スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

日本文化の素晴らしさを広めたい。田井中将希が選んだ、自分にしかできない役割と使命

日本文化の素晴らしさを広めたい。田井中将希が選んだ、自分にしかできない役割と使命

「自分のやりたいことってなんだろう?」

進学、就職、転職。そして独立・起業など、人生の節目に直面するこの問いの答えは、千差万別です。

今回お話を伺ったのは、俳優・文化人の田井中将希さん。

田井中さんは、大手芸能事務所に所属しダンスボーカルユニットのボーカル、そして俳優として活躍された後、事務所を退所。

現在は、一般財団法人「松尾財団」の企画室長として、日本文化の素晴らしさを広める活動をしています。

なぜ「芸能」から「日本文化」にシフトしたのでしょうか?

その理由は、田井中さんにとっての「自分のやりたいことってなんだろう?」という問いの答えにありました。

<プロフィール>
田井中将希(たいなかまさき)さん

大阪芸術大学建築学科卒業。

劇団俳優座 28期生。

Dance & Vocal unit BRIDGETのボーカル、俳優として映画、舞台、PV 等に従事。

avex事務所を経て、長崎県新上五島町観光物産大使に任命され、2017年世界遺産登録に向けて長崎県のPR活動にも従事。

「日本文化を新しい視点で分析・若い世代に向けての発信」をテーマに、松尾財団企画室長(カルチャー・コーディネイター)として国内外に情報を発信中。

「自分のやりたいことって、本当はなんだったの?」―田井中将希と日本画との出合い

ーもともと芸能界に入ることが夢だったのでしょうか?

田井中さん
僕は小さい頃から映画を見ることが大好きだったので、俳優になりたいという気持ちは漠然とありました。

でも大学を卒業する時までは、いわゆる普通の学生生活を送っていました。絵を描いたり、物を作ることが好きだったので大阪にある芸術大学で、建築を学んでいたんです。

ー絵やアートにも関心があったんですね。

田井中さん
はい。

そして転機が訪れたのは、就職活動の時期でした。

周りの友人達が就職活動を進めていく中で、「自分の興味のある職業ってなんだろう」と、自分のことを振り返ると、こどもの頃からにわかに憧れを抱いていた芸能界という世界に行き着いたのです。

ーそこで、自らオーディションを受けたのですか?

田井中さん
はい。

幸いにも数社の事務所から声がかかり、最終的に選んだのが、大手芸能プロダクションの「ダンスボーカルユニットのボーカルとして契約をしたい」というお誘いでした。

ー芸能界に入ってからはどのような活動をされていたのですか?

田井中さん
所属していたグループが名古屋出身だったこともあり、東京や愛知を中心に活動をしていました。

デビューした当初は右も左も分からず、とにかく毎日必死でしたね。

ーそれでも、憧れて入った芸能の世界。毎日必死でがんばってきたなら、次第に道は開けてきたのではないでしょうか?

田井中さん
それがそうでもなかったんですよね(笑)。

グループの先輩方にはとても可愛がってもらえて、仕事のイロハを教えていただきましたし、ある程度周りが見えるくらいにはなりました。

しかし、周りが見えてきたところで「自分が憧れていた世界」とは、ちょっと違うなと感じ始めたんです。

ーどういうところがでしょうか?

田井中さん
競争が熾烈というか、出来レースというか。

もちろん自分の努力次第である程度のカバーはできましたが、正直な話、暗黙のコネクションもありました。

どんなに必死でがんばっても、努力と実力だけじゃどうにもならない独特の仕組みがあることを思い知ったんです。

そしてデビューから2年半が経ち、だんだんと自分を見つめ直す機会が増えていきました。

ーその状況をどう乗り越えたのでしょうか?

田井中さん
国内外で作曲家・音楽プロデューサーとして活躍されている松尾由佳さんとの出逢いが大きかったですね。

ある仕事で出逢い、当初はボイストレーニングを受けていたのですが、ステージでの表現や歌のテクニックだけではなく、人としての在り方を教えてくださる由佳さんの指導を通して、自分自身と向き合うようになりました。

そんなある時、「リフレッシュしてみたら?」と提案してくださり、由佳さんの故郷である長崎県にご一緒させていただくことになったのです。

ー都会の競争社会から離れて、長崎へ。何か変わったことはありましたか?

田井中さん
はい。長崎に行ったことで僕の人生は一変しました。

実は、由佳さんのお父さまは日本を代表する日本画家、文化勲章受章者でもある故 松尾敏男氏。日本の美術界に偉大な功績を残され、長崎県の名誉県民でもありました。

この長崎の地で本物の日本画に触れ、その芸術性の高さと尊さに心を奪われました。

命あるもの全てを尊敬され、その美しさや尊さを絵に描きたいという松尾敏男先生の強い想いが絵からもしっかりと伝わってきて、自分自身の価値観や人生観にも大きな影響を与えられている事を感じたのです。

ー芸術性が高いだけでなく、人としての器が大きかったのですね。

田井中さん
はい。

知れば知るほど、人としての偉大な生き方に驚くと同時に、当時、奮闘していた芸能界という限られた世界の中で、しのぎを削る自分の生き方への疑問がますます大きくなりました。

「自分のやりたいことって、本当はなんだったの?」と、真剣に考え直すきっかけにもなりました。

残念ながら、松尾敏男先生は2016年に亡くなられましたが、長女である由佳さんがお父さまの遺志を継いで、日本画を始めとする日本の芸術文化を世界に広めるために、一般財団法人「松尾財団」を立ち上げました。

僕はもともと絵を描くことが好きでしたし、何より日本人として日本画の素晴らしさ、そして本物から学ぶ「決して驕らないとても謙虚な生き方」までも世の中の人々に伝えたいと思うようになりました。

その決心がつくと、自分の進むべき道がスポットライトを照らすように突然見えてきたのです。

とても自然な流れで、芸能事務所を退所し「松尾財団」の立ち上げメンバーとして設立に参加させていただく事になりました。

不安も後悔もなく、目の前にはしっかりと「道」が見え始めていました。しかし全ては芸能界で真剣に取り組んでいた大切な経験があって気づけたことでした。

今までにないコラボレーション商品を作る。日本画を世界中に広めるために

ー長崎県に行ったことがキッカケとなり、本当にやりたいことを見つけることができたんですね。事務所を退所した今でも、芸能活動はされているのでしょうか?

田井中さん
芸能事務所は退所しましたが、映画の世界にはずっと関わっていきたいと思っています。

ただし、芸能界から映画の世界に関わるのではなく、財団の人間として、「芸術文化」をテーマにした映画を撮りたいなと思っています。

財団は「日本や、世界の芸術を題材にした、社会的意義がある映画制作」という課題を掲げています。

その映画を撮る際には、演じる側にもなりたいですね。

ーまさに「松尾財団」に身を置く田井中さんが出演するからこそ意味のある映画や、演じられる役をやりたい、ということですね。

田井中さん
そうですね。「僕にしかできないことってなんだろう?」という答えの1つかもしれません。

今の僕にとって1番重要なことは、日本人にしか描けない「日本画」を通して「日本人の心」や「日本の美しさ」を、1人でも多くの方へ伝えていくこと。

おそらくそれは草の根のような活動かもしれません。

しかし地域に密着して人と人がつながることで、自然と広がっていくものだと信じています。

言葉にすると難しく聞こえるかもしれませんが、要するに、全ての人が持っているそれぞれの「心」に目を向けるだけのことなんです。

映画の制作もその目的に沿った形にしていきたいですね。

ーなるほど。では「松尾財団」の一員として、その他にどのような活動をされているのでしょうか?

田井中さん
松尾財団の定款には「地域の活性化」をお手伝いしていく項目があります。

僕は長崎県 五島列島 新上五島町の観光物産大使として、定期的に長崎県に通いながら地域の魅力を発信するための講演会を開いたり、「平和・命」をテーマに朗読する活動もしています。

田井中さん
その他、今までにない「日本画とのコラボレーション商品」の制作。

例えば、日本画の作品をデザインした日本茶の商品化や、海外有名ブランドと日本画のコラボレーション。

昨年はフランスとドイツへ赴き、現地でプレゼンや商談を行う機会もありました。日本画や日本の文化は海外で驚くほど人気が高いんです。

そういった今までにない企画を立て、国内外で多くの方に触れられる機会を増やしています。

ー日本画や文化芸術を広めるにあたり、とても大きな可能性を感じるお話ですね。

田井中さん
そうですね。

今年の3月3日には「第28回 全国椿サミット上五島大会」にて、五島列島のPRを兼ねた新商品「プレミアム・カメリアオイル」を発表させていただきました。

僕自身、心理学やアロマオイルの資格を取得しているのでデザインと企画プロデュースを担当しました。

日本文化は、日本人の軸であることを広める。田井中将希が選んだ、自分にしかできない役割と使命

ーでは最後に、今後の目標をお聞かせください。

田井中さん
財団での仕事を通して、日本文化に気軽に触れられる環境をこれからも作っていきたいですね。

これまでの経験から、僕は「人との繋がり」が何よりも大切だと思うようになりました。

ネットが普及し、情報過多になった時代の中で、何を信じていいかわからない人達が増加しています。

そんな時代だからこそ、日本人としての謙虚で真っ直ぐな「生き方」や「志」を学び伝えていくことは、僕の使命だと感じています。

「どうしたら売れるか?」「どうやって売ろうか?」という部分に目が行きがちですが、「仕事を作る」「お金を生む」のは全て【人】なんです。

人としてしっかりと軸をぶらさずに前に進むことで、必ず仕事も上手くいくと確信しています。

ただただ突っ走るだけではなく、1度、その場に立ち止まって深呼吸をする事もとても大切な事。

仕事に追われて疲れている人にこそ、日本文化に触れてほしい。忘れかけた日本を感じてほしい。僕達を支えているのは独自の文化なんです。日本人の軸でありルーツです。

そしてそれを、特に若い人たちに伝えたいですね。

仕事だけに集中している人と、それ以外の事にも興味を持ち行動している人。年代に関係なく、考えている人とそうでない人との意識に大きな落差があると感じることが多いです。

ー若い人たちに日本の文化を知ってもらうために、すでに何か活動はされていますか?

田井中さん
まずは「本物に触れる」ために、美術館に気軽に足を運んでもらえるような仕掛けを作っています。

美術館は敷居が高いと思われていますが、絵が全く分からない、という人でも何かを感じるきっかけを作ることが、第1歩だと考えています。

特に、幼少期にどれだけ美術館での思い出を築けるか? その後の人生に大きな違いをもたらすことは事実です。

こどもたちと一緒に絵を描く講座を開いたり、親子で「絵画との対話」時間を提案したり、音楽や香り(アロマ)と絵を鑑賞したり。

既にある美術館との間で、新しい企画が進行中です。

こども~若者へのアプローチは大きなテーマです。

自分にしかできない役割や使命を見つけて、今後も実践していきます。

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。