CATEGORYカテゴリー

【副業初心者用】「おすすめしない」副業リスト6 理由も解説

【副業初心者用】「おすすめしない」副業リスト6 理由も解説 独立ノウハウ・お役立ち

副業が気になるものの、実はまだ副業の実態がよく分かっていない「副業初心者」の方も多いと思われます。副業を解禁する動きは社会全体で近年ますます進んできたものの、副業をしていないという人が大半ではないでしょうか。

今回は1万人以上の先輩起業家から成功・失敗体験を取りまとめてきた私たちアントレ編集部が、「稼げない・リスクが高い」などの観点から「おすすめしない副業」について語ります。

人や条件によってはおすすめできる副業も、リスクや注意点を知らずに手を出してしまったがために思わぬトラブルや苦労が発生してしまう可能性もあるのです。

この記事では副業をする上で外せない注意するべきポイントと、おすすめできる副業についても合わせて説明します。

おすすめしない副業 | タイプ別6種

まず、副業初心者にはおすすめしない副業の特徴と代表的な例を紹介します。

・リスクが高い:投資関連(不動産投資や仮想通貨)
・稼げない:ポイントサイト
・スキルが身につかない:アンケートモニター
・本業を圧迫する:単発バイト
・私生活を圧迫する:せどり・転売
・詐欺の可能性がある:「誰でも稼げる」と謳っている副業

「なぜおすすめしないのか」「どういった人・条件ならば、その副業に向いているのか」といった理由や例外を、1つずつ解説していきます。

1.リスクが高い:投資関連(不動産投資や仮想通貨)

まず1つめにおすすめしない副業として挙げられるのは、「投資関連」の副業です。スマートフォンで簡単に口座を開設して取り引きできる証券会社は手数料も安く近年、人気で、気軽に始められる副業といえるでしょう。

しかし、大きな元手が必要だったり元本割れしたりするような投資関連の副業は、失敗した場合に本業や私生活への影響が大きいため、リスクを負えない人にはおすすめしない副業です。「本業でこれまで貯めてきた貯金を株式投資で失敗して失ってしまった」「ローンを組んで投資用マンションを購入したのに、借り手がつかない」などの可能性はあります。

当たり前ですが、どんな金融商品にも「元本割れ」のリスクがあります。そして景気の影響を大きく受けるため、投資でお金を稼ぐためには勉強や情報収集をし続けなければいけません。また、どれだけ勉強をしたとしても、社会情勢などによって未来のことはあくまで推測しかできず、「確実に稼げる」とはいえないのです。

「本業や私生活に影響が出ない程に余剰資産がある人」や「勉強や情報収集し続けられる人」「損失が出ても生活に支障がない範囲で少額から始めてみたい人」には向いているかもしれません。

不動産投資はとにかくリスクが多い

不動産投資は、なんといっても考慮すべきリスクが多いです。
・流動性リスク
・金利上昇リスク
・災害リスク

降りかかるさまざまなリスクを回避し、安定的に収益を上げるためには、地道な勉強と情報収集が必要になります。副業初心者にとっては非常に難易度の高い副業といえます。

誰も将来性を予測できない仮想通貨

政府から保証されているわけでも金本位制で確立されたわけでもなく、民主主義的な決済手段として作られた「仮想通貨」ですが、こちらの取り引きも非常にリスクの高い副業といえます。

他の金融商品と比べても価格変動が大きく、リターンが大きい金融商品といえますが、その市場の不安定さと、取引所へのハッキングによる通貨の流出などが大きなリスクとして報道されています。

また「決済手段」としての使い道がドルなど現行の通貨に比べて非常に限られていることも、デメリットの1つに数えられます。

これらの理由からリスクを負いたくない人にはおすすめしない副業の代表例が、不動産投資や仮想通貨取引などの投資関連の副業です。

2.稼げない:ポイントサイト

2つめにおすすめしない副業として挙げられるのは、「ポイントサイト」です。日常のスキマ時間を活かしてポイントサイトにログインし、広告をクリックしたり動画を視聴したり、ゲームに参加するなどして、コツコツとポイントを稼いでいくポイントサイトはさまざまな運営会社から提供されています。「ポイ活」という言葉も広く知られるようになりました。

しかし、ポイントサイトの報酬は相場が安すぎるので、大きな収入源として期待することはできません。

ポイントサイトやアンケートモニターで得られる報酬は、案件にもよりますが0.5~1円程度といわれています。なかにはクレジットカードの入会条件などで数千円が稼げる案件もありますが、何度も繰り返せるものでもありません。

副業として月に3万円稼ぎたい場合、0.5円の案件を6万件こなさなければなりません。ポイ活にあてなければいけない時間もかかりますし、考え方によっては電気代の方が高くついてしまう可能性があるため、おすすめできません。

副業で多くの収入を稼ぐことを目的としている人には、ポイントサイトの副業は避けた方が良いでしょう。

3.スキルが身につかない:アンケートモニター

3つめにおすすめしない副業として挙げられるのは、「アンケートモニター」です。

前述したポイントサイトと同じようにスキマ時間にコツコツとポイントを稼ぐことができ、1問1分程度で答えられるアンケートは、非常に始めやすい副業です。しかし簡単であるがゆえに、本業で活かせるような専門的なスキルを得られません。

また、副業には「専門的なスキルを活用できる案件の方が報酬単価は高い」という特徴がありますが、アンケートモニターの報酬単価を上げることは難しいでしょう。

稼げないとはいえ、初心者でも始めやすい

ポイントサイトやアンケートモニターで大きな稼ぎを得るのは難しいですが、特別なスキルがなくても初心者でも気軽に、とりかかりやすいというのも事実です。

収入源の1つとしてアテにするには心もとないですが、「移動時間の暇つぶしにやろうかな」「ランチのデザート代くらいになればいいな」といった軽い感覚で始めれば、くじけることもないでしょう。

4.本業を圧迫する:単発バイト

4つめにおすすめしない副業として挙げられるのは、「単発バイト」です。

単発バイト専用の求人サイトで仕事を気軽に探すこともでき、時間単価も高く人間関係のわずらわしさもないことから、単発バイトは人気の副業です。空いている時間に単発バイトをする人も多いですが、初心者に向いている副業とはいえません。

なぜなら、体力回復と気持ちの切り替えが大変で、本業を圧迫してしまうためです。イベントスタッフや引っ越しスタッフなどが単発バイトの代表例として考えられますが、飲食店や小売店でも空いている時間にちょっとだけアルバイトという選択肢も増えています。仕事が休みの日や、終わった後にアルバイトとなると体力を使うために単発バイトをした翌日にまで疲労が溜まってしまい、本業に支障をきたす可能性もあります。

「体力に自信がある人」「時間に余裕がある人」「本業の時間がコントロールしやすい人」には向いているといえます。

本業と副業を上手に両立するポイント

【副業初心者用】「おすすめしない」副業リスト6 理由も解説

単発バイトで本業と副業を両立するポイントには、以下のようなものが挙げられます。
・時間の使い方を工夫する
・体力を回復させるルーティンを確立しておく
・気持ちの切り替えができるような趣味などを持っておく

とにかく稼ぐことを目的に週末のたびに単発バイトを繰り返したりするのではなく、本業とは違う働き方でリフレッシュしたり、いずれ転職・独立を検討している分野や趣味に関連した内容のものに絞ったりすることをおすすめします。

年末年始やGWなどの本業が長期休みに入る期間に単発バイトをすれば、時給や日給の単価が高い上に単発バイト後の疲労回復にあてる時間も確保できるはずです。工夫次第では、楽しんで本業と両立していくことができるでしょう。

5.私生活を圧迫する:せどり・転売

5つめにおすすめしない副業として挙げられるのは、「転売・せどり」です。

フリマアプリの台頭により認知が急激に広まった「せどり・転売」ですが、こちらも初心者向けとはいいにくい副業です。

出品自体は商品の写真を撮影して商品概要を記載するだけなのでスマホで簡単に行えますが、購入者とのやりとりや梱包・配送などの作業が非常に多く手間と時間がかかり、それなりに自由時間を奪われます。スマホを長時間放置してしまったり、長期間家を空ける予定があったりする人には面倒に感じるかもしれません。

また、利益を出すためには取引回数を増やす必要があるため在庫を多く抱えなければなりません。在庫を抱えると、部屋の居住スペースを圧迫しかねないというのもデメリットといえます。そのため、せどりや転売などは、「一時的に稼ぐのではなく長期的に副業で安定した収入を得たい」と考えている方にはおすすめしない副業です。

「不用品を処理したい人」や「オーダーメイドでハンドメイド商品を売る場合」であれば、在庫リスクもなく副業初心者でも気軽に始められるでしょう。

6.詐欺の可能性がある:「誰でも簡単に稼げる」系

6つめにおすすめしない副業として挙げられるのは、「誰でも簡単に○○万円稼げる!」などと謳っている副業です。

InstagramやTwitterなどソーシャルメディアのアカウントでの投稿やDMなど、こういったWeb広告を目にすることもあるのではないでしょうか。副業をすればキラキラした生活を手に入れられるように見せかけた情報は、冷静に判断するべきです。

上記のように「具体的に何をして稼ぐのか分かりづらいもの」「相場よりも明らかに高すぎる報酬を謳っているもの」は、詐欺の可能性があります。副業をするために高額なセミナーに参加しなければならなかったり、そもそもその副業自体が法律に反していたりする可能性もあります。

「具体的な仕事の内容は何か?」「提示されている報酬は相場の範囲内か?」副業を始める前によく考えてみましょう。

下段で詳しく説明しているので、あわせて読んでみてください。

副業をする上での注意点

【副業初心者用】「おすすめしない」副業リスト6 理由も解説

副業をする労働者に対して、厚生労働省の「副業・兼業に関するガイドライン」にはこのように書かれています。副業を始める場合は、下記の事項に注意しましょう。

・本業の就労規定を確認しておく
・副業探しにはハローワークも有効
・副業は健康管理が大事
・年20万円以上の収入がある場合は確定申告が必要

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」(厚生労働省)
(P.18)
※リンクの遷移先はPDFです。ダウンロードに大量の通信費がかかる可能性があります

本業の業種によっては兼業できない職種があるので注意が必要です。知らず知らずのうちに本業の就労規定に違反していた場合であっても、罰則の対象になる可能性があります。本業で違反行為をして将来的に働けなくなってしまっては元も子もありません。本業を行う会社での就労規定や副業に関するガイドラインがないか、副業を行う前に必ず確認しておきましょう。

また、ハローワークといえば失職時に活用するイメージが強いですが、副業の求人も扱っています。

厚生労働省では、副業をしている人に向けた健康管理ツールをリリースしています。参考にしてみてください。

「マルチジョブ健康管理ツール」アプリ

始業、終業ボタンで労働時間を記録できる『タイムカード機能』
すべての事業所の労働時間をグラフ化『労働時間のグラフ化』

AppStoreからダウンロード
Google Playからダウンロード

おまけ:スマホで簡単に確定申告ができる!

前述のとおり「副業での収入が年20万円以上になる場合は確定申告が必要」ですが、その「確定申告」がスマホでもできるようになったのはご存知でしょうか。

面倒でややこしかった確定申告が、スマホやタブレットで簡単にできるようになった新しい制度です。確定申告のために税務署に行き、書類を整理して提出しなければならないと考えている人には必見です。

「副収入などがある方の確定申告」(国税庁)

指定されたページを表示できませんでした

「スマホで確定申告(副業編)」(国税庁)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2019/kisairei/sp/pdf/03.pdf
※リンクの遷移先はPDFです。ダウンロードに大量の通信費がかかる可能性があります

急増中!副業詐欺!詐欺被害に遭わないためにはここをチェック!

【副業初心者用】「おすすめしない」副業リスト6

「誰でも簡単に○○万円稼げる!」などの副業は、「詐欺の可能性がある」という注意点は上述したとおりですが、詐欺に巻き込まれてしまうケースは一般的に、大きく分けて2パターンあります。

・詐欺被害に遭う【被害者パターン】
・知らないうちに詐欺の片棒を担いでいる【加害者パターン】

「副業のためにセミナー受講料を○○万円支払ったのに、一切仕事が紹介されない」など、高額なお金を支払わされてしまう被害者になる場合が被害者パターンです。

一方、加害者パターンとは、「割のいい仕事だと思ったら、通帳を販売する仕事だった」「ATMからお金をおろす仕事だった」「振り込め詐欺の受け子をやらされた」など、いつの間にか犯罪の片棒を担がされている場合もあります。この加害者パターンで詐欺に関わってしまった場合、詐欺罪で実刑を受けてしまう危険性もあるのです。

詐欺被害に遭わないため、また意図せず詐欺に加担しないために以下のようなポイントに気を付けましょう。

【こんな副業には要注意!チェックリスト】
・報酬の相場を確認し、仕事内容に見合った報酬か見直す
・明確な業務説明はあるか、会社が本当に存在しているか裏取りする
・副業ワーカーに支払いを要求するのは詐欺の可能性大

軽い気持ちで始めた副業で詐欺被害に巻き込まれることがないように、副業に見せかけた詐欺が存在していることを認識することが大切です。また特殊詐欺は、近年ますます巧妙化しているとも考えられます。怪しい副業には手を付けないようにしましょう。

これって副業詐欺?迷ったら相談しよう

副業を進めていくうち「もしかして詐欺?」と思うようなことがあったら、消費者庁や警視庁が用意している下記のホットラインに相談しましょう。すでに被害に遭ってしまった場合でも、あきらめることなく相談することをおすすめします。

相談先1:消費者ホットライン「188」(いやや)
※相談料無料ですが、通話料金がかかります
※つながらない場合は国民生活センター『平日バックアップ相談』(03-3446-1623)
「消費者ホットライン188」(消費者庁)相談先2:警察相談ダイヤル「#9110」
※相談料無料ですが、通話料金がかかります
※つながらない場合は直通電話(03-3501-0110)
「警察相談ダイヤル#9110」(警察庁)

相談先3:無料で法律のプロに相談「法テラス」サポートダイヤル 「0570-078374」
※2023年3月31日まで
※無料相談ご利用には、収入・資産の基準があります
「無料の法律相談を受けたい」(法テラス)

矛盾:「おすすめの副業」と「おすすめしない副業」が被っている!?フロー型ビジネス・ストック型ビジネスとは

ここまで「初心者におすすめしない副業」について紹介してきましたが、「アントレSTYLE MAGAZINEで過去に『おすすめの副業』として紹介している」副業が含まれているという矛盾に気付いた方も多いのではないでしょうか。

なぜこのような「おすすめできる副業」が「おすすめできない副業」となるような矛盾が起こるのでしょうか。

それは副業をする理由によって「向き・不向き」があるからです。具体的に仕事の2つの型で説明していきます。

仕事を分類する1つの基準として、フロー型ビジネス(単発バイトなど)とストック型ビジネス(投資・アフィリエイトなど)という分け方があります。フロー型とは1度きりの収入を上げるもので、対してストック型とは「継続的に収入が得られるような下地」を作っておくものです。それぞれの事例や特徴についてまとめます。

フロー型副業の例

【副業初心者用】「おすすめしない」副業リスト6 理由も解説

フロー型の副業とはある特定の作業や時間負担をするかわりに、「確実に収益になるもの」です。働いた分だけ給与が得られる単発バイトや、在宅ライター、データ入力が例として挙げられます。

商品を仕入れて販売する「せどり」や「転売」についても、その作業によって収益が得られるのでフロー型の副業となります。

これらは収入を得るための作業や労働が必ず発生し、時間的にも物理的にも拘束されます。「副業はあくまで副業で、本業と両立しながら確実に収入を得たい」という人であればフロー型の副業はおすすめできます。一方、将来的に「副業で独立したい」「不労所得を得たい」と考えている人には、フロー型はおすすめできません。

ストック型副業の例

【副業初心者用】「おすすめしない」副業リスト6 理由も解説

ストック型の副業とは、投資関係やブログ・動画などソーシャルネットワーク上に設置した広告で収入を得ることで、時間や物理的な拘束がなく「不労所得」を上げていくことを目的としています。ほかにも、オンラインサロンの運営や定期購入の商品販売、サブスク系のサービス運営などが挙げられます。

独自のブログを開設してブログ記事を作成したり、動画チャンネルを開設しオリジナルの動画を制作したりすることによって、それぞれの制作物がコンテンツとして蓄積されていきます。

コンテンツに人を集めて、そこで紹介した商品やサービスを閲覧者にコンテンツ経由で購入してもらったり、コンテンツに貼った広告をクリックしてもらったりすることでアフィリエイト収益が上げられます。自分で商品を作ったり仕入れたりして販売するのもいいでしょう。

もしそれらのコンテンツに集まる人の数が数千、数万と増えていけば、これまで制作したコンテンツを利用して広告やアフィリエイトで大きな収益が期待できるのです。有名ブロガーや有名動画クリエイターを目指している人は、このようなストック型副業での成功を前提としています。

しかし、単純にブログを開設したり動画をアップロードしたりするだけではコンテンツに人は集まりません。いかにオリジナルでユニークかつ、人を惹きつけるコンテンツが発信できるかどうかが重要となります。

さらに「これをすれば必ずブログが人気になる」「チャンネル登録者数が増える」という確実な情報もなく、どれくらいの収益が上げられるかは未知数です。副業によって確実に稼ぎたいと考えている人には、ストック型の副業はおすすめできません。

副業の目的やタイプで使い分ける

フロー型の働き方は時間や物理的な拘束がありますが、ストック型では比較的自由な働き方が選択できるため、「副業ならストック型がおすすめ」といわれることが多いです。

しかしフロー型は、短期間で確実に収入を得ることができます。気軽に始められ、結果を早く得られることで「副業という働き方」に慣れるというのもメリットの1つです。フロー型の副業を繰り返していくことで、自分にもノウハウが付き学びとなります。

また「将来的にストック型に移行するための運転資金を稼ぐため」には最も効率的な働き方ともいえます。

あなたがいったいどちらのタイプに当てはまるのか、一度立ち止まって考えてみましょう。

副業の準備については動画で詳しく解説していますので合わせてご確認ください。
副業のススメ~準備編~

まとめ:副業は目標と期間を設けて計画的に取り組もう

【副業初心者用】「おすすめしない」副業リスト6 理由も解説

そもそも、副業を始めようと思った理由は何でしょうか。

将来的な蓄えとして貯金を増やしておきたいのか、より大きな夢をかなえるための運転資金にしたいのか、日々の暮らしを豊かなものにしたいのか、きっかけは人それぞれです。

しかし、「なんとなく始めてみた副業」は身にならないことが多いのも実情です。副業でも「仕事」という意識と責任感を持って取り組む必要があります。逆に副業にのめりこんでしまい、本業を圧迫するのも本末転倒です。

まずは副業をする理由を「自分なりに」見つけ、目標と期間を設けて計画的に取り組んでみましょう。

副業をする目的や「いつごろ・どれくらいの稼ぎを得たいのか・収入以外に求めるものはあるのか」など、副業を通して得たいものを一度洗い出してみましょう。それから自分の性格やスキル、生活スタイルに合わせて職業を選べば、長く楽しい副業生活を送れることでしょう。

独立開業・フランチャイズ・代理店ならアントレ<毎週金曜更新> 副業からスタートできる案件をチェックする

こちらもおススメ

<文/北川美智子>

会員数37万人突破!
無料会員登録で6つの特典

働き方30秒診断
✓動画コンテンツ見放題
✓融資制度の紹介サービス
役立つ起業ガイドブックプレゼント
相談員による1対1相談会
支援ツールを特別価格で提供

独立・起業を考えていなくても、働き方診断をしてみたいでも登録OK

\LINEアカウントでもOK/
メールアドレスで無料登録
PROFILE
アントレスタイルマガジン編集部

「アントレ」は、独立・開業を目指す個人向けに、成功者インタビューやノウハウ記事などを発信するWebメディアです。1997年 独立・開業情報誌「アントレ」創刊以降、独立・開業を夢見る人々に必要な情報を提供し続けています。

アントレスタイルマガジン編集部をフォローする
独立ノウハウ・お役立ち
タイトルとURLをコピーしました