

では、労働基準法とはどんな法律なのでしょうか?

労働基準法とは

労働基準法は、労働者における労働条件の最低基準を定めた法律で、1947年に制定されました。

労働条件の内容は、労働時間・賃金・休日・安全と衛生など多岐にわたりますが、労働時間を例にとると原則は週40時間となります。

労働者保護の観点から労働基準法を下回る労働条件は無効となり、労働基準法の条件が適用となります。

ちなみに、労働基準法9条による"労働者"は、どのような人があてはまるかというと、"職業の種類を問わず、事業または事務所に使用される者で、賃金を支払われる者"を指します。

簡単に言い換えると"会社に雇われて給料をもらう者"となります。

個人事業主に労働基準法は適用される?

では、個人事業主は労働者にあたるのでしょうか?

個人事業主の場合は、従業員としてではなく業務委託契約を締結した上で仕事を受け、その対価は賃金ではなく報酬として支払われます。従って、労働者ではないので労働基準法の適用はありません。

しかし、実態が労働者派遣であるにも関わらず、形式として業務委託契約を締結している場合も見受けられます。

これを"偽装請負"と呼びます。

労働者派遣と業務委託の区別は、注文主と受託会社の労働者との間に指揮命令関係が生じているかどうかによって判断されます。

具体的な事例がないと分かりにくいと思いますので、判断の基準として1つの目安となる判例をご紹介します。

最高裁で適用されると判例が出た。INAXメンテナンス事件

住宅設備機器の修理補修会社(以下、A社)と、A社と業務委託契約を締結して修理業務に従事するカスタマーエンジニア(以下、CE)の労働組合(以下、B)との間の事件です。

BがA社に団体交渉を申し入れたところ、A社は「CEは個人事業主であり、労組法上の労働者ではない」との理由で拒否。

これに対し、Bは団体交渉を拒否することは不当労働行為にあたるとしました。

この件に関して最高裁判所は以下の理由により、CEは労働組合法上の労働者であるとの見解を出しました。
(なお、労働基準法でいう“労働者”と、労働組合法でいう“労働者”はほとんど同じ意味だと解釈して良いでしょう。)

(1) A社が行う住宅設備機器の修理補修等業務の大部分は,能力,実績,経験等を基準に級を毎年定める制度等の下で管理され,国の担当地域に配置されたCEの業務日及び休日はA社が指定していた。

(2) 業務委託契約の内容はA社が一方的に定めた「業務委託に関する覚書」により締結されており,その内容についてCE側で変更する余地はなかった。

(3) CEの報酬は,A社による個別の業務委託に応じて修理補修等を行った場合に,A社があらかじめ決定した顧客等に対する請求金額にA社がCEにつき決定した級ごとの一定率を乗じ,これに時間外手当等に相当する金額を加算する方法で支払われていた。

(4) CEは,A社から修理補修等の依頼を受けた場合,業務を直ちに遂行するものとされ,承諾拒否をする割合は僅かであった。また、業務委託契約の存続期間は1年間でA社に異議があれば更新されないものとされていた。

(5) CEは,A社が指定した担当地域内においてその依頼に係る顧客先で修理補修等の業務を行い,原則として業務日の午前8時半から午後7時までA社から発注連絡を受け,業務終了時に報告書をA社に送付する等,作業手順等が記載された各種マニュアルに基づく業務の遂行を求められていた。また業務の際には、A社の制服を着用し名刺を携行していた。

出典:裁判所「最高裁判所判例集」

上記の項目をまとめると、CEは、A社の指定する業務遂行方法に従い、その指揮監督の下で労務の提供を行っています。

それに加えて、その業務についての場所や就業時間等、一定の拘束を受けていたことになります。

この場合、CEはA社の従業員であるとされ、当然、労働基準法の適用を受けます。

個人事業主の場合、仕事を依頼した企業と業務委託契約を締結する際には、将来のトラブル防止のためにも、契約書の内容はよく確認しておきましょう。

まとめ

個人事業主は基本的に労働基準法の適用はありません。従って時間無制限で働くことは可能かもしれません。

しかし、働きすぎて身体と心の健康を損ねてしまう場合もあります。

長い期間ベストコンディションで働くためには、労働時間を自分自身でコントロールすることが必要です。

PROFILE

FP・社会保険労務士 木村政美

2004年に、行政書士・社会保険労務士・FP事務所の「きむらオフィス」を開業。2017年より、ダイヤモンドオンラインにてコラム連載を持つ。年金や個人のマネープランの相談・講習、企業向けのメンタルヘルス研修など幅広い分野で活動している。

2018年12月17日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ