カテゴリー

税理士ドットコム

副業を考えるなら、徹底した自己分析から始めるべきだ【ビジマッチ・佐藤渉】

副業を考えるなら、徹底した自己分析から始めるべきだ【ビジマッチ・佐藤渉】

今や一般的になりつつある、副業。

中小・ベンチャー企業だけでなく大手企業も続々と副業を解禁させている昨今、あなたの周りにも副業をしている人はいるのではないだろうか?

今回お話を伺ったのは、ビジネスコミュニティ「ビジマッチ (B.A.C)」を主宰している、佐藤渉さん。

「ビジマッチ」には会社員を始めとするメンバーが集い、佐藤さんは月30万円以上副収入で稼ぐメンバーを数多く育ててきた。

今回はそんな副業の専門家である佐藤さんが「ビジマッチ」を主宰するまでの経緯から、副業を始める上で必要なことについて伺った。

<プロフィール>
佐藤渉さん
コンサルティング会社に入社後、会社員に不自由さを感じ、独立。物販、アフィリエイト、などで月収100万円を突破し、株式会社ビジマッチを設立。

会社員という生き方に不安や悩みを持つ人向けにビジネスコミュニティ「ビジマッチ (B.A.C)」(以下、ビジマッチ)をスタート。
現在は「ビジマッチ」のメンバー全員が副収入で月30万円以上稼げるよう、精力的にサポートしている。

独立の理由は、激務だった会社員生活に感じた「不自由さ」

―これまでの経緯を教えてください。

佐藤さん
大学を卒業後、コンサルティング会社に就職しました。コンサルティング業界といえば、一般に激務と言われる通り、僕自身も月の平均残業時間が270時間を超えるほど、初年度から働き詰めの毎日を送っていました。

オフィスで寝泊まりすることもしょっちゅうで、仕事があらかた片付くのは朝。オフィスから綺麗に見える東京タワーの朝焼けを見ては「ああ、今日もよく頑張ったな…」と思うような日々でした(笑)。

―激務だった会社員時代から、独立されたきっかけはなんでしょう?

佐藤さん
独立への想いは、入社当初からありました。

というのも、もともと僕の父が建築士で、自分の裁量で自由に仕事をしている姿を見てきたこともあり、どこかで自分も父のようになりたいと思っていたんです。

大学を卒業して会社員として働いてみましたが、やはり父のような働き方は難しいなと感じましたし、プライベートの時間を全く持てない環境にも強い疑問を抱きました。

そこで勤めていた会社を2年で退職し、独立を決意したんです。

―独立してどんな事業を手がけたのでしょうか?

佐藤さん
物販やアフィリエイトなどですね。

もちろん最初から生活できるほど稼げていなかったので、会社を退職してからの半年間はタクシーの運転手と二足のわらじ生活を送っていました。

その後、物販やアフィリエイトなどでの売り上げが月収100万円を突破し、タクシーの仕事をやめて完全に独立しました。

自分の目的に合わせた収益の立て方を考える。稼げる人と稼げない人の違い

―では現在も物販やアフィリエイトを中心に収益を立てていらっしゃるのですか?

佐藤さん
僕個人で物販やアフィリエイトも行っていますが、現在はそれとは別に「ビジマッチ」というビジネスコミュニティを立ち上げ、法人化しました。

「ビジマッチ」は、生徒さんに「その人に合った稼ぎ方を教えること」を目的とするビジネスコミュニティです。

―なぜビジネスコミュニティなのでしょう?

佐藤さん
僕自身、独立してから収益を立てていくにあたって、さまざまな試行錯誤を繰り返してきました。

僕の場合は物販やアフィリエイトで成果を上げることができましたが、収益の立て方は、人によって多かれ少なかれ向き不向きが存在します。

物販やアフィリエイトが苦手だからといって「稼ぐことができない人」ではないのです。

物販やアフィリエイトは苦手でも、コミュニティ形成が得意な人もいればWeb集客が得意な人もいる。

スクールの生徒さんには、個人の適性や目指していきたいキャリアから逆算して、その人に合った稼ぎ方を提案しています。

―どういった方が生徒さんとして通われているんでしょうか?

佐藤さん
現在の収入の他にキャッシュポイントを作りたいと考えている会社員の方や主婦の方、学生さんなど年齢性別職業を問わず、たくさんの方がスクールに通っています。

ここで培ったノウハウを本業とする人もいますが、副業として取り組む人も多いです。僕としては本業か副業か、といった問題は重要視していません。

なぜなら、ここで得た「稼ぐためのノウハウ」を土台に、自分のやりたいことに注力できる環境を作っていきたいからです。

―自分のやりたいことに注力できる環境、ですか?

佐藤さん
はい。例えば、本業として年収1000万円以上を狙っていきたい人もいれば、収益化の難しい夢を追っていたり、子育てや介護などの生活のため、可能な限り短い時間で最低限の収入を得たい人など、人によって事情はさまざまです。

それぞれのライフスタイルや目的に合わせて、ビジネスモデルも上げたい収益の金額も、当然変わってきます。

お金はとても大切なものですが、同時に個人の目的を達成させるためのツールでしかありません。

「ビジマッチ」では、入会するタイミングで自己分析を徹底します。なぜなら自分のゴールをどこに置くのか、なんのための仕事なのかを明確にできるかどうかで、その後の収益に大きく影響を与えるからです。

この目的意識が明確かどうか、そして自分が決めた目的を信じて行動できるかどうかの2点が、稼げる人と稼げない人の大きな違いと言っていいかもしれません。

独立・起業をするなら、「自分の軸」を今一度明確にする

―佐藤さんは「ビジマッチ」を通して、どのようなことを成し遂げたいとお考えですか?

佐藤さん
まずは「ビジマッチ」を通して、月収30万円を達成できる人を300人にしたいと思っています。

多くの企業で副業が解禁されている今だからこそ「ビジマッチ」を多様な生き方・働き方を実現するための選択肢にしたいんです。

多様な生き方・働き方を担保した上で、空き家を活用したシェアハウス事業、町おこしなど地方創生事業にも取り組んでいきたいですね。
そして、都内だけでなく地方でもできるようにフランチャイズ展開をしていきたいと考えています。

―ありがとうございます。最後に読者の方へ何かアドバイスをいただけますか?

佐藤さん
人は、想像したものしか実現することができません。つまり、何かを実現したいなら実現に向けた想像から始める必要があります。

自分がなんのために働き、どこに向かいたいのか。「自分の軸」を今一度明確にすることが、独立・起業はもちろん、副業を始めるにあたってもとても大切なことであると、僕は考えています。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

近年、事業譲渡という言葉を聞く機会が増えてきました。

この事業譲渡は、社会状況の変化により要望が高まり、国も後押しをする形で推進されています。

会社拡張の結果による不採算部門の切り離しや、後継者不足が主な理由です。

不採算部門の切り離しの例はニュースにもなっているように、大手電機メーカーが不採算部門を切り離して売却し、再建をはかっているケースが挙げられます。

(さらに…)

2020年4月8日

質と量。

商品・サービスにおいて、一定の質を担保できなければ顧客は離れていってしまいます。

しかしどれだけ素晴らしいクオリティでも一定の量もなければ、そもそも稼ぐことができなくなってしまう。

ビジネスの世界で質を取るのか量を取るのかは、永遠の課題なのかもしれません。
(さらに…)

2020年4月7日

PLOFILE

安田祐輔さん(35歳)

キズキグループ/東京都渋谷区
DVや一家離散、発達障害によるいじめを経験。偏差値30からICUに合格、大手商社への就職を果たすも4カ月で退職、引きこもり生活。2011年、不登校や中退などでブランクのある人のための「キズキ共育塾」を開塾。生活困窮者の支援や、うつや発達障害で悩む人の就労支援も行う。
(さらに…)

2020年4月6日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ