カテゴリー

Line

薬剤師からモデル、そして俳優へ。岩永徹也が「自分を成長させること」を仕事にする理由

あなたは、好きなことを仕事にしていますか?

人生100年時代を迎え「自分の好きなことを仕事に」といった切り口の本や記事をよく目にするようになりました。

今回お話を伺ったのは、俳優・タレントの岩永徹也さん。

岩永さんは『仮面ライダーエグゼイド』の檀黎斗(だん・くろと)/仮面ライダーゲンム役で話題となり、現在は『くりぃむクイズ ミラクル9』『プレバト!!』『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』など、数多くのテレビ番組にも出演されていますが、実は薬剤師の免許を持ち、勤務経験もあるそうです。

そんな岩永さんは幼い頃から、好きなことでもなく、得意なことでもなく「自分を成長させること」を仕事にしようと思ってきたそうです。

今回は岩永さんのこれまでのキャリアを振り返るとともに、自分を成長させることを仕事にする理由を伺いました。

<プロフィール>
岩永徹也さん
俳優・タレント・モデル・薬剤師

長崎県出身。
福岡の大学を卒業後、2009年に『MEN'S NON-NO』(集英社)が主催するオーディションに合格。同誌の専属モデルとしてデビュー。

2009年、慶應義塾大学大学院に進学し薬学を専攻。実際に薬剤師としての勤務経験も持つ。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士適性試験では全項目トリプルAを獲得。2013年に世界人口上位2%のIQを有する人の団体「JAPAN MENSA」の試験を受け、会員認定を受けるほどの超秀才。(MENSA会員のIQは148以上とされる)

同年『テラスハウス』に出演。2016年10月から2017年8月まで放送された『仮面ライダーエグゼイド』では檀黎斗(だん・くろと)/仮面ライダーゲンム役で連続ドラマ初出演。

持ち前の頭脳を活かして『くりぃむクイズ ミラクル9』『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(以下、Qさま)『ザ・タイムショック』といったクイズ番組にも多数出演。

お絵かきから薬学まで! 天才・岩永徹也の興味の振り幅

―俳優・タレントとして活躍されている岩永さん。『くりぃむクイズ ミラクル9』『Qさま』などのクイズ番組や『プレバト!!』といったバラエティ番組によく出演されていますが、こどもの頃から知的好奇心が旺盛だったのでしょうか?

岩永さん
そうですね。僕は昔からいわゆる「凝り性」で、いろんなことに好奇心を持っていて、飽きずにずっと同じことをやっていたそうです。

勉強も昔から得意で好きですが、それ以外だと特に絵と音楽と外国語が好き、もしくは興味がありますね。

絵は本当に小さい頃から、紙と鉛筆さえあれば何かしら描いてるくらい、ずっと好きです。こどもの頃はよく『ワンピース』や『ドラえもん』に登場するキャラクターの絵を描いていました。

今でもよく、絵を描いてはTwitterに上げていて、ファンクラブ『aurora park』でもマンガを連載中です。

―音楽と外国語はいつ頃から興味があったんですか?

岩永さん
どちらも小中学生くらいですかね。

音楽はB'zさんとL'Arc~en~Cielさんが好きです。

軽音部がなかったのでバンドを組んで演奏したりはできなかったんですが、B'zさんやL'Arc~en~Cielさんの影響で今も自分で曲を作ったりしています。

外国語は、親戚が海外に住んでいるので、こどもの頃から身近だったんですよ。

小中学生の頃はよく、長い休みの時に親戚が日本に来てくれていました。

そして19歳の時に、1人で初めてアメリカの親戚の家に50日ほど滞在しました。

いろいろな人と英語でコミュニケーションを取るのが、なんだか冒険しているみたいで楽しかったですね。

―絵や音楽、外国語と様々なことに興味を持たれている岩永さんですが、大学は薬学を専攻されてたんですよね? なぜ薬学に興味を持ったのでしょうか?

岩永さん
なんか薬って、魔法使いみたいで面白そうだなって思ったんです(笑)。

英語や数学は得意だし好きなんですけど、やろうと思えば自分で勉強できるので、誰かに習う必要はないなあと。

せっかくなら知らないことを学ぼうと、薬学を選びました。

自分がその時に“やりたい”と思ったことをやる。薬学とモデルを両立させた理由

―大学院に進学するタイミングでモデルの仕事をスタートさせていますが、スカウトされて、この業界に入ったんですか?

岩永さん
いえ、自分でオーディションを受けました。

以前から何度かスカウトされたことがあって、モデルの仕事に興味を持っていたのですが、当時の僕は芸能界はもちろん、雑誌についてもよく分かっていなくて。

とりあえず『ワンピース』を発行している集英社の「MEN'S NON-NO」と、名前を聞いたことがあった「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のオーディションを受けてみようと思ったんです。

その結果「MEN'S NON-NO」の専属モデルが決まって、大学院に行きながらモデル活動もスタートさせました。

―薬学からモデルへ、全く異なる世界への挑戦ですね。そんな好奇心の振り幅がとても大きい岩永さんですが、こどもの頃から将来やりたいこと・なりたいことはあったのでしょうか?

岩永さん
僕は小さい頃から「自分がその時に“やりたい”と思ったことをやろう」と思って生きてきました。

薬学もモデルも、人から見たら繋がりはないかもしれませんが、どちらもその時々で自分のやりたいことだったんです。

―自分がその時に“やりたい”と思ったことをやろう、と思った理由はなんですか?

岩永さん
これは、B'zさんの影響が大きいですね。

彼らは「自分を鍛えること」が仕事。自分のスキル・能力を向上させ、それをライブでお客さんに見せたり、作品にアウトプットしています。

そういう働き方って、とても素敵だと思ったんです。

だから僕も、自分を成長させることが仕事になるような働き方をしようと思いました。

「こうなりたい」と思える人がいないなら、マンガのキャラクターを心の支えにすればいい

―自分を成長させることを仕事にしている人は、岩永さんの周りにはいらっしゃらなかったのでしょうか?

岩永さん
いませんでした。

どんな仕事をしたいか、どんな大人になりたいかは漠然と小さい頃から考えていましたが、全然周りに「こうなりたい」と思える大人がいなくて。

マンガやアニメの世界の人の方が、参考になりましたね。

―マンガやアニメの世界で参考にしたキャラクターというのは?

岩永さん
行動がスマートで好きなのは『DEATH NOTE』の夜神月(やがみ・ライト)です。

彼は頭の良い人特有の言動を取りますよね。頭で考えていることとセリフの内容が、全く逆だったりするじゃないですか。

一方で格闘マンガとかを見ていると、思ったことをそのまま口にするキャラクターが多いですよね。

僕自身、ライトと同じように頭で考えていることと実際の発言が、食い違うことが結構あって。

そういう意味で自分と共通点があるライトの思考は、いろいろ参考になりました。

―ということは少なからず、檀黎斗神を演じる上で、新世界の神の考え方を参考にしていたんですね…(笑)。他にもありますか?

岩永さん
精神的な価値観を学んだのは、『SLAM DUNK』の山王工業の選手たちですね。

いつも礼儀正しく決して驕らず、そのスポーツが好きで、自分を成長させてくれる強力な挑戦者・ライバルを常に求めている。

「“強い人”って、きっとああいう感じなんだろうな」と思いましたし、自分もそうでありたかったんです。

中学時代のバスケ部の周りの子は、部活サボって「イェーイ」とか言ってるけど、沢北栄治(※)はきっとそんなことしないんだろうなと。

「マンガの登場人物たちがもし現実にいたら、その人はどうするかな?」と常に考えていましたし、気持ちは自分も「山王工業のチームにいるんだ」と思って少年時代を過ごしていました。

※沢北栄治=マンガ『SLAM DUNK』に登場するキャラクター。

―そんな時代を経て、現在はどうでしょうか?

岩永さん
東京へ来てこの仕事をするようになってから、本当にたくさんの素敵な人たちと出会うことができました。

特に『仮面ライダーエグゼイド』や舞台『SLANG』でお世話になった脚本家の高橋悠也さんや、『Qさま』や『ザ・タイムショック』などのクイズ番組でご一緒させていただいているカズレーザーさんやえなりかずきさんは、とても優秀なのはもちろん人間的にもとても素晴らしい方たちなので、本当に出会えて良かったと思っています。

『SLAM DUNK』で沢北栄治を目の前にした、流川楓じゃないですが「ありがてぇ、贋物じゃねえ…」の心境です(笑)。

―キャリアを考える上で、特に若い頃は「こうなりたい」と思えるベンチマーク的な存在は心の支えになりますよね。

岩永さん
そうですね。もし自分の周りに「こうなりたい」と思える人がいなくても、落ち込むことはありません。

僕自身もそうでしたが「こうなりたい」と思える存在が、たとえフィクションであっても、心の支えになることには変わりないですから。

大切なことは自分が「こんな人間でありたいな」と思える人(もしくはその人の一部分)を見つけて、まずは挑戦してみること。

自分を律してがんばっていけば、同じようにがんばっている素敵な人に出会えると思いますし、その人たちとの出会いが、さらに自分を高めてくれるんじゃないかなと思います。

―ありがとうございました。後編では自らの“名刺”とまで語る『仮面ライダーエグゼイド』の檀黎斗という役について伺います。

<岩永徹也さんの最新情報はコチラから!>
映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』10/4(金)全国公開!

オフィシャルファンクラブ『aurora park』

取材・文=内藤 祐介
撮影=鈴木智哉

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2019年10月17日

成長を考えるベンチャー企業にとって、ベンチャーキャピタルは資金を提供してくれる重要な存在です。
ベンチャーキャピタルから資金調達を行う場合のメリットやデメリット、ベンチャーキャピタル内での投資審査内容やポイントなどを見ていきましょう。
(さらに…)

2019年10月17日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ