スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

独立して成功するには?適性や必要な準備、経営者の心構えを解説!

独立して成功するには?適性や必要な準備、経営者の心構えを解説!

独立して成功するには、どんなことが必要なのでしょうか。

限られた資質を持った人だけが、独立できるのでしょうか。もちろん、そんなことはありません。本記事では、誰にでもある『独立に適した資質』や、独立するための準備・心構えを紹介します。独立するための3つの方法もお伝えするので、自分に合ったものを探し、参考にしてください。

独立に向いている人とは?

当然ですが、人にはそれぞれに生まれ持った性格や特性があります。では、独立するにはどんな人が向いているのでしょうか。

まずは、独立に向いている人の『3つの資質』を紹介します。自分に当てはまるものがないか、探してみましょう。

【独立に向いている人の3つの資質】
・顧客目線で仕事ができる人
・創意工夫を楽しめる人
・自分の強みを知っている人

顧客目線で仕事ができる人

独立し事業を成長させるためには、まず、顧客目線で仕事ができなければなりません。

例えば、会社員なら、自分1人ではなく組織で働くことになります。自分は顧客目線で考えられなくても、営業担当者やサポートスタッフが、顧客のことを考え、適切な対応をしてくれるでしょう。商品開発も、チームメンバーの意見を聞きながら、より顧客目線で行えます。

しかし、独立するならすべて自分で考えなければなりません。ビジネスアイデアも、顧客への対応も自分で行うため、顧客目線で仕事ができなければ、すぐに取引先から見放されてしまうでしょう。

創意工夫を楽しめる人

独立するには、創意工夫を楽しめなければなりません。

どんなサービスが流行るのか、より良いサービスや商品を提供するにはどうしたらいいのか、市場調査をしながら事業の強みをブラッシュアップする必要があります。

ターゲットとなる顧客を獲得し、手放さないためには、ビジネスを進化させ続けなければなりません。商品やサービスのことだけでなく、顧客満足につながるようなサポートはないか、など楽しみながら工夫していきましょう。

自分の強みを知っている人

独立するには、自分の強みを知らなければなりません。

独立する場合、始めは個人事業主としてスタートすることが多いでしょう。1人で始めた小さなビジネスで、資金も人材も豊富な企業と渡り合うには、自分ならではの強みを活かすことが欠かせません。

独立するには、自己分析し、自分を知る必要があるのです。

準備万端で独立するには?

独立して成功するには?適性や必要な準備、経営者の心構えを解説!

どんなに適性があっても、しっかりとした準備がなければ、成功はありません。独立に必要な『3つの準備』を紹介するので、取り組めそうなものから、すぐに始めてみましょう。

【独立に必要な3つの準備】
・独立前の人脈を大切にしよう
・家族に相談し、理解を得よう
・詳しい事業計画を立てよう

独立前の人脈を大切にしよう

独立するには、独立前の人脈を大切にしなければなりません。

例えば飲食店なら、独立前の同僚にときどきランチに来てもらうだけでも、売り上げは増えるでしょう。エンジニアやデザイナーなら、独立前の会社の外注先として、そのまま仕事をもらえることもあります。

独立前の人脈が、売り上げや受注に結びつくことは多いです。たとえ売り上げや受注に結びつかなくとも、人脈は何よりの武器です。人とのつながりを大切にする”クセ”をつけておきましょう。

家族に相談し、理解を得よう

独立するには、家族に相談し、理解を得なければなりません。

会社を辞めて独立すれば、安定した収入がなくなるので、安定した生活を手放すことになります。毎月決まった額が支払われる給与も、会社に所属することで得られていた保証も、すべてなくなります。

当然、家族は不安になります。仮に独立に協力的な家族であっても、大した相談もせずに独立のような大切なことを決めてしまっては、信頼関係にヒビが入ります。

詳しい事業計画を立てよう

独立するには、詳しい事業計画が欠かせません。

どんなビジネスで独立するのか、どうやって仕事を獲得し、事業を拡大していくのか、しっかり計画を立ててください。あらゆる事態に柔軟に対応することと、行き当たりばったりで物事を進めていくことは違います。

事業計画は、融資や助成金を受ける際にも必要です。根拠のある、理路整然とした計画を立て、説得力のある事業計画書を作りましょう。

独立後のビジネスで成功するには?

独立した後の行動や考え方が間違っていれば、時間をかけてした準備が無駄になってしまいます。独立後のビジネスで成功するために必要な考え方と行動指針を、3つお伝えします。

【独立後のビジネスを成功させるために必要な考え方】
・『時間=お金』と認識しよう
・意識的に休息を取ろう
・周りの人を大切にしよう

『時間=お金』と認識しよう

独立して成功するには『時間=お金』と認識しなければなりません。

会社員として固定給を受け取っていた頃は、勤務時間中に多少サボっても、バレなければ給与は変わらなかったでしょう。しかし、独立した後は、サボった分だけ収入が減ります。仕事以外の時間でも、業界や経営のことを学んだり、ビジネスアイデアを考えたり、お金につながる時間の使い方はいくらでもあります。

自分の仕事を時給換算し、どうすれば時給を高められるか、試行錯誤しましょう。

意識的に休息を取ろう

独立して成功するには、適切な休息が欠かせません。

休息について、特に独立したばかりの多くのビジネスオーナーが、誤解しているといわざるを得ません。「無理をすればなんとかなる」とか「頑張らなければ潰れてしまう」とか、短期間であればそれもいいでしょう。しかし、必ずどこかでぶり返しがきます。年齢を重ねれば無理も利かなくなります。

無理しなくても仕事が回るように工夫し、集中力と活力を回復させるために、意識的に休息を取らなければなりません。

具体的には「毎日7時間半は眠る(自分に合った睡眠時間を取る)」「休日を設け、仕事を一切しない日を作る」などの方法があります。

自分に合った休息方法を見つけておきましょう。

周りの人を大切にしよう

独立して成功するには、周りの協力が欠かせません。周りの人を大切にしてください。

ビジネスは軌道に乗り、お金もたくさん稼いでいるのに、どことなく影が漂う経営者…

そんな経営者は、ドラマや映画の中だけでなく、現実世界にもたくさんいます。仕事にかかりきりで家庭や友人を疎かにしては、何のために働いているのかわかりません。独立して稼いだお金は、周囲の人との楽しい時間や、自分を成功に導いてくれた世の中に還元するためのものではないでしょうか?だからこそ、多くの成功者が寄付や慈善事業を行っているのです。

1つだけ、確実なことをお伝えしましょう。周りの人を大切にしないと、人生の幕を閉じる瞬間に必ず後悔します。

会社員から独立するには、どんな方法がある?

独立して成功するには?適性や必要な準備、経営者の心構えを解説!

独立に向けた準備を整え、心構えを作ったら、後は実行に移すだけです。最後に、計画を実行に移す前に知っておきたい『独立する3つの方法』を紹介します。

【独立する3つの方法】
・フリーランスになる
・自分でお店を出す
・フランチャイズに加盟する

フリーランスになる

会社員から独立するには、フリーランスになる方法があります。

フリーランスは、手に職をつけ、個人で仕事を請け負う働き方のことを指します。多くの場合、クライアントは企業であり、勤めていた会社の外注先として独立する人もいます。

デザイナーやプログラマーのようなIT系専門職の人に多く、その場合、すでに持っているPCや道具を使って独立できるのが、大きな特徴です。

自分でお店を出す

会社員から独立する2つ目の方法は、自分でお店を出すことです。

自分でお店を出すこと、つまり一国一城の主になることは、古くから多くの人が夢見てきたことです。しかし、店舗用の土地代や建物代などの莫大な初期投資が必要であり、志半ばで諦めた人もまた多い方法です。

店舗のデザインやサービス内容から集客方法の工夫など、いろいろなことを自由に決められるという魅力があります。

フランチャイズに加盟する

会社員から独立するには、フランチャイズに加盟する方法もあります。

フランチャイズを活用すれば、自分でお店を出すよりも少ない負担とリスクで、一国一城の主になれます。開業資金の一部を負担してもらったり、集客や経営をサポートしてもらったりできるフランチャイズは、経営未経験から独立するには最適です。

「独立するには、フランチャイズは自由度が低い」と感じる人もいるかもしれません。マニュアルの制約、決められた店舗デザインなどは、たしかに不自由ではあります。しかし、経営経験がまったくない状態で、一から十までビジネスを動かさなければならないのは困難です。フランチャイズのサポートを徹底的に活用し、経営者としてのノウハウを身に付けましょう。

独立するには、自己分析が重要

独立するには、さまざまなことを考えなければなりません。独立に適した資質を知り、自分の中にある活かせる強みを探すことは、独立して成功するには欠かせません。

だからこそ、独立するにはまず、自己分析をしてください。自分はどんなビジネスに向いているのか、どうすれば成功できるのかを知るための第一歩が、自己分析です。自己分析にはお金も道具もいらないので、独立に向けた準備を今すぐ始められます。

自己分析の結果、どんなビジネスで独立するかが見つかったら、独立開業を支援するデータベース『アントレ』をお役立てください。全国規模のフランチャイズデータベースからさまざまな業種や業界、地域ごとにフランチャイズ案件を調べることができます。

フランチャイズでの独立を目指す人にはもちろん、自力での独立を目指す人にとっても「どんなビジネスモデルがあるのか」といったビジネスの参考にもなります。

【アントレ】独立、開業、フランチャイズ募集の情報サイト

https://entrenet.jp/

PROFILE

赤塚 元基

新潟県新潟市在住のフリーライター。
SaaSなどのIT系、投資やベンチャー企業の動向、オウンドメディアなどビジネス系を主に執筆。

この記事を読んだ方におすすめの授業

競合分析はビジネスの基本!3C分析

宣伝・広告って何に気を付ければいいの?4P分析

市場環境は常に変わる!SWOT分析でチェック!

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。