カテゴリー

税理士ドットコム

1人でも求めてくれる人がいればこの世界でやっていく理由になる。演じない役者、前田公輝の自分を偽らない生き方【前編】

1人でも求めてくれる人がいればこの世界でやっていく理由になる。演じない役者、前田公輝の自分を偽らない生き方【前編】

「今日はお声がけいただいてありがとうございます。よろしくお願いします」と、にっこりあいさつをされた前田公輝さん。
長身なのに威圧感もなく、色白で細くて長い指からはある種の繊細さも感じられる。

だが実際は、映画「HiGH&LOW THE WORST」の轟洋介役で知られているように、ストイックなまでに鍛え上げられた肉体の持ち主だ。

インタビューということで無色透明のオーラをまとってきてくれたのだろう。そんな配慮からも彼の器用さがうかがえる。

くしゃっと笑うこどもっぽい笑顔を見せたかと思うと、サイコパスさながら冷酷な表情をのぞかせる役者、前田公輝さん。

前編では、幼いころから仕事をされてきたゆえのかっ藤と仕事と学業の両立について語っていただいた。

<プロフィール>
前田公輝さん
俳優

1997年ホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに第1期生として入所し、6歳で芸能界デビュー
2003年から2005年までNHK教育テレビ『天才てれびくんMAX』でてれび戦士として3年間出演。
2007年ホリプロに所属。
2008年映画『ひぐらしのなく頃に』で、前原圭一役に抜てきされ、初主演を果たす。その後さまざまな役を重ね、
本日公開の映画『カイジ ファイナルゲーム』に高瀬強士役で出演中のほか、
1月23日からは、主演舞台「天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~」が上演される。

6歳にして初めての挫折。悔し涙があふれた瞬間が次へのエネルギーに

-子役時代から長く役者として活躍をされていますが、きっかけは何だったのでしょうか?

前田さん
親の情操教育の一環で、 兄妹とともにホリプロ・インプルーブメント・アカデミー第1期生のオーデションを受けたのがきっかけです。

もともと、手を動かすと脳の発達がよくなるからとピアノを習ったりもしていましたし、大人にもまれてコミュニケーション能力をつけさせたいという思いがあったんだと思います。

以来6歳から28歳の現在まで22年間、役者を続けさせていただいています。

-今でこそ多くの子役さんが活躍をされていますが、当時は大変だったのではないですか?

前田さん
初めてのオーディションで、誰もが知っている大きなCMに受かったんです。たくさんの子役の中から選ばれて、6歳にして天狗になってたんですよ。

最初から順調だったこともあり、なんでも受かると勘違いしちゃってて。その後、何百人もいるような別のオーディションに行った際も、天狗になっちゃっているから。

そのオーディションの第一次審査で見事に落ちたんです。まさか自分が落ちることなんてないと思っていただけに、本当にすっごく悔しくて…その時は家でずっと泣いてて。人生初めての挫折ですよ。

でもこれがこの仕事を続けたいというエネルギーになったんですよね。ほんの6歳でしたが、今思えば人生ですごいことを経験したな、と。この悔しさは、今でも強く覚えていますね。

-そこからは心を入れかえて(笑)、順調に歩まれたのでしょうか?

前田さん
その後は『さわやか3組』に主演メンバーとして出演していました。道徳の時間に小学校のクラスメイトが僕の出ている映像を見てくれるのが嬉しかった半面、「本当はやりたくないのにな~」とも思っていました。

-やりたくなかったんですか?

前田さん
実は、16歳くらいまではバラエティタレントになりたかったんです。お芝居はあまり好きじゃなかったというか、役を演じるのではなく、自分自身を表現したくって。

僕、おしゃべりも好きだし、そのとき興味があったのが「自分」だったんです。

-それが『天才テレビくんMAX』での、てれび戦士につながっていくのでしょうか?

前田さん
てれび戦士は、小学6年生から中学2年生までの3年間務めましたね。これは素の自分が出せてとっても楽しかったのですが、てれび戦士時代はロケとかスタジオ収録で、延べ半年くらい学校にいけなくて。

学校に行けないとまったく勉強がわからないし、友だちと仲良くなっても2週間くらい沖縄ロケに行っている間に仲良しグループも変わってて、学校での友達の作り方もわからない…という状態になるんです。

学校に行っても疎外感はありましたね。それもあって中学時代は、周りにあわせるために愛想笑いとかして、家族にしか素を見せられなかった時期もありました。

だから自然と仕事でつながった友だちが多くなり、当時番組で一緒だったてれび戦士のみんなとは、今でも大の仲良しです。

高校、大学へと進学。仕事と学生生活のどちらも楽しむために

-学校での生活は、息苦しくならなかったのでしょうか?

前田さん
中学3年生の4月に、be動詞が分からなくて授業中に無邪気に手を挙げて、「先生、be動詞って何ですか?」って聞いたことがあるんです(笑)。教室はどっか~んってウケたんですが、そこで初めて、be動詞を知らないのは自分だけなんだってわかって。
これは本当にヤバイなぁと。バカな自分が恥ずかしくなって、雑誌以外の仕事を全て断って1年間猛勉強をしました。本当、1日に10時間くらい。
でもやっていくうちにすごく勉強が楽しくなってきて…、ほぼ2と3だった成績表が、4と5になりました。

-それはすごいですね!

前田さん
その後、地元の高校に進学したんですが、仕事も継続していて出席日数が足りなくなったので2年生のときに芸能コースのある高校へ編入しました。
教室にいる同級生は、芸能の仕事をしている人も多かったので、自然とクラスに溶け込めるようになりました。

-ご家族は、前田さんの行動を見守ってくれていたのでしょうか?

前田さん
中3で頑張ったんだから、高校では楽しようと思った時期もあったんです。

知識を入れたいと思いつつ、遊ぶことに時間をついやしちゃって。勉強はいつでもできるけど青春はいましかないって。

母親もそういう考えの人で、高校の文化祭でハゲのかつらをつけようって盛り上がってたら、当日母がみんなの分も買ってきてくれたり。もともと勉強しろっていう母じゃなかったですし。

うちの母親って、本当にすごいんですよ。僕にこどもができたら子育ての仕方を学びたいくらい。

うち、兄妹含め、異常に家族が仲良しなんです。仕事で台本を渡されて、親とか兄妹の仲が悪いってストーリーがあるじゃないですか。あれが理解できないことがあるくらい(笑)。

-遊び真っただ中の高校生のころに、映画『ひぐらしのなく頃に』に初映画で初主演をされていますよね。

前田さん
ありがたいことに『ひぐらしのなく頃に』では、初映画初主演でしたね。

おもしろいもので、6歳のときに1回悔し涙を流しているので、ここで受かったときには「ありがとうございます」という、ちょっとした謙虚な気持ちになるんですよね(笑)。

-そののち、大学へも進学されました。

前田さん
大学では経営学を学びました。父親が不動産業を営んでいたこともあり、いつか継げたらいいな~と思っていたり、経営についてちょっと興味もあったので。

いまは吸収したことって、すぐにアウトプットしないと忘れてしまうんですが、若い頃ってメモリーみたいにメモに残ることが多いんですよね。

吸収したことは今でも忘れていないですから、勉強もやってよかったなと思っています。

-学業と役者の両立に、仕事を辞めたいとかセーブしたいなどと思ったことはありますか?

前田さん
この仕事は、辞めたくなるという瞬間が難しいんです。完全に求められていないと思ったときに、辞めざるをえないことはあると思うんですが、1人でも求めてくれる人がいれば続けるモチベーションになる。

誰にでも承認欲求ってあるじゃないですか。それが分かりやすく表に出るのが芸能の仕事なんです。人に楽しいこと、自分の魅力を届けることで、承認されることを望んでいるんだと思います。

一生続けられる仕事でもあり、逆にいつでも辞められるから続けられるっていうのもあるかもしれません。

-大学生のころから活躍の場も増え、役者としての立ち位置を確立されたように思えますが。

前田さん
いえ実は、今の僕のままでいいと思えたのはつい最近なんです。それまでは、真実でなかったというか。役を演じていたというか。

本当に信頼しあえる仲間に会って、僕はこのままでいいんだという自信を持たせてくれる仲間との出会いがあって、今は楽しく仕事させていただいています。

そして芝居だけにとらわれない、その先も考え始めているんです。

ありがとうございました。
これを読んでくださっている方の中には、会社員と副業という二束のわらじを履いている方も多いと思います。

前田さんは役者であり起業家ではありませんが、前編では勉強(資格など)も本気で取り組めば高められ獲得できるということ、そして、求めてくれる人がいる(顧客や社会的な価値がある)から続けられるという自分なりのモチベーションの持ち方について、お伺いしてきました。

後編では、話題のドラマや映画の数々に出演され役者として覚醒されたお話や、1月23日より主演される舞台「天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~」についてお伺いするとともに、プライドの捨て方やリーダーとボスの違いについてお聞きしています。

本日から公開の映画『カイジ ファイナルゲーム』 に高瀬強士役で出演中。

1月23日から、主演舞台「天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~」が上演。

ヘアメイク:天野誠吾
衣装:私物

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

強者生存ではなく、適者生存。

最後に生き残るのは、移りゆく環境に適応できるものである。ビジネスの世界では、そうよく言われます。

独立・起業を検討する上でも、環境に適応し柔軟に自分を変えることは、とても重要であると言えるでしょう。

前回に引き続き、今回お話を伺ったのはプロeスポーツ実況者のアール/野田龍太郎さん。
(さらに…)

2020年8月7日

中小企業の社長が突然亡くなってしまうケースが多くみられます。

残された遺族としては会社をどうするかも決めなければなりませんが、会社の借金にも注意が必要です。

会社は銀行から借り入れをしていることがあります。

この場合、社長はその借り入れの連帯保証をしている場合が多いです。

この連帯保証とは何か、どうすればよいかを考えていきます。

(さらに…)

2020年8月5日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ