カテゴリー

税理士ドットコム

自然と誰かに話せた時が、その人にとってスタートの瞬間だ【チアリーダー・Sayaka】

自然と誰かに話せた時が、その人にとってスタートの瞬間だ【チアリーダー・Sayaka】

独立・起業にとって「はじめどき」は永遠の課題かもしれません。

ノウハウ、資金面といった準備はもちろん、人との縁、そして自身の年齢や家族の状況…。

様々なことを考慮した上で「はじめ」なければなりません。

今回お話を伺ったのは、Sayakaさん。

Sayakaさんはプロバスケットボールチームのチアリーダーとして活躍後、引退し現在はチアリーダーのディレクターを務めています。

一方、2019年夏には自身が代表を務めるチアリーダーズチーム「Stay Gold」を結成。「Stay Gold」としては現在もチアリーダーとして活動しています。

チアリーダーたちが直面する様々な課題から「Stay Gold」を結成したという、Sayakaさん。

今回はそんなSayakaさんのキャリアとともに「Stay Gold」を結成した理由、そしてその「はじめどき」となった出来事を伺いました。

<プロフィール>
Sayakaさん
「Stay Gold Cheerleader」代表

幼少期からバレエやダンスを習う。有名テーマパークのダンサーを目指し経験を積む。
2013-14シーズンから4シーズンに渡り、千葉ジェッツフライトクルーチアリーダーズ「STAR JETS」として活動。在籍中にはオールスターにSTAR JETSの代表として3年連続で出場。

4年間、現役生活を続け、2017-18シーズンより東京八王子ビートレインズ専属チアリーダー「Raily’s」のディレクターに就任する。

2019年7月、副代表のFukaさんとともにチアリーダーズチーム「Stay Gold Cheerleader」を設立する。

ダンスからの転向。プロスポーツにおけるチアリーダーの重要性

―現在「Stay Gold Cheerleader」(以下、Stay Gold)の代表を務めているSayakaさん。現在に至るまでの経緯からお聞かせください。チアリーダーはいつ頃から始められたのでしょう?

Sayakaさん
チアリーダーとして活動を始めたのは2013年からです。

それまでは小さい頃からバレエやバトンといった種目を習い、チアを始める前はテーマパークダンスやシアタージャズなどを中心に経験を積んできました。

もともとショービジネスの世界に憧れており、ミュージカルの世界のオーディションを受けたり。その後にはテーマパークのダンサーのオーディションにも応募していました。

―なぜチアリーダーの世界に入ったのでしょう?

Sayakaさん
特にテーマパークのダンサーへの憧れが強かったのですが、倍率的にも採用していただくにはかなり厳しい世界でして…。

何度かオーディションを重ねたのですが、やはり合格できなかったんです。そんな時に通っていたダンススクールの人に勧められたのが、チアリーダーのオーディションでした。

そして2013-14年シーズンから、プロバスケットボールチーム・千葉ジェッツふなばし(当時は千葉ジェッツ)のフライトクルーチアリーダー「STAR JETS」へ加入することになりました。


©Stay Gold Cheerleader
―ここで一度確認したいのですが、プロバスケットボールにおけるチアリーダーの役割とはなんでしょう?

Sayakaさん
野球やサッカーなどの様々なスポーツの現場でチアリーダーを見かけると思いますが、そのスポーツによって必要な様々な役割をしています。

私が所属していたプロバスケットボールという世界においては特に、チアリーダーが観客や選手を盛り上げ、会場にいい雰囲気を作れるかがとても重要になってきます。

チアリーダーの重要性が大きい分、私たちのパフォーマンス次第で試合結果や会場の空気感や観客の満足度にも大きく影響する。

例えばバスケットボールでは、試合で自チームが負けた時も「チアリーダーのおかげで楽しめた」という声もあり、応援だけでなく良い時も悪い時もそのチームの一員として存在できるという一体感があるんです。

私はチアリーダーとしては未経験だったので、最初は勉強することがたくさんありました。

ですが、自分のこれまでのダンスやバトンといった経験との親和性も高かった上に、お客さまも含めたチームが一体となって応援で会場を盛り上げること、パフォーマンスを披露してお客様からいただける拍手、お客さまとのふれあい、試合中にはメンバーとのチームワーク、本番に向けての練習など、全てに感化されて。

気がついたらどんどんチアリーダーとして活動することの楽しさに、のめり込んでいきましたね。

チアリーダーという職業だけで生活できるように。「Stay Gold」を結成した理由


―そして2016-17年のシーズンで現役を引退。その後はどういった活動を?

Sayakaさん
現在は、東京八王子ビートレインズ専属チアリーダー「Raily’s」のディレクターの仕事をしています。

主にチアリーダーのメンバーオーディションとその選考、チームコンセプトに沿った衣装やプログラム、メンバーの練習管理や体型管理など業務は多岐に渡ります。

―現在も「Raily’s」でディレクターをされながら、今回新たにチアリーダーチーム「Stay Gold」を立ち上げられました。なぜでしょうか?

Sayakaさん
理由はいくつかあるのですが、最大の理由は「チアリーダーという職業の地位向上」です。

一見華やかそうなチアリーダーという職業ですが、様々な面で苦労があります。

例えば経済的な側面。私のようにプロバスケットボールチームに所属していたとしても、チアリーダーの仕事だけで食べていくのは正直かなり厳しいのが現状です。

だからどれだけチアリーダーに対して熱い気持ちを持っていても、様々な事情から引退せざるを得ないケースも多々あって。

そんな状況に悔しい思いをずっと抱えていたのですが、今、副代表を務めるFukaが現役を引退した時に、自分の中から思いが溢れてしまったんです。


写真右:Fukaさん
―なぜFukaさんだったんでしょう?

Sayakaさん
Fukaとは現役時代は違うチームに所属していたんですが、とても素晴らしいパフォーマンスでずっと注目していて。

彼女が引退すると聞いて、私がこれまで抱いていたことを打ち明けたんです。

チアリーダーとしてまだ輝ける人がちゃんと輝ける世界を実現したい。スポーツやチームの垣根を超えてチアリーダーという存在をもっと広めたい。その思いを叶えるために「なら私たちでチームを立ち上げよう」という話になったんです。


―「Stay Gold」はどのような人選で結成されたのでしょう?

Sayakaさん
「Stay Gold」は、それぞれのチームである程度の達成感を得て一線を退いたチアリーダーたちに私たち2人の思いを伝えて、賛同してくれたメンバーで結成されています。

というのも多くのプロチームは専属契約をしていると他のチームには所属してはならない、という規定がありまして。

「様々な事情で現役は引退したけれど、それぞれチアリーダーに対する熱い思いがあり、さらに、まだ表のステージでパフォーマンスをするべきだと感じる」メンバーを揃えて、2019年の夏に活動をスタートさせました。

―「Stay Gold」の主な活動を教えてください。

Sayakaさん
プロスポーツの現場での応援はもちろん、イベント・メディアに積極的に出演しています。

また将来チアリーダーを目指すこどもたちの育成のため、直属のチアスクール「Cheerdance Team Shiny Gold」の運営、プロのチアリーダーを目指す方々へのワークショップを実施しています。

また、海外で活躍する日本人チアリーダーをゲストに招き、特別レッスンも開催し好評をいただいております。

チアリーダーを目指す若い世代が、職業はチアリーダーだと胸を張って言えるように、その基盤を作っていきたい。だからこそ活動の認知度をどんどん上げていきたいですね。

何かをやろうと思ったその時が、その人にとっての「スタートの瞬間」

―Sayakaさんの今後の展望を聞かせてください。

Sayakaさん
とにかくチアリーダーの認知度を高めたいですね。

スポーツの試合を見ていただければ分かると思いますが、チアリーダーがいることによって会場がさらに盛り上がり、一緒に応援する事で一体感が生まれ、ファンにも熱が入る。

チアリーダーのパフォーマンスや様々な演出で雰囲気が華やかになり、非現実世界を体感してもらえます。

近年チアリーダーがテーマとなっている映画などが公開され、若年層に習い事として受け入れられている側面もありますが、個人的にはまだまだ足りていないなと。

だからこそいろんなスポーツやイベントはもちろん、様々な現場に「Stay Gold」として応援に行けたらと思います。

応援をする文化のない競技にも「ファンと一体になった応援」という武器で選手のパワーを最大限に引き出すお手伝いをさせていただきたいですね。

―最後に、読者へメッセージをいただけますか?

Sayakaさん
よく言われることですが、何かを始めるのに「遅い」なんてことはないなと思います。

何かをやろうと思った時、その思った時がその人にとっての「スタートの瞬間」なんだなと。

例えば私の場合でいうと、チアリーダーの現状に対して現役時代から感じていた不安やモヤモヤを、Fukaも同じく感じていたことで共感が生まれました。

そしてこれからのチア界を変えていきたいという思いも一致したので、思い切って2人で大きな一歩を踏み出してみました。

振り返ると、このタイミングが早すぎても遅すぎてもダメだったんじゃないかな、って思うんです。

だから自然と身体が動き出したタイミングで、誰かに自分の思いを伝えられたらいい。いろんな人に話してみて賛同者や協力者が出てくれば、事は大きく動き出していく。

逆に言えば、誰かに話さないと始まらない気もします。誰かに思っていることを話すところから、独立・起業の第一歩は始まっているのかもしれませんね。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

手段と目的。

何か達成したいことがあるから独立・起業をするのか。はたまた、独立・起業そのものが目的なのか——。
独立・起業における目的の設定は、開業後の人生を大きく左右することでしょう。

今回お話を伺ったのは、マンガ家/イラストレーターのなつきゆかさん。
(さらに…)

2020年10月20日

法人として開業したいと考えているなら、まず法人とは何なのかを知らなくてはなりません。

法人と個人事業主の違い、法人の種類についての知識は、開業を考えている方にとって必要不可欠でしょう。

事業の内容によっては、個人事業主として開業する方が適切な場合もあるからです。

また、自分の事業がどの法人に当てはまるのかは、開業する人にとって絶対知っておくべき知識です。

本記事では、上記のような開業に必須な知識を、わかりやすく解説しています。

開業を考えているのであれば、ぜひ本記事を参考にしてください。 (さらに…)

2020年10月19日

起業したい! と思ったときに、次に頭をよぎるのはズバリ“お金”ではないでしょうか。貯金や退職金、融資してくれる人がいても、起業後すぐに収益を上げられるということは多くありません。お金をかけなくてよいところは極力かけずに使える制度をフル活用していけば、お金の心配は軽減できます。実は、企業する人なら誰でも使える補助金・助成金というものもあります。10月24日(土)に開催する「アントレアカデミー」では、“開業時に使える助成金相談コーナー”(無料)も設けていますので、是非、ご参加ください。 (さらに…)

2020年10月16日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ