カテゴリー

税理士ドットコム

アニめし料理研究家・坂本星美さんに聞く、「ステキな出会い」の引き寄せ方

アニめし料理研究家・坂本星美さんに聞く、「ステキな出会い」の引き寄せ方

出会い。

友人や学校、趣味、そして今の職場や仕事まで、人生は様々な人やモノ・コトとの出会いの連続です。

たくさんの「ステキな出会いやきっかけ」があれば、それだけ人生が豊かになる。そう言っても過言ではないのかもしれません。

今回お話を伺ったのは、アニめし料理研究家の坂本星美さん。

管理栄養士である坂本さんは、その知見を活かして自らキャラクターになりきり、アニメの料理を再現するYouTubeチャンネル「アニめしTV」を運営。

そうした料理研究家としての活動をされている一方で、NPO法人や会社の代表も務めています。

「様々な出会いときっかけがあったから、今の私がある」と語る坂本さん。今回はそんな坂本さんにステキな出会いの引き寄せ方について伺いました。

<プロフィール>
坂本星美さん
アニめし料理研究家・管理栄養士
食育コミュニティNPO法人Ffy(エフィ)代表理事
株式会社JODNOジョルノ代表取締役

管理栄養士・食育料理研究家として様々な企業と食育企画やレシピ、商品開発に携わる。
大学在学中「こどものやってみよう(Try)」を後押しする食育コミュニティNPO法人を設立。食を通じて、地域の課題を解決するために活動を開始する。
また同時期にアジア最貧国であるネパールでの医療支援活動をスタート。大学卒業後にはより効率的な支援を行うため、株式会社JODNOジョルノの代表取締役に就任。

現在はSNSでの情報発信に注力。
世界でも人気のある日本のアニメキャラクターに自身がなりきり、作品に登場する料理やキャラクターを模した料理を作って動画を配信している。

料理研究家にして、NPO法人と会社の代表? 北の大地が産んだ、新しすぎるキャリア

——現在、料理研究家として活躍されている坂本さん。料理はいつ頃から興味があったのでしょう?

坂本さん
物心つく前から料理は、私にとって身近な存在でした。というのもお母さんが調理師だったので。

小さい頃からお母さんの作った栄養満点のお弁当が自慢で、いつも友達から羨ましがられていました。「絶対に冷凍食品を使わない」みたいなそういう家庭で(笑)。

加えて地元が北海道なので、畑で野菜を育てたり、釣りをして捌いて……。大自然の中で過ごしながら料理について学びました。

そんな日々を過ごしているうちに、食栄養について勉強して、人を食で支える活動がしたいと思うようになって。

そして管理栄養士の資格を取得するため、大学に進学したんです。

——そして管理栄養士の資格を取得したと。ところで坂本さんはそれ以外にもNPO法人を運営されたり会社を経営されていると伺いましたが、こちらは?

坂本さん
自分の思い描く食育活動ができるプラットフォームがなかなか周囲になくて。そういう環境を追い求めていたら、こうなってしまいました。

順を追って説明します。

まず「食育コミュニティNPO法人Efy(以下、Efy)」に関しては、大学在学中に立ち上げました。

「Efy」では、こどもの「体験の不足」という問題を解決するため、主に調理体験をベースとした体験活動を提供しています。こどもたちに「自分はできる!」という成功体験を培ってもらいたくて。

またこどもたちだけが対象というわけではなく、地域に住むお年寄りの方や障がいのある方にも集まっていただいています。

私たち若い世代が中心となり、食を通じて多世代が一緒に学び合う空間を作るためにこのコミュニティを立ち上げました。

——会社の方はどうでしょうか?

坂本さん
「Efy」立ち上げと同時期に、アジアの最貧国と言われるネパールに行きました。

大学の教授の紹介で、ネパールで日本人医師が展開している医療支援活動に参加することになったんです。

現地へ行ってみるとこどもたちが、とても不安定な食環境の中で生活をしていて。そこで私は、現地の食材で栄養価の高いものを安全に提供できないかと考え、現地の学校や病院の方々と一緒に活動をスタートしました。

その時に現地で様々な人と知り合うことができました。そうした縁が重なって、ネパールと日本をつなぐ架け橋のような活動の機会が生まれて。

会社では主に、ネパールに進出を考えている日本企業と現地とをつなぐ橋渡しのための活動をしています。

「食」を通じて、誰かと何かをつなげたい。幅広い活動の原点

——そして最近ではYouTubeでの「アニめしTV」を中心とした、料理研究家としての活動にも力を入れられていますね。

坂本さん
はい。料理研究家としてはレシピコラムの依頼を受けたり、SNSを使って料理レシピの発信をしたり。

YouTubeでは「アニめしTV」というチャンネルを開設して、アニメ作品に出てくる料理の再現やキャラ弁などを作っています。

管理栄養士としての観点から、栄養解説などもしていますね。

——「アニめしTV」はなぜ開設することになったのでしょうか?

坂本さん
海外と日本を行き来する中で、「外」から日本を見る機会が多くなりました。外国人は日本の食文化やアニメが大好きなんです。

私も食はもちろん、アニメが好きですし、同時に得意なことでもある料理とも絡められないかと。

そこで自分がアニメのキャラクターに変身して、アニメに出てくる料理を再現したら面白いなと思い、作ってみました。


※『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴/集英社)に登場する山かけうどん。

——料理研究家としてはもちろんNPO法人や会社など、様々な活動をされている坂本さん。それぞれの活動内容や経緯、意義に違いはありますが、いずれも「食」というキーワードでつながっていますね。

坂本さん
そうですね。

「Efy」であればこどもと学生、お年寄りなど地域の誰もが。
ネパールでの活動なら現地の人たちと日本の方々が。
そして料理研究家であれば、国内外問わずアニメのファンの方や日本食に興味を持ってくださる人が。

個々の活動自体はバラバラですが、いずれも「食」を通じて、多くの方々に栄養をチャージできるような、出会いやステキなきっかけを作ることができたらと思っています。

——出会い、ですか。

坂本さん
はい。出会いって私の活動、もしくは人生にとって、とても重要な要素なんです。

私が自分のやりたいことができているのは、いろんな人とのつながりやサポートがあったからこそ。もしその人たちとの出会いの場所がなかったら、今の私はありません。

出会いに感謝をしているからこそ、人やコト、きっかけと出会える場所を今度は私が誰かに提供したい。そんな想いを抱えて、活動をしています。

「面白そうだな」って思えることは、すぐ行動。ステキな出会いの引き寄せ方

——坂本さんのこれからの展望を聞かせてください。

坂本さん
NPOも会社も「アニめしTV」も、引き続き“食”を通じて、人の人生を豊かにできるような活動を、自分ができる限り、がんばっていきたいですね。

また直近では「Miss Face of Humanity 2020 in Canada」(※)の日本代表に選出していただきました。新型コロナウイルスの影響で来年に延期となってしまいましたが、世界をつなげられるグローバルリーダーとして成長し、結果を残せるようにがんばりたいです。

※ミスコンテスト。世界各国の代表女性が集まり、自分の夢や未来のプロジェクト企画を披露する。

——最後に、読者へメッセージをいただけますか?

坂本さん
先ほど人生において、出会いがとても大切というお話をしました。

私は周りの人たちに人間関係の輪が広がる機会を多く創出できるよう、日々活動しています。

しかしステキな出会いに巡り合うために1番大切なことは「自分自身が行動できたか」だと思っています。

周りにいくら場所や機会を提供してもらえたとしても、自分からそこに飛び込んでみないことには、きっかけも何も広がっていきません。

でも行動ってそんなに難しくない。何かのイベントや飲み会に顔を出すでもいいし、究極ネットで調べるのだって、立派な行動です。

「面白そうだな」って思えることはすぐ行動してみる。するとそこには、たくさんの学びが待っています。そして、「想い」を「カタチ」にしていくことが大切なことだと思っています。

人生は一度きりです。歳を重ねて振り返った時に後悔のない生き方を。周りの方々、自分が豊かになっていくために、自分なりのアンテナを張って考えながら、強く生きていく。

小さな行動や想いの積み重ねが、自分の思い描くなりたい自分につながっていくのではないでしょうか。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

開業届は、個人事業主として事業を始めるときに、税務署に提出する書類のことです。

自分で事業を始める場合、副業であっても、原則として提出しなければなりません。しかし、提出しなくても良い場合もあります。

開業届の提出が必要になる条件や書き方、提出後の控えの扱い方など、開業届全般について解説します。開業届を出すことで可能となる「節税対策」も紹介。

個人事業を行っている方は、副業・本業にかかわらずぜひお役立てください。 (さらに…)

2020年9月24日

せどりとは、一口でいうと「転売」のことです。インターネット通販やリサイクルショップなどで安く仕入れた商品を販売し、仕入れ額と販売額の差額で利益を得ます。

従来、せどりは主に古本の転売を意味する言葉であり、利益を得るためには相場や売れ筋商品に関する知識が必要でした。

しかし、インターネットの普及により、せどりは手軽に始められるようになりました。インターネットを使って、相場や商品の情報を調べたり、通販サイトで商品を仕入れたりできるようになったからです。

本記事では、せどりのメリットやデメリット、せどりを始める前に知っておきたい基礎知識を解説します。
(さらに…)

2020年9月23日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ