カテゴリー

Line

思いのままに方向転換! こどもの頃からの夢を鎌倉で実現したい 年間密着取材Ⅱ ~菊地さん編 第1回~

2016年12月23日

「独立・開業」を目標に実際に起業活動を進めている方の年間密着取材、第2シーズンがスタート。開業までのプロセスを中心に、苦労話や失敗談まで、リアルな姿を追いかけるドキュメンタリーを公開!

菊地美由起さんプロフィール
岩手県の保育専門学校を卒業後、すぐに結婚。家事をこなしつつ、ファストフード店やコンピューター関連の仕事に従事。数年後、離婚を機に埼玉県へ移住した。1年ほどファストフード店と服飾店で経理として働いた後、総合病院に就職。9年後に退職し、乳幼児専門の保育園に正社員として就職。3年後、次女の結婚を機に、鎌倉に引っ越し、現在の保育園でも正社員として働いている。55歳。鎌倉市内に1人暮らし。

――保育専門学校を卒業されていますが、いつ頃から保育に興味があったんですか?

小さい頃から保育士になるのが夢でした。当時は岩手県に住んでいたので、県内の専門学校を卒業しました。卒業後、21歳で結婚し、専業主婦をしていたのですが、家計の足しになればと思い、ファストフード店で働きました。働き出して3年くらい経った頃、接客やサービスの技術が認められ、“個人賞”をもらったんです。

確か、東北3県で2名しか受賞していない賞だったと思います。そんな風に評価されることは初めてでしたし、誰かに認められる、誰かに必要とされる喜びのようなものを強く感じました。その後、前から興味のあったコンピューター関連の仕事に就いたのですが、離婚を機に岩手県を離れたんです。

_DSC0315

――それで埼玉県に引っ越しをされたんですね。お仕事はどうされましたか?

3人のこどもたちと埼玉県へ引っ越し、最初はファストフード店や服飾店で働きました。こどもが育ち盛りだったので大変でした。でもその服飾店で経理として働いているときに、会計士さんから病院で働かないかと声を掛けていただき、病院に勤めることになったんです。

以前コンピューター関連の仕事をしていたおかげで医療事務のパソコン作業もこなせたんだと思います。病院は内科・小児科・産婦人科のある中規模の総合病院だったのですが、そこで赤ちゃんや小さなこどもたちをみているうちにずっと前からなりたかった保育士の夢が、ふつふつと湧いてきました。

そこでは院長先生をはじめ、一緒に働く方々にも恵まれ、仕事をしながら医療事務の資格をとることができました。本当にお世話になったんです。

_DSC0315

――でもやっぱり保育士の仕事をしたいと思って、方向転換したんですね?

はい。辞めないでほしいと何度も引き留めていただいたのですが、やはり自分の道は保育士だと心に決めたので、退職させていただきました。その後、同じく埼玉県内の乳幼児専門の保育園に就職しました。

そこで長く働くつもりだったのですが、勤めて3年経った頃に、下の娘が結婚することになって、鎌倉に引っ越すって聞いたんです。そしたら私も鎌倉にどうしても住みたくなって…。

_DSC0315

――えっ?結婚されるのはお嬢さんですよね?(笑)同居されたんですか?

いえいえ。なぜだか分からないのですが“鎌倉”ということばの響きにビビッときてしまい、私もひきつけられるように鎌倉に引っ越しました(笑)。何度か訪れたことがあって、そのたびに「いい所だな」と思ってはいたんですけどね。

すぐに仕事を探す必要があったので、派遣会社に登録し、保育士の仕事を見つけました。本当は病児保育に携わりたかったのですが、募集がなかったので、まずは普通の保育の仕事に就きました。派遣社員でしたが気づけば社員と区別なく働いていたので、その対価はいただいた方がいいと思い、半年ほどで正社員になりました。

常々保育園・保育所は、こどもたちが自由に過ごせる、遊べる空間であるべきだと思うのですが、どうしてもマニュアルや枠のようなものがあって…。それって本当にこどものためにいいのかな…と、だんだん疑問を感じ始めました。

_DSC0315

――それが独立のきっかけなんですね?

そうなんです。それなら自分の思い描く保育所を作ればいいんだって。そんな時、あるフランチャイズが目にとまって。そこは“どんな状況でもお子さんを預かる”というのがコンセプトなのですが、それこそ私のやりたいと思っていた保育所に近いのではないかと思いました。

普通にお子さんを預かるという形はもちろんなんですが、鎌倉という場所柄、観光客の方もたくさんいます。そんな時、数時間だけでもお子さんを預かってあげられれば、大人は大人だけの時間を過ごせるのではないかと思いました。そういう新しいスタイルの保育所を提案していきたいと考えています。

_DSC0315

――開業に向けていろいろ作業は進めているんですか?

はい。2017年4月開業をめざし、今年の6月くらいから独立の準備を始めています。実は既に鎌倉市内にいいなと思っている候補地があるので、まず場所を来年の1月中に決定。2月には開業告知をしながら内装を整備、3月にはプレオープンしたいと思っています。

当面は、鎌倉に住む下の娘と協力して始めていきたいと思っています。今の心配ごとといえば、予算のこと。実は気持ちが先走っていたので、あんまりお金のことを考えていなくて…。貯金通帳をじっくり見なくてはと思っているところです。

_DSC0315

次回の更新は、2017年1月20日(金)お楽しみに!

更新日:2016/12/23
文:堀家かよ 撮影:吉原朱美




アンケートにご協力ください

以下の項目に当てはまるものにチェックを入れ、「送信する」ボタンをクリックしてください。







PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

どんな世界でも、主役を支える上で欠かせない“名脇役”。

自分の役割に徹し、サポートしてくれる彼らの存在があるからこそ、主役は大きな光を放つことができます。

ビジネスシーンにしてもそう。主役である顧客が本当に望んでいること、進みたい方向性を理解し、パートナーとして支援する名脇役(企業)の存在は欠かせません。

(さらに…)

2019年6月20日

中小企業の事業承継や事業再生にあたり、複数の事業を行っている場合、事業の収益性や運営面の違いを考慮し、一部の事業を切り分けて別会社にしたほうが、効率よく経営できる場合があります。

事業を分ける方法はいくつかありますが、今回は会社分割について説明します。 (さらに…)

2019年6月19日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2019年6月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ