カテゴリー

Line

“雑誌連載をしない”マンガ家? 横山了一さんが雑誌からWebへ活動拠点を移した理由

マンガ。

おそらくこどもの頃から、皆さんのとても近くにあった娯楽ではないでしょうか。

素敵なお話に笑い、泣き、感動し、いつしか「将来はマンガ家になりたい」と夢を抱いた人も少なくないでしょう。

今回お話を伺ったのは、マンガ家の横山了一さん。

マンガといえば大手出版社の雑誌で連載する、といった印象がありますが、横山さんは現在雑誌の連載はしておらず、Webを中心に活動されています。

かつては雑誌連載を行っていたという横山さん。なぜ活動の拠点をWebに移したのでしょうか。

今回はその理由と、マンガ家として活動するために必要なことについて伺いました。

<プロフィール>
横山了一さん
マンガ家

2002年、週刊ヤングマガジンにて『熱血番長鬼瓦椿』で連載デビュー。番長、ヤクザの組長、魔王など、個性の強いキャラによるギャグ漫画を得意とする。

現在はSNSを中心に活動し、多くの連載や企業PRマンガなどを手掛ける。

横山さんのTwitterはコチラから!
https://twitter.com/yokoyama_bancho?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

憧れの未来を手に入れろ! 横山了一の【マンガで分かるライフシフト】vol.1
https://entrenet.jp/magazine/14446/

作家主導で作品作りがスピーディーにできる。雑誌からWebへ、活動の領域が移った理由

―SNSを中心にマンガ家として活躍されている横山さん。マンガ家を目指し始めたのはいつごろだったのでしょう?

横山さん
小さい頃から絵が好きで、高校生くらいの時には「マンガ家になろう」と思っていました。

親の勧めで大学には進学したのですが、個人的には大学の勉強よりも、早くマンガ家としてデビューしたくて。

―いつデビューされたのですか?

横山さん
大学を出て1年後ですね。「週刊ヤングマガジン」でギャグマンガの企画が通り、連載がスタートしました。

以来ギャグマンガを中心に、10年以上雑誌をメインに活動してきました。


https://entrenet.jp/magazine/14446/

―横山さんといえば、以前「アントレ Style Magazine」でもマンガを描いていただきました。雑誌というよりはSNSを使ってらっしゃるイメージがありますが…。

横山さん
最近はもっぱらSNSやWebで作品を投稿することが多いですが、活動の場所を移したのは、実は2015年ごろからなんです。

―結構最近なんですね。なぜ活動の場所を移されたのでしょう?

横山さん
いろいろ新しい可能性に挑戦してみたかったからですね。

雑誌の連載だけに頼って生活をしていくのは、非常に不安定なんです。

人気が出て連載が続いていけばいいですが、連載がストップしてしまったらそのまま収入もストップしてしまう。

さらに他の雑誌でマンガを描くにしても、まずは担当編集者のOKが出るかどうか、そして雑誌の編集部で掲載のOKが出るかどうか。この2つの関門が待っています。

―「連載が終わったからすぐに別の雑誌で…」と、そこまで上手くはいかないのですね。

横山さん
そうなんですよね。

そこで雑誌の連載に次ぐ、新たな収入の柱を立てる意味でも、本格的にSNSを活用し始めました。

SNSでは作品を描き上げたら、それをそのまますぐにアップできますし、読者からのレスも早いんです。

雑誌でずっとマンガを描いてきたので、そのスピード感にはとても驚きました。

―雑誌なら、そもそも読者の手に届くまでにも時間がかかりますし、感想が作家側に届くのにも時間がかかりますからね。

横山さん
作家が主導的に作品を作ることができますし、読者からのレスも早い。

より良い作品を読者に届けるためにも、SNSを使って幅広くさまざまな感想をいただき、その都度フィードバックを次の作品作りに活かしていくことができます。

そうしてTwitterで話題になったマンガを見た、知り合いの編集さんから「Webで連載をしませんか」と声をかけていただいたことがきっかけで、徐々に雑誌からWebへ、活動のフィールドが移っていきました。


http://to-ti.in/story/%e7%ac%ac1%e8%a9%b1%ef%bc%882015-05-22%ef%bc%89

SNS時代の最大のメリットは「多くの打席に立てること」。雑誌連載だけに頼らないマンガ家になるために

―現在のお仕事について教えてください。

横山さん
Webでの連載や、「アントレ Style Magazine」で描かせていただいたような企業PRマンガ、子育てネタで描いているマンガを集めたブログ、同人作品の執筆がメインですね。

いずれも、Twitterを始めとするSNSで告知して、たくさんの読者に読んでもらえるよう努めています。


https://entrenet.jp/magazine/14666/

―雑誌での連載はないのですか?

横山さん
今は雑誌で連載はやっていません。

Webで連載をやらせてもらったものを単行本化、という形で「紙」に作品をアウトプットすることはありますけどね。

―マンガ業界についてよく知らない人からすると、「雑誌連載をしないマンガ家」というのはとても奇妙に感じるかもしれません。

横山さん
たしかにそうですね(笑)。

でもそれくらいSNSの登場で、近年のマンガ家の活躍の幅が劇的に広がったんですよ。

今まで雑誌で連載をあまり持てなかった作家に、SNSを通してファンが付き、逆に出版不況で雑誌の連載の枠がどんどん小さくなっていく。

「紙」で活躍する人も「Web」で活躍する人も、マンガ家にとって新しい群雄割拠の時代になってきていると思います。

―例えばこれからマンガ家を目指す人が、新しい時代を生き抜くためにはどうすればいいのでしょう?

横山さん
とにかくしつこくマンガを描き続けることだと思います。

これまでは雑誌の連載しかなかったアウトプット先が、今はSNSを中心に作家主導でいろいろと挑戦できます。

自分はどんな絵が得意で、どんな作品を描きたいのか。それを見極めた上で戦略的にSNSやWebに上げていければ、自ずとファンがつき仕事に繋がると思います。

―戦略的に、というのは具体的にどういうことでしょうか?

横山さん
アウトプットする先で求められる「毛色」は異なります。

自分の描く絵や作品が、どの属性、クラスタに受け入れられるのかを見極めることから始めていけば良いのではないかなと思います。

これは僕の肌感覚になってしまいますが、例えばTwitterなら「真新しいもの、突拍子もないもの」などがウケるのかなと思っています。

日本人は他の国の人と比べてTwitterが大好きなので、人数のパイも1番多い。人数が多いということは1番チャンスがあるということ。

真新しくなくても、ある一定の層から熱烈な応援をいただける可能性もあるので、まずはTwitterを軸に作品を上げてみると良いでしょう。

―他のサービスではどうでしょうか?

横山さん
マンガ、というより絵単体で勝負したいならPixivがおすすめですね。絵が綺麗かどうか、見栄えがどれだけ良いのかといった、画力で勝負したい方なら、ファンは付きやすいのではないかと思います。

Instagramはやはり女性が多いので、マンガというよりはイラストを中心とした、ほのぼのした日常系の作品の反応が良いように思います。

この投稿をInstagramで見る

マンガ係の息子 #日常 #息子 #エッセイ漫画  #小学生 #男子 #きょうの横山家

横山了一さん(@ryoichi99)がシェアした投稿 -

横山さん
他には最近、TikTokなどにもマンガを掲載しています。

こちらは若いユーザーが多いので、青春系やラブコメ系が強い印象です。純粋にいい話なんかもウケがいいかなと思います。

―サービスの違いで、ここまでファン層が違うのですね。

横山さん
はい。でも結局はどこでウケるかなんて、継続的に描き続けないと分かりません。

同じ作品を掲載しても「Twitterではめちゃくちゃバズったけど、PixivとInstagramでは全然反応がない」なんてことも大いにありえます。

その逆もしかりですね。

最初はとにかく数が大切です。数を描いて、いただいた感想を次の作品に活かす。

とはいえ感想を深く捉えるのではなく「あ、ここではこういうのがウケる/ウケないんだな」くらいに思っていればいいと思います。

SNS時代の最大のメリットは「多くの打席に立てること」。打席に立ったらとにかくバットを振って経験を積んでいけば、自ずとマンガ家への道が拓けると思います。

仕事に行き詰まりを感じているなら、発想を転換して新しいことに挑戦してみる

―これからの展望について教えてください。

横山さん
マンガ家として、これからも良い作品を作っていくことですね。

他には、マンガ家・クリエイターがより収入の柱を多く立てられるような仕組みづくりに興味があります。

SNSや動画でのマンガの活用の流れは、今後さらに加速していくと思っています。

雑誌の連載、原稿料以外での収入の柱が増えて、クリエイターがさらに自分の作品を生み出すことだけに集中していける土壌が作れたら良いですね。

―最後に、読者にメッセージをいただけますか?

横山さん
2015年にSNSにマンガの投稿を始めた、と言いましたが、実は当時少しだけ抵抗がありました。

先程も「マンガ=紙」という印象がまだまだ強いというお話をしましたが、僕自身がまさにその固定観念に縛られていたんです。

これまで原稿料をいただいてマンガを描いていたのにも関わらず、SNSにマンガを上げるとなると、無料で作品をばらまくことになりますから。

でも思い切ってSNSを使ってみたら、そこにファンができて、仕事もいただけるようになりました。結果として、仕事の転機を迎えることができたんです。

これからマンガ家を目指す人はもちろん、マンガ以外のクリエイターの方も、自分の固定観念を一度取り払ってみることは大切なんじゃないかなと思います。

今の仕事に行き詰まりを感じているなら、なおさら発想を転換してみて、フットワーク軽く新しいことに挑戦してみる。すると、全く新しいことが見えてくるのではないでしょうか。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2019年10月17日

成長を考えるベンチャー企業にとって、ベンチャーキャピタルは資金を提供してくれる重要な存在です。
ベンチャーキャピタルから資金調達を行う場合のメリットやデメリット、ベンチャーキャピタル内での投資審査内容やポイントなどを見ていきましょう。
(さらに…)

2019年10月17日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ