カテゴリー

税理士ドットコム

メンタルを病んで退職後「メイドフリーランス」へ。はちるさんに聞く、キャリアの描き方

メンタルを病んで退職後「メイドフリーランス」へ。はちるさんに聞く、キャリアの描き方

「内定ブルー」という言葉がある。

大学の卒業を控えた学生が、卒業後に入社する予定の会社に対して抱く迷いのことだ。

「自分は本当にこの会社でいいのだろうか?」「社会人となってうまく会社でやっていけるだろうか?」と、そんな迷いや不安に押しつぶされそうになる。

一過性で過ぎれば良いのだが、入社してからもその迷いや不安を、引きずり続ける人も少なくないだろう。

今回お話を伺った、はちるさんもその1人だ。

はちるさんは、現在システムエンジニア/メイドフリーランス・VRフリーランスとして活躍されているが、新卒で会社に入社してから心を病んでしまったという。

今回は、はちるさんが心を病み退職してから「メイドフリーランス」という仕事に至るまでのお話を伺った。

<プロフィール>
はちるさん
メイドフリーランス・VRフリーランス
システムエンジニア

名古屋出身。
大学を卒業後、2016年にIT企業に就職し、システムエンジニアとして業務を行う。

精神疾患を患い2度の休職を経て、2018年6月に退職。その後「メイド服を来たフリーランス」としてエンジニア業務や、プログラミングを教える教育事業などを手がける。

現在はフリーランスのエンジニアとして活躍する傍ら、バーチャルYouTuberとしての活動や、VRゲームの開発、フリースクール「DE-SCHOOL 早稲田」(https://de.gftd.school/)でサポーターを務めるなど活動の領域は多岐に亘る。

2度の休職を経て、退職。環境の変化の大きさと、何もできない自分の無力感

―現在に至るまでの経緯を教えてください。

はちるさん
こどもの頃からPCが好きだったので、大学でプログラミングなどを学び、卒業後にIT企業に就職しました。

入社した会社はいわゆるSIer(システムインテグレーター/System Integrator。システム構築から導入の全てに責任を持つ「事業者」のこと。SI企業とも言う)で、私はエンジニアとして取引先に常駐することになりました。

幸い、入社した会社や取引先での仕事は、激務というほどではなかったんですが、自分のメンタルがどんどん追い込まれてしまっていて、入社して約1年で休職をしてしまったんです。

―なぜ休職をされたのですか?

はちるさん
理由はさまざまですね。

まず、私は大学まで名古屋で暮らしていたんですが、社会人になってから東京の会社に来ることになってしまったこと。

大学で少し仕事に関係するようなことをかじっていたとはいえ、会社に入るまでエンジニアとしての就業経験はなかったので、いろいろ仕事を覚えていかなければなりません。

そんな中、加えて住む場所も大幅に変わってしまったので、環境の変化に対応できなくなっていたんです。

そして私はもともと少し思い込みの激しいところがあり、学生時代から人間関係が得意ではありませんでした。

―思い込み、ですか?

はちるさん
はい。

例えば、仕事の指摘を他の人から受けると「私は周りから、仕事ができないと思われているんじゃないか」「みんな私の悪口を言っているんじゃないか」と勝手に思い込んでしまっていたんです。

今思い返せば、別に周りの人は怒っていたわけではないと思います。むしろ新卒の私に仕事のことを教えようと、親切心でいろいろ話してくれていました。

しかし当時の私は、環境の変化を始めとするストレスで、その親切心をきちんと受け取る余裕がなかった。

朝起きて会社に行って、帰ってきてご飯食べて、泣いて、気づいたら寝ている、みたいな毎日を過ごしていたんです。

―環境の変化に戸惑ってしまうこと、何もできない自分に対する無力感。新卒なら誰もが多かれ少なかれ経験することだと思います。

はちるさん
きっと私の場合、人よりもその振り幅が大きかったんだと思います。だから会社のせいとか人のせいとかではなく、勝手に自分で壊れていきました。

結局4カ月の休職を経て復帰するのですが、やっぱりダメで。なんとかその後9カ月がんばったのですが、再び休職してそのまま退職しました。

まずは見てもらわなかったら意味がない。はちるさんが「メイドフリーランス」を名乗った理由

―退職後はどうされたのですか?

はちるさん
当時通っていた病院で、医師から社交不安障害(SAD)※だと診断されました。

※社交不安障害(SAD)とは、ある特定の状況や人前で何かをする時に、緊張感が高まって不安や恐怖を感じ、次第にそのような場面を避けるようになる病気。人から悪く思われることを極端に不安に感じることもある。

はちるさん
とはいえ心はともかく身体は元気ですし、いつまでも休んでいてもしょうがないので、何か始めようと思ったんです。

しかし過度な緊張や不安によって「会社という場所にいること」そのものが苦手な私は、転職しても同じことの繰り返しになると思いましたし、アルバイトをするにしても今の体調を鑑みると、フルタイムでは難しいなと。

そこで思いついたのが、家でできる仕事をしよう、ということでブログを始めてみました。

―なぜブログだったんですか?

はちるさん
当時、フリーランスのブロガーさんたちの記事をよく読んでいたからです。

時間や場所に縛られず、雇われずに生きる“新しい生き方”を実践している人が、ブログを使って発信して収益を得ていることを知り、自分もそうしたいなと。

そういった人たちは「プロ無職」など、とてもキャッチーな肩書きを持っていました。

その影響で自分の肩書きを考えた結果、メイド喫茶が好きで、そのネタで自分もブログを書いていたこともあり「メイドフリーランス」を名乗ろうと思ったんです。

―メイドフリーランスとは「メイドが好きなフリーランス」という意味だったんですね(笑)?

はちるさん
始めはそうだったんですが、後に「メイド服を着たフリーランス(のエンジニア)」になるんです。

というのも、ブログを初めて思ったのが「私ってあまり文章を書くことが得意ではないな」ということでした。

そこでブログに、システム系を始めとする「今、自分ができること」を一通り書いて、仕事をもらえないかTwitterで発信してみたんです。

そこで出合ったのが、メイドプログラミングスクールでした。

―メイドプログラミングスクールとはなんでしょう?

はちるさん
プログラミングを学んだり情報交換をするための、いわばエンジニアのギルドのような場所です。普通のギルドと違うのは、そこにメイドがいるという点です(笑)。


http://www.maid-vr-school.com/

はちるさん
仕事を探している、という発信を見たブロガー仲間の人から「メイドが好きならここで働いてみたら?」と勧められたんです。

崩していた体調も徐々に良くなってきましたし、会社を辞めてからは傷病手当金をもらいながら貯金を切り崩す生活をしていたので、これはいいチャンスだなと思ったんです。

このメイドプログラミングスクールを中心に、ありがたいことにお仕事のご依頼をいただく機会も増えていきました。

自分の興味を口に出してみる。メイドフリーランスから「VRフリーランス」へ

―はちるさんの現在のお仕事を教えてください。

はちるさん
去年末からメイドプログラミングスクールが休業してしまったので、それ以降はフリースクールの「DE-SCHOOL 早稲田」で週3回サポーターとして働いています。

フリースクールとは何らかの理由があって学校に行きたくても行けなくなってしまったこどもたちが、学校の代わりに過ごす場所で「DE−SCHOOL 早稲田」はその中でも、技術系に特化しています。

プログラミングや動画編集、3Dモデリング、3Dプリンター、VRなど、こどもたちと一緒に勉強したり、作品を作っています。

はちるさん
その他VTuberとしても活動していたり、VRのゲームを作っています。

最近はメイド服は全然着ていないですし、VRにとても興味がありゲームも作っているので、メイドフリーランスではなく「VRフリーランス」と名乗っています(笑)。

ちなみに今作っているのはステッパー(ダイエット器具)を踏んでVR内の飛行船を動かすゲームです。

はちるさん
このゲームは自主的に開発しているのですが、もっと経験を積んで、ちゃんとお金を稼げるレベルにまで仕上げていきたいですね。

―最後に読者の方へメッセージをいただけますか?

はちるさん
自分の興味のあることは積極的に口にした方がいいじゃないかなと思います。

私は新卒の時からいろいろなことにつまずいてきたんですが、それでも要所要所で自分のやりたいことを周りの人に話した(ないしはSNSで発信した)ことで、仕事をいただいてここまでやってこられました。

今取り組んでいるVRも、まだこれでお金を稼げているわけではありませんが、作り続けて発信し続けたら、それが回り回って仕事につながるんじゃないかなって思っています。

自分の興味を口に出して周りの人に伝えることは、独立・起業にとって、特に重要なことなんじゃないでしょうか。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

会社はさまざまな理由で事業を第三者に譲りたい場合があります。しかし、例えば会社と無関係の第三者に承継される場合(M&A)、会社にお金を貸している人(債権者)にとっては不測の事態になることもあり得ます。
債権者は相手を信用してお金を貸していたはずが、相手が別の人になってしまう場合があるということです。
(さらに…)

2019年12月12日

自分の志向・希望に合う独立開業を把握している方って実は多くはありません。大多数の方は、自分のキャリアを振返り「経験のある業界で独立開業が良いのかな?」「経験のある職種が向いているのかな?」と思いがちなんです。でも実際には、そういう選び方よりももっと自分に合う加盟先を見つけるポイントは他にあるのです。 (さらに…)

2019年12月12日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ