カテゴリー

税理士ドットコム

プロ野球選手から公認会計士へ。奥村武博にきく、自分の可能性を制限しない生き方

2018年12月18日

プロ野球選手から公認会計士へ。奥村武博にきく、自分の可能性を制限しない生き方

引退やリストラ。

そんな人生において重大な選択に迫られた時、あなたはどのような決断をしますか?

転職や起業と積極的に新たな道に進む人もいれば、経験したことのない“未知の世界”に対して不安や恐怖を感じ、挑戦する前から「自分には無理だ」と決めつけてしまう人もいるのではないでしょうか。

ですが、それで仕事選びの幅を縮めてしまうのはもったいないと、今回お話を伺った元プロ野球選手の奥村武博さんは言います。

奥村さんは、プロ野球選手として阪神タイガースで4年間プレーした後、合格率約10%という公認会計士の試験に合格し、現在は一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構の代表理事としてご活躍されています。

今回は、そんな困難な道を歩んできた自身の人生を振り返るとともに、新たなキャリアを築く際に大切なことをお聞きしました。

<プロフィール>
奥村武博(おくむら・たけひろ)さん
税理士法人オフィス921スーパーバイザー/一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構代表理事

1979年生まれ、岐阜県出身の元プロ野球選手。
1997年のドラフト会議にて、阪神タイガースから6位指名を受けて入団。その後は1軍で登板することなく、2001年のシーズンオフに戦力外通告を言い渡され、現役を引退。2002年は阪神で打撃投手を務める。

2003年からはバーやホテルなどで働き、翌年から公認会計士の資格取得を目指すと、2013年に合格。翌年から優成監査法人に勤務し、2年間の実務経験と修了考査を終え、2017年6月に公認会計士登録。元プロ野球選手として初の公認会計士となる。

同年10月より税理士法人オフィス921にて会計士として勤務。それと同時に、一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構を設立し、代表理事に就任する。

【著書】『高卒元プロ野球選手が公認会計士になった!

公認会計士試験の合格率は10%、甲子園に出場できる確率、約1.67% ―数字の捉え方次第で、考え方は変わる

ー元プロ野球選手であり、現在は公認会計士として活躍されている奥村さん。現在に至るまでの経緯を教えてください。

奥村さん
3歳で野球を始めて、この頃からプロ野球選手を夢見て白球を追いかけていました。

中学生になってからは学校の軟式野球部でプレーしていたのですが、地元・岐阜県多治見市は野球熱が高く、チーム内にレベルの高い選手が数多く在籍していました。

その影響で「甲子園に行きたい」と思うようになり、高校は県内の強豪・岐阜県立土岐商業高校に進学したんです。

ただ、高校2年の春からエースナンバーを背負わせていただきましたが、夢だった甲子園の土を踏むことは叶いませんでした。

甲子園投手ではないですし、150kmを投げられるような豪腕でもなかったので、プロになるのは諦めて社会人で野球を続けようと決めていたんです。

そう思っていた矢先、1997年のドラフト会議で阪神タイガースから6位で指名していただきました。実際に指名されたことを知っても、半信半疑でしばらく信じられませんでしたね。

ープロ野球のスカウトの方は奥村さんの投球をしっかり評価されていたということですよね。夢だったプロの世界に入ってからはいかがでしたか?

奥村さん
やはり、プロの世界は甘くはありませんでした。

阪神では4年間プレーさせていただいたんですけど、結局1軍の公式戦で登板することなく、2001年のシーズン終了後に戦力外通告を受けてしまったんです。それを機に引退を決意しました。

当時は自分の中でそれなりに一生懸命プレーしていたんですが、心のどこかに「気の緩み」があったように思います。メニューは他の選手と同様にこなしても、練習に身が入っていなかったというか…。

ーなぜでしょう?

奥村さん
今振り返ると、幼少期から描いていたプロ野球選手になるという夢を実際に叶えたことで、満足してしまったから、なんじゃないかと思います。

あれから約20年経った今でも「もっとプロ意識を持つべきだった」と後悔していますね。

ーそうだったのですね。引退後、公認会計士を目指すきっかけは何だったのでしょう?

奥村さん
まず、引退してからは阪神で打撃投手を1年間務めて、その後は飲食店で働き始めました。

その時に「社会人としての自分の価値のなさ」に気がついたんです。

それまで野球しかやってこなかったこともあり、自分がいかに社会で何もできないのか、ということを痛感しました。

将来を考えて「このままでちゃんと生きていけるのだろうか…」と不安感と焦燥感に襲われました。

ですがそんな時、当時付き合っていた彼女(現在の妻)から「もっと視野を広げなさい」と、資格のガイドブックを手渡されたんです。

実際に読んでみると「世の中にはこんなにたくさんの資格や、仕事があるんだな」と。野球以外の世界を知るきっかけになったんですね。

そこでたまたま目にしたのが、公認会計士という資格でした。

ガイドを読みながら、これが簿記・会計の最高峰の資格であることを知った時、「これだ!」と思ったんです。

というのも、思えば僕は商業高校出身で、日商簿記2級の資格を取っていたんですよ。

なので、簿記の知識を活かし、公認会計士の世界でも活躍できる可能性があるんじゃないかと。そう思って、24歳から公認会計士を目指すことを決めたんです。

ーなるほど。ただ、公認会計士は「医師」「弁護士」と並ぶ日本の3大国家資格に数えられるほど難関だと言われています。簿記の知識があったとはいえ、なぜあえて困難な道を選択されたのでしょうか?

奥村さん
確かに当時の合格率は約10%、合格者数も約1000人程度で“超”難関資格と言われていました。

でも過去の野球人生を考えると「案外難しくないんじゃないかな…?」と思えたんですよね。

ーなぜでしょう?

奥村さん
そもそも、プロ野球選手になるということ自体がとても狭き門です。

しかも高校時代には岐阜県に約60以上もある高校の中から1校しか出場できない甲子園に、王手をかけた経験もある。

そう考えると甲子園を目指すよりも、確率的にそんなに低くはないと感じることができた。要するに、“数字をどう捉えるか”によって考え方はガラリと変わるんです。

具体的な数字で比較すると、岐阜県の高校で甲子園に行くにはだいたい60分の1で、約1.67%の確率しかありません。ですが、公認会計士試験の合格率は10%。確率だけで考えれば「10%もあるんだ。全然いけるじゃん!」と(笑)。

僕はそういう数字の捉え方をしたからこそ、たとえ厳しい道のりでも臆することなく挑戦できたんだと思います。

競技者としてだけではなく、人としてのキャリアを同時に形成してほしい。奥村武博が全アスリートに伝えたい想い

ー確かに比較対象を何にするかによって、その数字の見え方が全然変わってきますね! その後は無事に資格を取得することはできたのでしょうか?

奥村さん
さすがに最高峰の試験というだけあって、すんなりと合格することはできませんでしたね(笑)。

2004年から公認会計士を目指し始めて、飲食店や深夜のネットカフェでバイトをしながら資格予備校で勉強をしていたんですけど、2013年に合格するまで、9年間もの歳月を要しました。

ー9年ですか!? よく諦めずに挑戦し続けることができましたね。

奥村さん
そうですね。一度、2009年に最初の関門である短答式試験に運良く合格することができました。

合格後3年間は短答式試験は免除されるので、残る論文形式の試験のみ3年間受け続けたのですが、結局3年後の2011年までに論文形式の試験に合格することはできず、また短答式試験からやり直しになってしまったんです。

このときばかりはもう会計士を諦めようかと思ったのですが、受験のきっかけを作ってくれた妻が、それを許してくれませんでした。

ー奥さまの支えがあり、奮起されたと。

奥村さん
これまでは勉強の「気分転換」と称し、飲みに行っていたりもしていたのですが、これ以降は行かなくなりました。それに勉強するのが楽しくなり、合格するために何をどうしなければならないかを考えて毎日勉強をしていたんです。

2012年の試験では不合格でしたが、2009年の時とは異なり、かなり手応えを感じていました。そしてようやく、2013年に短答式・論文式ともに合格することができました。この時は34歳でしたね。

ー試験に合格してからはどうされたのですか?

奥村さん
公認会計士になるためには試験に合格するだけではなく、その後に現場で補助業務を行い、実務経験を積まなければいけません。

具体的には、監査法人や一般事業会社の経理などで2年以上働くことが必要です。

なので2014年からは都内にある優成監査法人(現太陽有限責任監査法人)に入所して、さまざまな企業の監査実務の経験を積みました。

そして補助業務を終え修了考査に合格した僕は、2017年に公認会計士登録をし、正式に公認会計士となりました。

ーこうして元プロ野球選手として初の公認会計士が誕生したのですね。その後はどういった活動をされたのでしょう?

奥村さん
2017年10月からは、財務会計や税務の仕事を通じてアスリートを支援している税理士法人オフィス921で会計士として働くと同時に、一般社団法人の「アスリートデュアルキャリア推進機構」を立ち上げました。

それからは同法人の代表理事として、スポーツ選手の資産形成のサポート、さらに自分の経験を活かして、デュアルキャリアの必要性を伝えることを目的とした講演活動等も行っています。

ーそもそも、なぜデュアルキャリアの必要性を伝えたいと考えたのでしょうか?

奥村さん
スポーツには単なる身体能力や競技技術を高めるだけではない、“教育的な価値”を秘めていることに気がついたからです。

野球選手を含めアスリートは、ビジネスにおける業務プロセスの可視化・実行・改善といったPDCAサイクルを回すという、仕事で成果を出すための「考える力」が自然と備わっているんですよ。

例えば、投手である僕が試合で投球し、対戦した打者にホームランを打たれたとします。

試合後に「なぜ僕は彼に打たれたんだろう?」と考えます。投手は試合後、捕手と相談しながら打たれた原因を炙り出し、次回の登板に向けて投球内容を改善していきます。

そして、次の試合で新しい投球術を試し、成功すればその投球を磨いていく。もしダメだったら、また打たれないように何度も試行錯誤を繰り返していきます。

こうした原因・行動・結果を考える、という取り組み方は、競技人生では日常茶飯事なことなんです。

おそらくアスリートとそうではない人と比べても、この能力は非常に長けていると思うんです。

あとは、この取り組み方をビジネスに転換することができれば、引退後も「自分は野球以外に何もできない…」と悩む必要もなく、生活できると思うんです。

ですが多くのアスリートは、引退後に「野球しかしてこなかったから」と、自分の可能性を閉ざしてしまう。せっかく競技生活の中で、ものすごい能力を身につけてきたのに、それではあまりにもったいない。

なので「あなたはすでに他の世界でも輝ける力を備えているんだ」ということを伝えていかなければならないと考えています。

そのための「気づき」を与えられるようにしていくことが僕らの役割であり、「人としてのキャリア形成」と「アスリートとしてのキャリア形成」を同時に取り組むという考え方を提唱している理由なんです。

自分で自分の可能性を閉ざさない。志向・適性に合った仕事と出合うために

ーありがとうございます。では、奥村さんの今後の展望をお聞かせください。

奥村さん
まずは僕らの活動自体もそうですけど、デュアルキャリアという考え方を、より多くの方に知っていただくということが必要だと考えています。

そのための情報発信として、9月に当機構の事業活動を報告する記者会見を開かせていただいたんですね。我々の活動に賛同して直接コンタクトを取ってくれる方が徐々に増えてくるようになりました。

「デュアルキャリア形成を支援したい」という想いを抱く方が、より多く集まっていただくことによって、選手のサポート体制はさらに充実したものになっていきます。アスリートデュアルキャリア推進機構をハブとして、選手の可能性を広げられるようになるんです。

なので今は、講演やセミナーなどの機会を増やしてデュアルキャリアの考え方を浸透させていくとともに、アスリートのキャリア支援をサポートするコミュニティーを大きくするための活動をしていきたいと考えています。

ー最後に、新たな道に進もうとしている人にメッセージをいただけますか?

奥村さん
新たなチャレンジをするうえでは、やはり「失敗を恐れない」ということが大事だと思います。

何も決断しない、行動しないことが1番のリスクだと思いますので、まずは実際にやってみてください。

そして、その結果を見てから、どのように次のステップを踏んでいくかを考えてみてほしいと思います。

それと、前述でお話したように、「◯◯しかやってこなかったから」と自分の可能性を自分自身で閉ざさないことです。

どこに自分の適性に合った仕事が隠れているか分かりませんから、狭い枠の中で生きるのではなく、常にアンテナを張って未知の世界にも目を向けておくことが大事だと思います。

僕のキャリアのように、「野球」と「公認会計士」って一見、対極にある仕事のように見えると思うんですけど、「数字を見て物事を考える、対策を立てる」という考え方は、案外同じだったりするんです。

実際に対極なことが結びつくと、「元プロ野球選手として初の公認会計士が誕生」みたいな(笑)、今までに前例がないような面白いことが生まれたりします。

なので、枠に捉われない発想・視点というものを持ちながら、興味があることがあればなんでも挑戦してみましょう。その先に、あなたに合った仕事・働き方が待っているはずです。

(取材・文=佐藤主祥 https://twitter.com/kazu_vks

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

独立と起業は、どちらも自分でビジネスを立ち上げる人に対して使う言葉です。

2つの言葉にはどんな違いがあり、それぞれどんな人に向いているのでしょうか。

本記事では、独立と起業の違いを解説します。ビジネス成功に導くために必要な考え方や資質も紹介します。

少ない自己資金でビジネスを起こす方法も紹介するので、ぜひお役立てください。 (さらに…)

2021年3月8日

株式会社CCR/代表取締役社長

上江田 幸晴

事業内容

ネットショップビジネスを始めたのは2001年。店舗型小売業からの業態転換がきっかけでした。一般家庭にようやく個人向けパソコンが普及しはじめた時代です。
ECサイトは年々拡大しつづけ、ネットショップビジネスも注目を集めていました。時代の波に乗ろうと、店舗型小売業から舵をきり、ネットショップビジネスの世界へ。
そして開業から約20年。従業員約33名で、自社ショップのグループ年商10億円を突破しました。

 

家業を支えるために退職。地道な努力が功を奏し、小さな小売店は月売上5000万円を達成するまでに大きく成長。

(さらに…)

2021年3月5日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

【今年度】人気ランキング

総合ランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ