カテゴリー

Line

ひとつの仕事だけで1位を獲らなくてもいい。原作者に訊く『いきのこれ! 社畜ちゃん』ができるまで

マンガや音楽などといったクリエイティブの発信は、今やSNSや動画サイトを通じて盛んに行われています。

中には本業として仕事をしながらも、クリエイターとして活動して人気を博している方も多くいらっしゃいます。

『いきのこれ! 社畜ちゃん』の原作者、ビタワンさんもそのうちの1人です。

同作は、ちょっとブラックな会社で働くプログラマ・『社畜ちゃん』の毎日を描いた4コママンガ。Twitterでの連載が人気を博して書籍化され、クラウドファンディングによってさらにコンテンツが展開されています。

そんな人気マンガ家のビタワンさんですが、実は自身もプログラマとしてお仕事をされています。今回のインタビューではオリジナルキャラクター『社畜ちゃん』が生まれた経緯や、2つのキャリアを同時に歩むに至った彼の行動力に迫りました。

表紙画像:社畜ちゃんBlogより
https://syachiku-chan.com/?page_id=228

プロフィール:ビタワン

大学時代より同人誌を書きはじめる。東方ProjectのZUNに憧れてゲーム等のプログラミングを学び、プログラマとしてIT系の会社に就職。一度転職を経験した後、フリーランスとして独立。

会社員プログラマとしてアプリを開発する傍ら、創作活動も行う。オリジナルキャラクター『社畜ちゃん』を生み出し、作画を担当する「結うき。」とともに『社畜ちゃん』マンガをTwitterで連載。ネット上で話題となり、KADOKAWAから書籍化の話が舞い込む。

コミック『いきのこれ! 社畜ちゃん』発売後もTwitter連載を継続。マストドンやクラウドファンディングを開始し、『社畜ちゃん』ファンとともに、働く人を元気にするコンテンツ制作に取り組んでいる。

仕事の息抜きとしての”マンガ家”。原作者が語る『社畜ちゃん』のルーツ

cover_B_版分け_ol

——現在、ビタワンさんはプログラマとして働きながら、一方ではマンガ家として『社畜ちゃん』マンガの原作を担当されています。どんな経緯で2足のわらじを履くようになったのでしょうか?

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
元々マンガが好きで、大学時代に同人誌を書いたりして、コミケにも出していました。とはいえ趣味程度のものだったので、特に「マンガ家になってやる!」みたいな感じではなく、大学卒業後は普通に就職しました。

社会人になってプログラマとして働く傍ら、仕事の息抜きに『社畜ちゃん』というキャラクターを作って、社畜ネタのツイートを始めてみたんです。

そのうちに大学時代から付き合いのある「結うき。」さんに作画をお願いして、マンガを連載するようになった、という形です。

だから最初は「リツイートが増えたら楽しいな」というテンションだったのですが、投稿を重ねるうちにおかげさまで話題になっていって、気づいたらKADOKAWAから書籍化のお誘いが来るまでに至りました。

オファーが来たときは「このKADOKAWAは偽物じゃないか?」と疑ったくらいですからね(笑)。

——それは本当に驚きだったと思います。新卒でプログラマになったとのことですが、もともとはなぜその道に進もうと思ったのでしょうか?

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
東方Project(同人サークルの上海アリス幻樂団によって製作されている著作物)のZUNさんの影響でゲームプログラミングに憧れていました。新卒でプログラマになれたらと思い、就活をして晴れてプログラマになったのですが、最初の会社の仕事が想像以上にきつかったんです。

ちなみに『社畜ちゃん』のネタの多くは、私の新卒時代の経験を反映しています(笑)。

その後、転職をして別の会社に移ったんですが、今度はずっと同じようなシステムばかりを作り続ける、といった業務内容で……。

私自身が新しいもの好きなこともあるのですが、流れの速いIT業界で、最新技術とは無縁な環境にいることに焦りみたいなものを感じていました。

そんな中でとにかくおもしろいことや新しいことをやってみたい、という気持ちがわいてきて。私はプログラミングが好きなので、その仕事だけができる環境を求めて独立をしようと決めました。

——会社員からフリーランスに移行した、というわけですね。

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
はい。フリーランス向けのエージェントにアプリ開発の会社を紹介してもらって、業務委託としてジョインしたのですが、その会社がとても居心地よくて、今現在もお世話になっています。

フリーランスといってもその会社の仕事がメインなので、あまりフリーランスという自覚はないんですけどね(笑)。プログラミング専門のアルバイトみたいな感じです。

基本的にその会社で働いていますが、フリーランスの業務委託なので社員よりは自由が利きます。それで、余暇を使ってマンガを描いています。

プログラマ×マンガ家の相乗効果。ふたつのプロジェクトを同時にこなすことのメリット

2

画像:社畜ちゃん in ENTYより
https://enty.jp/syckchan?widget_src=true&widget_eid=325

——ビタワンさんにとってマンガは趣味に近いものなのですね。ですが、人気になってマンガ家とプログラマの立場が逆転するということはないのでしょうか?

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
元々マンガは趣味として始めたものなので、あくまで本業はプログラマです。

Twitterでたまに「印税結構もらってるんでしょ?」みたいなことを聞かれるんですが、私は原作者であり作画を担当しているわけではないので、もらえるお金は微々たるものなんですよ(笑)。

私の中では、マンガは副業というより“娯楽”です。好きだから始めたことだし、楽しいから続けられるんです。

——ビタワンさんの場合、プログラマの仕事とマンガ家としての活動とできっちり役割が分かれているんですね。

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
はい。マンガの活動ばかりが表に出がちなんですが、先程も言ったように私としては、プログラマは学生時代から目指していた目標なんです。

会社員を辞めてフリーランスになったので、自分で自由に案件を選んで仕事に参加できます。

プログラマにしてもマンガにしても行き当たりばったりで「やりたいことだけをやっていたら結果としてこうなった」という感じだと思います。

だからこそフリーランスという働き方は、プログラマとマンガ家を両立させるのに適した環境だなと思います。

——素敵な働き方だと思います。ビタワンさんの中で、プログラマとマンガ家の役割はそれぞれ明確に分けられているとのことでしたが、逆に2つのプロジェクトを同時に進めることのメリットはありますか?

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
ありますね。まさに『社畜ちゃん』はプログラマの日常やあるあるを描いている作品ですし(笑)。また、マンガ原作者でITの知識がある人はそう多くありません。だからプログラマとして働いていることがマンガ家としてのアドバンテージになっていると思います。

本業の仕事でも、普通に個人でアプリを公開しただけではダウンロード数を伸ばすのは難しいです。ですが『社畜ちゃん』のキャラクターを使ってアプリやゲームを作ると、マンガを知っている人が喜んでくれてダウンロード数が伸びるんです。

本業の経験をマンガに活かしたり、マンガのキャラを本業に持ち込んだり。そういったプログラマとマンガ家で相乗効果が生まれているんですよね。

私はプログラマとしても、マンガ家としても三流以下です。だからこそできることがあると思っています。

——2つのプロジェクトが、まったく新しい価値を生み出しているんですね。

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
はい。同時に2つのプロジェクトを進めるのは大変じゃないか、と言われることがありますが、やっている側としては楽なんですよ。

言ってしまえば、ひとつの仕事で1位になる必要がないので。

1本の仕事で勝負する自信がない人は、こうした働き方が向いているのかもしれないですね。実際私はどちらも自信がなく、プログラムかマンガのどちらか1本で勝負していたら、絶対負けていたと思うので。

——ビタワンさんのやりたいことやってしまう、その行動力は本当にすごいです。

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
新しもの好きで興味のあるものはやってみたくなる、ただの“やりたがり”なんですよ。

勝手に自腹で『社畜ちゃん』のMMDモデル(『MikuMikuDance』の略で、3DCGムービー製作ツール)を作ってみたり、クラウドファンディングやマストドン(ミニブログ)を始めてみたり。

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
幸い、KADOKAWAの担当編集者からは、「ビタワンさんのセルフプロデュースは、もはや個人メディアミックスですね」と言ってもらえているらしいですけど。

私の活動動機は基本的には「おもしろいことをいろいろやってみたい」というだけなんですが、いろいろなことをやってみたからこそ、こうして今を楽しく生きていけるのかなと思いますね。

普通にプログラマの仕事だけやっていたら、KADOKAWAのビルに出入りしたり、自分の本が書店に積まれているのを見ることもなかったわけですから。

つらいはずの現実が、楽しい物語に。『社畜ちゃん』に込めた想い

cover_ol

——『社畜ちゃん』では、“ブラック企業”や“社畜”といった、何かとネガティブな話題にされやすいワードが多用されている一方で、作風はむしろ明るくて、キャラクターもかわいいですよね。その辺りは何か意識されているのでしょうか?

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
こういうタイトルからか、『社畜ちゃん』に対してかなりネガティブな印象を受けていらっしゃる方も多いかと思います。でも作品自体はあるあるネタでくすっと笑えるような、明るい内容にしています。

その理由は、『社畜ちゃん』1巻のあとがきにも書きましたが、私が夏海公司さんのライトノベル『なれる!SE』という作品に影響を受けているからなんです。

『なれる!SE』は『社畜ちゃん』と同じくIT業界の話で、私自身仕事がキツかったときにこの作品に出合いました。

私が今、味わっているつらい現実が、作品の中では物語としてちゃんとエンターテイメントになっていたんです。そこに感銘を覚えたんですよね。

現実はつらいはずなのに、物語になった瞬間に気分が軽くなった。そんな経験をしたんです。

——その経験が、明るい『社畜ちゃん』のキャラクター作りにも表れているということですね。

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
はい。私も『社畜ちゃん』を作るとき、誰かの救いになればと思って書き始めました。

よく言われることですが、鬱などになってしまう人は、のめり込みすぎて周りが見えなくなっている場合があります。“会社”という組織に居すぎて、その世界観に染まりきってしまう。

そういう状況を創作を通してメタ的に見ると、視界が広がるのではないかと思うんです。以前の私のように。だから、『社畜ちゃん』の内容は明るく笑えるような内容にしています。

——ビタワンさんならではの作風ですね。

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
よく『社畜ちゃん』に対して「必死に働いている人を嘲笑しているのでは?」という意見をもらうこともあるのですが、そんなつもりはまったくありません。

むしろその逆で「読んでくれた人を応援したい。癒したい。少しでも心が軽くなれば」と思って『社畜ちゃん』のお話を作っています。

実際に「『社畜ちゃん』を読んで元気が出ました!」という感想をもらえると、本当に嬉しいですね。

——今後、『社畜ちゃん』はどんな進化を遂げていくのでしょうか?

cover_B_版分け_ol
ビタワンさん
元々会社員向けに書いているつもりでしたが、最近では学生や就活生にもたくさん読んでもらえているみたいで、この作品からSEやIT業界に興味を持ってくれる人もいるそうです。

最初は私の楽しみとして始めたことですが、たくさんの人に読んでもらえるようになって、書いていて本当に良かったと感じています。

『社畜ちゃん』が今後どうなっていくか、そして『社畜ちゃん』の連載が終わった後の自分の行く先がどうなっていくのか、今はわかりません。

ですが、私と「結うき。」さんが作るものを読みたいという人がいるのであれば、もっともっと書いていきたいと思っています。

■コミックス①~②巻発売中!
書名:いきのこれ! 社畜ちゃん①~②
原作:ビタワン 作画:結うき。
判型:B6判
定価:各本体570円+税
発行:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
レーベル:電撃コミックスNEXT
コミックス情報はこちら:http://dc.dengeki.com/newreleases/978-4-04-865907-9/
■デジタルコミック@vitamin(アット ビタミン)で連載中!
媒体名:@vitamin (アット ビタミン)
配信媒体:ComicWalker、ニコニコ静画、pixivコミック 
更新日:毎月「3」がつく、3日・13日・23日頃  
価格:無料
公式サイト:http://dc.dengeki.com/vitamin/
公式Twitter:@vitamin_amw

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

大人になれば誰しも1つは持っているお財布。

お金との付き合い方は人それぞれなように、お財布との付き合い方も人によって異なる。デザインや容量など、特徴の異なる一品を持っている人もいるだろう。

私事ではあるが、筆者はm+(エムピウ)というブランドの「ミッレフォッリエ」という財布を使っている。

これは小銭、お札、カードがコンパクトにまとめられる財布。気づけば10年ほどの付き合いで、現在は同じモデルの2代目を使用中だ。

ミッレフォッリエは根強いファンの多い財布で、同じモデルを使い続ける人が多く、発売から14年が経った今でも、月に800個は出荷されるという。

このお財布を生み出したエムピウの代表・村上雄一郎さんは、元・建築士という異色のキャリアの持ち主。彼は、一級建築士から革製品のデザイナーへと、どのように転身を果たしたのだろうか?

<プロフィール>
村上雄一郎さん

バッグ/革小物デザイナー。建築事務所に勤務していたが、素材としての革に興味を持ちバッグ・革小物のデザインを開始し、2001年「m+」(エムピウ)をスタート。設立から4年後、創業支援施設台東デザイナーズビレッジに1期生として入居。
台東区での業務の利便性を感じ、蔵前に拠点を構える。

遊ぶものは自給自足、ものづくりの楽しさを学んだ幼少期

− まずは村上さんが建築士になるまでをお聞きしたいです。建築士と革製品のデザイナーはプロダクトを生み出すという点で共通していますよね。ものづくりは昔からお好きだったのですか?

村上雄一郎さん(以下、村上さん)
幼少時代から好きでしたね。田舎に生まれて遊ぶものがないから、自分で作るのが当たり前だったの。拾ってきた真鍮を磨いてピカピカにしたり、木片で工作をしたり、手を動かして結果が現れるのが楽しかった。そうするうちにものづくりが好きになってしまったんだよね。

建築の道に進んだのも作ることに興味があったから。大学で建築を学んで、そのまま設計事務所に入ったんです。

− 事務所ではどのようなお仕事をされていたのですか?

村上さん
就職した事務所は建物だけじゃなく、都市計画やマップ、時には建物のなかで使う家具など、幅広く空間をデザインしている場所でした。

当時は幅広く様々な分野のアシスタントとして働いて、3年目から建築設計に携わりましたね。建築設計はよくドラマとかで出てくる、図面や模型を作る仕事です。でも、僕はその仕事に違和感を抱いてしまったんです。

「ものづくりがしたかったのに」という思いで始めた革工芸

− なぜ違和感を抱いてしまったのでしょうか?

村上さん
端的に言うと、ものづくりに関われなかったから。その事務所では、僕たちは設計とディレクション、施工は職人さんに分業されていて、現場と接する時間が少なかった。

ものづくりがしたいと思って建築業界に入ったのに、作る現場に携われないから「なんか違うな」と思うわけです。

自分は施工の現場を知らないのに、クライアントには図面や模型を前にして、「素材はこれがいいですよ」とか、まるで自分の目で見てきたようにプレゼンしないといけない。家も建物も一生の買い物ですよね。そういう性質のものを、想像だけで提案してしまうのが怖かったんです。

− そのモヤモヤが革製品を手がけるきっかけになったのでしょうか?

村上さん
その通り。ものづくりがしたいなら自分の手を動かせばいいんだと思って、革工芸を始めたんですよ。

− なぜ革だったのでしょうか? 木とか鉄とか、素材は色々ありますよね?

村上さん
革は手軽にできるんです。たとえば家具を作ろうとしたら、広い工房が必要でしょ? 機材もいるし、音が出るから都心では難しい。革なら大きな機械はいらないし、音も出ない。当時は設計事務所の仕事終わりに車のなかでコツコツ製作してましたね。

− それをお仕事にしようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

村上さん
事務所の先輩に見せたことかな。作ったものは誰かに見てもらいたいじゃない。だから設計事務所の先輩を捕まえて、完成した小物を見せていたんです。

そうしたら褒められて。クリエイターはものを見る目がありますよね? そんな人に褒められたのが嬉しくってね。

作っては見せ、作っては見せを繰り返していたら、「お前こっちの方が向いてるんじゃないか? やるならイタリアの工房で修行して箔つけてこい!」って言われてその気になっちゃいました(笑)。

− いよいよエムピウが生まれるお話が聞けそうです。ちなみにその時、ご結婚はされていました? 奥さんがいると、説得も必要ですよね?

村上さん
結婚は建築事務所時代にしていました。イタリア行きはカミさんに黙って行くわけにもいかないので、相談したら「行ってらっしゃい」とお許しが出て。それで事務所を退職し、家族を日本に残してフィレンツェの職業訓練校に入学することにしたんです。

イタリア修行とエムピウの誕生、帰国直後は二足のわらじを履いていた

− イタリアに修行に出かけた村上さんですが、イタリア語は話せたのでしょうか?

村上さん
イタリア語どころか英語も話せなかったね。でも革工芸の基礎的なことは日本で一通り学んで行ったから、実技は見ていれば分かる。だから困ることはなかったかな。

職業訓練校を卒業した後は、イタリアの代表的な革ブランド「ベネトン」の工房に入ることができて、そこで1年間修行することができました。

1年経つと、今度は別の工房から引き抜きの話が来たんです。技術にも自信を持ち始めていたし、いよいよ日本にいる家族をイタリアに呼べると思っていたんだけれど、カミさんに相談したら「そろそろ戻ってらっしゃい」と言われちゃって。カミさんには逆らえませんよね、それで日本に帰国したんです。

− 志半ばという感じでしょうか?

村上さん
そうでもないんだけどね。でも、革のデザインを仕事にしたいという思いはあって。帰国後はすぐにでも自分のブランドを立ち上げたかったんだけど、家庭もあるし、取引先もなかったから、設計事務所に戻って建築士と革デザイナーを掛け持ちしてたの。

当時は革製品のメーカーから委託でデザインを請け負っていたりしてた。そのなかで、クライアントと打ち合わせをしたり、製品を作って卸したり、ブランドを運営するうえで一連の流れは勉強できたんだけど、やっぱり自分の作りたいものを手がけたい気持ちが強くなってきて。

自分のブランドが必要だと思って2001年にエムピウを設立したんです。

− エムピウとして最初のお仕事はどのようなものだったのでしょうか?

村上さん
最初に発注してくれたのは、銀座にある文具専門店でしたね。
製図用のA3サイズのバッグを作って提案したら置かせてもらえるようになった。でもそのバッグは5万円したから、全然売れなくってね(笑)。

色んなところに売り込みをかけながら製作を続けていたんだけれど、2004年には活動の幅を広げようと思って、台東区にあるファッションやデザインの創業支援施設「デザイナーズビレッジ」の第1期生に応募してみた。

無事選出されて、エムピウ1本で活動できるようになって、財布やペンケース、キーケースなどを、デパートの催事場などに置かせてもらって売り込みをかけていたんです。

看板商品ミッレフォッリエ、ヒットのきっかけは新聞記事だった

− ところで、看板商品の「ミッレフォッリエ」はいつ頃生まれたんですか? 今日はそのお話も聞きたくって!

村上さん
2004年にはもう販売していたね。ミッレフォッリエは発売して14年経つけれど、いまだに月間800個は出荷されていく。エムピウが続いているのもこの財布のおかげですよ。

− 根強いファンが多いお財布ですけれど、看板商品になるまでにはどのような経緯があったのでしょうか?

村上さん
ヒットは新聞記事がきっかけでしたね。松屋百貨店の催事場でミッレフォッリエを見た新聞記者がコラム枠で紹介してくれて、電話やFAXで問い合わせがじゃんじゃん来たの。それから先は口コミでファンが増えていったんです。

その時は、メディアの力ってすごいなと思いましたね。狙ってやったわけではないんだけど、人の目に触れさせることって大事なんだなと。

ミッレフォッリエはその後、パクリ製品が出るくらい人気になりました。お客さんから「パクられてますよ!」ってお怒りの電話がかかってくるんですよ(笑)。心境は複雑だったけれど、それだけお客さんから愛されているのは嬉しかったですね。

− 村上さんは蔵前に工房とショップを構えていますけど、お店はいつごろ構えられたんですか?

村上さん
2006年のことだったね。店はデザイナーズビレッジを卒業するときに事務所兼ショールームが必要になって構えたの。製品が売れるようになったら大家さんが2階も貸してくれるようになって、1階がショップ、2階が工房兼事務所という現在の形になりました。

承継は考えていない、エムピウは僕一代のブランドです

− エムピウは、財布以外にキーケースやペンケース、バッグなども手がけていますよね。これらの製品はどのようにデザインされているのでしょうか?

村上さん
うーん、ものによって様々だけど、基本的には自分が必要なもの、欲しいと思うものをデザインしてます。「デザインを考えてくれませんか?」という依頼もないことはないんだけど、納期を決められちゃうと嫌なんです。自分が興味関心を感じられるものじゃないと作れない。

製品が生まれるまではだいたい生みの苦しみがあるんだよね。うんうん唸って、長いこと悩んで。でも、生まれる瞬間は、頭に寝かせておいたアイデアや構造が組み合わさって腑に落ちるんです。「おっ! これだっ!」ってね。

村上さん
それをスケッチに落とし込んで、試作品を作って、あとは微調整かな。「うーん、ここのアールが違うな」とか(笑)。楽しいですよ。

− そんな風に作られているんですね。これだけ評判になると、ブランドは村上さん1人では運営しきれないですよね? 全国にお取引先もあると思いますし、組織としてはどのようにされているのでしょうか?

村上さん
言っても小さなチームですよ。営業はいないし、店舗の運営と受発注の作業だけスタッフに手伝ってもらっています。生産は工場に委託しているので、僕は工房でデザインしたり、お取引先や工場と打ち合わせをしたりすることが多いですね。

− 最後に、これからのエムピウについてお聞きしたいです。事業は軌道に乗っていますが、誰かに受け継いだりなどは考えていませんか?

村上さん
実はあまり考えていないんです。「m+(エムピウ)」は、村上の「m」と、使う人を表す「+」を合わせた名前。だから、僕がいなくなったら違う名前にするべきだと思っている。他の人が考えたデザインに「エムピウの商品です」って言うのも嫌だしね(笑)。

ブランドとしてはミッレフォッリエに負けない看板商品をもうひとつ生み出したいと思っています。色々試行錯誤はしているんだけれど、これを超えるものはなかなか生まれなくって。だから当面の目標はそこですね。

<インタビュー終わり>

このインタビューのなかで、「エムピウは僕一代のブランドです」という言葉が印象に残った。

なにか事業を始めて、それが軌道に乗ると、事業承継は考えずにはいられない問題だ。けれど村上さんはきっぱりと「承継は考えていません」と話してくれた。きっとその決定は、デザイナーであり職人である自分を大切にしたから生まれたものなのだろう。

仕事は大切なものだけれど、なぜ自分がその仕事をしたいのかは無視できないもの。
独立する前には一度立ち止まって、ゆっくりと考えてみたい。

M+(エムピウ)
住所:東京都台東区蔵前3−4−5
URL:http://m-piu.com/

<執筆・撮影:鈴木雅矩>

2018年11月16日

アントレアカデミーって何をするの?

独立開業を検討したら、まずは情報収集から始める方が多いと思います。
本で、インターネットで、探し始めると情報の海にのまれて疲れてしまうことも少なくないでしょう。
情報はたくさんありますが、取捨選択して絞り込んでいく必要があります。 (さらに…)

2018年11月15日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ