カテゴリー

Line

“出会い”がいつも僕を救ってくれた。車椅子トラベラー・三代達也が世界一周をした理由

自分の人生、このままじゃ終われない…。何か新しいことを始めたい!

そう思って1人で考え込んでいても、なかなか次にチャレンジするべきことは見えてこないものです。

いっそ考えるより先に行動を起こし、たくさんの人と会ってみることで人生が前に進んでいくこともあるのではないでしょうか?

今回お話を伺ったのは、車椅子トラベラー・三代達也さん。

三代さんは18歳のときにバイク事故に遭い、車椅子生活に。最初は深く絶望されたということですが、さまざまな出会いをきっかけにチャレンジを積み重ね、29歳のときになんと車椅子で世界一周を成し遂げました。

なぜ三代さんは失意の底から、人生を前に進めることができたのでしょうか? 怪我をしてから世界一周を達成するまでのお話を聞きました。

<プロフィール>
車椅子トラベラー・三代達也

1988年生まれ。18歳の頃バイク事故で首の骨を折り頸髄を損傷、両手両足に麻痺が残り車椅子生活を余儀無くされる。 会社員の時に同僚の勧めでハワイに1人で旅行し、世界観が広がる。その後海外の暮らしに憧れを持ちロサンゼルスやオーストラリアに短期移住。帰国後会社員として再度働き、お金を貯めてから世界一周を決意。約9ヵ月間23カ国42都市以上を回り、世界一周達成。

Twitter  : @saitoumokichi
Instagram :https://www.instagram.com/wheelchair_traveler_miyo/
Blog   :『Wheelchair Traveler Miyo』 http://wheelchair-worldtrip.com/

18歳で突然、車椅子生活へ。失意の底で背中を押してくれた「師匠」の存在

ー2018年5月に車椅子トラベラーとして世界一周を成し遂げた三代達也さん。今から12年前に事故に遭われたそうですが、どのような状況だったのでしょうか。

三代さん

バイトの帰り道でバイクの運転中、車と正面衝突してしまいました。ふくらはぎが千切れかけていたり、目の中でコンタクトがバリバリに破れていたり、全身ひどい怪我でしたが、最もショックを受けたのは、体をほとんど動かせないことでした。僕は頸髄損傷という、四肢麻痺が残る障害を背負うことになったんです。

リハビリで若干の運動機能は回復しましたが、怪我をする前のようには戻れず。「こんな体で、これからどうやって生きていけばいいんだろう?」と、将来への不安に押し潰されそうでした。

ー何をきっかけに乗り越えられたのですか?

三代さん

僕と同じ病室に、同じ障害を持つ人がいました。その人は食事の時間、僕が本当は自力で食堂に行けるのに、怠けて看護師さんに食事を持ってきてもらっているのを見て、「お前甘ったれてんなよ」と繰り返し言うんです。

最初の頃はイラっとしたのですが、「見ず知らずの僕にこんなに熱心に声をかけてくるなんて、どんな人なんだろう?」と思い、一度ちゃんと話してみると、意外に気が合うことが分かりました。父親と年齢が近かったこともあり、その人のことは「師匠」と呼んでいます(笑)

ーそのあと、師匠とはどんなやり取りをしたのですか?

三代さん

僕が「絶対に無理!」と思うことを、師匠は「できるからやってみたら?」と言うんです。

例えば、帰省するときは「親に車で迎えにきてもらうんじゃなくて、1人で電車で帰ってみたら?」とか。施設の退所後は「実家に戻るんじゃなくて、東京で1人暮らしをしてみたら?」とか。

こんな体だし、退所後はDVDでも見ながら過ごすんだろうなと思ってたんです。でもそう言うと、「お前は本当にそれでいいのか? お前の人生はこれからなんだぞ?」と熱く語ってきて。

最初はそんな無茶な…と思ったのですが、背中を押されるがままにやってみると、本当に電車で1人で実家に帰れたし、退所後は東京で1人暮らしもできたんです。「自分にはできっこない」と思い込んでいたことは、チャレンジすればできることなんだと気づかされました。

僕は18歳で一度死んでいる。だから怖いものなんてない。バスケ、仕事、旅。連鎖する出会い

ー東京での1人暮らしはどうでしたか?

三代さん

始めは仕事もなく退屈していたのですが、リハビリセンターでできた友達が「車椅子ツインバスケ(下肢・上肢ともに障害を持つ重度障害者でも参加できる車椅子バスケ)の練習を見にこない?」と誘ってくれて。

「ミヨもやりなよ!」と言われて流れで参加してみると、これが最高に楽しかったんです。そのあとメンバーから他のチームも紹介してもらい、毎日どこかのチームでバスケの練習するようになりました。

しかもバスケで知り合ったメンバーの中の1人が、僕に仕事を紹介してくれたんです。バスケとの出合いがきっかけで、趣味だけでなく働き口まで手に入れることができました。

ー生活が充実し始めたのですね。その後初めての海外旅行に行ったそうですが、きっかけはなんだったのでしょうか?

三代さん

会社の同僚が「三代くん、夏休みは海外旅行でもしてみたら? ハワイならバリアフリーだし、日本語も通じるし」と言うんです。

そのときは反射的に「無理!」と応えたのですが、その言葉がどうも引っかかって…。最終的には「やってみるか!」という気持ちになり、1人でハワイに行くことにしました。

ー初めての海外旅行に1人で行ったのですね!ハワイはどうでしたか?

三代さん

僕の人生を変える出来事が待っていたんです。

ハワイは夜に出歩くと危険と聞いていたのですが、「18歳で1回死んでるし…怖いものは無い!」と思って、夜の散歩に出てみることにしました。

通りすがりのバーに入ってみると、外国人の若いお兄ちゃんが寄ってきて、「何しにきたの?」「なんで1人なの?」「なんで車椅子なの?」ってガンガン聞いてくるんです(笑)。日本では考えられないですよね。そのあとは「ミヨも踊りなよ!」と誘われて、みんなと音楽に合わせて体を揺らしながら「イェーイ!」と盛り上がりました。

これは人生で最高に楽しい瞬間でした。「ここでは人の心もバリアフリーなんだ」と驚き、海外の素晴らしさに気づいてしまったんです。

帰国後はもっと海外に触れてみたい思いが強くなり、退職してアメリカのロサンゼルスとオーストラリアで長期滞在を満喫しました。

いざ世界一周へ! 勧められて開いた記者会見が、帰国後の仕事のきっかけに

ー海外旅行も、長期滞在も経験した後、なぜ世界一周をしようと考えたのですか?

三代さん

海外での長期滞在を終えてからは、日本の一般企業で働いていました。ところが3年経った頃に「今の生活は自分らしくない。やっぱり旅がしたい!」と思うようになったんです。

そこで、せっかくなら今までやったことのない世界一周にチャレンジしてみようと。そしてこれまでの旅は完全に自分のためだったので、今度は人の役にも立てるように、旅をしながら世界中のバリアフリー情報を発信しようと決めました。

ー出発前に記者会見をされたそうですが、どのような経緯で開催することになったのですか?

三代さん

バスケを通じて知り合った人の中にメディアに詳しい方がいて、出発前に情報発信の方法について相談すると、記者会見を勧めて下さいました。すぐに段取りもしていただき、気付いたら記者会見をすることになっていました(笑)

ー帰国後の反響はどうでしたか?

三代さん

旅中も僕のことを追ってくれていた記者の方が、帰国後にインタビューしてくれたんです。その記事が東京新聞の1面に出たことをきっかけに、取材依頼や講演依頼の話が続々と舞い込んできて、枝が分かれるように仕事が増えていきました。

バスケのつながりがこんな風に生きてくるなんて、無邪気に運動していた頃は全く想像していませんでした。

現在は毎月の講演活動に加え、HISのバリアフリーツアーをサポートする仕事などもしています。これからも旅を軸に、障害者にとっても健常者にとっても、その人が新しい1歩を踏み出す力になるような活動をしていきたいですね。

「出会い力」がはこぶ人生の転機。大事なのは、人と関わる勇気

ー世界一周を通じて、どんなことを感じましたか?

三代さん

海外ではたくさんの人が僕のことを助けてくれました。

日本人はそのシャイな気質のせいでしょうか。海外と比べるとどうしても、積極的に手助けしてくれる人は少ないなと感じますね。

車椅子での移動は出会いの連続です。特に旅では、人の助けを借りないと目的地に行けませんから、人とのコミュニケーションが必然的に発生します。

日本人は人と距離を置く傾向があるように感じますが、師匠やバーで話しかけてきたお兄ちゃんのように、ちょっと図々しいくらいおせっかいでも良いのかなと思います。

それが思わぬ出会いにつながることもあるからです。

この他にも、旅で学んだことは多くて今日は伝えきれないので、気になる方は僕の本『No Rain,No Rainbow 一度死んだ僕の、車いす世界一周』(光文社)を読んでみてください!

ー最後に、読者にメッセージをお願いします!

三代さん

僕は事故から立ち直り、世界一周を達成しましたが、ここまでの道のりは計画して歩んできたものではありません。

師匠との出会いに始まり、バスケや仕事を通じて知り合ったさまざまな人たちによって人生の転機がもたらされました。出会いをきっかけに次にチャレンジするべきことが見え、前に進んでこられたんです。

僕の経験から言えることですが、「何か新しいことを始めたい」「今の自分を変えたい」と思うなら、まずは新しい世界に出て、いろいろな人に出会ってみてはどうでしょうか。

そしてやってみたいことが見つかったら、思い切って飛び込んでみるのが良いと思います。そんなあなたの行動を知って勇気付けられた人との間に、また新しい出会いが生まれれば、とても素敵なことだと思いませんか?

三代さんの著書『No Rain,No Rainbow 一度死んだ僕の、車いす世界一周』はコチラから!
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4334951074/ref=ppx_yo_dt_b_asin_image_o06_s00?ie=UTF8&psc=1

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

NPO法人 ジービーパートナーズ/東京都港区
代表理事

松井 昭さん(69歳)

1948年、東京都生まれ。新卒入社した出版社では主にシステム開発に携わり、38年間勤務。定年退職後は、もともと関心の強かった社会貢献や地域活動に参加。その過程で出会った仲間とともに、2012年、任意団体・ジービーパートナーズ(13年にNPO法人化)を立ち上げる。「NPOや市民活動団体などの運営サポート」と「シニアが活躍する場の創出」を両輪に活動する。法人設立後の5年間でサポート先は20団体を超え、抱える人員は約60名となった。 (さらに…)

2019年8月16日

今の仕事を続けるか、それとも新しいことにチャレンジするか。

キャリアの分岐点に立ったときに取り組む自己分析。つい今の自分に「やれること」「やれないこと」という軸で考えてしまいがちです。

しかし、こどものときに無邪気に夢中になっていたことを思い出してみると、そこに自分の適性や、やりたいことのヒントが隠れているかもしれません。

生き物の描写を通じて自然の摂理を描いた絵本『うみがめぐり』の著者、かわさきしゅんいちさんは、法学部卒業後に商社での勤務を経て、絵本作家に転身したという珍しいキャリアの持ち主。
(さらに…)

2019年8月15日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ