カテゴリー

税理士ドットコム

難病を経てホスト、そしてマンガ家へ。岩ちんが、自身の生き方を作品に投影する理由

難病を経てホスト、そしてマンガ家へ。岩ちんが、自身の生き方を作品に投影する理由

点と点が線でつながる。

独立・起業や転職といった人生の転機には、これまでの人生で起こった点がまるで一本の線のようにつながる瞬間があります。

今回お話を伺ったのは、マンガ家の岩ちんさん。

現在はLINEマンガでの連載を中心にマンガ家として活躍されている岩ちんさんですが、実は高校生の時に難病・クローン病を発症し、療養生活を送ることに。

これまでの考え方を変えざるを得なかった2度目の療養生活からホストになり、そしてマンガ家へ。雑誌からWebへの活動拠点の変遷——。

今回は、そんな岩ちんさんのこれまでの人生を振り返ります。
一見して関係なさそうなそれぞれのターニングポイントが、線でつながる。岩ちんさんの半生には、まるで伏線が回収されるようなストーリーがありました。

<プロフィール>
岩ちんさん
マンガ家

高校在学中から4コママンガを雑誌に投稿する。高校3年時に難病・クローン病を発症し入院を余儀なくされる。

退院後、20歳でマンガの専門学校に入学。その後、週刊少年マンガ雑誌でアシスタントなどを経験するも、クローン病が再発。入院中に人生を見つめ直す。

再び退院後は歌舞伎町でホストを経験し、以降は雑誌の持ち込みを続けながら、アルバイトを両立。昨年専業マンガ家となる。
講談社で『魔物学校』を連載の後、現在はLINEマンガにて『レビュー低い勇者』を連載中。

「明日は自分が“そう”なってしまうかもしれない——」。難病・クローン病を経て、ホストになった

——現在マンガ家として活躍されている岩ちんさん。まずはマンガ家になるまでの経緯を教えてください。

岩ちんさん
マンガを描いてそれを世に出す、という活動に関しては高校生くらいの時からやっていました。ゲーム系の雑誌に4コママンガを描いて送って。それが意外と評判良くて、毎回載せてもらっていました。

ただ高校在学中にある難病を発症してしまって。

——難病ですか?

岩ちんさん
クローン病(※)という病気です。

比較的勉強に熱心な家だったので、親からは「国立大学を目指せ」と言われていたんですが……。病気のせいもあって受験勉強もできずしばらく療養することになり。

結局2年間の療養生活を余儀なくされました。

※炎症性腸疾患の1つ。原因不明の難病。

——それで専門学校に?

岩ちんさん
はい。長い療養生活が原因で、しばらく無気力状態が続いてしまって。それを見かねた親が心配して「国立大学でなくてもいいから、進学してくれ」と。

その時に前から好きだったマンガを学ぶため、専門学校に入学したんです。20歳の時のことでした。

——専門学校を卒業後は?

岩ちんさん
ご縁があって専門学校の先生の紹介で、週刊少年チャンピオンの作家さんのところでアシスタントをしていました。それと並行して舞台の背景を作る仕事をやっていたり……。

マンガ家としてではないですが、フリーランスとして仕事をするようになったのはこの頃からですね。お願いされたことを受けて仕事をして、という生活が始まりました。

ただ「頼まれたらやる」スタイルのせいで、少々働きすぎてしまって。再びクローン病を発症してしまったんです。

25歳くらいの時に再発して、結果的に療養生活は1年ほどだったのですが、今思えばその時の入院が僕にとって転機だったのかもしれません。

——転機?

岩ちんさん
ええ。
僕と同じ病室の患者さんはみんな、例えば大腸ガンのステージ4とか、それくらい重い症状を持った方ばかりだったんです。

隣のベッドで仲良くなった方が、しばらくして亡くなったという知らせが入ったり。
まだ20代くらいの方だったでしょうか。余命宣告を受けた患者さんの恋人が、ベッドで泣き崩れていたり。

明日は自分が“そう”なってしまうかもしれない。死というものをそれくらいリアルに感じる毎日に、身を置いていました。

——死について考える日々が、岩ちんさんの人生観に影響を与えたんですね。

岩ちんさん
ありきたりかもしれませんがその時、本当に人生について考えさせられました。

というかたくさんの方の死と直面しすぎて、考えざるを得なかったんです。

自分もいつか必ず死ぬ。なら後悔しないように、自分がやりたいことをやろうと。ここ(病院)を出たらいろんなことをやろうと。

そして退院して紆余曲折の末、ホストになりました。

やりたいことをやって、描きたいものを描いて。誰かが喜んでくれるなら、こんなに幸せなことはない

——なぜ、ホストに?

岩ちんさん
再び社会に復帰しようといろいろアルバイトを受けてみたんですが、ことごとく落ちまくってしまって。

そんな時に友人がたまたま歌舞伎町でホストをやっていて、彼が僕にホストの仕事を紹介してくれたんです。

正直全然売れなかったんですけど、そのお店には感謝しています。

友人がいろいろ気を遣ってくれて、社長やスタッフさんに僕の病気のことを話してくれました。お店側も、僕の体調に合わせて柔軟に出勤を調整してくださったり。

そうしたみなさんの支えがあり1年半ほどお店に勤め、最後はナンバー(人気上位)に入ることができて。

——ホストをやめてからはどうされたのですか?

岩ちんさん
再びマンガを描き始めました。

ホストをやめる直前、もともと知り合いだったある作家さんとその奥さんが、お店に来てくれて。その時に「一緒にやらない?」と誘ってくれたんです。

その人と一緒に描いた作品(僕は原作を担当)が、週刊少年チャンピオンのコンクールに準入選して。

そこからは出版社に持ち込みをしながらアルバイトをして、という生活が始まりました。そして去年から専業マンガ家になったんです。

——持ち込みを継続して専業マンガ家になるには、とても苦労をされたのではないかと想像してしまうのですが……?

岩ちんさん
そうですね、持ち込みは結構心が折れました(笑)。

マンガ業界を知らない人のためにお話します。持ち込みとは文字通り、自分の作品を出版社に持ち込むことをいいます。まず編集さんに見ていただいて、良ければ編集会議にかけられます。

そこで編集部(多くは編集長)からGOサインが出れば晴れて連載となるのですが、そこまでの道のりがとても長いんです。

仮に編集者がOKをして手直しを加えて編集会議に臨んでも、上がOKしなければ当然連載の話は流れてしまう。そこにかかる工数や時間には一切お金は支払われません。

また出版社や雑誌で連載するためには、少なからずその媒体に沿った「色」に合わせなければならない。

商業マンガとしては当然なんですが、往々にしてその「色」と作家性との両立は大変なものなんですよ。

——就活や転職に置き換えると、志望している会社に面接に行くも、1次〜最終面接までのいずれかで落とされ続ける、という感じでしょうか?

岩ちんさん
まさにそんな感じだと思います。持ち込みに行けど行けど、毎度落とされていたらさすがに落ち込みますよね。

例に漏れず僕も落ち込んでいて。そんなある時、友達に「『comico』(※)で描いてみたら?」とアドバイスをもらったんです。

※NHN comicoが運営する無料マンガ・小説アプリ

——『comico』ならサービスの性質上、岩ちんさんの描きたいものを自由に投稿できますよね。

岩ちんさん
そうですね。
とはいえ僕は小さい頃から「マンガ=雑誌で連載」という固定観念があったので、最初は抵抗があったのですが……。いざ描いてみると読者の方からたくさんのコメントをいただけて。

その反応が嬉しくて徐々にネットを中心にマンガを描くようになったんです。

転機になったのは『DAYS NEO』(※)に投稿した『魔物学校』という作品でした。同作は講談社からオファーがあり連載がスタート。

そして現在は『レビュー低い勇者』をLINEマンガにて連載中です。

※講談社が運営するマンガ投稿サイト。他サイトとの大きな違いは一般ユーザーとは別に、21誌の編集者も目を通していること。マンガ家と編集者のマッチングを公言している。

——持ち込みで上手くいかなくても、直接読者に読んでもらえる機会がある。ネットが発達したことによる、マンガ家の新しいキャリアの歩み方ですよね。

岩ちんさん
そうですね。あくまでも僕の場合の話ですが、自分の好きなものを描いて投稿したら、それを受け入れていただけるようになりました。

もちろん従来同様、持ち込みから連載を勝ち取るというルートはいまだ健在ですし、憧れもあります。

ただ媒体の「色」に寄せて描いたのにそれでも不採用だと、やっぱり自信も失ってしまうんですよね。たとえ不採用の理由が、自分の力不足だと分かっていても。

そのループを繰り返した結果、好きなはずのマンガを「描きたくないな」と思ってしまう瞬間がいくつかあって……。

ちょうどそんな時に、Webという全く新しい媒体が発達してきた。

——その新しい可能性と岩ちんさんは、相性が良かったと。

岩ちんさん
思い起こせばクローン病で入院していた時「やりたいようにやろう」「後悔しないように生きよう」と思っていました。

なら「自分の描きたいものを描こう」と、自分の作品にもその気持ちを投影して描いてみたら、読者にも喜んでいただけた。

岩ちんさん
これはいくつもの偶然が重なった「結果論」ではありますが、何か不思議なものを感じます。

自分がやりたいことをやって、描きたいものを描いて。それで誰かが喜んでくれるなら、こんなに幸せなことはないですね。

独立・起業を考えるなら、まず守らないといけないたった1つのこと

——岩ちんさんの今後の目標をお聞かせください。

岩ちんさん
僕にはマンガしかないので、マンガをとにかくたくさん描いていきたいです。そして自分の作品をアニメ化すること。それが僕の夢です。

その大きな夢が実現できるように、まずは目の前のことを1つずつがんばっていきたいですね。

——最後に、読者の方へメッセージをいただけますか?

岩ちんさん
僕が言うとちょっと重いかもしれませんが……とにかく健康でいることを第一にしてください。

独立・起業や転職といった重要な問題だけでなく、普段のお仕事に家事、育児、介護。あなたの日常の全ては、あなたの健康の上に成り立っています。

ここで言う健康とは、体だけとは限りません。心も健康であること。
精神的にも肉体的にも健康でない状態であれこれ考えたところで、その結果は決していいものにはなりません。

僕も入院時代、これをめちゃくちゃ経験しました。なので間違いありません(笑)!

独立・起業を考えるならまず健康でいてください。

可能な限り心と体を健康にした上で、自分にとってどの選択肢が最良なのか、考えてみてはいかがでしょうか。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

新型コロナウイルスの感染拡大やAIの急速な進化など、最近では事前に予測できない社会変化が多く発生しています。この状況を表すキーワードとして「VUCA」という言葉が最近よく使われています。

今後独立開業をしていく際には、この「VUCA」の特性を把握したうえで事業運営していくことが求められます。

では「VUCA」とは何なのか、今後どう対応していく必要があるのか、ご紹介していきましょう。

「VUCA」のルーツは軍事造語

「VUCA」とは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った造語です。

もともとは、冷戦終結によって従来の核兵器ありきの戦略から不透明な戦略へと変わった1990年代の状態を表す軍事造語でした。その後2010年代に入り、変化が激しく不確実な社会情勢を指して、「VUCA」という言葉が転用されるようになりました。現在では、これまでの常識が大きく変わる「ニューノーマル時代」の到来を象徴する言葉としても使われています。

「VUCA]に含まれる言葉の意味は、以下になります。

【V】Volatility(変動性)

VUCAの「V」はVolatilityで、「変動性」という意味です。

IT技術が急速に発展している今の時代は、顧客ニーズの変動が顕著です。たとえば、2013年頃に一世を風靡したソーシャルゲーム業界が、今ではピーク時と比べ売上高が半減しています。新しいビジネスモデルを作り出しても、環境の変動によってわずか数年で衰退してしまうのが現状で、市場は以前よりも短期間で大きく変動し、予測不能な状態になっています。

【U】Uncertainty(不確実性)

VUCAの「U」はUncertaintyで、「不確実性」という意味です。

今やビジネスにおいて、「確実なもの」「安定しているもの」はありません。時代の変化はもちろん、政治経済や市場の変化は目まぐるしく、日々グローバル化も進んでいます。また今年でいうと感染拡大した新型コロナウイルスが日本経済にどのような影響を与えるのか、渦中では予測不可能です。突発的な疫病や、激化していく台風や地震などの災害、少子高齢化・過疎化などの不確実な要因が、現代には複数存在します。そして不確実性が大きい状況では、売上計画などビジネス上の見通しを立てるのが難しくなります。

【C】Complexity(複雑性)

VUCAの「C」はComplexityで、「複雑性」という意味です。

急速なビジネスのグローバル化が進んだことで、今日さまざまな分野で国境を越えるイノベーションが起こっています。そのような状況でビジネスを成功させるためには、世界の「複雑性」を十分に理解しておくことが必要です。特に日本と海外ではビジネスの習慣やルール、基本的な価値観などが異なる場合が多く、また新しいビジネスやルールが次々に生まれるため、法律面を含めた環境整備が追いついていないというのが現状です。

たとえばタクシーの配車アプリであるUberのように、本国であるアメリカと日本で異なった仕組みで運営されていたり、全世界的に広がっているキャッシュレス化も、日本では店舗側がコスト負担の問題や現金信仰という独自の文化観によってなかなか広がらないという、世界各国とは異なる結果が生じていたりします。

現在では新しいサービスが登場するたびに、複雑性にどのように対処するか、という課題が生まれています。

【A】Ambiguity(曖昧性)

VUCAの「A」はAmbiguityで、「曖昧性」という意味です。

現在、ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化しているため、少し先のこともどうなるか予測が難しく、問題に対する絶対的な解決策が見つからない曖昧な状況になっています。

たとえばベンチャーキャピタル(投資会社)のように、投資先企業の精査をしても今後の環境変化が見立てきれず、曖昧な状況の中で投資するかどうかという経営の意思決定が求められるケースも増えています。

このような曖昧な案件に対しては、少しの変化も逃さず素早く最新情報を捉えて意思決定し、対応していくことが求められます。

「VUCA」の時代に求められる3つのポイント

「VUCA」の時代が進むと、変化(Volatility)が激しいため先が見通しづらく(Uncertainty)、複雑(Complexity)で曖昧(Ambiguity)な世の中になっていきます。そのため、従来のように準備に長い時間をかけていては、市場構造やユーザーの興味は移り変わってしまいます。

そのような「VUCA」の時代に対応したビジネスを展開していくためには、事業として以下の3つのポイントが必要になります。

① ビジョンを明確に持つ

「VUCA」の時代は将来の社会環境がどのように変化するか予測しづらく、かつその変化のスピードも速くなっています。企業がその変化に柔軟に対応するためには、今後何を目指していくか、自社のビジョン、経営方針を明確に持つことが求められます。

この自社のビジョン・経営方針が明確でないと、社会変化に対応するたびに自社の経営戦略のベクトルが変わることになりかねず、事業を継続的に運営していくことが困難になってしまいます。

自社のビジョン・経営方針を明確にしておけば、ビジョン実現のためにとるべき行動や経営判断が明確になり、環境変化に振り回されたりその場しのぎの判断をしたりすることを回避できます。

② 素早く情報収集し予測・検証する

「VUCA」の時代では、自社のビジネス環境が急速に変化していきますが、どのような変化が起こっているのかを把握しなければ、その後の対応もできません。

そのため、自社のビジョン・経営方針を明確にしたうえで、できる限りの情報を素早く集め、変化の状況を正確に把握することが必要です。

情報を集める際は、用途によって情報ソースを使い分け短期間で収集します。インターネットのニュースサイトやアプリは、時事ニュースなど広く浅い情報を集めるのに有効です。一方、自社ビジネスに直結する深く狭い専門的な情報は、専門的なサイトやSNS上の専門家のアカウントをフォローすることで入手します。執筆した書籍や実際に現場の人間に会って生きた情報を得るなど、情報ソースをバランスよく配分しましょう。

そして集めた情報から現状を打開するアイデアを生み出し、仮説を素早く立て、即実行して検証することが大切です。「VUCA」の時代では、石橋を叩くようにアイデアを検証している間にも、どんどん状況が変化していきます。小さいアイデアから試し、結果を検証しながらアイデアを大きくしていきましょう。失敗を恐れず、動きながら考えることが「VUCA」時代では求められます。

③ 結果が出るまでやりきる

情報を収集して分析検討し将来を予測したとしても、その予測が正しいかどうかは誰にも判断できません。情報収集をある程度実施してビジネスに関する予測をした後は、予測が当たるかどうか一喜一憂するのではなく「やりきる力」が必要です。選択の大枠となる部分を決めたら、結果が出るまでは強い意志を持って決めたことに集中し、やりきりましょう。

変化が激しい「VUCA」の時代には、ビジョンに基づいて選択した対応策を、まわりの変化に振り回されずに一貫してやりきることが求められます。「柔軟に対応しているつもりだったが、実は状況に流されているだけだった」という事態を避けるためにも、判断した後は一定期間その選択に集中してやりきりましょう。

意思決定のスピードを上げ、「VUCA」に素早く対応を

ここまで、今後の「VUCA」の時代にどう対応していく必要があるか、ご紹介してきました。

環境変化の先行きが見通しづらい中、事業を継続的に成長させていくためには、企業としての意思決定のスピードをどう上げていくかが重要になります。そのためには、先ほどもご説明したように、自社のビジョン・経営方針を明確にしたうえで情報収集と仮説検証を素早く行うことが求められます。そして意思決定したら、結果が出るまでやりきることです。

企業の意思決定スピードを高めることで、今後の「VUCA」の時代に対応していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年10月26日

アントレプレナーという言葉は、独立を目指している方であれば、一度は聞いたことがあるでしょう。アントレプレナーは起業家という意味ですが、それだけでは言い表せない要素を含んでいます。

0から1を作り出す起業家には、どのような能力が必要なのか?アントレプレナーという言葉に含まれる意味合いを説明し、どんな人がアントレプレナーに向いているのかを解説していきます。

これから事業を起こそうとしている方、自分の進路に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。アントレプレナーについて理解を深めることは、これからの指針になるでしょう。 (さらに…)

2020年10月23日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ