スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

一生楽しく『スマブラ』をプレイするために。CJ Esportsオーナーを支える強烈な原動力

一生楽しく『スマブラ』をプレイするために。CJ Esportsオーナーを支える強烈な原動力

原動力。

生活のため。自分のため、家族のため。趣味のため。そして夢のため――。

仕事をする上での原動力が明確であればあるほど、そしてそれが強ければ強いほど、人はがんばることができるのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは、プロスマブラプレイヤーのCaptainJackさん。(以下、CJさん)

CJさんがオーナーを務める「CJ Esports」は、任天堂の人気ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』(以下、『スマブラ』)シリーズ専門のゲーミングチームです。

かつては詐欺師に騙され、一時は680万円の借金を背負ったこともあったというCJさん。

そんな絶望の中でも彼を支えたある原動力とは、一体なんでしょうか。

<プロフィール>
CaptainJackさん
プロスマブラプレイヤー/CJ Esportsオーナー

幼い頃からゲームをプレイし、任天堂のポケットモンスターやスマブラのオフ会等でゲーマーとしての経験を積む。
2001年にリリースされた『大乱闘スマッシュブラザーズDX』では、日本のみならずアメリカやオーストラリア、オランダなど世界各国の大会で優勝を経験する。

2008年に大学を卒業するとともに、現役を引退し就職。
その後詐欺師に騙され、最大で680万円の借金を背負うものの、フィンランド移住後にブログ事業で成功し見事完済。
2017年、プロゲーマーとして再び『スマブラ』の世界に復帰。

2018年、eスポーツチーム“CJ Esports”を設立。
オーナーを務めながら、自らも所属選手として活動する。

『スマブラDX』元世界最強プロゲーマー・CaptainJack、キャリアと原点を振り返る

――現在、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのプロゲーミングチーム「CJ Esports」のオーナーを務めながら、自身も所属選手として活躍されているCaptainJackさん。まずはCJさんとゲームの出合いから教えていただけますか?

CJさん
まだ3歳か4歳くらいのことだったでしょうか。実家近くにあった祖父母の家に、今から40年くらい前に発売された「ぴゅう太」というゲームが置いてあったんです。

そのゲームがかなり面白くて(笑)。 以来「ファミリーコンピュータ」や「スーパーファミコン」、「NINTENDO 64」(以下、「64」)などはもちろん、その他たくさんのゲームで遊んできました。

小さい頃は近所の友達と一緒に遊ぶ程度だったんですが、成長するにつれ「もっと強い人と戦いたい!」と思うようになっていって。

『ポケットモンスター金・銀』をプレイする頃(1999年頃)には、友達と一緒にオフ会に行くようになりました。

そして今では僕のライフワークでもある、大好きな『スマブラ』シリーズの第1作、『ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』でも、積極的にオフ会に参加していましたね。

――より強いプレイヤーと腕を競うオフ会で、CJさんはどのような活躍を?

CJさん
誤解を恐れずに言うと、「初めて参加したオフ会から引退まで、ほぼ最強」でした。

昔の『スマブラ』って、いわゆる「自称地元最強」がめちゃくちゃ多いゲームだったんですよ。今みたいにYouTubeで誰でも簡単に世界トッププレイヤーのプレイが見られるわけではなかったですからね。

「スマブラなら俺の右に出るやつはいない!」みたいな友達、きっと皆さんの地元にもいたと思うんです(笑)。

――たしかに……(笑)。

CJさん
それくらい裾野が広いゲームなんです、『スマブラ』って。だからオフ会に行くと、腕に覚えがある「地元最強」同士が拳を交えることになるわけです。

大抵の「地元最強」はそこで、いわゆる井の中の蛙だったことに気づかされます。

そんな中、僕は初めて参加したオフ会から、2008年に就職して引退するまで、わずかな例外を除いてほとんどのプレイヤーに勝ち越していました。競合の多いゲームの世界では、かなり珍しいケースだと思います。

――それほど『スマブラ』が強いとなると、時代が時代ならプロゲーマーの道へまっしぐらな感じもしますが……?

CJさん
今の時代なら、間違いなくそうだったと思います。でも、あの頃はまだ「ゲームをしてお金を稼ぐ」という価値観が生まれる前の時代だったんですよね。

2008年の段階ですら、世界中の誰も「将来スマブラプレイヤーがスポンサーを受けプロになる」という世界を想像すらしていなかったと思います。

当時、というか今もですけど、『スマブラ』が心の底から大好きだからひたすらプレイし続け、強くなっていったんです。

そうして中学、高校と「スマブラー」(※)としてのキャリアを順調に歩み、大学ではフランス語を専攻したこともあり、語学の勉強も兼ねて海外へよく「スマブラ留学」に行っていました。

特に大学からの派遣留学生として1年間住んでいたフランスでは、現地プレイヤーから「CJのおかげでフランスの『スマブラ』のレベルが上がった」と喜ばれ、欧州スマブラ界のレベルの底上げに貢献できた自信があります(笑)。

※『スマブラ』をよくプレイする人のこと。

――ヨーロッパの『スマブラ』のレベル向上に貢献できるほどの腕前となると、現地の大会にも参加をされていたんですか?

CJさん
はい。ヨーロッパに限らず、アメリカやオーストラリアなど『スマブラ』の大会などを通じて行った国はたくさんあります。

まだYouTubeもSNSも動画配信もなかった時代にもかかわらず、大会での実績から、別の国の大会に航空券・滞在費持ちでゲストとして招待されたこともあります。

ちなみに、もちろん現地でコミュニケーションを取るためには、その国の言葉を話せないといけませんから、ちゃんと学生の本分である勉強もしていましたよ(笑)。

あの頃は大学での学びと、自分の大好きな『スマブラ』が密接にリンクしていましたし、大会のために世界を飛び回っていて……本当に楽しかったですね。

――そんな中、2008年にゲーマーを引退されますが……?

CJさん
就職を機に一度、それまでの活動にピリオドを打ちました。

というのも、フランス留学から帰国後に行った70日間のアフリカ大陸縦断の旅など、学生時代のさまざまな経験を通して、僕の中で明確な目標ができたからです。

それは、「経済的・時間的自由を得て、一生好きな場所で・好きな人と・好きな時に楽しくスマブラをプレイできるようになる」こと。その先にあるのが『スマブラ世界王者』の達成です。

当時はYouTubeもSNSもありませんでしたから、ゲームに限らず「個人が稼ぐ」というのが非常に難しい時代でした。

そこで、「自由なスマブラ人生を送るための修行」として、経済的・時間的自由を得る手段を模索しながら、紆余曲折ありながらも一旦は就職する道を選んだんです。

ちなみに任天堂も受けましたが、エントリーシートで落ちました。(笑)

詐欺師に騙され、680万円の借金を抱える? 絶望の中、CJさんを支えた原動力と環境

――2008年に就職され、2017年にプロゲーマーとして再び『スマブラ』の世界に戻ってきたと伺いました。それまでのお話を聞かせてください。

CJさん
引退していた約10年間、語り尽くせないほどたくさんの、重く辛い出来事がありました(笑)。

まず就職先は、僕の地元京都の一部上場企業でした。超絶ホワイトと噂の素晴らしい会社で、給料も高く、何より希望通り東京支社・国際本部に配属され、休みもたくさんもらえていたのですが……。

それでも学生の頃と比べると、海外の大会にいつでも参加できるほどの自由があるわけではありません。会社員の連休は基本的にGW・お盆・年末年始の年3回ですが、そのタイミングで”メジャー”と呼ばれる大型の海外大会がなければ終了です。

優良企業に就職したことで、「経済的・時間的自由」のうち経済的にはある程度余裕ができましたが、時間的には全く自由ではなかったんです。

今と違って、ノマドやリモートワークといった働き方がほぼ存在していない世の中でしたから、時間的に自由になる方法は限られていました。

そのため、せっかく入った大企業を1年半で退職し、MLM、社長秘書、ハイヤー運転手などなどいろいろな挑戦をし、経済的自由と時間的自由を獲得しようと無我夢中で行動していました。全ては将来の素敵なスマブラライフのためです。

その過程で、顧客として知り合った詐欺師に盛大に騙され、最大で680万円の借金を抱えてしまったんです。

――借金680万円!?

CJさん
はい。今はなんとか全て完済することができましたが、当時はもう「一生楽しくスマブラ」なんて、言ってられないくらい余裕がなくて……。(苦笑)

少しリアルな話をしますが、仮に平均年利15%で680万円の借金があった場合、なんと利息だけで月の支払いが8.5万円になるんですね。がんばって毎月8.5万円を返済しても、借金は1円も減りません。 (*わかりやすいよう単純計算です)。

この時、実際は各社に月ギリギリ1万円ずつ、合計5万円くらいの返済がやっとでした。つまり、「毎月死ぬ思いで借金を返しながら、借金は日々増えていく」という、まさに地獄のような状態です。

この頃はまだ社長ではなかったので、「事業で成功して一気に完済」ということもできません。当時28歳、新卒で入った一部上場企業を退職し、詐欺師に騙され借金680万円。この時は流石に「おれのスマブラライフ、終わったかも」と思いました。(笑)

この話に関してはかなりいろいろありました。詳しくは僕のブログに書いてあるので、興味があればぜひ読んでみてください。(笑)。

CJさんのブログはこちらから!
https://www.captainjack.jp/entry-profile#600
CJさん
その後は、借金を返すために必死にいろんな金策を考えました。歌舞伎町でホストもやりましたし、翻訳業や訪問販売など様々な仕事に挑戦した中で、ようやく上手くいったのがブログ・アフィリエイトだったんです。

実名顔出しで借金返済にチャレンジする様子を面白おかしくブログに書いていたところ、興味を持ちスポンサーになって下さる方々が現れ、苦労の末、どうにか借金を完済することができました。

――そして再び、ゲームの世界に戻ってきたと。


引退から8年後の2016年2月、現役復活をほのめかすツイート。

CJさん
はい。ずいぶん遠回りしてしまいましたが、借金問題にも解決の目処が立った段階で、手元にいくらかのお金が残っていたので。いよいよ自分の長年の目標だった『スマブラ世界王者達成』に挑戦できる時が来たな、と。

そして、借金完済の約半年前、2017年12月にLoL(リーグ・オブ・レジェンド)を主戦場とするプロeスポーツチーム「V3 Esports」と契約を交わし、スマブラ部門のプロ選手として現役復帰したんです。

――自身がオーナーを務めているゲーミングチーム「CJ Esports」もその後に?

CJさん
そうですね。

僕の人生の中で、『スマブラ』で世界を飛び回っていたあの学生時代は、かけがえのない宝物です。間違いなく、僕にとってスマブラは人生の花ですね。

英語とフランス語が話せるようになったのも『スマブラ留学』のおかげですし、世界への扉を開き、多数の大会優勝で自己肯定感をこれ以上ないほど高めてくれたのもスマブラのおかげです。

また、結婚式にはスマブラを通じて出会った15年来の友人たちが数多く参加してくれ、披露宴では「スマブラのご友人たち」というテーブルが最大の派閥を占めるに至りました。(笑)

なので、あの楽しかった思い出を、思い出のままにしておきたくないというか……。何かしらの形でもう一度『スマブラ』で、他でもないこの世界でひと花咲かせたいと強く思ってしまったんです。

選手として世界王者を目指すことはもちろん、志を同じくする仲間と一緒にチームを作ってみたいなと。

借金地獄だった僕も今や一応社長ですから、目標には “Bプラン”を用意しておくべきだと考えました。万が一、選手として再びひと花咲かすことができなかったとしても、監督として世界一になるという方法があるということです。(笑)

かつて僕が“現役”だった時代から、一緒にプレイしていた仲間がいました。

これまで、その仲間たちと何か具体的にチームを組んでいたわけではなかったのですが、LINEグループは存在し、昔からずっと『スマブラ』を通した仲間意識がありました。

そういうこともあり、もう一度僕がスマブラーとして活動し始めた時、本格的にeスポーツチームを作りたいと思うようになったんです。

現メンバーのあぶ・元メンバーのカイトをはじめ、仲間たち数名と一緒に『スマブラ』で世界一を獲ろうと。そうして水面下で準備を進め、スポンサーになってくださる方々を探し、形になったのが「CJ Esports」というわけです。

あぶさんの記事はこちらから!
https://entrenet.jp/magazine/26470/

――「CJ Esports」としてどういった取り組みをされているのでしょうか?

CJさん
メインの活動は、オンライン・オフラインを問わず『スマブラ』の大会に出場し、より良い結果を出すことです。

また、チームメンバーのあぶが経営するeスポーツスタジオ “BUZZ e-Sports”で月2回ミーティングを行っており、その際にYouTube動画の収録や対戦を行っています。

昨今は、新型コロナウイルスの影響もあり、大規模なオフライン大会の開催が難しいため、小規模の大会に参加し来る日のために爪を研ぎながら、YouTubeに力を注いでいるところです。

YouTubeでは、主に『スマブラ』での対戦動画や、メンバーやゲストとのトークを配信しています。

最近だと、『スマブラ』のオンライン最強プレイヤーである“へろー選手”が、僕たちの仲間になってくれたんですが、その経緯なんかも動画にしていますね。

――借金という大きな試練を乗り越え「CJ Esports」を設立し、着実に自分の目標に近づいているCJさん。そんなCJさんが大切にしていることはなんでしょう?

CJさん
僕の目標であり原動力は、先ほどもお話したとおり「経済的・時間的自由を得て、一生楽しくスマブラをする」ということ。

その目標のために、自分でも想像すらしていなかったほどの大きなトラブルも経験しましたが……(苦笑)。それでも学生時代から、その想いだけはずっと一貫しているつもりです。

詐欺師に騙され、借金を背負わされた時は本当に地獄でした。詐欺師とは弁護士を入れて3年間戦いましたが、880万円の支払い請求に対し、回収できたのはたった20万円の和解金。勝訴した際には賠償金で借金を一括返済できると思っていたので、あの時は本当に絶望しました。

でも、そこから前を向こうと思えたのは、心の中にいつも『スマブラ』の存在があったからです。「いつか自由な身になってスマブラする」という希望を捨てなかったからですね。だから必死になれたんですよね。

スマブラどころか人生そのものが詰みかけていたというのに、その時の心の支えが『スマブラ』ですからね。僕の“人生スマブラぶり”は、我ながら本当に凄いと思います(笑)。(※)

※スマブラSPの発売が決まった時はフィンランドに住んでいたCJさんですが、そのニュースを知りスマブラ環境を整えるべく、日本に再移住することを決意したそうです。

――大きな困難に直面したとしても、それ以上にCJさんの原動力、そしてモチベーションが高かったと。

CJさん
そうですね。それともう1つ、付け加えるとすると「環境」の力も大きかったように感じます。

借金を返済している途中、僕はフィンランド人の妻と結婚し、フィンランドへ移住しました。

フィンランドの“非雇用者手当”というベーシックインカムと生活保護の中間のような社会保障制度を利用し、毎月生活に必要な最低限度のお金が入ってくるようになりました。

だからこそ僕は自分の人生を変えるため、借金完済と人生の目標実現のための行動に全てのリソースを注ぎ込むことができたんです。

そして、その過程で素晴らしい人たちと出会い、彼らの愛あるサポートも相まって、爆速で借金を完済することができたんです。

目指せ、スマブラ世界王者! 「一生楽しくスマブラ」の先にある夢

――CJさんのこれからの展望を教えてください。

CJさん
『スマブラ世界王者』の達成です!もうそれしかないです(笑)。

「経済的・時間的自由」自体は、これまでの努力と僥倖の結果、ある程度のレベルでは実現しつつあります。

なので、これからは心置きなく『スマブラ』に打ち込み、もう一度世界一を達成したいなと。「あの頃の輝きをもう一度」、ですね。

実はかつて僕が日本や海外の大会で多数優勝していた時代は、インターネットがまだそこまで発達していたわけではなく、今のように正式な「世界ランキング」が存在しなかったので、ほとんど記録に残っていないんです。

YouTubeでギリギリ、TwitterやFacebookですら日本市場に参入するかしないかという時代でしたから、情報の伝播速度が極めて遅かったんです。

当時スマブラがプレイされていた全ての地域(日・米・欧・豪)の大会で優勝したプレイヤーは世界中で僕だけでしたし、もしあの時正式な「世界ランキング」があったとしたら、おそらく僕は年によって1位か2位のどちらかだったと思います。

少し余談ですが、今でもスマブラ界の最前線でプレイしている「まさし」「RAIN」と僕は、実力的にはほぼ横並びであり、当時世界最強の一角でした。僕が今でも彼ら2人を応援しているのは、ほぼ同じ時期に現役時代を共にした世界最強のライバルだったからです。

インターネットや動画配信が発達し、『スマブラ』全体の競技人口が増え巨大eスポーツタイトルに成長した今、36歳にしてもう一度世界の頂点に挑戦したいなと思っています。

もし世界ランク1位が達成できたら、我が人生に一片の悔いなし、です!

突拍子もない話ですが、もし仮に「10億円」か「スマブラ世界王者」かどちらかを選べるとしたら、僕は一瞬も迷わずスマブラ世界王者を選びます。そのくらいの想いでスマブラやってます(笑)。

――最後に、読者の方へメッセージをいただけますか?

CJさん
当サイトをご覧の読者の皆様は、「何らかで変わりたい、人生を良くしたい」という想いを持った方々が多いと伺っております。

決して意地悪を言うわけではないのですが「何かを変えたい、でも変えられない」という方は、無理せずそのままでもいいんじゃないかなと思います。

なぜなら、この日本という国では、無理をして変わらなくてもそれなりにちゃんと生きていけますし、幸せな生活が送れると思っているからです。

もちろん多少の不満や欠乏感はあるでしょうけど、「変わる必要がない」のであれば、それはむしろ幸せなことだと思います。

僕の場合は「無理矢理にでも変わらないといけない」くらい逼迫した状況だったので、それに比べれば… という話になりますが(笑)。

…もちろん、客観的に見て明らかに変わらないとマズい場合は除きますよ。そこまで甘くはありません(笑)。

それでも状況を変えたいと、例えば独立や起業といった新しいことに挑戦してみたいと思うのであれば、その時こそ行動すべき時です!

定時後や休日に、小さくコツコツ低リスクで始めてみましょう。

急激な変化は当然痛みも伴いますから、まずは小さく。投資する金額も小さいところから。これは新しいチャレンジをする上での鉄則です。いきなり10万円もする商材を買ってしまったりすると、後悔する可能性が高いです(笑)。

今回、僕の過去の話を軸に、人生をより良くするための原動力をテーマにお話してきました。

人生における原動力がある人は、どんな困難に遭遇したとしてもそれを心の支えに踏ん張ることができます。独立・起業を目指すなら、自分の人生の原動力が一体何であるか、自己理解を深めておくことが大切です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

読者の皆様の『人生の‪伸びシロ』が爆伸びすることを願‬っております!

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。