カテゴリー

Line

デスクワークも畑仕事もすべてが本業!スーパーサラリーマンに聞く3社で「複業」するコツ【前編】

2017年3月6日

政府の正社員の副業推進に伴い、大手企業が続々と副業を解禁するなど、話題が尽きない「副業」。独立や起業を目指す方にとっては、会社員をしながらその前段階として

「まずは副業から始めたい」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回お話を伺ったのは、現在3社で副業ならぬ「複業」をしているというサイボウズ株式会社の中村龍太さん。

前編では、なぜ3社で「複業」をするようになったのか、複業をする上で必要なスキルやコツなどをお聞きしました。

3社すべてが本業?「複業」という新たな選択肢

IMG_5220_Fotor
―3社で副業をされているということですが、それぞれの会社でどのような仕事をしているのでしょうか。

IMG_5222_Fotor
中村龍太さん(以下、龍太さん)
始めに言っておかなければならないのですが、私は「副業」をしているという感覚はありません。

というのも、現在3社に所属して働いていますが、私はすべて「本業」として仕事をしているので、どの会社がメインでどの会社がサブ、という認識はあまりないんです。

複数の会社で働いているという意味で「複業」をしていると言ったほうがいいかもしれません。

―すべての仕事が「本業」なのであれば、”副業”という表現は少し異なりますね。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
そうですね、それを踏まえて3社での業務内容を簡単にご紹介させていただきます。

まず1社目が、東京都中央区にある「サイボウズ」です。火・水・木・金、週4日間オフィスにおります。

仕事内容は大きく2つありまして、1つが「kintone(キントーン)」という自社クラウドサービスの新たな利用用途の開発。そしてもう1つが「チームワークメソッド」という社内の研修プログラムを外部に提供・継続するための事業化をしています。

2社目がITコンサルタントの「ダンクソフト」です。こちらの会社では徳島県神山町というところにサテライトオフィスがありまして、週1回、月曜日出社しています。

そこでは広報チームとして、ダンクソフトが持ついろいろな価値みたいなものを世の中に広げる、といった仕事をしています。

そして3社目が「NKアグリ」。こちらは和歌山県和歌山市にある農業関係の会社で、土・日を中心に自宅の圃場の千葉県印西市で仕事をしています。主に「リコピン人参」という珍しい種類の野菜を作っています。

また、作って売るだけでなく、リコピン人参やNKアグリを広めるための仕事もしています。

―デスクワークから畑仕事まで龍太さんのお仕事は多岐にわたっていますが、そもそもなぜこの3社で仕事をしようと思ったのでしょうか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
3社で仕事がしたい、というよりはやりたい仕事をしていったら現在のようになった、という感じですね。

順を追って説明すると、まずサイボウズに入ったのは、前職時代にサイボウズの代表の青野さんに誘われたことがきっかけです。ただ、サイボウズに転職すると前職の給与から金額がガクンと下がってしまうなあと。

当時私には大学生のこどもが2人いたものですから、正直収入を下げたくなかったんです(笑)。

そんなとき、前職の営業先だったダンクソフトの社長に話をして「サイボウズからこんな話があるんですけど、雇ってもらえませんか?」とお願いしてみたらそれが叶って。2013年10月にサイボウズとダンクソフトに2社同時転職、という形になったんです。

―普通転職ってA社からB社へ行くものだと思うんですが、龍太さんの場合、A社からB社とC社に行ってしまったというわけですね、すごいです…!

IMG_5222_Fotor
龍太さん
ははは、そう言われれば珍しいかもしれませんね(笑)。それからNKアグリとの出合いなんですが、これは2社に転職後ですね。

私が自宅の前で農家をやっていることから、前職との繋がりでNKアグリの社長の三原さんとたまたま一緒に飲むことがありまして。そこからNKアグリでサイボウズのサービスが使われることになったんです。

―最初はお客さんだったんですね、サイボウズの。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
はい。そうして付き合っていくうちにNKアグリから「人参を提携農家さんと作りたい」という話と「センサーを使って収穫時期を予測したい」という話が出てきたんです。

それなら私が自分で人参を作って、自分でサイボウズの製品で収穫時期を予測してしまえば、2つの会社にシナジーが生まれるなと思ったんです。そして三原さんに「提携農家として契約してもらえませんか?」とお願いしてみたんです。

3社複業でも圧倒的パフォーマンスを出すコツは、「引き裂かれない働き方」をすること

Success Improvement Celebration Winning Excellence Concept
―そんなパワフルな中村さんですが、一体どのようにして3社での複業を成り立たせているのでしょうか?すべての仕事を円滑に回すためのスケジュールの組み方や、何かコツのようなものがあれば教えていただけますか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
コツはいくつかあるのですが、まずはスケジュール感というところから話してみましょう。

先程勤めている3社の概要でも申し上げましたが、月曜日にダンクソフト、火・水・木・金にサイボウズ、土・日にNKアグリという1週間のスケジュールの組み方をしています。

ただし、常にそのスケジュールで動いているかというとそうでもありません。たとえば月曜日、ダンクソフトで仕事をしている時にサイボウズの仕事をまったくしないわけではありません。

いろんな相談や調整が入ったりするとその都度対応するようにしています。今はこれだけITのツールが発達していますし、そのツールを上手に使いつつ、それぞれの仕事の重要度や緊急度に合わせて、別の仕事をすることももちろんあります。

ちょうど今でいうところの、LINEのグループチャットに複数参加していて、場面に応じて必要な返信をするといったような、そんな感覚に近いかもしれませんね。

―曜日でどこの会社に行くかという大まかな切り分けはありながらも、状況に応じて他の会社の仕事もしている、というわけですね。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
そうですね。もっというと、この曜日のスケジュールが変則的に動くこともありますよ。

たとえばダンクソフトで大きな仕事があるときは、火・水・木・金でもサイボウズに行かずに徳島にあるダンクソフトのサテライトオフィスに足を運んだり、リコピン人参の収穫期などはサイボウズとダンクソフトの予定をキャンセルして収穫に専念したり。

―そこまで融通がきくんですね…!現在の社会通念的に「副業があるので、今日は出社しません」というのはなかなか難しいように感じますが…。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
だから「複業」なんですよ。本業と副業というメインとサブの関係ではなく、私の場合はすべてが本業なので。

―そこまで自由に自分の裁量で働けるようになった背景には、それぞれの会社の経営陣に説得したのでしょうか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
説得はしてないですが、自分の裁量で働くにあたって気をつけているポイントがあります。それは「自分が仕事しやすい環境」を自分で作ってしまうこと。

私の場合、サイボウズとダンクソフトに同時転職するというちょっと変わった経緯もありますが、その際にサイボウズ代表・青野さんとダンクソフト代表の星野さんと私で一度話し合う場所を設けたんです。

サイボウズではこんな仕事を、ダンクソフトではこんな仕事をするといったように、複業を始める段階でそれぞれの仕事内容をきちんと両社に伝えました。

また、複業生活が始まってからも「今はサイボウズでこんな仕事が入っています」「急ぎの仕事があるのでダンクソフトのオフィスに向かっています」といったように、逐次各社のメンバーには自分が何をしているのかを共有しています。

いずれもそれぞれの会社の守秘義務に関わるようなことはもちろんいえませんが、ある程度オープンにできるものはきちんと公開することで信頼関係を構築することができます。

Networking communication Connection Share Ideas Concept

―なるほど、複業を両立させるには情報をできる限りオープンにして、信頼関係を築くことが大切なんですね。ほかに意識していることはありますか?

IMG_5222_Fotor
龍太さん
「1つの会社の仕事が、他の2社の成果物になること」です。

たとえば、用途開発をしているサイボウズの仕事とリコピン人参を作るNKアグリの仕事には一見接点がなさそうですが、収穫時期を予測するためのセンサーの開発など、ITは農業において大きな力を発揮します。

農業を専門としているNKアグリという会社に、ITを専門としているサイボウズの社員がいれば、どちらの会社にとっても大きなメリットになるのです。

NKアグリとサイボウズ、ダンクソフトにはそれぞれの強みと課題があります。ある会社の強みがある会社の課題にフィットすれば相互にとってメリットになり、新たなシナジーが生まれると思っています。

―龍太さんのお話を聞いていると、それぞれの会社のお仕事がうまくつながっているように感じます。自分がどこでどんな仕事をしているのかをオープンにして、それぞれが有機的につながっているというか。そこにメイン・サブの関係ではない、「複業」の可能性を感じました。

IMG_5222_Fotor
龍太さん
そうですね。普通の「副業」だと昼間に本業のA社を、定時で上がって副業のB社で夜な夜な仕事、みたいなパターンが多いんじゃないかなと思います。それだと仕事量が増えるだけでつらい。

そうではなく私が現在やっている複業は、「引き裂かれない働き方」。お互いに相乗効果が生まれるようにすべての仕事が有機的に繋がっていれば、私にとっては仕事量が増えるというよりも、3社でひとつの仕事をしているという感覚で働くことができます。何よりやっていてとても楽しいですね。

―「引き裂かれない働き方」を実践する龍太さんは、とても楽しそうに自分の仕事についてお話していました。そして後編では「自分のやりたいことが見つからない人」そして「現状からなかなか動けない人」に向けた、龍太さんの見解とアドバイスをお伝えします。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

100万人に1人の人材になる方法を、皆さんは知っていますか?

2013年に発売され、ロングセラーとなっている『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』という本で紹介されている、この「100万人に1人の人材になる方法」。

100万人に1人とは、スポーツで言うとオリンピックのメダリスト級。この著書で勧められているのはまず「100人に1人の人材」になること。
(さらに…)

2019年6月25日

ベンチャー企業にとって事業資金調達は大きな課題です。

10年ほど前は、事業資金調達といえば金融機関の融資でしたが、最近では、ベンチャー企業が資金を得るためにベンチャーキャピタルを利用したとの情報をよく目にします。

ベンチャーキャピタルとはどのような仕組みでしょうか? また、同じようにファンドやインキュベーターという言葉もよく聞きますが、ベンチャーキャピタルとどのような関係があるのでしょうか?

本記事では、ベンチャー企業に関連するベンチャーキャピタルの役割と仕組み、ファンドとの違い、インキュベーターとの違いとは何かを解説します。

ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルとは、将来的に大きく成長しそうなベンチャー企業などの未上場企業に対して資金提供(株式投資)を行う、投資組合や個人投資家を指します。

彼らは、ベンチャー企業の上場後に株式や会社を売却することで、出資額の回収と同時に、利益を得ることを目的としています。

ベンチャーキャピタルの仕組み

ベンチャーキャピタルはベンチャー企業に投資する資金が必要です。

資金調達と運営の仕方により、2種類のタイプに分かれます。

1.自己資金で運営
個人投資家が自身の財産や銀行から借りた資金を元に、「成長しそうだな」という判断や、「事業に社会的な意義があるから応援したいな」という意思によりベンチャー企業投資を行うことで運営されています。

投資によるリターン(利益)は追及していますので、自らベンチャー企業に経営支援を行うこともあります。

エンジェル投資家と似ていますが、エンジェル投資家は個人の判断のみで出資します。

ベンチャーキャピタルは、自己資金ですが法人なので審査があり、出資した会社の経営にも携わります。

出資する資金額にも違いがあります。

エンジェル投資家が千~数千万円であるのに対し、ベンチャーキャピタルは1億~数億円あるのが一般的です。

2.ファンドを組織して運営
多くの投資家(金融機関・機関投資家など)に出資を募って事業運営する、投資事業組合(ファンド)を設立してベンチャー企業への投資を行う仕組みです。

ベンチャー企業に対する投資は、成功企業(上場企業)が1社でも出れば大きなリターンを得られますが、その成功率は高くありません。

投資家に出資を募っている以上、確実に投資回収を行い、還元しなければならないため、投資するべき企業をしっかりと見極めることが必要です。

投資後は、企業価値向上のためにさまざまな経営支援を行う場合もあります。

ベンチャーキャピタルとインキュベーターの違い

インキュベーターとは、本来は「生まれたばかりの乳児を育てる保育器」を意味しますが、そこから転じて「起業家の卵を育てる」人たちのことを指します。

一般的にインキュベーターは、経営アドバイスや資金調達のためのアクセスの提供、企業を運営するために必要なビジネス・技術サービスへの橋渡しなどをおこなう団体、組織に所属しています。

独自の創造性に富んだ技術・経営ノウハウと高い起業家意欲を持つベンチャー企業に着目し、起業家に対し、オフィスの貸出や経営アドバイス、事務・経理・リクルーティングなど、多岐にわたって支援します。

インキュベーターは、単なるレンタルスペースの賃貸ではありません。

ハードよりもソフトの部分の仕組みが特徴的で、一般的には、入居企業をアドバイスするインキュベーション・マネジャーが配置され、専門的アドバイスだけでなく、ビジネスプラン達成に必要な各種専門家のコーディネートを行うなど、支援体制を揃えています。

ベンチャーキャピタルは資金を投資してベンチャー企業を支援しますが、起業して間もない卵のような企業にはベンチャーキャピタルによる投資は難しいため、インキュベーターにより育て、ある程度成長したあとにベンチャーキャピタルが出資するようになります。

このように、ベンチャー企業の成長過程に沿って出資者に違いがあります。

ベンチャーキャピタルとファンドの違い

ファンドは、投資家(個人・機関)からお金を集めて、集めたお金を価値がある物(不動産・新事業・株式・証券など)に投資して、得た収益を出資者に分配する仕組みです。

ベンチャーキャピタルは、株式上場前のベンチャー企業やスタートアップを対象に出資する組織ですので、ファンドの一部にベンチャーキャピタルが含まれることにはなりますが、投資対象をより狭めているのがベンチャーキャピタルともいえます。

しかし、出資する資金は自己資金によって用意するケースもありますので、広く投資家から集める形式のファンドとはその点で異なります。

まとめ

ベンチャー企業にとって、ベンチャーキャピタルは資金調達の手段としてはありがたい存在のように思えます。

しかし、投資という形態である以上、審査が厳しく、審査が通ったあとも、リターンに対する圧力はベンチャー経営者にとって試練になるかもしれませんので、もろ刃のつるぎともいえる存在です。

PROFILE

善木 誠

岡山県岡山市在住でビジネスコンサルタント(株式会社スコーレメディア代表)として小規模事業者向けの経営コンサルタントをしています。
[資格]働き方改革マスター、個人情報保護審査員、経営士

2019年6月24日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ