CATEGORYカテゴリー

【新NISA】つみたて投資枠の活用法を、やさしいお金の専門家・横川楓さんが解説!

生ボイス

いよいよ2024年1月からスタートする、新NISA。

アントレ Style Magazineではこれまでも、新NISAの制度の仕組みについて、やさしいお金の専門家・横川楓先生に解説していただきました。

そして今回、横川先生に伺ったのは、新NISAにおける「つみたて投資枠」の概要と、その活用法。

投資初心者なら活用必須のつみたて投資枠について、活用法や運用する上での考え方、そして注意点などを伺いました!

<プロフィール>
横川楓さん
やさしいお金の専門家・金融教育活動家
一般社団法人日本金融教育推進協会 代表理事

明治大学法学部卒、その後同大学院へ進学。
24歳で経営学修士(MBA)を取得。

実家は会計事務所を経営。
同年代の友人たちのお金に対する意識と、将来の資産形成、所得格差、年金問題、増税など、これからの日本を担う世代に振りかかるさまざまなお金の問題との乖離に疑問を持ち、お金の知識の啓蒙活動を開始。

ファイナンシャルプランナー(AFP)や、SDGs検定、マネーマネジメント検定等の資格を取得し、2022年1月に一般社団法人日本金融教育推進協会を設立。
同法人の代表理事を務める。

横川さんのインタビュー記事はこちらから!
「収入=給与」に縛られない。経済評論家・横川楓さんに聞く、独立・起業に必要な2つの条件

<聞き手プロフィール>
庵(いおり)
イラストレーター

都内に住む27歳のフリーランスイラストレーター。
学生時代から絵を描くことが好きで、数年前から副業としてイラストレーターの仕事を受けるようになった。
近年は副業での収入が本業の稼ぎより多くなったことから、独立を決意する。

購入額増額も、つみたて/成長の併用も可能に! 新NISA・つみたて投資枠のおすすめ活用法

庵ちゃん
横川先生、いよいよ来月(2024年1月)から新NISAがスタートしますね!
横川さん
そうだね。ということで今回から、新NISAの具体的な活用法をテーマにいろいろ解説していくね。

まずはつみたて投資枠について、活用法を考えていくよ。

庵ちゃん
新NISAの「つみたて投資枠」というのは、これまでの「つみたてNISA」に相当する制度のことですよね?
横川さん
その通り。

以前にも解説したけど「長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託」をお得に(限度額等条件を満たせば非課税で)購入できるのが、つみたて投資枠。

投資信託というのは、いわゆる株などをはじめとする金融商品の詰め合わせセットのこと。

詰め合わせセットなので、ひとつの投資信託でも分散投資がされているよ。


https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa2024/index.html

庵ちゃん
投資初心者の立場からすると、商品数が少ないというのは、選びやすくてかえっていいかもしれませんね!
横川さん
そう。だからまず投資に興味を持ち始めた人が、最初にとっかかりやすい制度なのが、新NISAのつみたて投資枠と言えるんだ。

月100円からの少額でもスタートできるのも、初心者におすすめの理由だね。

庵ちゃん
「長期の積立」に適した投資信託、とありましたが、なぜ長期で積立をする必要があるんでしょうか?
横川さん
ちょっと難しい話をすると、長い期間積み立てて金融商品を持っていた方が、複利で得られた利益を再投資して、利益を得られやすいというメリットがあるんだ。

実はこの点も、つみたて投資枠が初心者におすすめな理由の1つなんだ。

庵ちゃん
どうしてですか?
横川さん
株のデイトレードやFXをしている人ならともかく、庵ちゃんのように、普段普通にお仕事している人がずっとPCの画面に張り付いて、商品の値動きを見るというのは現実的じゃないでしょ?

つみたて投資枠で扱われている商品なら、値動きを逐一確認して、利益を確定するんじゃなくて、貯金感覚で定期的に商品を購入して、あとは基本的にほったらかしにしていくという投資の仕方になっているんだよ。

貯金の延長くらいの気持ちで始められるのも、初心者にとってはありがたいよね。

庵ちゃん
横川先生の考える、つみたて投資枠のより良い活用法を教えてください!
横川さん
まずは決まった日に、決まった金額を購入していくこと。

最初に何日にいくら分購入するのかを決めて、あとは定期的に購入していく流れになるから、自分の生活に無理のない金額を設定して毎月購入しよう。

もちろん、購入する金額はその都度変えることもできるから、今はちょっと厳しいから金額を下げようとか、ボーナスでいっぱい収入が入ったからいっぱい購入しよう、と考えてもOK。

でも毎月毎月変更するのも大変だと思うから、ベースとなる金額は無理ない額に設定してね。

庵ちゃん
新NISAのつみたて投資枠になったことで、旧つみたてNISA時代よりも、年間の投資額が上がったんでしたよね?
横川さん
そうそう。

旧つみたてNISAの時は年40万円までだったのが、新NISAのつみたて投資枠では、年120万円まで増額したんだ。

だから1カ月あたりで考えると、だいたい月3万円ちょっとまでだったのが、新NISA以降は最大12万円まで購入できるようになったんだよ。

庵ちゃん
それは大きな変化ですね。
横川さん
もちろん今まで通り、月100円からでもつみたて投資枠を活用できるし、資金的に余裕のある人は最大月12万円分を購入してもいいと思う。

あるいは従来の月3万円までに留めておいて、もう少し購入できそうなのであれば、成長投資枠(旧NISA)と併用するというのも、1つの選択肢だと思うよ。

庵ちゃん
今まではつみたてNISAとNISAは、併用できなかったんですよね。
横川さん
そう。でも新NISA以降は、つみたて投資枠を活用しながら成長投資枠も併用できるようになったんだ。

つみたてNISAをしていると、今度はステップアップして株式投資に挑戦してみたいなと思う人って意外と多いと思うんだ。実は私自身もそうだったしね(笑)

とはいえ今までだと、つみたてNISAを使いながらNISAを併用して非課税でお得に株式投資にチャレンジ、ということができなかった。

新NISA以降はそうしたチャレンジもしやすくなったよ。

「貯金の延長」的な感覚で始められるつみたて投資枠。とはいえ「貯金」ではないから要注意!

庵ちゃん
逆につみたて投資枠を活用する上で、注意するべき点はありますか?
横川さん
「長期・積立・分散に適した投資信託」を購入するつみたて投資枠といっても、あくまで投資だから当然値動きもあるし、場合によっては損をする可能性があること。

そして長期投資前提の商品であることから、大きな利益もすぐに出るとは思わない方がいいよ。

これは旧つみたてNISAの時と同じだね。

あとはさっき、毎月いくら分を購入するかを一度決めたら、その後はほったらかしでもいいってお話をしたけど、ほったらかしのしすぎには注意が必要だよ。

庵ちゃん
どういうことですか?
横川さん
つみたて投資枠は、ゆるく貯金をするような感覚で投資に挑戦できるところがメリットだけど、投資は利益を確定(持っている金融商品を売却)して、初めて現金化することができるんだ。

この点は普通の貯金とは明確に違うところだから、よく覚えておこう。

とはいえお話したように、長期積立が基本の商品だから、そんなに頻繁に現金化はしない方が良かったりするんだけどね。

あとは今回のお話の裏返しでもあるけど、つみたて投資枠は長期積立を前提にしているその制度の性質上、大きな利益がいきなり出るものではないよ。

だからもし株取引に興味が出てきて、もう少し大きい金額、大きい利益を出したいと思った人は、成長投資枠を積極的に活用することがおすすめだよ。

せっかく新NISAになって自由度も高くなったし、自分の目的や予算に合わせて、制度を上手に活用してみてね。

庵ちゃん
横川先生、ありがとうございました!

構成・文・撮影=内藤 祐介
イラスト=ram

会員数37万人突破!
無料会員登録で6つの特典

働き方30秒診断
✓動画コンテンツ見放題
✓融資制度の紹介サービス
役立つ起業ガイドブックプレゼント
相談員による1対1相談会
支援ツールを特別価格で提供

独立・起業を考えていなくても、働き方診断をしてみたいでも登録OK

\LINEアカウントでもOK/
メールアドレスで無料登録
PROFILE
アントレスタイルマガジン編集部

「アントレ」は、独立・開業を目指す個人向けに、成功者インタビューやノウハウ記事などを発信するWebメディアです。1997年 独立・開業情報誌「アントレ」創刊以降、独立・開業を夢見る人々に必要な情報を提供し続けています。

アントレスタイルマガジン編集部をフォローする
生ボイス
タイトルとURLをコピーしました