カテゴリー

税理士ドットコム

税務

社会保険労務士(以下、社労士)の切り替えは、とても手間がかかります。細かな引き継ぎ業務が何度も発生することで、社内でも人事・総務部門の労務管理業務に支障をきたす可能性が高くなります。 このようなことから、前提として、切り替えをせず長く付き合えるような社労士事務所を選ぶことが大切です。しかし、様々な理由で“切り替えたい”“見直さざるをえない”という要望が出てくることもあるでしょう。この場合、どのように切り替えを行うべきなのか、詳しく見ていきましょう。 (さらに…)
会社経営には、雇用保険や健康保険、労働保険に給与計算、様々な事務手続きが必要となります。税務や法律などは、専門知識が要求される上に頻繁に変更されることもあるので、外部の専門家の協力を仰ぐべきです。 今回は、失敗しない社会保険労務士(以下、社労士)の選び方についてお伝えします。 (さらに…)
人事・総務部門の担当者がもっとも接する士業は、税理士と社会保険労務士(以下、社労士)ではないでしょうか。たとえば、年末調整は税務にかかわるため、本来なら税理士が担うべき職務です。 しかし、2016年ごろまでは社労士がこの業務を請け負っていたこともあり、それぞれの職務領域が重なっている部分もあります。ここでは、税理士と社労士、それぞれの職務領域について確認していきましょう。 (さらに…)
会社を運営するにあたり、国に払う義務がある税金には様々な種類があります。その中でも主となる税金は法人税ではないでしょうか。この法人税を控除してくれる、会社にとって優しい制度が実はあります。雇用促進税制という制度です。ここでは雇用促進税制がどのような制度なのかと、その適用範囲について紹介していきます。 (さらに…)
税務署や銀行などに提出する残高試算表や決算報告書の金額表示方法として、税抜経理方式と税込経理方式があります。残高試算表や決算報告書を税抜または税込で表示するということは、日々の仕訳をどちらかの方法で行っていくということになりますが、今回は、税抜経理方式と税込経費方式ってなに? どちらを選べばいいの? そんな疑問にお答えします。 (さらに…)
今年も確定申告の時期となりました。ついつい、面倒だと感じて後回しにしてしまいがちな確定申告ですが、避けては通れないものです。今回は“確定申告あるある”ベスト40をピックアップしてみました。記事を読んで「分かる~」と笑えたら、面倒に感じず確定申告の準備に取り掛かれるはず!? (さらに…)
税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ